ふわふわ花神様、炎の皇帝に娶られる 書き下ろしペーパー  神の幸せ家族計画

fuwafuwa hanagamisama hono no koutei ni metorareru

ふわふわ花神様、炎の皇帝に娶られる 書き下ろしペーパー  神の幸せ家族計画
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
GOODS
出版社
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
ふわふわ花神様、炎の皇帝に娶られる(協力書店購入時のみ)

商品説明

文庫発刊記念・協力書店限定配布特典書き下ろしSSペーパー
B5版4つ折り両面にてイラスト1頁+小説7頁
花神が召喚されてから10年後、花神の子供達のお話になります。

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

花神様が産んだ子供は・・・

本品は『ふわふわ花神様、炎の皇帝に娶られる』のフェア書店特典ペー
パーです。

本編後、花神が子供を産んだ直後のお話になります。

イシカは赤子の声にふと立ち止まり、後宮に続く廻廊から中庭に目を
向けると思わずその頬を緩ませました。牡丹の花の根元に近づき、
赤子をそっと抱き上げると、イシカを呼ぶ澄んだ声が聞こえます。

それは白い衣に身を包んだ花神でした。ふわりと降りてきた花神は、
召喚されてから早10年経ってもその美しく清廉な姿は変わりなく、
イシカは何度でも繰り返し衝撃を受けています。

今もイシカはほうっとため息をつき、花神は突然消えて心配していた
と赤い美しい瞳いっぱいに涙を浮かべ、イシカに礼を告げて赤子を
受取りました。

イシカは抱き締めた赤子に優しく語り掛ける花神の背後にじっと佇む
人物がいる事に気づきます。赤い瞳と薄灰色の瞳の少女は14、5才に
見えますが、花神は少女を腕に抱く息子・天花の妹・雨桐だと紹介し
イシカを仰天させます。

天花は生まれてまだ3ケ月なので、イシカは雨桐が時を操って先の時代
からやって来たのかと思いますが、花神はあっけらかんと雨桐は昨日
生まれたばかりだと言い放ち、イシカは今度こそ絶句してしまいます。

花神に兄の天花は緋皇の血が強くて人間ぽく、雨桐は姿が父親似だと
言われたイシカは辛うじて笑顔で相槌を打ちますが、彼らのことばが
真実か質の悪い冗談なのかも判別できません。

そもそも花天も3ケ月前のある日、気が付いたら生まれていたのですが、
その3ケ月後に見た目14、5才の娘を産んだと言われても何が何やらで
軽い眩暈を感じます。

そこに花神と天花を呼ぶ幼馴染の声が聞こえてきて・・・

A4版両面にて花神の子供達のお話になります。

赤子を抱いて手の離せない母の代わりに雨桐が手を上げて父親を呼び寄
せました。妻子を見た途端、精悍な顔を蕩けさせる緋皇をイシカは鼻白
む思いで出迎えました。

緋皇と花神が揃ったところで雨桐は宝玉のような両眼に涙を浮かべて、
騒ぎを起こしたことを謝りました。天花と雨桐が喧嘩をしたせいで天花
が飛び出して、皆で行方を捜していたようです。

緋皇は「見つかって良かった」と妻と娘の額にそれぞれ口付けてから、
やっとイシカに気付いた様子でイシカは天花を見つけたのは自分だと
言わずにはいられませんでした。

花神は天花は赤ん坊だけれと誰に頼ればいいかわかっていて「イシカに
見つけてもらいたかったんだよ」とふふと笑います。その上、雨桐は
天花が「イシカと結ばれるために女になる」て言っていると苦笑し、
イシカは何とも言えない表情している緋皇と目が合ってしまいます。

花神は「もうひとり男の子を産もうかな」と言い、雨桐は「私が女にな
ってもいい」と言い、イシカは従兄弟のままならなさを気の毒に思いな
がらも天花に「とびきりの美女になってくださいね」とこそっと囁く

・・・という母親(なのかな!?) になっても相変わらずな花神と花神ばかり
ではなく子供達にも振り回されそうな皇帝陛下の後日談でした。

イシカを気に入った花神の息子は娘になり、それならと娘は息子になる
というハチャメチャぶりも花神の子供ならあり♪的な微笑ましいという
か笑えるお話でした (^-^)

※他店舗特典(レビュー済)
アマゾン特典は緋皇の神様修行のお話です。

2
PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ