トッケビは藪があれば集う

tokkebi wa yabu ga areba tsudou

トッケビは藪があれば集う
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
25
評価数
5
平均
5 / 5
神率
100%
著者
SHIN 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
レジンコミックス
レーベル
電子発売日
価格
ISBN

あらすじ

毎晩、幽霊に襲われる夢を見ていたジュ・ウンジェは、ある日目を覚ますと、自分の体が、走っている車の目の前に飛び出していた…。しかし、車に轢かれる寸前、彼を間違えて助けてしまったトッケビのサンは、あの世の名簿を覆した罰により、生き残ってしまったウンジェの命の責任を取ることになるが…。離れることができない二人の運命やいかに…?

【本コミックは、いわゆる成人向けコミックではありませんが、一部暴力的または性的な描写が含まれておりますので、ご購入はご自身の判断と責任において行なって下さい。】

表題作トッケビは藪があれば集う

サン
ウンジェ

同時収録作品トッケビは藪があれば集う

金扇
七零四

レビュー投稿数1

隠れた名作

なぜ日の目を見ないのか疑問を持たざるを得ないほどに素晴らしい神作品です。絵が好みだなあと軽い気持ちで読んだらどんどん惹き込まれていき気づいたら最新話まで読了していました。今までBL漫画をそれなりの量読んできたつもりですが、これ程面白くて続きが待ち切れない作品は初めてです。
スト重もスト重、BLでここまで凝ったお話は中々出会えないんじゃないかと思います。そんでもってエロも充実してるなんて控えめに言って最高ではないでしょうか。

物語の最初では、あらすじにあるように人間のウンジェとトッケビ*のサンの奇妙な共同生活が始まります。最初はいがみ合っていた2人ですが、一緒に過ごしていくうちにゆっくりと次第に心を許し合っていきます。暗い過去を抱えたウンジェとサンがお互いによってカタルシスを得ていく過程が絶妙にリアルにかつ繊細に描かれていて、そのエモさに胸が締め付けられます。
(*トッケビの定義は読んでいくうちに何となく分かります。鬼的なものです。)

キャラ萌えとしては、ウンジェはとにかく不憫萌えを誘います。落ち込んでいる姿は可哀想なのにどうしても可愛いですし、ベッドの上のウンジェは儚げで美しくもあり普段と違って色んな表情を見せる所がやっぱり可愛いです(可愛い)
サンは純粋健気ワンコな面と男前スパダリな面とのギャップが魅力で、可愛いと格好良いを兼ね備えたまさにパーフェクトな攻めです。それがウンジェ限定なのがまた...(良)

またこの2人と同時進行で、サンをウンジェの元に遣ったトッケビ(金扇)と、ウンジェを迎えに来た死神(七零四)との関係性も描かれていき、物語がさらに面白く展開していきます。
金扇はウンジェの夢に現れた霊(喚)を捕まえるためにサンをウンジェの元に送りましたが、これには不可解な点がある為七零四は金扇を怪しんでいたりと、4人の関係は複雑さを増していきます。

この金扇×七零四CPはとにかく金扇の執着と愛が凄まじいのでそれにギュンとさせられる場面が多いです。読めば読むほど金扇って七零四のことしか頭にないんだなと感じます(最高) 嫉妬する金扇永遠に見たい。七零四もまた魅力的で、普段全く笑わなくて一匹狼な感じなのに、金扇にほだされてエチする時だけめちゃめちゃ可愛い顔するんですよ、泣いちゃったりするんですよ...このギャップにみんなイチコロです。今のところ七零四からの矢印が見当たらないので、まさか金扇あんな無敵そうななりして片想いなのかと思うと金扇の行動がすべて切なく感じられて最高です。

総じて作者様が先の物語を見据えて本当に微細な所まで気を遣って描かれていらっしゃるのが窺えて、読み返す度に新しい発見があったり、考察の種となるような描写が見つかったりと、読めば読むほど味が出る作品です。毎度驚かされると同時に作者様には畏敬の念を抱かざるを得ません...

サンが過去に経験した事故の真相や首にある文字の意味、ウンジェの度重なる不幸の原因などなど、まだ明かされていない謎や未回収な伏線が沢山あるので、第2章でどうお話が動いていくか本当に楽しみです。トッケビは藪があれば集うがある世界に乾杯〜!

7

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ