ブルーとピンク、それから

blue and pink sorekara

ブルーとピンク、それから
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
17
評価数
5
平均
3.6 / 5
神率
20%
著者
三月なでしこ(なでしこ) 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
コンパス
レーベル
電子発売日
価格
ISBN

あらすじ

出来心で姉のマニュキアを塗ったシナは空のようにキレイな青いツメに心トキメく。しかし女の子のアイテムに惹かれる自分に戸惑いクラスメイトの渋谷に相談する。一方、渋谷はシナの相談に乗るうちに女装動画で興奮するようになってしまって…。
自分の気持ちがわからない。そんな二人を染めるのは、深い空色の戸惑いと、淡くきらめく恋の色。

表題作ブルーとピンク、それから

(仮)渋谷,男でも勃つ高校生
(仮)品川,女装に目覚めかけの高校生

その他の収録作品

  • おまけ(四コマ漫画)

レビュー投稿数1

はじまりはブルーのマニキュアから。

こちらは、『色に出にけり、我が』という同人誌を改題して電子書籍化したものなのだそうです。

女の子のアイテムに心惹かれてしまう男子高生の品川(愛称・シナ)。
その悩みを共有する友人の渋谷も、女装動画で興奮してしまうという秘密を抱えています。
目覚めかけの性癖に戸惑う二人の男子高生を、全3話かけてじっくり描いたお話です。
なかなか進展しない微BLですが、今までは女の子と付き合ってきたノンケ男子らしくて良いペースだと思いました。

題材のマニキュアが好き。
ペディキュアにも手を出してウキウキはしゃぐ品川が可愛いし、渋谷がマニキュアを落としてあげたり、「コッチの色のが似合う」とかいって新しいネイルポリッシュをあげたりするところにキュンとします。

きっと二人にとってマニキュアは、不確かな自分の象徴なんですよね。
「たぶん おれの指の先にも見えない色が塗ってある」
とか、マニキュアとかけた心情描写が味わい深かったです。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う