黄金の皇帝と白銀の皇妃の純愛 コミコミ特典SS小冊子 胎后宮にて

ougon no koutei to hekugin no kouhi no junai

黄金の皇帝と白銀の皇妃の純愛 コミコミ特典SS小冊子 胎后宮にて
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

164

レビュー数
1
得点
3
評価数
1
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
幻冬舎コミックス
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
黄金の皇帝と白銀の皇妃の純愛 (コミコミ購入時のみ)
ページ数
12ページ

あらすじ

ノベルズ発刊記念・コミコミスタジオ購入限定特典書き下ろし小冊子
A5サイズ全12頁(内小説7頁)
本編後、2人の間に生まれたサラールの誕生日が近づいた頃のお話です。

表題作黄金の皇帝と白銀の皇妃の純愛 コミコミ特典SS小冊子 胎后宮にて

イシュク,ニルファを皇后とした皇帝
ニルファ,男の身ながら胎后となった皇后

レビュー投稿数1

初めての子育て

本品は『黄金の皇帝と白銀の皇妃の純愛』のコミコミ特典小冊子です。

本編後、皇子の1才の誕生日が近づいた頃のお話です。

皇帝イシュクと皇后ニルファの間に生まれた皇子サラールは
間もなく1才になろうとしていました。
サラールが生まれてからの胎后宮は育児を中心とした場所に
変わりました。

イシュクにそっくりな黒髪のサラールは、
むっちりとした腕とまるまるとした太腿が露わになった
サラールは、離乳食を食べきれなくて
口の周りがでろでろになってしまっても可愛く思えます。

両手をばたつかせて次の一口をねだるサラールに
野菜をに潰したものをひとさじ掬って口元に寄せると
サラールは顔を顰めて唇を引き結んでしまいます。

ほうれん草が嫌いなサラールは
果物をすりつぶしたペーストを指さします。

偏食癖をつけてしまってはよくないと
ニルファは「美味しいのだぞ」と自分が食べて見せると
ラサールはあんぐりと口を開けて見上げて来て・・・

A5判カラー表紙(カバー同イラスト)12頁のボリュームにて
子供の成長を見守る2人のお話です♪

つられてくれるかと思ったニルファでしたが
サラールが見ていたのはニルファの背後だったようで

「ほう、どれくらい美味いんだ」という言葉と共に
あごを掴まれ、上向かされた唇をイシュクの肉厚な唇で
覆われてしまいます。

イシュクは満足げに笑って「うん、美味いな」と言って
とぼけた顔でサラールのほうに微笑みかけて気を引き
ニルファはイシュクに抗議するよりも
サラールの気が逸れないうちにと食べさせますが
盛大に吹き出してしまいます。

イシュクは味覚は年と共に育つというから
とりあえず食べるなら何でもいいだろうと大らかです。

成長の為にはバランスよく食べないととニルファは
納得しがたい気持ちですが、
イシュクはニンジンが嫌いだったけれども育ったし
そこそこの年になれば見栄を張って食べるようになる
と言うのです。

そんなイシュクですが、
夜には赤ん坊に妬くわけにはいかないけれど
「ラサールにばかりかまけるな」とニルファを抱きしめる

・・・という昼間と夜は違う顔な2人が楽しいお話でした♪

何事にも真面目に取り組むニルファと柔軟なイシュクの
イイ所が上手く交わっているような子育てに
ほのぼのされられたのに、

夜は子供に嫉妬しそうになるイシュクにそうじゃなくちゃ♡ と
萌えるのは私だけではないはずです (^m^)

0