箱庭の夜明け

hakoniwa no yoake

箱庭の夜明け
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
著者
灯束きはれ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
こがみ 
媒体
小説
出版社
くるみ舎
レーベル
スピカ文庫
電子発売日
ISBN

あらすじ

裕福な家庭に生まれ、見た目も頭も悪くない大学生の晃は「生まれながらに勝ち組」と言わている。しかし晃自身はそんなことには興味がない。晃のことを跡取りとしてしか見ていない父親と、自分を金づるとしか思っていない友人たち。そんな周囲に嫌気が差し、講義をサボった晃は初めて、大学の裏の博物館に足を踏み入れる。寂れた博物館には小さな展示室があるだけで、客は晃一人。ガランとした展示室に飾られた古代の夫婦茶碗を眺めていると、学芸員の恵一が声をかけてくる。落ち着いた喋りと穏やかな声のその男の解説は、なぜか晃の心に響き、その日以来晃は、博物館に足繁く通うようになる。どこか無気力感を漂わせる恵一のことがやけに気になる晃。恵一の解説がうまいからだ、と思い込もうとする晃だったがとある雨の日。ふたりの関係は決定的なものとなってしまい……。

表題作箱庭の夜明け

作倉恵一,博物館学芸員
三吉晃,名門大学生

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う