穢れたキャンバスに降る雨は

kegareta canvas ni huru ame ha

穢れたキャンバスに降る雨は
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
2
得点
37
評価数
11
平均
3.6 / 5
神率
45.5%
著者
宮野川ゆきたろ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
コスミック出版
レーベル
キュンコミックス スパイシーホイップコミックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784774732244

あらすじ

美大時代の元カレに全てを捧げ、身も心もぼろぼろになってしまった過去を持つ渉。
数年が経ち、画家として生活しつつもここ最近はスランプに陥ってしまっていた。
そんな時に出会ったのが大学生の好青年・蘭城だった。
真っ直ぐな笑顔に惹かれときめく渉だったが、
元カレに快楽を教え込まれた身体はすぐに蘭城に欲情してしまう。
そして、とあるきっかけで身体の関係に進んでしまった二人。
身体を重ねる度に蘭城への想いを募らせる渉だったが、
そんな時に元カレ・ルイが現れて━━!?

表題作穢れたキャンバスに降る雨は

蘭城紘太
宮田歩

レビュー投稿数2

説明ばかりで感情移入が出来ない

初買いの作者様です。
絵柄は好みが別れると思います。
個人的には平均的でした。


カフェで働くノンケ好青年なワンコ攻×過去にワケ有アラサー画家のゲイ受というカプです。


お話は画家の渉(受)は突然の雨にカフェの店先で雨宿りをさせて貰っていたところにバイトの紘太が傘立てを置きに出てきてびしょ濡れの渉を見るとあれやこれやと世話を焼いてくれた。
好青年で優しく外見がタイプな紘太に一目で惹かれた渉はそのカフェに通うようになり……という感じで始まります。

すみません。以下辛口です。


最初好青年な紘太に惹かれた見た目地味系の芸術家の渉が不器用な感じでアピールして結ばれる感じのお話なのかなと読み始めはワクワクしていたのですが……
全く違いました。
元彼を忘れられないという割に出逢ったばかりの紘太のバイト先に頻繁に通ってカフェで勃起するとか???しかない。
しかもルイ(当て馬)の存在は要らなかった。
初っぱなからルイの存在ありきで話が進むのでノンケの紘太に対してゲイの渉がそこの壁に悩むこともなく襲い受して合体します。
もう全く感情移入できない。
渉が紘太に対して惹かれる自分の気持ちを抑えたり過去の事が足枷になって臆病になってくれればもっと渉を可愛いと思えたと思いますが変にアグレッシブで無駄にヤりまくってる自称元彼を忘れられない一途健気受みたいに見えて全然愛せない。
全体的に説明感が凄いのでルイに対して気持ちをぶつける渉のシーンでも「ふーん」としか思えず置いてきぼりになりました。
ボリュームが凄くあるのに本当に勿体ないなと感じました。
ルイを出さずにもっと渉の気持ちや臆病になる様子やノンケの紘太が渉に惹かれていく過程を丁寧に描いていてくれればもっと違っていたと思います。

3

あっさり

1話試し読みで気になって購入しましたが、絵もストーリーもあっさりで特に盛り上がりがなく終わりました。
蘭城がいい人なのは分かりますが、モデルのバイト中に勃ってしまいそれをいきなり渉にフェラされてそのままえっちするのがテンポ良すぎてあっけなく感じました。
その後、渉の元彼が出てきて渉を取り合うような展開がありましたが個人的に特に盛り上がった感覚もなく微妙でした。

よかったのはカバー下の夢オチの話で、渉のナース姿が意外で良かったです。

2人とも真面目なキャラでえっちや嫉妬はあったのですがなぜか物足らず、ギャップや萌え要素がもっとあったら良かったのかなと思いました。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う