つねられても気持ちよさそうに喘ぐんだな

スパダリな同僚に××を見せる話

super darlin' na douryo ni ×× wo miseru hanashi

スパダリな同僚に××を見せる話
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
11
評価数
3
平均
3.7 / 5
神率
33.3%
著者
まぶた単 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA(エンターブレイン)
レーベル
B's‐LOVEY COMICS
発売日
電子発売日
ISBN
9784047367883

あらすじ

従えば気持ちよくなれるって知ってしまったから――

クールなサラリーマン・吉川は背徳感のある自慰が好き。
それを同僚の高瀬に知られ、処理する姿を見てもらうようになる。
高瀬に恥ずかしい姿を見られ、自分で性感帯を開発するよう命じられるだけで十分興奮できていたのに、回を重ねるごとに物足りなさを感じていることに気づく。
触ってほしいとねだり、高瀬の手でイかせてもらったが――!?

表題作スパダリな同僚に××を見せる話

高瀬駿,サラリーマン,吉川と同期
吉川,サラリーマン,高瀬と同期

その他の収録作品

  • 翌朝の体温

レビュー投稿数1

××見せちゃいます

会社ではかなりクールな吉川は生活音や人の気配を感じながら自慰をすることに興奮する癖の持ち主。
ある日その性癖がハイスペな同僚の高瀬にバレてしまい、もっと吉川の自慰を見たいと言う高瀬に流されて見られながらプレイすることが習慣になってしまうものの、だんだんと見てもらうだけでは物足りなくなって…。

それから高瀬に見られたり乳首を触られたりつねられたりしてどんどんと感度が増してその先を期待してしまう吉川。
その間、高瀬はずっとただただ見て奉仕するだけでそれ以上いかないため、エロ脳の私は吉川と一緒に悶々としていってしまいました。
高瀬が手を出さない理由は…、吉川を想うがゆえなのですれ違いもだつく王道パターンです。

序盤の顔を赤らめてソファに座りながら自慰をする吉川のおしりのむにっとした質感が良かった。
まぶた先生の描かれるエッチシーンが好きなのですが、今作は本番が一回だけ。
しかもだいぶとライトな描写で先生の既刊と比べるとエロ度は控えめに感じました。
乳首の開発は順調に進んでいたのですが、うしろは全くのノータッチのまま本番だったので個人的な希望としてもう少しうしろも弄っていろいろと高めていって欲しかったです。

1

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う