日々、君 (2)

hibi kimi

日々、君 (2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
10
評価数
3
平均
3.7 / 5
神率
33.3%
著者
小池定路 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784801974647

あらすじ

「誤魔化し続けてきたことに はっきり気付いてしまった。
好きなんだ 結局のところ そういう意味で――。」

劇団所属の脚本家さとると、彼に導かれ演劇の道を志したいつきは、
互いの存在が大きくなるにつれ、ときめきと同時に訪れる自己嫌悪に悩まされていた。
そんな中、次の舞台でいつきは重要な役を任されることに。
さとるは脚本に、いつきは役に集中する日々の中で、
自分自身とも向き合い、隠しきれない本当の気持ちにたどり着く――。


新進気鋭の脚本家×無口な新人劇団員
手探りで不器用な二人のピュアラブストーリー完結!

表題作日々、君 (2)

(仮)蓮野,脚本家
(仮)日暮,大学の後輩

その他の収録作品

  • 書き下ろし/あとがき
  • カバー下:その後の人達(4コマ3話)

レビュー投稿数1

やっと 恋

超微炭酸飲料なみの爽やかさだった1巻
彼らの未来を見届けるべく なんだかよくわからない使命感で今回も購入

どエロい喘ぎ声に染まりまくり 乱れまくった淫らな日常リセットタイムです ← 乱れたんかい


少し気になる存在から人を好きになる瞬間と その気持ちを恋と自覚するまでにはいかなかったけど 手離せないものだと悟った巻の続きは 打ち込めるものを見つけ見過ごしてきた 関わろうとしてこなかったものを受け入れ 同時に他人を介していまの自分を受け入れる

そんなものを 切々と読まされる

相変わらず甘さはごくごく控えめ
いや 日頃糖度1,000%の激甘食い散らかしてるせいで 糖度に鈍くなってるのか?
加糖一切なしの この切なさ混じる自然な甘さッ!

4コマだからわかる その瞬間の彼の思いと 彼の想い
タイトル通り 日々相手を思っているふたりがほんと 羨ましいッ!

好きな人をただひたすら想うって簡単なようで簡単じゃないんだね 自分を大事にしてなきゃ他人を大事になんてできないんだよ きっと


今回演劇部分含め「生き方」にウェイトが置かれてるようで もどかしい恋愛を楽しむつもりで読むと途中で重く感じてしまう節はあるのだけれど 誰かを強く求めるキモチとか 好きな人だから分け与えられる力とか 一途に向ける愛しさとか

なにより 求めたものに受け入れられる胸の高鳴り 
高揚感はなくても 真面目に ひたむきに日々を生きる

そんなものをご所望なら読んで損はないはず はず!←大事なことなので2回言います

最後数ページでまとめられたけど この先も想いあって日々を過ごしていく彼らの姿がこの先にきっとある


あとがきのおかげでムダに勘ぐってしまうこのラスト
pixivコミックで番外編も読めたし 物足りなさは残るけど別に作者さまが感じる不甲斐なさがどのあたりなのか 悩むくらいにはよかったけどな…

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う