失恋オーナーは魔法使いの愛にほころぶ コミコミスタジオオリジナル特典書き下ろし小冊子

shitsuren owner wa mahoutsukai no ai ni hokorobu

失恋オーナーは魔法使いの愛にほころぶ コミコミスタジオオリジナル特典書き下ろし小冊子
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

139

レビュー数
2
得点
6
評価数
2
平均
3 / 5
神率
0%
媒体
小冊子
出版社
幻冬舎コミックス
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
失恋オーナーは魔法使いの愛にほころぶ
ページ数
12ページ

あらすじ

コミコミスタジオで購入した場合にいただける小冊子。
A5サイズ12p、お話部分は7p。
サブタイトル「幸せの金の糸」
お仕事でくたくたになったヒューバートを航が甘やかすお話です。

表題作失恋オーナーは魔法使いの愛にほころぶ コミコミスタジオオリジナル特典書き下ろし小冊子

ヒューバート・クレイトン,30代手前,魔法使い派遣会社社員
灘航,20代,カモミールハウスのオーナー

レビュー投稿数2

本編でとても気になっていた事

本編でとても気になっていた事が、コミコミさんの小冊子で明らかになっていました。

本編でも終盤に「一緒に暮らし始めて数年」とあるので時系列的な事は不明です。

でも、二人が気持ちが通じ合ってから航が計画していて、ヒューバートに未だ早いと言われて断念した「ワーキングホテル」についてちょこっと触れていました。

ヒューバートは相変わらず仕事の評価が高いらしく、その年はトータルで二ヶ月しか一緒に居られなかったとありました。そして、ぼろぼろになって帰宅したヒューバートを航が出迎える場面から始まっているのですが、既に夫夫といった感じでした。

ヒューバートも航に甘えるようになってたし、航がちょっとヒューバートのあしらい方に逞しくなったように思います。
航が甲斐甲斐しくヒューバートをお世話する様子の中に、宿泊客が持参した菓子折りとありました。

その辺もっと詳しくと思ってしまいました。

0

くたくた魔法使い

コミコミさんで購入した場合にいただける小冊子。
きらきら金髪イケメンのはずなのに、お疲れモードが面白かったです。

++

その年はやけに忙しく、1年のうち2か月ほどしか航と一緒に過ごせなかったヒューバート。クリスマス前にようやく日本に帰ってきたのですが、もうくたくたのよれよれ。頬はげっそり、無精ひげだらけ、衣服もぼろぼろ、「ああ、やっときみのところに帰ってこれた・・」と航にくっついてなかなか離れないのです。

お茶しよう?ディナーはビーフシチューだよ?スコッチエッグもあるよ?
等言って、何とかはなれて家に入ろうと誘うのですが、くたくた魔法使いさん、なかなか離れてくれません。なんとか説得、お風呂から出てきたヒューバートですが、随分伸びた髪を乾かさないものですから航がドライヤーをかけてあげるのです。(ヒューバートはお腹空いた・・と半泣き)
キレイなキラキラ金髪、航はすっかり気に入ってしまって・・・というお話でした。

本編でも思ったんですけど、ヒューバートが素直なんですよね。
くたくただったら、僕はくたくただ!とはっきり示すところが、可愛いです。
世話焼き母さんタイプの人には堪らん!と思う攻めさんなのではないでしょうか。

0