「汪国後宮の身代わり妃」コミコミ特典SS小冊子「初めての里帰り」

oukoku koukyu no migawari hi

「汪国後宮の身代わり妃」コミコミ特典SS小冊子「初めての里帰り」
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

79

レビュー数
2
得点
11
評価数
3
平均
3.7 / 5
神率
0%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
笠倉出版社
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
汪国後宮の身代わり妃
ページ数
12ページ

あらすじ

コミコミスタジオさんで購入するといただける特典SS小冊子。
無くなり次第終了。
A5サイズ/12P
SSのタイトルは「初めての里帰り」
SSの内容:皇帝との婚礼の儀式が一段落し、翠蓮が哉嵐に「里帰りがしたい」と頼み、里帰りをすることになるが…。

表題作「汪国後宮の身代わり妃」コミコミ特典SS小冊子「初めての里帰り」

汪哉嵐,汪国の皇帝
翠蓮,哉嵐の正妃

レビュー投稿数2

是非読んで欲しいです

こちらコミコミさんの特典小冊子のお話なのですが、私は「めちゃコミック」の電子版に収録されていたのを読みました。

本編では哉嵐と翠蓮の間に三人の皇子が産まれた事まで書いてあるのですが、こちらはそれ以前の翠蓮が正妃として哉嵐と結婚してから初めての里帰りのお話でした。

身代わりであった翠蓮を隠して来て、正妃として登場させる展開はとても見事だと思っていました。

でも二人の結婚式に翠蓮の従兄弟の玉蓮は参列出来なかったので、とても気になっていたんです。

わだかまりも無く以前の様に仲の良い翠蓮と玉蓮の姿にホッコリするとともに、襦袢一枚で泳ぐ翠蓮の艶めかしい姿を他の男に見せたくないという哉嵐の独占欲に萌えました。

そして、伯父の天祐の翠蓮に対する深い愛情にも感動します。

死を覚悟して村を出た翠蓮が、大事な家族と言える皆と里帰り出来たお話に胸が熱くなりました。

1

里帰り

コミコミさんでいただける小冊子。本編気になっている方は、これ付いてると嬉しいんじゃないかな。

++

正式に翠蓮として結婚した後、初めてのお里帰り。なんと皇帝までご一緒なので一大事じゃんね・・

でも玉蓮の様子もその夫となった湘雲の様子も分かったので、翠蓮はご満悦。久しぶりに湖で舟遊びしていると、むらむら泳ぎたくなってきて、玉蓮と一緒に水の中へ。

そこまでは良かったんだけど、しとめた魚を持って舟に戻ると、哉嵐がなんだかご機嫌斜めで「すぐ岸へ!」

襦袢だけで泳いでるんですもの、舟に上がれば色々見えちゃいます。
他の方々には見せられない!とご機嫌斜めになった哉嵐の気持ちはめちゃ分かる番外編でした。平和で幸せで甘めなお話でした!

0