スパダリ将軍の寵愛に蕩ける――

小説

  • 小悪魔令息は、色気だだ漏れ将軍閣下と仲良くなりたい。
マンスリーレビューランキング
72

小悪魔令息は、色気だだ漏れ将軍閣下と仲良くなりたい。

koakuma reisoku ha, iroke dadamore syougun kakka to nakayoku naritai.

  • 紙書籍【PR】

表題作小悪魔令息は、色気だだ漏れ将軍閣下と仲良くなりたい。

シモン・エリュクロイ、オリシオンのエリート将軍
エリス・ヴァレヌヴエルチェ、指紋限定でツンデレな侯爵令息

あらすじ

「低い声、男らしい無精髭、胸元の分厚い筋肉……あぁもう、本当に……かっこよすぎる!!」小悪魔令息と言われるエリスには思い人がいる。それは彼の住む国オリシヲンの将軍、シモン。パーティーでの振る舞いは色気に満ちあふれ、剣を振るい汗を流す姿は鼻血が出そうなほど魅力的。シモンが大好きすぎて抱かれたいとさえ思っているが、長年の片思いのせいで拗らせてしまい、どうにも彼だけには素直になれないでいた。そんなエリスだが、最近ふと考えることがある。――シモンを慕うのに、ふさわしい人間でありたい。その考えのもと、これまでサボっていた剣技大会に本気になろうとしたら、なぜかそのタイミングで、シモンとの距離がぐっと近づいて――!?

作品情報

作品名
小悪魔令息は、色気だだ漏れ将軍閣下と仲良くなりたい。
著者
古堂すいう 
イラスト
逆月酒乱 
媒体
小説
出版社
アルファポリス
レーベル
アンダルシュノベルズ
発売日

マンスリーレビューランキング

72

3

(5)

(0)

萌々

(2)

(2)

中立

(0)

趣味じゃない

(1)

レビュー数
1
得点
14
評価数
5
平均
3 / 5
神率
0%

レビュー投稿数1

一人称でツンツンした態度の裏に隠れた本音が可愛い

シモン×エリス

普通に面白い。読みやすい。
挿絵が2ページしかないのはちょっと残念。(しかもエロシーンじゃない。)
登場人物紹介のページもエリスとシモン以外の絵がないのも惜しい。

中世風舞台。年の差の恋。

貴族の令息で、学園生の美形のエリスが、
幼い頃から年上の超絶男前な将軍・シモンに中毒ほど片想いをしている!
シモンのすべてが悶絶させるもので、
シモンを見ているだけで乙女のような夢見がちな世界に浸ってしまう!
誰にも優しいのに、シモンの前だけでは
コントロールできないの高度なツンツンモード発動して、超冷たい態度を取る!
でも、心の中は甘い痺れで焦っているのがたまらない!
エリスの一人称がとにかく面白くて、可愛くて仕方ない!
裏表紙のシモンを思いながらキュンキュンしているデフォルメエリスが一番のお気に入り!

エリスの恋が盲目じゃなくて、
シモンの見た目だけじゃなくて努力もちゃんと見ているし。
自分が見た目以外の才能がないと思い込んでいたのも、
シモンから「優しさ」と「美しさ」という本質を理解されているのが尊いし、
シモンの気持ちを考えて告白しない姿勢も本当に立派。

読者から見れば、早々に両片想いが一目瞭然。
ちょっぴり下心が見え隠れしているシモンがなんだか策略的でずるい。

エリスにとって、シモンの甘いエロっぱい行動が意味不明で、
そのたびに心臓が持たないほど苛まれて戸惑いまくる様子も可愛い!

予想より早く通じ合っていく2人。
露わになってくるエリスの素直な童貞らしい天然な反応がまた可愛くて、
しっかり磨かれた熟成な男の色気が溢れるシモンの魅惑的な誘い方がやっぱりエロい!
エリスの耳を舐る光景が濃密で、
入り込めているキスシーンの描写が立体感があって密度が高い!

シモンのプロの軍人の剣技訓練の姿や、
エリスは貴族の学園生として、学園生活の満喫、
剣技大会に向けて日々練習、大会本番の緊張感にも目が離せない。

登場人物たちもみんな個性豊かで、複雑な関係もなく読んで楽しい。

ラブコメとロマンスの絶妙なバランスが取れていて、
長年の恋が爆発するような甘々な恋模様にハートがとろけました。

0

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(小説)一覧を見る>>

PAGE TOP