愛は繰り返す。どんなときも、いつまでも、永遠に。

明日も愛してる

ashita mo aishiteru

明日も愛してる
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神60
  • 萌×210
  • 萌16
  • 中立7
  • しゅみじゃない9

300

レビュー数
37
得点
395
評価数
102
平均
4 / 5
神率
58.8%
著者
安芸まくら 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
深井結己 
媒体
BL小説
出版社
蒼竜社
レーベル
Holly Novels
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784883863549

あらすじ

朝、櫂は知らない部屋のベッドで目が覚めた。ついさっき、眠りにつくまで櫂は十八歳だった。しかし窓に映る自分の姿は、どう見ても高校生には見えないほどくたびれていた。「現在のおまえの年齢は35歳」…枕元に置かれたファイルにはそう書かれていた。戸惑う櫂の前に現れたのは、ツダと名乗る見知らぬ男だった。男に自分の「ハウスキーパー」だと告げられた櫂は驚くが…。―永遠に繰り返されるせつなく甘い愛の物語。
(出版社より)

表題作明日も愛してる

自称ハウスキーパー・ツダ
記憶障害者・渡瀬櫂

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数37

紙書籍でも欲しい

何度読んでも泣ける。こんなに泣いたBLは初めてでした。

2

甘いか苦いか、よくわからなくなる

好长好长的一天结束了!当一个人的记忆受限于随时可能坏道的只读硬盘(17/30已损坏)+13分钟容量的Fifo内存+只能记录几句话的缓存…毫不讲理的绝望设定注定了这只能是个沉重虐心的故事……然而实际读下来却是甜蜜到心痛(看烟花那段简直无法自已),是被剥夺的未来,还是被赐予的宝贵当下,「我是从很久以前开始,持续让你施予魔法的男人。」…无数次被櫂的坚强和悠儿的深情打动……ps.近半本书的纯肉真是猝不及防

2

耳で聴きたい

初めて読む作家さんでした。
高い評価を受けている作品だったのですごく期待して読みましたが残念ながらハマりませんでした。
ストーリーは切なく、題材とされてるテーマは重い物です。
時系列が混在しているので集中して読まれることをお勧めします。
お話自体に魅力があって最後まで読みきることができて充実感はありました。シリアス系が好きなので特に。
ただ、エッチシーンが無意味に多いのと、文体が好みじゃなくて・・・。
内容は面白かったのでドラマCDとかで聞きたい一作です。

1

あなたのことを忘れたくない

事故によって18歳までの記憶と直前13分の記憶しかない櫂。
そんな櫂と9年付き合い続けている恋人の悠児。

たった13分という記憶の中で、毎朝目が覚めるたびに自分がいる場所もわからず戸惑う櫂。
自分が記憶障害であることを書き留めたファイルをよむ度に途方に暮れて涙を流す櫂の生活を思うと胸が痛くなりました。

そして愛する(愛し合っていた)人から13分ごとに「誰ですか?」と疑いの目を向けられる悠児もまたつらいだろうな・・・。
櫂を困らせないように「ハウスキーパー」と名乗ったり、時々自分を抑えられず強引にせまる悠児も切なかったです。

迷子になった櫂が、電話をかけた妹をお母さんと勘違いして会話するシーンは泣けました。
障害という回避できない原因だからこそ、本人も親しい人達ももどかしくて悔しく悲しいだろうと思います。
でも花火大会の夜よみがえった「あなたのことを忘れたくない」という櫂の潜在意識が消えることなく、櫂と悠児が毎日惹かれあって愛し合い続けていってほしい。

久々に泣けるお話で素敵な作品でした。

3

悲しうて、やがて哀しき

あらすじと表紙の印象から、記憶障害のせいで同じ相手と何度も恋に落ちる、というプラトニック系純愛モノ、と予想していました。ドリュー・バリモアの映画でこんなのあったなあとか思いつつ。
いざ読み進めてみたら確かに序盤はそんな感じだったけど、エロシーン突入でアラ意外と濃厚!、この櫂クンも自分たちのHビデオなんて録っちゃうんだ、自分も十分楽しむエロっ子系?と思わせる。
しかし、次に意識が焦点を結んだ時『デリヘルのバイトを、始めたろ?』の
セリフを見て、え?!と我に返ったというか。突然読み手としての「私」が記憶障害の底知れない深刻さに直接触れてしまった感があったんです。
正気に戻った、というか、心が1つの焦点にフォーカスするその瞬間ごとに違う時間・空間・自分自身が立ち現れる現象。これは「恐怖」ですよね。自分が誰なのか、ここはどこなのか、目の前の男は誰なのか、自分にとってどんな意味のある人物なのか。全くの「ゼロ」からの再構築。読み手としての私も、「えっ?デリヘルって?そんな設定だった?」と慌てたわけです。
そして次に正気に返ると、今度は「監禁されているから逃げなければ!」というシチュエーション。マンションの外まで逃げて、外にいた学生さんに110番してもらって。携帯を拾ってもらって履歴先に掛けてみるけど妹なのかお母さんなのかも混乱して、監禁の犯人が今度はお母さんの知り合いに変容する………。読み手も「櫂」本人の混乱を追体験するのです。
1つのクライマックスは、花火大会。ここで櫂は記憶の内の1つを呼び覚ます。それはさしずめギリシャの哲学者のような思索の世界。
津田に対する言葉遣いなどもこれまでとは全く違い、読み手としての私は、ああ記憶障害というのは多重人格にも似ている、と感じる。目が覚める毎に別人になっている感覚…
そして私は、この思索者としての櫂と津田の会話が一番萌えました。攻めと受けとかそういうのではない、完全に対等な2人の恋人同士(メチャお堅いけど)の空気が出ていたから。そして、この「櫂」はとても知能指数が高く、この自分が消えてしまうことも良くわかっている。だから腕に文字を書き記す。でも次に出てきた「別の」櫂はやっぱりそれすらも忘れていて。
切ない。正に「刹那」の切なさ、な訳です。
一方津田もある意味「共依存」的な執着愛も感じさせます。
そして結局櫂は何をしていた人なのか、お金持ちなのは何故なのか、謎のままです。
津田視点のエロ無し目の後日談(櫂の記憶障害も進んでいる…)があるそうなので、まとめて新装版にしてくだされば、より一層この作品世界が深く感じられそうです。

5

このテーマでエロエロは必要だったのか?

色んなところで「名作」「感動作」と耳にして気になっていた作品です。残念ながら私はハマりませんでしたが、情熱を持って書かれた渾身の物語だということは感じ取れました。

記憶障害を持つ主人公・櫂と、その恋人・ツダの長い長い一日が時系列で描かれています。二人の設定と「明日も愛してる」というタイトルだけなら間違いなく「神」評価でした。あまりにも切なく、私も冒頭の数ページを読んだ時点ではゾクゾクするほど名作の予感がしました。すでに泣きそうでした。

しかし、その後に続く (そして一日の間に何度も繰り返される) 濃厚で非常に長いセックスシーンがどうも物語とそぐわないように思えて、読んでいて疲れてしまいました。また、櫂のパーソナリティが一日の間に何度も変化している点も違和感を覚えました。記憶障害であっても人格そのものは変わらないはずなのにちょっとずつキャラクターが違っているような…。さらに言えば、十八歳の平凡で明朗快活な青年の櫂と、ツダが語る「賢くて美人で小悪魔」な櫂が一本の線で繋がらないまま終わってしまいました。おそらく、櫂視点であることの演出の一つとして二人の馴れ初めを含む十七年間のことが仔細に書かれていないのだろうとは思いましたが…。

こんなに長くて大変な「今日」が終わって、また「明日」がこんな感じだとすると…二人とも疲れちゃうからセックスはほどほどにね、と冷静にツッコんでしまいました。

テーマがテーマだけに安易なハッピーエンドを求めるのはお門違いなのでしょうが、この切なさとやるせなさを補って余りあるカタルシスが欲しかったなぁと思いました。

3

痛くて甘いお話

電子書籍版を購入。
ものすごく泣ける話ということで、手に取りました。
ネタバレ無しで読んだ方がよいとのことだったので、他の方のレビューを一切見ずに読み始めました。

読み終わっての感想は、
「壮絶」
その一言です。

読んでいると、ナイフで心臓をえぐられるような、キリキリとした痛みが襲います。
でも、ものすごく甘い。

痛くて甘い。

とても不思議な感覚。

万人受けは、しない作品です。
読む人を選びます。
そして、状態も選びます。
心が少しでもしんどいときには、この作品は無理かな。
きっと、引きずられてしまう……

いつか、読み返したいと思いつつ、今の私には無理そうです(汗)。

1

なんつ〜長い一日…

攻めの津田は、本当に櫂を愛しているんだなぁ。津田は何度も自己紹介と愛の告白を繰り返すけど、返って来る言葉は半分以上が容赦ないものだった気がする。
記憶喪失モノのBLは何冊か読んだことありますが、この作品は異彩を放ってますね。感動ものかと思えば、あからさまにエロティックな表現もあり、悲劇とも喜劇ともつかない物語なんですよ。
セックスのシーンが比較的多いですが、それにも意味がある気がしてならないのです。櫂の記憶は13分しか持たないから、津田が愛を囁いてそれを櫂が受け入れたとしても13分後にはリセットされてしまうわけです。例えばプロポーズして永遠の愛を誓い合っても、薬指に指輪をはめてみても、櫂は忘れてしまう。
だから津田にとって、愛を確かめる方法は身体を重ねることしかないんじゃないかと。津田がキスマークを身体中につけるのも愛し合った証を残しているんじゃないかなぁ。
でも、謎は深まるばかりですね。この作品には二人の馴れ初めもなければ、どういう事故で櫂が健忘症になったのか、とか櫂(もしかしたら津田の方?)はなぜあんなに金持ちなのかとかが一切書かれていないのですよ。
HOLLY MIXに続きがあるとのことで、それも購入しましたがまだ読んでいないのでそっちの感想はまた後日。

2

まるで何年もの時間を共有したような充実感

記憶喪失物と言えばお涙頂戴です。
そしてBL界では定番も定番、様々なパターンで色んな作家さんが挑戦してきたジャンルでもあるので、ちょっとやそっとのことでは驚きません。
そんな感じで少し斜に構えて読み始めたものの、いろいろな意味で濃厚すぎて、読後の疲労感が半端なかったです。

数多ある記憶喪失もの、とりわけ前向性健忘を扱ったものの中ではピカイチだと思います。
受は事故により13分しか記憶がもちません。
しかも受視点であるため、過去にどんなことがあったか、どんな仕事をしてきて、攻とどんな風に過ごしていたのか……なんてことが見事なほどに一切触れられていない。
ひたすら13分を繰り返し、そのたびに受はリセットされる記憶の中で生まれ変わります。
攻はそれにただただ淡々とつきあい、毎回毎回辛抱強く愛を向けます。
読む側も13分リセットに付き合い、こりゃ濃厚だ一体全体何ヶ月経ったの……?
と読後にずっしりと肩にへばりつく疲労感に溜息を吐きつつ考えると……

何とまぁ、これがたった1日の間に起こった物語だったことに呆然とし、そしてせつなさに胸が熱くなるわけです。
お見事としか言いようのない緻密さでした。

2

エロエロが邪魔をする

ストーリーの題材はすごくよかった。
でも…ここまでエロエロしてなくてもよかったんじゃないかなと。
エロエロシーンを減らして、もっと二人の日常のできごととか、馴れ初めとかを読みたかった。

そして、一番気になったのが情景描写。
これは私の日本語レベルが低いだけなのかもしれないが、語句の羅列でかなり遠回しな表現をされている箇所が多々あって、理解するのに時間がかかってなかなか読み進めることができないのが辛かった。

レビューの評価もいいので、読むのを楽しみにしていただけに残念…


3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ