remains

remains

remains
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
小説(同人)
サークル
peridot〈サークル〉
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
ISBN
ページ数
52ページ
版型
A5

あらすじ

同人誌オリジナル

表題作remains

高坂尊 大工(26歳?)
池上湊 中堅商社員(26歳)

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

いろんな意味で商業は無理だ。

あとがきで作家さんも言われていますが、題材(『阪神・淡路大震災』を山場エピソードとして使っている)からして商業ではまず無理でしょう。でも、個人的にそれはたいしたポイントではないんです。←この作品の評価に際しては、という意味です。うえださんも関西で、この震災も体験されたようですが、私も同じです。

高校時代の同級生で、家も近くだんだん仲良くなって、あるとき『一線(お互いに手で、というだけ。まあ一線には違いないか・・・)』を越えてしまい、それ以来疎遠になって、高校卒業後は一度も会っていない2人。一貫して湊(受)視点で、26歳の現在と高校時代が交互に語られます。

湊にとって、尊(攻)はもう完全に想い出になっています。会社の同期で、恋愛未満の危うい関係だった女性と飲んだ後はじめてキスをして、明日からは恋人同士になるんだ、という夜、帰宅したその翌早朝に大地震が。自宅が倒壊し、母と2人瓦礫に阻まれて身動きができない中、頭に浮かんだのは尊だった・・・

そして、どうにもならない状況に、尊が助けに来るんです。湊の回想以外で尊が出てくるのは、ラスト数ページ。ずっと会ってなかったのが『死』が続き見えた途端に~とかの、いわばご都合主義は別にいいんです。ただ、これ助けられたところで唐突にエンドなんですよ。『ここで終わるの!?』と呆然。

いや、これは絶対商業では無理です、地震関係なくても。このあとどうなるのか、考えることが多過ぎてどうしようかと思います。

これが、うえださんの同人誌第一弾の中のひとつ(同時に出した他は商業番外編)になります。この当時、商業ですでに活躍されている作家さんに申し訳ないですが、『同人誌作りに慣れてないから?』とか考えてしまうくらい中途半端で参りました。そもそもほとんど攻が登場しないって・・・これはラブストーリーになってるんだろうか?

なんというか、使いたいキーワードをちりばめて、とりあえずストーリー作ってみました、って感じです。まるで『習作』の、それも一部を見せられているかのようでした。読み終わって、『・・・これはどうすりゃいいんだろう』と思ってしまいました。

文章も、少し抑え目(暗め?)のトーンも、それ自体は結構いいとは思うんですけどね。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ