すべてはこの夜に【BLCD】

すべてはこの夜に
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神34
  • 萌×27
  • 萌3
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
19
得点
210
評価数
49
平均
4.4 / 5
神率
69.4%
著者
イラスト
媒体
BLCD
作品演出・監督
田中英行
音楽
オーディオタナカ
脚本
野中幸人
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
インターコミュニケーションズ
収録時間
152 分
枚数
2 枚
ふろく
コミコミオリジナル特典フリートークCD
フリートーク
なし
発売日
JANコード
4523513828061
価格
¥4,500(税抜)  ¥4,860(税込)

あらすじ

<DISC1>
借金苦に追いつめられ、やむなく見知らぬ相手を銃で撃つという仕事を請け負った加持智充。しかしその標的となったのは、忌まわしい過去の男湊彰彦だった…。
<DISC2>
刑務所を出所した武井靖之は姉が眠る墓へと向かうため、姉の夫である鈴原亮一を訪ねた。
アクシデントに遭い、しばらく同居生活を送るうちに二人の想いは重なっていく。
原作本編には収録されていない小冊子のみの短編「春に降る雪」も含めた武井過去編。(メーカーより)

表題作 すべてはこの夜に

湊 彰彦 → 鳥海浩輔

加持智充 → 神谷浩史

武井靖之 → 高瀬右光

鈴原亮一 → 遊佐浩二

その他キャラ
里村志郎[菅沼久義]

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数19

やはりDisc2ですかね…。

Disk1、悪くないんですよ。特に鳥海さんの冷たいようでいて暖かい、とんでもなく不器用な男の演技が真に迫ってて素晴らしい。
しかし、BGMがびっくりするくらい古臭い、という以上にストーリーと合わなさすぎてなんだか嫌がらせのよう…(笑)
なんとも残念と感じてしまいます。

Disc2のBGMは、Disc1とはまったく違い、耳にうるさくなく実にいい脇役でいてくれたので、すんなりストーリーに集中できました。
やはり遊佐さん、感服いたしました!!!ありがとうございます!
心に染みました。
愛しい時間はあっという間。そんなことも感じさせてくれます。
でも、その記憶で人は生きても行けるんでしょうね…。

1

涙腺崩壊・・・

このサイトでの評判が非常に高かったので、実際に購入し、寝る前に聞いてみました。
個人的にはDisk1も良かったと思います。
けど、やっぱり2枚目ですよね
なんなんですかあれはっ
涙ものと書いてあったので覚悟していましたが、すごい勢いで涙腺崩壊されました(T-T)
もう3回も聴いているのに毎回泣いてしまう・・・
私は今までこれほどまでに良い作品に出会ったことがありませんっ
まだ聴いたことがない方は是非是非聴いてみてください!!

4

遊佐さんの熱演

原作未読。
2枚組で2CPのお話が入っていました。

【Disc1】ヤクザの湊(鳥海さん)×湊の元彼、加持(神谷さん)
表題作はこちらのCPなんですが、内容ははっきり言ってありがちです。
誤解とすれ違いの末に憎みに憎んだ男だったけど、本当は好きでその事実から目をそらしてたんだ系を、そこまで盛るかという昼ドラ展開によって見事にコーティングしてます。
鳥海さんも神谷さんも、過去の因縁の相手という関係を上手に演じられていて、そこに女性も絡んでくるんですが、最後はそういうオチか! というのを気取らせない感じがよかったです。
ただ残念な事に、印象には残らない話。
原因はDisc2のCP……というか遊佐さんに完全に食われた感があったからです。

【Disc2】出所後のヤクザ武井(高瀬さん)×死んだ姉の夫、鈴原(遊佐さん)
Disc1に登場していた武井の過去話です。
その過去についてはちらりと触れられていたので、これが○ネタというのを知った上で聴くことになるので辛かった……。
武井が一度は足を洗うほどに心から愛した人の話です。
人によっては○ネタ以外にも地雷がびっしり詰まっているので要注意です。
ストーリーとしては泣かせようという作者の意図が最初から見えるので、正直言って陳腐なんですが、特筆すべきは遊佐さん演じる鈴原の凄さ。
この手のお涙頂戴ものには涙腺緩くても冷めてしまう方なんですが、抵抗むなしく遊佐さんに泣かされました。
これは反則だよ!! と思わず叫びたくなるほどの熱演です。
病気で徐々に弱っていく声音と、最後の墓地での桜のシーン。
遊佐さんの演技が、演技臭い自然さ(褒めてます)で、これがもう胸に迫り来るものがある。
正直Disc2で遊佐さんがこのCDの余韻全てを持って行っちゃってます。
他の演者も素晴らしかったのですが、私の中には遊佐さんの声がずっとこだましてて、震えるほどに感動。良い物を聴かせて頂きました。

フリトとの落差が凄いので、余韻に浸りたい方は要注意です(笑)

3

憎まれるより辛いこと

原作未読。
私の前にレビューが15あるのですが、
圧倒的にDisk2派(?)が多いので、
鳥さんスキーの私としては
Disk1擁護をしたいと思います(鼻息)!

鳥さんはヤクザ役なので、低め設定です。
神谷さんはカタギなんですが、
シリアスなストーリー展開なので、淡々と買ったてる感じ。
特に、前半の湊(鳥さん)は、勝ち組なはずなのに、
やたら挑発するんですよね、加持(神谷さん)を。
その理由は、後半でわかってくるんですけど。

原作未読なんで原作の構成わからないんですが、
湊が墓参りしてるシーンで、
えーーっっ
加持、死んじゃったのっ!?って
戦慄したのは私だけですか?

2

泣きました

遊佐さんの演技が際立ってた・・・
もう泣かずに聴くのは無理だった。儚くて、美しい声だったと思います。
ほんとに声の降り幅というか声音のバリエーションが豊富すぎる。

「君と出会えて幸せだった・・・」弱っていく声が切なすぎました。
遊佐さんのファンなら必聴、ファンじゃなくても聴いてほしいです、惚れます。

2

聞き終わってからも


DISC2聞き終わってからも涙がとまりません
もともと遊佐さん好きというのも影響はしていると思いますが
その遊佐さんの出演されているCDの中でも
トップクラスのすばらしい作品でした

遊佐さんの名演技、ファンの方はこのCDを知らずして
ファンを語れないだろうというほどです(言い過ぎ←)

私はDISK1と2をしばらく期間を空けてから聞きました
それぞれの作品にそれほどつながりはないので
独立したひとつひとつの作品として聞いてみるのもいいと思います

1も2も重い作品ですがそれぞれ泣ける要素がつまっていて
声と役もぴったり当てはまっています
声優さんのファンの方にはもちろん、そうでない友達にも
これ絶対泣けるから!感動だから!!何度聞いても泣けるから!!!
と勧めたくなる一作です

買おうか迷っている方は買って損しないと思います。名作です。

1

ずっしり、どすんとキました…

はぁぁぁぁ。(のっけからため息ですみません)

鳥海さん×神谷さん、安心して聴けました。
憎しみは消そうと思っても消せないから
忘れられるよりいいっていう気持ち、わからなくもないです。
ただ、やっぱりちゃんと向き合って
本当の気持ちを伝えないと死ぬとき後悔するんだよ!絶対!!
(誰に言ってるんだか)
嫌だと言いながら抱かれると感じてしまう神谷さん、良かったです。
鳥海さんの攻め、実は私初めてだったのですが
低目でなかなか…。
でも、やっぱり鳥さんは受けがいいな!テンパリ系の☆
分かり合った後の襲撃で、湊を庇った加持が、
「自分にしか湊を幸せに出来ないんだ、まだ死ねない 」
って思うところがきゅんとしました。
後に、武井に言われて禁煙を決意した湊も
加持とずっと一緒にいたいと願い、以前より少し子供っぽくなった湊にほのぼの~。
借金を科すと言う名のプロポーズ、いいね!!


実は、腐友のおススメで2枚目から聴いたのですが。
遊佐さん…遊佐さーーーん!!
なんでしょう、あの儚げな演技は!!!
遊佐さん祭りにはこれは必ずリストに入れなければならない!
そして初めて聴きました。高瀬さん。
まさに「自分、不器用ですから」的なのがものすごく合うお声と演技!!
そんな人が男を抱くっていうのになんだか悶えた…。

あと、亮一さんが研修から帰って来て
お風呂場でしてる時「なんで一人でしてるんですか。俺がいるのに…!」って
ああ、もうごもっともです!!と共感しましたw

病院から家へ帰って来て、
「君を一人にしたくない」と泣く亮一さん…。
普通なら、「怖い!死にたくない!」と泣きすがるものですが
それだけ武井を愛しているのでしょうね。

最後、雪が桜の木の枝についていて
「桜が咲いてる…」と言うところ、
丁度車中からそんな風景が見えたので
目の前が滲んで運転が危ぶまれました(危険!!)
遊佐さんの、力なく、命の終わりがもう見えている演技、かなりずっしりきます。
ただのお涙頂戴物のお話じゃない。
自分の死を差し置いても人を愛せるか、考えさせられました。
一番幸せだったと思い出す武井にまた胸がぎゅうっとなるんです。
悲恋はツライけど美しい……。
でも幸せなままでいてほしかったです。やっぱり。

これをふまえて1枚目を聴き、武井の重みのある発言にズキッとし、
更にまた2枚目を聴いて泣く。
湊×加持が幸せそうなので尚更切ないんです!!
それを見守る武井…うぅぅ…。
ツライので、とても素晴らしかったのですが萌×2です…。

日本三大・泣きBLの内のひとつ、
しっかり堪能させていただきました!!

3

『亡くなった』から、感動するんじゃない。



disc1、2、二枚とも普通のBLCDより、頭一つ分、抜きん出て良い作品だったと思います。
皆さんが仰るように、2のお話は涙無しでは聴けません…。
ただ、私の感動ポイントは、遊佐さんの鈴原が亡くなるところも勿論そうなんだけど、二人がお互いにずっと思い合ってる所、高瀬さんの武井が一人になっても、ずっとずっと思い出を胸に生きていくんだなという所がはっきりdisc1に描かれていて、『良いなぁ』って余計に涙が出たんだと思います。

鳥海さん(湊)と神谷さん(加持)のカップル(disc1)が悩んだり、一進一退を繰り返していると脇役、武井が『俺にも男と付き合っていた時期があって、俺の人生で一番幸せだった』と言う場面が何度もあります。
それをdisc2を聴いた後には涙がポロポロ出てしまいました。
お祭りに行ったり、お墓参りに行ったり、鈴原が病気になってからの療養中、たった四年が人生で一番幸せだったと言える、鈴原と別れてから一人になって、何年経ったのか分かりませんが、年月が経っても『幸せだった』と言える、涙が止まりません…。
死ぬ間際になって、『武井を一人にするのが嫌だ』と泣く鈴原も、本当に本当に愛していたんだな、と…武井じゃなくても泣いちゃうよ!

二人で桜を見て、今は武井がお墓で一人桜を見ているんですね。多分、武井はこれからもずっと一人で桜を見るんでしょうか。

高瀬さんを初めて聴いたのですが、不器用だけど暖かみのある武井だったと思います。棒読み?いやいや、不器用なのっ!

遊佐さんが鈴原のゆっくり弱っていく場面も、胸がキュッとします。


良いCDだったなぁ…。
是非、泣けるCDが聴きたいと思ったら、オススメします。

2

思い出すだけで涙が・・・

メインのカップルはきっと、DISC1の方だと思うけど・・・
DISC2の方が、印象的でした。
最後の方は、ほんと号泣でした。
寝ながら聴いていたので、枕がぐっしょり・・・。
CDが終わってから、それに気づき驚きました。
私、こんなに泣いたのか!って。

遊佐さんの、病気でどんどん弱っていく声に泣けてきました。
でも、なんと言っても、一番泣けるのは、
お墓から車への帰り道のシーンです。
遊佐さんのはっする全ての言葉に泣けてきました。
やばい・・・今でも思い出すだけで泣けてきそう。
息を引き取ってから、ぼやけた感じで聞こえてくる
「きみと出会えて幸せだった」
は、わたし的には一番の泣きポイントです。




1

死にます

CDの2枚目が「死ネタ」です。
これは泣く為に作られたに違いない。

私は 『大泣き』 しました。  号泣です。

BLCDを聴きながら 畑の草むしりをしている私。
(それもどうかと思うけど)
外で 号泣!!
畑で 号泣!!
自分でもバカってわかってますよ~。
でも でも 涙が止まらなかったのです。
さぞかし 近所の方は不審に思われた事でしょう。
怪しさMAX!!
それほどのすごい威力だったんです。
泣きたい方に お勧めです!

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ