――身代わりの恋。

束縛の指輪

束縛の指輪
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
11
評価数
4
平均
3 / 5
神率
0%
著者
水島忍 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
三池ろむこ 
媒体
小説
出版社
海王社
レーベル
ガッシュ文庫
発売日
ISBN
9784796401180

あらすじ

生まれて初めてのデートに浮き立つ夏川愁はその直後、絶望のどん底に突き落とされる。すっぽかしの上、シスコンの兄に殴られたのだ。そんな最悪の出会いだった二人の運命の輪が、一つの指輪をきっかけに回り始める――。
(出版社より)

表題作束縛の指輪

アンティークジュエリー会社社長 高宮和宏
大学生 天涯孤独 夏川愁

レビュー投稿数2

引き込まれて読んだッ!ゾクっとなる話

出版社によるあらすじや帯の文言からは、過保護で甘々な年上の男にロックオンされちゃった学生くん危うし!みたいなストーリーを想像すると思う。
実際…
恋に奥手な主人公の愁が逆ナンデートで女の子を待っている場面から始まります。
ところが、突然その子の兄だと名乗る男がやってきて、妹は渡さん!と急に殴りかかってくる。
愁は何が何だかわからない殴られ損。
ところが、その妹本人は兄に隠れて本物の恋人と駆け落ちするために何の関係もない愁をダミーに使っていたのです。
そんな最悪の出会いなのに、後日謝りに来た高宮に憧れの気持ちを抱き…
…と展開する。
ここで正直、こんな簡単なBL展開じゃつまんない話だなぁ、と感じました。
高宮は若いけれどアンティークジュエリーの会社社長で、愁はオフィスに招かれてついていきます。
そこで、地味なのに何故か目を引く指輪をふらふらと指に嵌めてしまうのですが、指にピッタリ密着してしまい何をやっても抜けなくなる。
その指輪は、持ち主に不幸が降りかかる、という言い伝えがある不吉な指輪だった!
ここまで読んでもまだコメディかしら?なんていう気でいました。
しかし…
ふと気付くと愁と同様、高宮の奇妙さに取り込まれ、蟻地獄から出られない恐怖を感じると思います。
これは、いわば愛の恐怖。いや、愛なのか?
ゾクっとくるストーリーがお好きな姐さんに大おすすめいたします。
気がつくと戻れない…このザワつきを体感していただきたいのでレビューはここまで。

0

攻めが残念・・・

一言でいうと、攻めの過保護の度がすぎていて…って感じです。
この作品は人によって評価は変わると思います。

いままで天涯孤独で他人に頼ることがあまりなかった愁は「和宏と長く付き合うほど別れが辛くなる」とずっと悩んでいるのに…。

気持ちを伝えるのが不器用な攻めと執着しないように距離をおこうとする受けっていう設定はよかったです!!

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う