ペーパームーン

paper moon

ペーパームーン
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
9
評価数
3
平均
3 / 5
神率
0%
著者
剛しいら 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
金ひかる 
媒体
小説
出版社
海王社
レーベル
ガッシュ文庫
発売日
ISBN
9784796401517

あらすじ

記憶を失い心臓に持病を持つ、その青年の担当医となった一樹。欲望も駆け引きもない無垢な彼は刷り込み本能のように、一樹の白衣を掴んで放さない。一樹はそんな彼を愛おしく思い、苦悩しながらも一樹と想いを通じ合わせるが…?

『ムーンライト』の続編が登場!
(出版社より)

表題作ペーパームーン

相沢一樹,27歳,大学病院の内科医
間宮浩之,27歳,心臓疾患を持つ資産家の青年

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数1

生きていればこそ

金ひかる強化月間開催中
って感じで、中古で表紙買いした中の1冊。
剛しいらさんは好きでよく読む作家さんのお一人、ただベテランさんなだけに作品数がやたら多くて、なかなか全部は追い切れない。
そんなわけで、この本も、以前に読んだような気がして後回しにしていたのを引っ張り出してみたら、続編だったのね。
タイトルといい、カバーイラストといい、前の作品とほぼ同じだから区別付いてなかった。
お話は、一緒に暮らすようになった二人の平和な生活に、自殺未遂の急患で運び込まれた女性が一樹をロックオンして、、、

前作に比べると、「生きている事の幸せ」っていうテーマを一番に強く打ち出している分、シンプルでよかった。
それは前作を読んでいた方が、お話はより深くわかるだろうけど、この1冊だけを読んでも充分感動的なので、剛先生の筆が滑りすぎて過剰なところがちょっと…な方には、こちらだけを読むのもお薦め。
むしろ前作が…だったからこそ、ぜひこちらも読んでほしいなぁと、思いましたの。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う