天使に咬まれる

天使に咬まれる
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
7
評価数
3
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
西根公輝 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
円陣闇丸 
媒体
BL小説
出版社
オークラ出版
レーベル
アイスノベルズ
発売日
価格
¥838(税抜)  ¥905(税込)
ISBN
9784872785234

あらすじ

真里は双子の兄の俊章に、コンプレックスに近い感情を抱いていた。自分を包みこめるような体格、力の差、明晰な頭脳。どれをとってもかなうことのない真里は、俊章になりたいと思いつづけるうちに、いつしか彼のみしか見えなくなっていく。俊章の親友・久我からは、兄として好きなのではなく恋愛感情なのではと指摘される始末だ。自分の気持ちもわからぬまま、真里は俊章に抱かれ…。(裏表紙より)

表題作天使に咬まれる

倉田俊章,高校2年,双子の兄
倉田真里,高校2年,双子の弟

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

真里の感情が掴みにくいですが

西根さんは初読み作家さんでした。
ガチの兄弟、しかも双子とのお話という事で期待して読みました。
弟の真里視点メインでお話が進んでいきますが、幼い頃はとても仲の良かった兄弟が中学生になる頃を境に急に変化してきて、それが高校生になった今でも続いているという状況からお話が始まります。
2人が幼い頃の描写はそれ程多くはなく、どの位仲が良かったのか想像するしかない所もあったのですが、現在の真里の心境が今一つ掴みにくかったです。
兄を別に嫌いでもないのに無理に意地を張って冷たくしているような印象を受けました。
優秀な兄に対する対抗意識という理由付けもあったのですが、真里自身が自分でも良く分かっていない状況なので、読者もそれに振り回されても仕方ないかなと思いました。
冷たい時と甘える時の切り替わりが急でしかもギャップがあるので、もしかしたらそういう所がツボな方にはいいのかもしれません。
評価は萌か中立で迷いましたが、2人がお互いに対する執着は異常なほどで真里の真っ直ぐで一途な所は好感が持てたので萌評価にしました。
俊章がどの位遊んでいたのかも気になる所でしたが、その辺りの描写が全くなかったのが個人的には少し消化不良でした。

0

双子モノ

兄弟スキーで双子スキーとしては設定段階で無条件にときめきます!!
双子といっても二卵性で、兄の俊章〔攻〕の方が体格は大柄で生徒会長ではっきりとした性格。
反して真理は小柄で女顔、おして大人しい引っ込みじあんな性格と対照的。

真理は男子校の中で「お姫様」扱いされる存在だったりしますが、そこは兄が睨みをきかせているので揶揄さえる程度です。

この話なんですがどうも真理の感情のブレが激しいんですよねー。
反感を持ってると思ったら、その夜にすぐに素直に甘えてみたりと一貫性が無いんですが本人がそれを自覚している様子は無い。
結果的には兄の方が弟に執着しているという部分が浮き出てきて、執着スキーとしてはそこはよろしかったんですが、全体的にどうも真理の感情があっちこっちいっててそれがストーリーに没頭するの微妙に邪魔してくれました。
まあ大好きな兄弟モノスキーで双子なので一応萌え、で

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ