世界のすべてをいつかきみに アニメイト限定書き下ろしペーパー

世界のすべてをいつかきみに アニメイト限定書き下ろしペーパー
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
海王社
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
世界のすべてをいつかきみに初版本・アニメイト購入者限定配布

あらすじ

文庫発売記念・アニメイト購入限定特典かき下ろしペーパー
本編終了後のラブラブ番外編。
ネパールから日本につれてこられておよそ10ケ月。念願叶って入江と一緒の家に暮らす事になってた浅葱は、マンションのドアの前で自分の膝がガクガクしている事に気付いた。移動中の車窓から見えるモノ、聞こえるモノ全てが浅葱にとっては驚きと興奮の連続で…

表題作世界のすべてをいつかきみに アニメイト限定書き下ろしペーパー

人嫌いで無愛想な霊長類研究所員・入江秀一郎
ネパールでトラに育てられた青年・天野浅葱

評価・レビューする

レビュー投稿数1

野生の習性?!

本品は『世界のすべてをいつかきみに』の
アニメイト限定特典ペーパー になります。

本編と続編の間、
受様のお引越し当日を
主に受様目線で描いたお話です。

浅葱がネパールから
日本につれてこられておよそ10ケ月。

浅葱はようやく念願だった
入江と一緒に暮らす事になります。

移動中の車窓から見えるモノ、
聞こえるモノ全てが驚きと興奮の連続で
マンションのドアの前まできて
膝がガクガクしてしまいます。

それでも入江といられることが
嬉しくてたまりません。

まずは「ただいま」という言葉を習い、
入江と入った部屋の中でも
覚える事がいっぱいです。

つるんと冷たくて何もなかった
研究所の部屋とは違う

入江の匂いに包まれた
色々な色彩と感触に溢れた部屋は
ただ見ているだけでも楽しいですが

食事を終えた浅葱は
危険なモノが潜んでいないかどうか
確認してまわりたくなり・・・

研究所を出た浅葱と入江の
引っ越し記念日ってところかな♪

攻様が住んでいる部屋にも関わらず
家具の後ろまで確認しちゃう受様が
何とも言えないです(笑)

でも結局は
攻様がいれば何でも頑張れると言う
受様がとっても可愛いいSSでした。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ