Baby biatch!

Baby biatch!

Baby biatch!
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神6
  • 萌×27
  • 萌15
  • 中立6
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
14
得点
109
評価数
40
平均
3 / 5
神率
15%
著者
石田惠美 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
日本文芸社
レーベル
KAREN COMICS
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784537129663

あらすじ

万年発情期で運命の相手を探し続けている蓮の弟・桃は、
いつも失恋しては親友の塁になぐさめられてばかり。
しかし塁は桃への淡い気持ちを抱き続けながら伝えられないでいた。
塁の気持ちに全く気づかない桃は
「やっと彼氏ができた!」と塁に報告するが…。
決定的にこじれてしまった2人の関係。
しかし、桃が悪い男たちに傷つけられたと知った塁は…!?
塁の桃を大切に思う気持ちに、心揺さぶられる!!!

(出版社より)

表題作Baby biatch!

天野塁 愚痴受け止め役の友達で大学生
白木桃 20歳,ビッチなフリーター

同時収録作品Baby biatch!

幸秀 社長令息
白木桃 20歳,ビッチなフリーター

同時収録作品Baby biatch!

白木連 桃の兄で会社員・部下
蘇芳カヲル 連の上司で恋人・部長

その他の収録作品

  • Baby Familly

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数14

アップダウンは激しめ

好きな作家です。
好みがわかれると思うけれど、ぜひ読んでみてほしいという思いで神を付けています。誰にでもおすすめ、というのはしかねる作品。内容的な部分でX指定と感じた要素アリ。でも最後まで読めばきっと幸せ気分になります。

こんなに可愛い絵なのに、地獄へ突き落としたくなるような最低ヤローも出てきて悲しくなりますが、そのひどさ、最低加減があってこその一冊だったかと。各段階、膨らませていく過程であそこまで持っていく必要がおそらくあったんだろうな、と思うことにします。兄ちゃんカップルは、シリーズですでに落ち着いているため(?笑)そのシーンで小休止できるようになっていてよかった!

作者の作品は、どれも表紙からは想像しにくいが、実はコミカルパートの散りばめ具合がものすごく魅力的。愛情がシンプルなセリフなどでわかりやすく、しっかり描かれているのも大好きな部分ですが、この作品もそうでした。

ところで。表紙の彼は、中の彼のイメージとは違うかも。すごく純粋でけっこう男っぽい、おバカでかわいそうなんだけど、いいヤツに感じましたよ。


(※追記)エロエロであることは確かですが、セックスシーン自体は、たとえば作者の愛人シリーズと比べると少なめ&薄めだと思います。先の皆さまが書かれているようにギャグ寄り&衝撃!が目立ちます。

1

ピンクヘアーのファンタジスタ☆

ハイテンションなギャグは突き抜けてるわ、桃は超絶アホ面白いイイ兄ちゃんだわ、迷言が冴え渡ってて突っ込みが追いつかないわで腹筋崩壊何が何やら。腹抱えて笑いました。
そうかと思えば終盤ではまさかのシリアス展開とラブに泣かされるし、石田さんほんとファンタジスタ…。絵も美麗で、もう本当楽しかった…!フリーダムだけど抑えるとこ抑えておられて、心鷲掴みにされました。

なんといっても桃の華麗なる百面相に魅了されましたよ…。受け攻め共に華麗にこなすファンタジスタの異名を裏切らない変幻自在ぶり。
ある時は柄悪く、ある時は可愛い。そしてある時は妖しく、格好良い。そしてたまにブサイク…ほんとに同一人物か?

運命の相手を求めて彷徨う桃の、まず第1の獲物は汗も滴るイイ男。ガテン系ガチムチオヤジ、陣さんバツ一☆

陣さん×桃、美味しすぎて生唾飲んでエロ待機してましたよ私…してたのに…まんまとしてやられたぜ。陣さんの隠されたファンタスティックに桃同様、私の煩悩は灰となり散っていきました。オラ トラウマになりそう。

2人目のかわい子ちゃんはバイト先の男の娘かりんちゃん☆その触覚みたいな頭があざとすぎる☆かりんちゃんに絡んでくる悪羅悪羅系を撃退した桃マジ格好良いwそして潔い去り際にズギューン。
桃の引き出しはかりしれねえです。

で、去り行く桃を追ってきたかりんちゃんと今度こそベッドin(死語)かってなるんだけど、かりんちゃんがまた、陣さんの比じゃないレベルでトラウマでした。手に持ってるものも恐ろしいけど、ソレ何かぶってんの?なんでナニが独りで動き回っているの?お、おそろしや
(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル

陣さんとかりんちゃんでそこそこ耐性がつき、お次はどんな規格外な野郎がくるのか、それとも今度こそマトモなイケメンなのかと挑んで読んだら、まったく笑えないクズだった…。クズという称号を与えるのも不愉快な程最悪なクズだった。ラリってる姿はとてもシュールだった…。

塁くんじゃないけど、桃が輪姦されて《泣くか馬鹿野郎!!!》のシーンでは、こっちが泣いてしまった。桃男前だなあ…。

表紙の妖しい色気の桃がまたたまらんのです。可愛い桃も良いけど、もちっとこの男前バージョンの妖しい桃も見たかったなー。でも逆にレア度が高くて、これはこれで良いのかもしれん。

あ、肝心の攻めの塁くんはすげー良いやつでしたよ!ヘタレだけど桃への想いは本物で男前でした!よくやったと労って握手したい。

タイトルもこの本にピッタリで、一冊まるごと桃への愛と魅力で溢れてる!最高の一冊でしたー!
巻末の『甘い八角関係』是非とも読みたいですぞ。
どこかでまた桃の活躍が見れることを願ってます!

1

ビッチが欲しかった愛とエッチとは♡

タイトルになってるだけあって、主役の桃はほんっとにビッチ!
本人曰く、受け攻め共に華麗にこなす、ベッドの上のファンタジスタ☆

いつでもかつでも相手を求めて発情~、しかもそのタイプは見事なまでにバッラバラ。
若いイケメンとヤってたかと思ったら、
工事現場のヒゲでマッチョなおっさんを堕としにかかってみたり、
可愛いすぎる女の子にしか見えない男の娘の、ナイトを気取ってみたり……

ヒゲマッチョとも男の娘とも、ヤりはじめたら、えええ~~???な事態になって、
白旗~!無理無理無理無理!なんですけどね☆

とっかえひっかえ色んな人とエッチして(&しようとして)、かなり痛い目にもあって、
結局求めていた関係は近くにあったよ……という、なんてことないストーリーです。
(言いきってしまって、すみません)
でも味付けはものすっごくて、すごすぎて、なんてことないなんて影も形もなくなります!

ヒゲマッチョと男の娘も、それぞれのその本性にはびっくりだし、
男と上手くいかなかった~とか、すごくいい男見つけた~とか、
聞いて♪聞いて♪と話に行くと、いつも兄は恋人(男)と思いっきり最中だし
(1度や2度の話じゃなく。しかも素敵なコスプレでプレイ中な時も♡)、
そして、痛い目みる時は、かな~り半端なくて痛々しいし……。

ビッチな桃が、今までの自分を振り返って、
これであいつに本気……なんて都合が良すぎじゃね?……と悩む姿は純で愛おしい。
ホントの愛に気づいて、外見も言動もかわい~くなってる桃は、最初と比べて別人のよう。

ラブなところを注目するのもアリ、
細かいことは気にせず、頭空っぽにして楽しんじゃうのもアリな、
見ドコロてんこ盛り~~な1冊ですよ☆彡

2

本物をさがせ~~

「甘い俺たちのヘヴンな日常」のスピンオフ、先の主役攻め様の弟でビッチくんが
主役で登場してる、本物の恋人を追い求めてハンターの如く物色してるけど、
やっと恋人が出来たと思えば、いつも変な男に引っかかる受け様。
性に関してはかなり奔放な受け様は、一見するとかなり好きものビッチなんですが、
ホントはお兄ちゃんたちみたいな相手を探してる寂しがりやさんなのかもなんて
思いながら読みましたよ。

コミカルとシュールなシリアス、切ない思いがエロと共に描かれてる逸品。
受け様の男運のなさが露呈してるのは事実で、良いと思った相手のあっと驚く
性的嗜好に笑わせてくれたり、痛さを覚える。
そしていつも失恋するたびに駆け込む先がノンケ友人の大学生の攻め様。
本当に探し求めていた相手は意外に近くにいるのに気づけない。
散々、色々遠まわりした挙句に手に入れる事になるストーリーです。

2

受け攻めを華麗にこなすベッドの上のファンタジスタ!

主人公の桃は「受け攻め共に華麗にこなすベッドの上のファンタジスタ」(自称)
仕事もせず、兄の蓮と恋人が同棲してるマンションに居座り、酔っぱらってるところを拾ってもらった塁にお昼をたかるだらしなさ。
セフレもいてカラダもだらしないけど、惚れっぽくて、ガテンの人に一目惚れしてはストーキングして偶然を装って近づき、ファミレスでかわいい子を見つけてはバイトに入って近づく、純粋に恋がしたいと思ってるところがかわいらしい。

前半はガテンの人・ファミレスの子の隠されていたブッ飛んだ性癖に目が点になり、兄カップルが絶賛いたしてる最中でもかまわず自分の恋バナを聞かせる桃のマイペースさなど、ギャグの振り切れぶりに笑えました!

でも後半はギャグさは薄れ、彼氏と思っていた男から薬・暴力・輪姦と桃がかなり痛い目にあわされるシリアスな展開に変わります。輪姦されてる最中「泣け」と言われても絶対に涙を流さない桃の強がりが余計に痛かった。
そんな桃を心ごと救うのが、桃をずっと思ってきた塁。暴力彼氏のあとだから塁のいい奴ぶりに泣けてきます。

兄・蓮とカヲルの話(『純愛海上フルノット(同時収録)』『甘い俺たちのヘヴンな日常』)からのスピンオフ。兄カップルの話が好きなので、本作では脇役だけどコスプレを楽しんでるところが見れて嬉しかったです。
おまけで蓮(次男)と桃(六男)の男兄弟・父親が勢ぞろいします。

1

前半部分が凄すぎて…

思わず本を閉じようかと思ってしまうくらい恐ろしいものを二発ほど見ました…w
毎度毎度石田さんの書くエロシーンの激しさには目を見張るもんがありますが、
この作品の場合は「よくこんなもんを書くのを編集が許したな」と思うようなもの。

毛むくじゃらなオッサン(これに喰われたいと思う桃はかなりキワモノだ)のレースのランジェリーといい、
どう見ても男の娘なこのボンテージ下着から逞しく伸びる「ケバブ屋の肉の塊のような」ファンタジー極まりない巨根といい、
・・・ふつうそういう物を脳内に想像しません。

その印象があまりに強すぎて、後半桃がヤク決めた男に輪姦されたり、それを怒った塁が怒鳴り込んでメガネ大破壊されたりと普通のBLならそこがクライマックスだろ!と言いたくなるようなシーンが前半がアレすぎてすーっと読み流しちゃうし、
桃が飛び込むたびにどうにも変態くさいコスプレエッチを毎度毎度蓮がやっててもほほーで済んじゃう。

一冊に込めてはいかんほどの濃厚なインパクトが詰まりすぎてる本だと思います。
萌える前に魂が抜けそうになりました。カバー裏のあまりにも力が抜ける2コマも。

もっと萌え魂が摩耗したジジイになって
「何読んでも普通にしか見えない」
と思うようになってから読めばさらによくなるかも・・・

5

愛する者同士だからこその快感だね

エロスとシリアスとギャグとそのカオスぶりがジェットコースターのように襲いかかる一冊。
後半佳境はトルネード入りましたーーーー!!
この作風が大好きなんだなー♪石田要作品、っていう感じで確立されてるきがする。
先ごろインタビューも掲載されましたが、愉快に進んでいる後半部分、かなり痛い展開が待っております。
主人公にとっては身から出た錆なんですが、これが受け入れられない方もいるかもしれないので、注意してくださいね。
また、主人公の桃は兄の連が恋人のカヲルが同居しているお宅に居候しておりまして、事あるごとに、この『甘いシリーズ』の二人のコスプレエッチが見られるのも、愉快。
この二人の関係を知りたい方は『甘い俺たちのヘヴンな日常』を見ていただけると、おおー!とビックリするでしょうwww

上京して一人暮らしするも住まいを追い出され、兄・連の家に居候中の無職の桃は、運命の相手を求めて愛の狩人真っ最中。
事あるごとに振られては(もしくは振る)偶然知り合って以来、飯を奢らせたりと世話になる大学生の塁に泣き言を聞いてもらうのが日常。
狙った獲物は逃がさない。
女装癖のガテンオヤジ、実はドSだった男の娘のバイト仲間、との失恋を経て、
セフレだった社長の息子と晴れて恋人になることができた桃。
塁は、何故か素直に喜べなくて・・・
桃への思いを断ち切るように、同級の女子と付き合い始めた塁だが、そのデート姿をみてしまった桃は、複雑な感情にとらわれ、追い打ちをかけるように、恋人のヤクを使ったパーティーの餌食にされてしまう。
塁に、また別れた報告に行った桃だが塁は・・・

展開として、本人も気がつかない気持ちをひどい目にあって始めて気がつくという。
ただ、それの気持ちのスレ違いは最初の出会いの日にあったんだよ、というエピソードがちょっとキュンとさせます。
遠回りして、痛い授業料を払ったというか高すぎる授業料でしたが。
ストーリー展開的には、王道なものでしょう。
その肉付けが独特だと思います。

おっちゃんの作業着の下に隠されたランジェリーに大爆笑し、
とってもかわいいファミレスバイトの男の子の変身ぶり・・・おいおい!なんですがそのグロテスクな、まるで殺人鬼のようなお道具と扮装は!?
やり過ぎ感があるほどに、演出されていて、これが楽しいんだな。
しかし、そのあとに待ってるのは、ヤクパーティー。
怪我をするほどのひどい輪姦。
決してザマァではないですが、桃の日頃からしたら仕方ないと思うかやり過ぎと思うか。
しかし、これがあるからこそ、ただ見守るだけだった塁が男前を発揮するのです!
石田作品に、若干のバトルは持ち味だと思うので、こうした暴力シーン、許してあげてください(涙)
やんちゃな桃だけど、絶対幸せになると思うよ。
塁は翻弄されつつも、実は野良猫を飼い慣らすワンコって感じがしたのでw

描き下ろしにとてもワクワクする次回予告がありました(爆笑!)
架空で、嘘らしいけどwww連の家族って、本当にこんな!?
いや、登場させてくださいな(笑)

評価は、萌えと萌え萌えで悩み中~

3

テンション高め&ギャグ多め、からの!きゅう♡

ビッチな桃が恋を求め歩き、
ことごとく「…うそーーーーん!!」みたいな展開が面白かったですw
確かに人は見かけによらない、ですが、
ガタイのいい無精髭、工事現場のじんさんが
まさか作業服の下に女性下着をつけてしまう趣味だったとか!!
ファミレスのバイトの可愛い男のコが
ドSの枠でおさまりきらないような恰好、言動、
アイテム(電動ドリルバイブってあるの!?)を持ち出し、
内臓が裂けるであろうモノをお持ちだとかw

かと思えばセフレだった男に付きあおうと言われ、
多少のプレイも甘んじていたところに、
ドラッグでキメキメの彼氏が、
桃の知らない男達を呼んでいて……。
面白く読んでいたのですが、甘ちゃんな私は引きました……。
受けが、輪姦されるのとか嫌なんですよぉぉぉ(泣)
しかも、桃以外みんなイッちゃってて怖!

勿論、それは塁との本当の恋を知るための
欠かせないエピソードのひとつなのはわかっているんですけど、
どうにもそこは読み返せないのであります…。
3Pは良くて輪姦は駄目ってなんじゃ!ですかね…。
愛が無いとツライっすよ;;

だって、それをわざと冗談っぽく告げる桃も悲しいし、
それによって泣いてしまう塁も可哀想。
自分が好きな相手がそんな事になってただなんて耐えられない!!
だからこそ、証拠隠滅の為に塁が本気を出して
桃の元カレ(元セフレ?)にぶつかっていくわけですけれども…。
とにかく、二人が幸せになってくれたので結果オーライ☆
受け攻め華麗にこなす桃は、塁相手には受けだけなのかしら??
私としては是非リバっていただいて、
気持ち良さをもっともっと共有して欲しいなぁと思います。
ファンタジスタなら出来るw

あと、いちいち愛あるプレイ中に桃に邪魔された兄×カヲルさんが良かった!!
次はどんなコトを…!?と、つい心待ちにしてしまいましたw
カヲルさんの恥じらいがたまらん!
それでもノッちゃうのが更に素敵でした♪

裏表紙(最終話の表紙か)のカラーがすごく綺麗!!
塁と桃のお互い愛しくてたまらない様子が
伝わってくるかのようでした。




3

個人的には、元の話のお兄さん夫妻(笑)の話の方が読みたいです。

表紙の絵は微妙に好みではないのですが、本文の絵が良さそうだったので読んでみました。
尻軽な子が色々痛い目に遭って、最後は一番自分を想ってくれるお友達と纏まる話。
昔、こういうドラマが結構あったような。(痛い目の内容は普通な男女ものですけれど)
尻軽な子の自業自得でしかないので、逆に友人のネガネくんはこの子でいいの?と思うのですが、まあこれで纏まるならばいいのではないでしょうか。
それでも他に目移りするとかだったら最低ですが、そういう事はなさそうです。
基本的にはこういう駄目な子は苦手なんですが、性格がそこまで悪くないのと話全体のノリが軽いので読めてしまいました。

個人的には、元の話のお兄さん夫妻(笑)の話の方が読みたいです。
カオヲルさん、お着物が似合い過ぎます(笑)

1

こういうギャグっぽい方が石田さんの作品では好みかもしれない

1冊丸ごと同じ主人公のお話です。
今回は脇役になっていますが、白木蓮x蘇芳カヲルカップルが出てくる作品としては3冊目。
でもこの作品では蓮の弟、桃が主人公になっているので、前の2冊を読んでいなくても大丈夫だと思います。
この作品ではコメディ度も前の2冊と比べるとかなり上がっていて、もう別のお話(?)と感じられたほどでした。
でも個人的には前の2冊よりこちらの方が好きです。
乙女すぎる受け様はちょっと苦手なのですが、今回はそれがなかったので。
結構ぶっ飛んだ設定のお話ですが、受け様が遭遇する相手や、蓮xカヲルが繰り出すギャグが笑えました(一部ドン引きなのもありましたが…汗)。
結構痛い描写があります。複数モノ(しかも合意でない)が苦手な方は注意かと思います。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ