Baby biatch!

Baby biatch!

Baby biatch!
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神6
  • 萌×27
  • 萌15
  • 中立5
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
14
得点
108
評価数
39
平均
3.1 / 5
神率
15.4%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
日本文芸社
レーベル
KAREN COMICS
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784537129663

あらすじ

万年発情期で運命の相手を探し続けている蓮の弟・桃は、
いつも失恋しては親友の塁になぐさめられてばかり。
しかし塁は桃への淡い気持ちを抱き続けながら伝えられないでいた。
塁の気持ちに全く気づかない桃は
「やっと彼氏ができた!」と塁に報告するが…。
決定的にこじれてしまった2人の関係。
しかし、桃が悪い男たちに傷つけられたと知った塁は…!?
塁の桃を大切に思う気持ちに、心揺さぶられる!!!

(出版社より)

表題作Baby biatch!

天野塁 愚痴受け止め役の友達で大学生
白木桃 20歳 ビッチなフリーター

同時収録作品Baby biatch!

白木連 桃の兄で会社員・部下
蘇芳カヲル 連の上司で恋人・部長

その他の収録作品

  • Baby Familly

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数14

こういうギャグっぽい方が石田さんの作品では好みかもしれない

1冊丸ごと同じ主人公のお話です。
今回は脇役になっていますが、白木蓮x蘇芳カヲルカップルが出てくる作品としては3冊目。
でもこの作品では蓮の弟、桃が主人公になっているので、前の2冊を読んでいなくても大丈夫だと思います。
この作品ではコメディ度も前の2冊と比べるとかなり上がっていて、もう別のお話(?)と感じられたほどでした。
でも個人的には前の2冊よりこちらの方が好きです。
乙女すぎる受け様はちょっと苦手なのですが、今回はそれがなかったので。
結構ぶっ飛んだ設定のお話ですが、受け様が遭遇する相手や、蓮xカヲルが繰り出すギャグが笑えました(一部ドン引きなのもありましたが…汗)。
結構痛い描写があります。複数モノ(しかも合意でない)が苦手な方は注意かと思います。

1

前半が強烈過ぎて肝心のストーリーが印象に残らないよ〜(⌒-⌒; )

「甘い俺たちのヘヴンな日常」の蓮(攻)の弟のお話なんですが、2冊を読んだ時期が違うので気付かず読み終えていました。
「純愛海上フルノット」(桃ちゃん初登場のエピソードが収録されている)をつい最近読んだお陰でやっと繋がりました!遅
そんな感じなので、こちらだけでも問題なく楽しめます。
兄カプの存在が気になり過ぎるけどw
カヲルさんがすっかりエロい人妻になってます(*´艸`*)
この熟年夫婦な蓮&カヲルさんで新しくまた描いてほしいくらい!

下半身ゆるゆるのビッチちゃん〔桃〕が色んな痛い目を見ながら真実の愛に辿り着くお話です。
ちゃんと読むといいお話なんですが、前半が完全にブッ飛んだ石田さんなので、次々出てくる濃過ぎるキャラ達に本筋のストーリーが霞みますw
3回くらい読んでやっとストーリーが印象に残る感じ。
最初のガテンオヤジも衝撃だったが、その後の男の娘…これはまさか予測出来るまい。
なんなのこれこの子のちんこどーなってんのこわい。涙涙涙

ギャグはギャグで好きなんですが、このお話に関してはもう少しギャグ抑えめの方が良かったかな〜と思う読後感でした。

2

受け攻めを華麗にこなすベッドの上のファンタジスタ!

主人公の桃は「受け攻め共に華麗にこなすベッドの上のファンタジスタ」(自称)
仕事もせず、兄の蓮と恋人が同棲してるマンションに居座り、酔っぱらってるところを拾ってもらった塁にお昼をたかるだらしなさ。
セフレもいてカラダもだらしないけど、惚れっぽくて、ガテンの人に一目惚れしてはストーキングして偶然を装って近づき、ファミレスでかわいい子を見つけてはバイトに入って近づく、純粋に恋がしたいと思ってるところがかわいらしい。

前半はガテンの人・ファミレスの子の隠されていたブッ飛んだ性癖に目が点になり、兄カップルが絶賛いたしてる最中でもかまわず自分の恋バナを聞かせる桃のマイペースさなど、ギャグの振り切れぶりに笑えました!

でも後半はギャグさは薄れ、彼氏と思っていた男から薬・暴力・輪姦と桃がかなり痛い目にあわされるシリアスな展開に変わります。輪姦されてる最中「泣け」と言われても絶対に涙を流さない桃の強がりが余計に痛かった。
そんな桃を心ごと救うのが、桃をずっと思ってきた塁。暴力彼氏のあとだから塁のいい奴ぶりに泣けてきます。

兄・蓮とカヲルの話(『純愛海上フルノット(同時収録)』『甘い俺たちのヘヴンな日常』)からのスピンオフ。兄カップルの話が好きなので、本作では脇役だけどコスプレを楽しんでるところが見れて嬉しかったです。
おまけで蓮(次男)と桃(六男)の男兄弟・父親が勢ぞろいします。

1

ピンクヘアーのファンタジスタ☆

ハイテンションなギャグは突き抜けてるわ、桃は超絶アホ面白いイイ兄ちゃんだわ、迷言が冴え渡ってて突っ込みが追いつかないわで腹筋崩壊何が何やら。腹抱えて笑いました。
そうかと思えば終盤ではまさかのシリアス展開とラブに泣かされるし、石田さんほんとファンタジスタ…。絵も美麗で、もう本当楽しかった…!フリーダムだけど抑えるとこ抑えておられて、心鷲掴みにされました。

なんといっても桃の華麗なる百面相に魅了されましたよ…。受け攻め共に華麗にこなすファンタジスタの異名を裏切らない変幻自在ぶり。
ある時は柄悪く、ある時は可愛い。そしてある時は妖しく、格好良い。そしてたまにブサイク…ほんとに同一人物か?

運命の相手を求めて彷徨う桃の、まず第1の獲物は汗も滴るイイ男。ガテン系ガチムチオヤジ、陣さんバツ一☆

陣さん×桃、美味しすぎて生唾飲んでエロ待機してましたよ私…してたのに…まんまとしてやられたぜ。陣さんの隠されたファンタスティックに桃同様、私の煩悩は灰となり散っていきました。オラ トラウマになりそう。

2人目のかわい子ちゃんはバイト先の男の娘かりんちゃん☆その触覚みたいな頭があざとすぎる☆かりんちゃんに絡んでくる悪羅悪羅系を撃退した桃マジ格好良いwそして潔い去り際にズギューン。
桃の引き出しはかりしれねえです。

で、去り行く桃を追ってきたかりんちゃんと今度こそベッドin(死語)かってなるんだけど、かりんちゃんがまた、陣さんの比じゃないレベルでトラウマでした。手に持ってるものも恐ろしいけど、ソレ何かぶってんの?なんでナニが独りで動き回っているの?お、おそろしや
(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル

陣さんとかりんちゃんでそこそこ耐性がつき、お次はどんな規格外な野郎がくるのか、それとも今度こそマトモなイケメンなのかと挑んで読んだら、まったく笑えないクズだった…。クズという称号を与えるのも不愉快な程最悪なクズだった。ラリってる姿はとてもシュールだった…。

塁くんじゃないけど、桃が輪姦されて《泣くか馬鹿野郎!!!》のシーンでは、こっちが泣いてしまった。桃男前だなあ…。

表紙の妖しい色気の桃がまたたまらんのです。可愛い桃も良いけど、もちっとこの男前バージョンの妖しい桃も見たかったなー。でも逆にレア度が高くて、これはこれで良いのかもしれん。

あ、肝心の攻めの塁くんはすげー良いやつでしたよ!ヘタレだけど桃への想いは本物で男前でした!よくやったと労って握手したい。

タイトルもこの本にピッタリで、一冊まるごと桃への愛と魅力で溢れてる!最高の一冊でしたー!
巻末の『甘い八角関係』是非とも読みたいですぞ。
どこかでまた桃の活躍が見れることを願ってます!

1

これは、良いかも。


ダンディなおじさまでエロエロが楽しめると思ったのに……。
とりあえず、あの雄っぱいでパイズリはするべきだったと思う。
思春期男子よりはパワーアップしてます。

かりんちゃんの豹変ぶりに……怖くて涙出そう。
男の娘でとっても可愛いかりんちゃんが……電動ドリルバイブに……想像を遥かに越える豹変ぶりです。

一番愛しい人はすぐ側にってパターンでした。
桃が6人にレイプされ、桃は何もなかったように振る舞うけどハメ録り動画はちょっと気にしてる。
それを、塁が取り返して兄伝いにだけど桃に壊れたスマホを渡すシーンは良い感じでした。

塁を好きだと自覚した桃が前半より数倍可愛く見えました。

Baby familyは読んでみたいかも。

0

アップダウンは激しめ

好きな作家です。
好みがわかれると思うけれど、ぜひ読んでみてほしいという思いで神を付けています。誰にでもおすすめ、というのはしかねる作品。内容的な部分でX指定と感じた要素アリ。でも最後まで読めばきっと幸せ気分になります。

こんなに可愛い絵なのに、地獄へ突き落としたくなるような最低ヤローも出てきて悲しくなりますが、そのひどさ、最低加減があってこその一冊だったかと。各段階、膨らませていく過程であそこまで持っていく必要がおそらくあったんだろうな、と思うことにします。兄ちゃんカップルは、シリーズですでに落ち着いているため(?笑)そのシーンで小休止できるようになっていてよかった!

作者の作品は、どれも表紙からは想像しにくいが、実はコミカルパートの散りばめ具合がものすごく魅力的。愛情がシンプルなセリフなどでわかりやすく、しっかり描かれているのも大好きな部分ですが、この作品もそうでした。

ところで。表紙の彼は、中の彼のイメージとは違うかも。すごく純粋でけっこう男っぽい、おバカでかわいそうなんだけど、いいヤツに感じましたよ。


(※追記)エロエロであることは確かですが、セックスシーン自体は、たとえば作者の愛人シリーズと比べると少なめ&薄めだと思います。先の皆さまが書かれているようにギャグ寄り&衝撃!が目立ちます。

1

ついていけなかった・・・

全体的にごちゃごちゃしていたり、
設定がついていけなくて読んでいてちょっと疲れました。。。

確かに受けはビッチなのですが、選ぶ相手が酷すぎる(苦笑)
女装下着つけてたり、ドSだったり・・・暴かれる瞬間の描写が
ガッツリ1枚絵?でインパクトありすぎてビックリしました。。。
もっと普通の相手選べないのかな~(^_^;)
でもそこがエロ+ギャグが好きな人にはウケるのでしょうか。

複数で犯されている描写もガッツリ2ページ使ってるのでキツイです。。。

ギャグ、シリアス、エロを楽しみたいに人には良いかもしません。

0

個人的には、元の話のお兄さん夫妻(笑)の話の方が読みたいです。

表紙の絵は微妙に好みではないのですが、本文の絵が良さそうだったので読んでみました。
尻軽な子が色々痛い目に遭って、最後は一番自分を想ってくれるお友達と纏まる話。
昔、こういうドラマが結構あったような。(痛い目の内容は普通な男女ものですけれど)
尻軽な子の自業自得でしかないので、逆に友人のネガネくんはこの子でいいの?と思うのですが、まあこれで纏まるならばいいのではないでしょうか。
それでも他に目移りするとかだったら最低ですが、そういう事はなさそうです。
基本的にはこういう駄目な子は苦手なんですが、性格がそこまで悪くないのと話全体のノリが軽いので読めてしまいました。

個人的には、元の話のお兄さん夫妻(笑)の話の方が読みたいです。
カオヲルさん、お着物が似合い過ぎます(笑)

1

キワモノすぎて…

かなりハイテンポかつハイテンションなノリで、めくるめくエロとギャグのワンダーワールド。
カオスすぎて読んでいて置いてきぼり感すら感じる、疾走するストーリー。
そんな作品ですw

万年発情期な主人公・桃の人物像がもうもはやなんだかわからないw
突き抜けたDQNなアホの子で超遊び人なんですが…男を見る目がないんですよね。
困ったことがあるたびに、兄カップルのセックス中に度々乱入して中断させるという…
どういう状態だw

エモノ2人のインパクトが強すぎてですね~、後半のシリアス?展開が全く頭に入ってこなかったw
本命以外とのプレイ…どころか、強制複数プレイとか、筋肉隆々なオジサンのランジェリー姿とか、エグい性癖の男の娘とか、もうなんともキワモノな描写がワンサカでてきます…
あまりのスゴさにちょっと引いてしまいましたw
お好きな方にはたまらない…のかなぁ?とにかくかなり好みの分かれる作品だと思います。

5

前半部分が凄すぎて…

思わず本を閉じようかと思ってしまうくらい恐ろしいものを二発ほど見ました…w
毎度毎度石田さんの書くエロシーンの激しさには目を見張るもんがありますが、
この作品の場合は「よくこんなもんを書くのを編集が許したな」と思うようなもの。

毛むくじゃらなオッサン(これに喰われたいと思う桃はかなりキワモノだ)のレースのランジェリーといい、
どう見ても男の娘なこのボンテージ下着から逞しく伸びる「ケバブ屋の肉の塊のような」ファンタジー極まりない巨根といい、
・・・ふつうそういう物を脳内に想像しません。

その印象があまりに強すぎて、後半桃がヤク決めた男に輪姦されたり、それを怒った塁が怒鳴り込んでメガネ大破壊されたりと普通のBLならそこがクライマックスだろ!と言いたくなるようなシーンが前半がアレすぎてすーっと読み流しちゃうし、
桃が飛び込むたびにどうにも変態くさいコスプレエッチを毎度毎度蓮がやっててもほほーで済んじゃう。

一冊に込めてはいかんほどの濃厚なインパクトが詰まりすぎてる本だと思います。
萌える前に魂が抜けそうになりました。カバー裏のあまりにも力が抜ける2コマも。

もっと萌え魂が摩耗したジジイになって
「何読んでも普通にしか見えない」
と思うようになってから読めばさらによくなるかも・・・

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ