キチク系野獣イケメン×天然系草食男子の、身も心も染め上げるハード調教ラブ

理想の恋人

risou no koibito

理想の恋人
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神41
  • 萌×238
  • 萌26
  • 中立7
  • しゅみじゃない13

--

レビュー数
30
得点
442
評価数
125
平均
3.7 / 5
神率
32.8%
著者
斑目ヒロ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784403663789

あらすじ

初体験がトラウマになり、恋から遠ざかっていた陸(りく)。
そんな彼の前に現れた自信家でドSな美男子・義巳(よしみ)。
わざと陸のコンプレックスを刺激しまくる、義巳の本当の目的とは……!?

表題作理想の恋人

小坂義巳 陸の店の常連でアパレル会社勤務
木内陸 元タチのバーテンダー

同時収録作品震える手の先

斉藤一 高校からの友人で成田に片想い
成田幸 大学生

その他の収録作品

  • 理想の関係
  • 理想の恋愛
  • 理想の愛情
  • 理想の告白
  • 理想と現実(描き下ろし)

レビュー投稿数30

続刊あります

斑目先生の作品で一番好きです。
続刊でてること知りませんでした!読まないと。
斑目先生の作品て、ものすごく自分勝手で人を意のままにできると思ってそうな俺様が多くて、そんな彼らが恋故に、思い通りにならない色々へイライラしてるのが面白い。そしてセクシー。

◾︎小坂義巳× (服屋勤務)×木内陸(バーテンダー)
ためてためての陸が泣いてすがるシーンがたまらないんですよ!本当は義巳も泣いてすがりたいぐらい好きなんだろうな。彼のプライドはそんなこと絶対にしないで、しないままで陸を自分のものにするんでしょうけど。
リバ…見たい……

◾︎成田幸×斎藤一(はじめ,イチ)
これもすごい。登場人物がクズと思われても良い潔さ。
"実はいい奴"的な媚がないところが大好き。
人間性が最悪でも恋しちゃったもんは仕方ないんだ。

0

躾というか…

初読みの作家さんなので、私が良さを汲み取れなかっただけなのかもしれませんが、う〰️ん。ちょっとはまれませんでした。

自己評価の低い受けくんを、見目麗しい俺様な攻めが、初対面の時に恋人として選ばれなかった逆恨みというか、好きな気持ちの裏返しで意地悪しちゃうというか、そんなおいしい設定で始まったので、途中まではすごく楽しめたのですが、自信のない受けくんに対して躾を始めたあたりから、私はちょっとダメでした。

普段なら緊縛もお道具も言葉責めも大歓迎の私なので、調教ときたら嵌まらないはずがないと思っていたのですが、感情のままに壁に頭を打ち付けたり、靴のまま踏みつけたりするのは、例え愛情ゆえの行動とはいえただの暴力じゃん。って感じて引いてしまいました。

暴力も攻めが受けを好きで好きで仕方ない気持ちの裏返しということは伝わってくるのですが、こんなに執着するほど好きになったエピソードとか、どの辺がたまらなく魅力的なのかとか具体的なことがわからないせいかあんまり感情移入できなくて、気にさわることがあると自分の想いをぶつけるDV男にしか見えなかったのが残念。

一方、ネガティブ過ぎるがゆえに自分の気持ちにさえ気づけなかった受けくんが、がむしゃらに攻めに泣きながらすがり付くシーンはちょっとキュンときました。この後に続くおしおきシーンは続編の方になりますが、めちゃくちゃ滾ったので、そのお膳立てということでとりあえず中立で。

3

本当に『理想の恋人』!

悪魔シリーズに惚れて、こちらも読ませて頂きました。
もうサイコーでした(๑♡△♡๑)
一読目より二読目、そして三読目と、まるでスルメの様にどんどん良くなって行きます。
ただ表紙がね・・・
攻めはいつもの如くに美しいのに、受けがン??で。
もしかしたら表紙が間違いで途中からみにくいアヒルの子の様に白鳥に化けるのか?!
いえ、最後まで化けません。
ゴリ(そう呼ばれてる)はゴリのまま・・・。
そう、ゴリが白鳥になっちゃったらこのお話が続かないもんっ。
ゴリは容姿にも自信ないし、初体験の相手(これが攻めの友達&相手)にボロクソ言われて、僅かの勇気迄無くしちゃったんだもん。
そして何度も読む内に、ゴリの気持ちも攻めの気持ちも本当に良く判って、なんちゅー深いハナシやぁ~と感動したり。
ゴリの「1人でいい」「また1人に戻るだけ」の独白から、「1人は嫌だ!……好きなのに」
攻めの「駆け引きは別れる時だけ」のセリフにも、あー、これがそうなのね、と後に納得。

物語はほぼBARでのお話だけど、この回りの出演者が良いのよー。
そう、この手のバーって正にこんな感じ!
若い頃にハマって行ってたのを思い出したぁ。
もうその描写にセリフが、上手いのなんの!!
助演男優賞(いや助演女優賞か?!)を上げたいくらい。
いや、先生に脚本&監督賞か。

落とせない男は居ないチョーかっけー美しい攻めが、実はこのゴリに一目惚れしてたのよね。
そしてその想いをずっと抱いてて。
もうっ、萌ゆるでしょぉー。
それが山あり谷ありで描かれてて。
一冊で何冊も読んだ気がします。

『震える・・・』
も良いしぃ。
これも何回も読んじゃった。
描き下ろしのBARのママの話しがこれまたサイコー。
正しく『神』の本であります!

次巻でラストですが、たまりませんわよっ。

1

表紙のカッコよさに反して話が女々しいよー

表紙買いで失敗は滅多にしない方なんですが、これは大失敗。
絵だけ眺めてたらせっかくカッコいいカップリングなのに、お話が全然楽しくないったらない。
坊主頭の彼(陸)が卑屈すぎます。
自分に自信がなくて卑屈になるのは死ぬほど気持ちは解るのですが、だからこそ読んでてつまんないしイライラするだけで、あーこれだから自分に自信ねぇ奴はモテねーんだよなんて思っちゃう。要するに同族嫌悪なんでしょうね。
同時収録作の方も然り。なんかひねくれてる。
作家様がそういうキャラが萌えなのかな?と思いつつ、んー楽しくないお話でした。

あと「ハード調教」ってワードにも期待したのですが、これもまたちょっと期待した感じには程遠く・・・SMっぽい感じではなく、なんか本当に「躾」って感じでした。
卑屈で恋愛偏差値の低い陸に、痛みと一緒に解らせる、みたいな。
そういう鬼畜さは好きじゃないし、なんかペットの躾みたいで色気もないし、うーんでした。

【電子】ebj版:修正-(描かれていない)、カバー下なし、裏表紙なし

0

愛ゆえの鬼畜ぶり、それはプレイと躾の一環

scarlet →かわいい悪魔シリーズ3冊を経てこちらを読みました。

班目先生の描かれる執着攻めが好きなんですが、
・鬼畜すぎる
・受けが卑屈
というレビューを散見して、びびってしまいようやく読んでみたけど、これ好き!!もっと早く読めば良かった!

読む前に気になった上記二点について私は以下のように感じました。
【鬼畜について】
ずーっと理由もわからず鬼畜で、ようやく最後のほうで、実は相手のことが好きだから、みたいな展開だと、読んでいる途中で心萎えてしまうんですけど、こちらの作品はそんなことない!
開始から10数ページ目で、大好き故の鬼畜っぷりというのが早々に解った上でお話が進んだので、それから先は心に余裕を持って読めました。

陸は20歳になった頃、勇気を出して初めて行ったゲイバーに行った陸(受け)。
二人組に声を掛けられてしこたま飲んで、酔った勢いもあり「恋人になって」と声をかけ、そのうちの一人、ヒロトと初体験するも「下手くそ!」となじられてトラウマに・・・。
以来、恋に臆病になってしまった陸。

ところが、その二人組の一人が実はヨシミ(攻め)だったのに、バーにいつも客としてやってくるヨシミと同一人物だと気づいておらず、記憶にも残っていない事実にヨシミはずっとショックを受けていたんです!

声を掛けたのは自分だったのに!
あんなバカなヤリ男より俺のがよっぽどいいじゃないか!
席を外した隙にヒロトと二人で消えやがって!
お前はヒドい・・・「恋人になって」と言ったくせに・・・
などなど、陸に長年の恨みをぶちまけます。(ヨシミには長く片思いしている人がいるという噂も出回っている)

途中、陸に俺のこと好きなんじゃ?と指摘されて「そんなことない!」と反論するも頰をカーッと赤く染めちゃってるんだからちっとも説得力ない。

もう陸のこと大好き認定です。
それと陸はヒロトが原因でトラウマが生じているのに、自分は陸に何の痕跡も残せていないことにも嫉妬してるわけです。

だからその後、いくらきつい対応が繰り広げられようと、これはもうプレイの一環としか感じられませんでした。

その後もなかなかな鬼畜プレイが繰り広げられますが、ヨシミが凶暴になるのは嫉妬にかられた時や、陸の愛情を疑った時。
陸は自分のものだという事と、陸がこんなことをやっても自分を捨てずに愛してくれるかという事を再確認するための行為だと思います。

【陸の卑屈さについて】
ヨシミの彼氏というだけで殺気・敵視・嫌がらせ・嫉妬の数々がつきまとう程、ゴージャスな男・ヨシミ。
それに対して容姿は並み(より下かも)で、過去傷ついて恋に臆病な陸ではお話にならないくらいの差があって、なんであんな人が俺のこと好きなのか?と思うのは当然と言えます。
持って生まれたもの(容姿)もそうですし、二人の場数が違いすぎるんです。

外野のオカマ&ママ達のやいのやいのも良くて、シリアスなところと笑えるところの緩急具合がちょうど良い。



2

漫画2冊とCD全部いい

久しぶりにこんなにドキドキしてどうなるのとハラハラするBLに出会った。絵も美麗で、受けの陸が設定通りそこそこなルックスなところがリアルでいい。周りからはブス扱いの陸にどこまでも一途で怖いくらいの執着を見せる義巳に読んでいてとてもときめいた…。続編もまたやばい。さらに甘くなって義巳の独占欲強い。

1

理想の恋人

私にとっては、このカップルが理想の恋人です。
もっとこのカップルのお話読みたい!

0

無自覚にはやっぱり強引に?

コミックで今私の中で斑目ヒロさんのこのシリーズがマイブームでして、多分、1・2巻まとめて読んだのが良かったと思われます。

勇気を出して行ったバーで初体験迄は良かったのですが、相手に下手くそ呼ばわりされて、恋愛にトラウマになってしまった陸(受)
陸がバーテンを務めるバーの常連の滅茶苦茶モテる義巳(攻)

男臭くて、坊主頭で見た目も並の下の陸をキラキラ見た目のモテ男の義巳はとにかくイジメます。
普通なら、気に入るもいらないも無いくらい寡黙で地味。
見ていてもイライラするくらい自己主張もせず、諦めきった陸に義巳はいちいち構っては意地悪するところが、ツボです♡
とにかく二人の感情の微妙なすれ違いっぷりが面白かったです。

何かある毎に、お仕置きする義巳に、陸に対する執着心と愛情が見える為、酷いことでも全然大丈夫。
むしろ陸が愛されてて羨ましい…
でも恋愛初心者の陸には義巳の心も行動も分かりません。

鈍感な陸が、自分の気持ちと向き合い義巳に素直になるまでで終わっていて、この本だけなら神寄りの萌2にしたのですが、続けて「理想の誘惑」を読んだので、義巳の陸に対する長い片想いからの両想い迄の過程が良く理解出来たし、陸の自信の無さからくるんだろう鈍感さからの自覚も、イライラしたけど面白かったです。

多分、陸も義巳も性格的にかなり両極端なので好き嫌いは分かれる作品なのでしょうが、意地悪でも根底に相手の事が好きだというのが随所に見られる為、それもツボで、
義巳の垣間見える恥ずかしがったり、嬉しくて泣きそうな顔が陸じゃあないけど萌えました。

2

悪魔だけど好きが勝る

受けの陸ちゃん(←ちゃん付けも合わないけど)の髪型といい、ゴツいからだ、後ろ向きな性格全てが好きじゃないし、攻めのよしみちゃんも時々見せる凶悪な顔と怖いお仕置きがあまり好きじゃないのですが、なんでかなぁ、萌え萌えです。

斑目さんの描くキャラクターの悪魔チックだけど、ものすごく情が深いところ、取り巻くブスキャラクターがそのマイナスを上回るんですよね。

本編はもちろんママの昔話番外編は、最後のオチに大爆笑。天然なヒロトくんも本物のこいをさせてあげてほしかったなぁ。

2

意地悪×卑屈

2カップルの話が収録されています。メインは表題作の、バーの常連(イケメン)×バーテンダー(地味)です。

小坂義巳×成田幸
「理想の恋人」初体験のトラウマを持つ陸と、ヨシミが付き合う話。
「理想の関係」嫉妬を見せない陸にヨシミがイラつく話。
「理想の恋愛」陸が初体験の相手であるヒロトをふっきる話。
「理想の愛情」ヒロトが恋愛に後ろ向きな陸にイラつく話。
「理想の告白」陸がヒロトに好きだと告げる話。
番外編「理想と現実」バーのママの思い出話。

斉藤一×成田幸「震える手の先」
大学生カップル。素直になれないコウはイチの心が離れるのを…。

最初から最後まで、卑屈な陸に、ヨシミがイラついている話です(笑)。ヨシミのちょっと意地悪な愛情表現が良いなぁと思います。カバー下のイラストの、陸のちょっと困った感じが可愛いかったです。

ベタ甘な攻めに飽きた方にオススメです!卑屈受けが嫌いな方にはオススメできません…。指先や口元がエロい魅力的な絵だと思います。
なお、続編に2015年8月発売の「理想の誘惑」があります♪

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う