scarlet

scarlet

scarlet
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神32
  • 萌×210
  • 萌18
  • 中立2
  • しゅみじゃない7

--

レビュー数
20
得点
256
評価数
69
平均
3.8 / 5
神率
46.4%
著者
斑目ヒロ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックス・リンクスコレクション
発売日
価格
¥590(税抜)  
ISBN
9784344810686

あらすじ

殺してでも すべてを僕のものに―――
大学生のアキオは、美形な同級生・亮とつきあっていた。
でも寂しがり屋で押しに弱い亮は、女性から誘われる度、断りきれずつきあってしまう。
ある日アキオは、亮から結婚を考えている女性を紹介され、身を引く決心をするのだが―――。
心震える衝撃のラブストーリー登場!!

表題作scarlet

中川・Duvalier・Cyrille・亮
上月アキオ

同時収録作品ワンナイト スタンド/時貴の本音(描き下ろし)

藤倉時貴 会社員
千場晴巳 会社員

同時収録作品俺の恋人/ナオキ改造計画(描き下ろし)

ケイト
ナオキ

同時収録作品夢の料理大会(描き下ろし)

この本の主人公たち
この本の主人公たち

その他の収録作品

  • scarred
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数20

甘い痛み

王道と言えば王道、個性的と言えば個性的な世界を
美しい絵で甘く切なく描かれる作家さんだなぁ……という感想。
そしてそこに散りばめられたギャグコマが、いい味。

3つのカップルの話だが、3つとも攻めは長身のキラキラしい王子さまキャラ。
そして受けは黒髪の、地味目キャラ。
そこは共通なのだが、3つの話は面白いくらいにそれぞれが違うところがミソ。

表題作は、ハーフで美形実は寂しがりやの亮と、彼の面倒をみちゃうアキオ。
男女の三角関係ってBLではありそうで案外少ないのかな?
まぁ、苦笑する程鬱陶しい女だし、流血有り、
ワンコ執着攻めは好みじゃないし、しょうもない話なんだけれど、
不思議とサラリとしたおとぎ話のような読後感なのは、この絵の持つ魔力なのか。

二つ目の、トキとハルミのお話は、憧れのトキを密かに見つめていたハルミが、
一度だけと身体の関係を求めて……という、王道な話ながら、
健気で可愛くてキュンキュンしました。
Hシーンも、エロ可愛い。ツボ。

三つ目は、オタクでいけてないナオキに実は夢中のケイトが可愛い。
ケイトプロデュースで実はカッコいい男の子に変身!…とならないところがいい(笑)。

最後は、『夢の料理大会』。
3カップル達が全員登場登場する楽しいショート。
それぞれの個性が料理を作るということにも現れていて、ほのぼの面白い。

8

これは許せる浮気攻め

収録されている3作のうち、2作が浮気攻め。
私は基本、浮気攻めはイヤなんです。
だって受けがかわいそう。あんま泣かせんなよって感じなんですが、ある一部の浮気攻めは、イヤだな~→でもまあ、許してやるか…→神!となるパターンもあるので地雷とは言えないんですよね。
たぶん、攻めの受けへの気持ちがあまりにも強ければ、(もしくはなにかしら納得できる展開であれば)苦手意識を通り越して大いに萌えることができるってことなんです。攻めが悔い改めてくれればなお良し。
この作品は、許さざるをえない浮気攻めでした。

3作の中で個人的に好きな順で↓
【俺の恋人】
神!です。いやあ、萌えました。
内容らしい内容はあんまりなく、派手なイケメンでモテ男な攻めが、地味で根暗な受けをいかにメタメタに愛しちゃってるかをえんえん聞かされるってだけなんですけど(笑)
受けはず~っと寝てるだけで、あとは攻めがツンツンしたりデレデレデレとしたり、寝てる受けにイタズラ(?)したりと、テンション高く楽しませてくれます。
浮気もしちゃってたみたいですけど、もう他には興味ないってことなんで、ノープログレム。
糖度が高くて読んでいて幸せになりました。続編も可愛いw


【scarlet】
表題作。
初読でモヤモヤし、2回目でいろいろ考え、3回目で好きな作品になりました。
表紙も綺麗でscarlet(緋色)って綺麗なタイトル♪と思ってたらいきなり受け(アキオ)が攻め(亮)に刺されて流血沙汰になってまして……ああ、そういう意味でscarletかあ、と深く納得。
この亮は、とんでもなく優柔不断な浮気攻めです。ワンコ攻めでもあります。
アキオのことが大大大大大好きなのに、異様に女にだらしない。断れない。
最悪なことに、アキオと一緒の時でも女に強く誘われればついて行っちゃう。そして後で泣いて謝る。
アキオはアキオで最初から諦めてるところがあって、浮気にも傷つきながらもなにも言わず、なんでも許してしまいます。
状況はどんどん悪化し、亮は浮気の中でも本命的存在の多恵という女性と同棲を始めてしまう。
多恵がアキオに酷いこと言ってるのを目の前で見ていてもなんにも言えない亮。
多恵の言いなりのくせに、後からアキオの家の前で別れたくないと泣く亮。
正直、このあたりの亮にはイライラして、こんな奴さっさと粗大ごみで捨ててしまえ!と思って読んでいました。
かわいそうなのはアキオで、亮に捨てられ(アキオ視点ではそうなります)、多恵からは嫌がらせのような脅しのような心ない言葉の数々を電話や直接ぶつけられて。
とうとう亮の顔を見るのも避けるようになります。
自業自得の亮は、なんとかアキオに許してもらいたいのに許されず、会ってももらえなくなって次第に狂気にとらわれていき、誰かにとられてしまうくらいならと、アキオを刺してしまうのでした。
このようにビターな読み応えの本編と、ひたすら甘々な続編。
続編読まないと、亮の気持ちの描写がなく、消化不良でした。続編あってよかった!
続編読んで、行間読んで、亮の寂しさを読み取って初めて、このどうしようもないバカワンコをアキオ同様許せるし、可愛いやつめとも思えました。
これからはいっぱいコミュニケーションとって、幸せにくらしてくださいねって感じです。くれぐれも流血沙汰にならないように…。

【ワンナイト・スタンド】
イケメンノンケ×地味メンゲイ。
王道で甘めの作品。攻めがかっこいいです。

CDの予習のために読んだのですが、私が一番気に入った『俺の恋人』は未収録らしいことをさっき知りました(笑)ざ、残念。。

本編も抜群に素敵だったし、巻末の各カップルがお料理を作るオマケ漫画やカバー裏など、細部にわたってとても楽しめたので神評価です♪

7

私もこんなの待ってた!

ドラマCDを聴いて、即座に注文しました。
舐めるように、一ページ一ページを読みました。
なにもかもがツボでした。

『scarlet』
『scarred』
ろくでなしの亮が大好きです。調教したくなるw
ドラマCDだと病んでるっぽかったけど、コミック読むとそうでもない気がしました。とことんアホなだけなんだなって思いました。
あと私、多恵も好きです。多恵視点だとかなり切ないぞーこれ、と思いました。
結局のところ亮がアキオに惚れてるのを多恵は知ってたんだろうな。で、捨て身のメガンテ。
相手にダメージを与えることに成功はしたけど、自分はさらに重症を負った。しかもダメージ負った相手は絆を深めて。不本意な黒キューピッド多恵。
アキオは多恵を見習えばいいんだよ!

『ワンナイトスタンド』
『ワンナイトスタンドmore』
『時貴の本音』
きゅううううううん。
表題作でねじくれたものを読んでクラクラしたあとのこのお話、清涼剤のようでした。順番GJと思いました。
素直な気持ちでキュンキュンし、素直な気持ちで二人を応援できるのが嬉しい。(でも表題作のほうが私は好きです)
この受けくん、本当に可愛い。

『俺の恋人』
『ナオキ改造計画』
攻め様がステキww
派手で遊び人でモテモテのイケメンくんの正体、実はオカン?
ギャップ萌え。
斑目さんはギャップ萌えなお話を描く天才だと思います。

『夢の料理大会』
ニヤニヤが止まりませんでした。
俺の恋人チームが一番好きかな。攻め様が最高。

5

私の最もリピート率が高い1冊

きっかけは表紙でした。なんだか懐かしい感じの色使いをする人だなぁ、と思って。
そして作品を読んでファンになってしまいました。
表題作もとても切なくて、心が痛いほどだったんですが、文句なく魅せられたのは「ワンナイト スタンド」とその続編。
もう、攻めはカッコよくて性格も男前で優しいし(理想の恋人)、受けは臆病で劣等感を抱えてて、一途で健気で控えめで(あーもう、すごく可愛い!!)。
そして台詞もだけど、特にモノローグが詩的なんです。これも私のツボ。無駄な台詞がなくてリズムがよくて音も綺麗。
こういう漫画、もっとたくさん読みたいです。

5

1冊の中に、痛くて愛すべき3カプがいる!

斑目ヒロ先生のカップルって、何でこう痛いんだろう?
必ず苦笑や同情が入るんだよね~?
傍から「しようがないなぁ~」と諦めて見守るしかないようなカップルが上手いんだよな~^^

表題作【scarlet】は特にそう。
誰もが「山本」でしかなくて、例えこの後に「最悪」な事があろうとこの執着しあう2人を責める事はできない。
いや~偏執狂!Hシーンもちゃんとエロいし!
いっそ清々しいっ!

【ワンナイト スタンド】
王子×卑屈
受けの変身前後の描き分けが素晴らしくて、見入ちゃった!
コマや見開きがすごく雰囲気があって、セリフもきゅんとくるし、
ビデオカメラの通しそのまま、スティルカメラのコマ飛ばし風とかあったりのHシーンも絶品!どこもすごくイケてる!
攻めの時貴(とき)に、遊び心や庇護欲がある限り、このマンガは続いて欲しいです!

【俺の恋人】
天然ワンコ×引き籠り
すごく好みのコメディ♪
神コマばかりなので、短編なのに充実感あります!
ナオキが寝てばっかりのページだけど、ナオキの左手を借りた自慰もくっつくだけのも、ホント可愛い×無限大!
起きているナオキとケイトのズレッ振りも楽しいです~!

【夢の料理大会】
3カプの夢のコラボ!
アキオ→ケイト→時貴→ハルミの順で料理が上手そう。
亮はヤル気が空回りしまくりで、ケイトに至ってはヤル気って何?って感じだから、戦力外通告は早いです^^

苦手なキラキラの絵だけど話と合っているし、話の灰汁や遊びに相乗効果を感じます!
斑目先生、才能ある人だなぁ~って思います!
大好きな1冊ですv

5

確かに修羅場でしたが…

「scarlet」「scarred」⇒亮(大学生 美形 アキオになつく バカ犬)×アキオ(大学生 世話焼き 飼い主)
「ワンナイトスタンド」「ワンナイトスタンドmore」「時貴の本音」(描き下ろし)⇒時貴(会社員)×ハルミ(会社員 時貴に片思い)
「俺の恋人」「ナオキ改造計画」(描き下ろし)⇒ケイト(派手 遊び人)×ナオキ(暗い)
「夢の料理大会」(描き下ろし)≪各シリーズの3カップルが料理大会をしている設定≫

“殺してでもすべてを僕のものに-”という帯の文句と、耽美系!?と思わせるような表紙の絵柄にどんな重い話なのかと思いきや……。確かに表題作の「scarlet」は泥沼の人間関係や流血沙汰なんかがあったりするので読んでて楽しい展開ではないのですが、途中でたびたび出てくるコミカルで可愛らしい絵柄や(ギャップあり過ぎ!(笑))、二人のその後を描いた「scarred」がむしろギャグ!?という程の亮のヘタレっぷりだったりするので、(いい意味で)「scarlet」の修羅場シーンが霞んでしまい、むしろ「あ~面白かった」と後味よく読み終えた感じでした。

初コミックスらしいのですが、全くそんな感じはせず充実した内容だったと思います。表題作以外の「ワンナイトスタンド」「俺の恋人」のシリーズもすごく楽しめました。最後の「夢の料理大会」は各シリーズに出てきたカップルが料理をするという設定の描き下ろしだったのですが、それぞれのカップルの特徴が出ていてすごく良かったです。

3

今更のような気もしますが…

ドラマCDの方はレビュー済みなんですが、こちらはまだだったなぁと思い…^^;
あらすじと概要は皆さんの的確かつ分かり易いレビュで既に紹介されてますので割愛させて頂きます。

まず最初に、表題作の「scarlet」は皆さんも書かれてるようにテーマがやや重め(流血を含め)な内容になってるので、かなり読み手を選ぶ作品だと言えるかもしれません。事実私も一つの作品として読むのなら大好きなお話なのですが、共感できるかとなったらまた答えは別なんですよね~(苦笑

本来私はNOヘタレ攻め主義で、亮のような女にだらしがない優柔不断タイプは好みじゃないんですよ…でも話を読み進めてくうち亮の優柔不断の原因が寂しさからきてると分かって少し見方が変わってきました。
アキオと付き合ってても女の子からの誘いを断れない亮。そんな亮を責めるでなく自分を優先しなくてもいいからと全てを許してきたアキオ。そもそもこれが大きな間違いだったと私は思うんですよ。
アキオは亮の為を思って身を引いた訳ですが、その自己犠牲を厭わない優しさがかえって亮を不安にさせ結果最悪の事態を招いてしまった。よくよく考えてみれば、最終的に亮を追い詰めたのはアキオ自身だったのかなぁ~と。

2人が元サヤに収まってからも益々ヘタレ具合に拍車のかかる亮。私もアキオがそんな彼のどこを好きになったのか未だに全く理解出来ません(笑
でもだからこそ恋は理屈でするものじゃないんだよなぁって事を改めて思い知らされた作品でもありました。そうゆう意味も込めての神評価です^^


次のお話、「ワンナイト・スタンド」は↑とは全く正反対でまさしく王道をゆく甘くて胸きゅんなお話でした。
こちらはとにかく攻めの時貴が良かった~(≧∇≦)特にベッドの中でのセリフや行動がね「本当にノンケか?」と疑いたくなるくらい甘くてエロくて…!!!
ドラマCDでもレビューしましたが、これを耳元で囁かれた日にゃマジ鳥肌ものですよ~(笑
こちらもオススメですっ!!


只今「かわいい悪魔」などで人気沸騰の斑目さん。勿論私も大好きで購入しましたが個人的な好みで言うなら絵はこちらのコミックスの方が好きですね~^^;
最初の頃とだいぶイメージが変わってきてるような感じがするのは…気のせい?

3

こんなの待ってた!!

最初は、「かわいい悪魔」から入った私で
斑目さん目的でこの本を購入しました。

ですが。。。
神がつくほど面白かったです!!!!!
個人の好みですが変態大好きな私には
この本は今まで何故読まなかった!と
思ってしまうほどに!!

scarletは
最初あらすじを読んだ際に
切ない話なのかなと思っていましたが
もぉ、このぐらいの愛でなきゃ満足できません!!
切ないというよりヤンデレな彼の当然な愛!
そして、2話目はちょっと面白可笑しくかかれています。

ワンナイトスタンドは
変態ものではなかったのですが、
凄く好みでした!!
受けの切ない恋心を書いた作品で
この作品中では最もラブラブでイチャイチャだった気がw

俺の恋人。。。。
これはまたもや神ですね!!
根暗なイケてない受けを
ツンデレながらも愛しまくっちゃっている
攻めにキュンキュンです∑d(´∀`d)
ツンデレな攻めというカテゴリーに
萌えを覚えたのもこの作品のおかげですw

とにかく斑目さんは絵がお上手なので安心して見られます!!
そしてそれとのギャップがあるこの変態ストーリー!!
変態大好き私には酸素のような存在です^^

3

万人受けはしないと思うけど、好きです

他作者さんの作品になりますが
扇ゆずは先生の「ジュリアが首ったけ」がとにかく大好きなんです。
狂犬ワンコ&度を超した執着ぶりがとにかく好きで、
他にもこういうキャラクターがいないかなぁと思って探したのがこちら「scarlet」

いました!!
ここにもジュリアと肩を並べることができる立派な狂犬が。
双璧。

周りが恐れをなしてしまうほどの美形ゆえ、ずっと孤独であった事や
受けのことが異常に大好きする執着と暴走ぶりが重なります。

ただジュリアの場合、狂った暴走が自分に向かうのに対し(自殺未遂2回、自傷寸前1回)
亮は、相手に向かってしまうんです。
それと女が絡んでくるのもジュリアとは違う。(ジュリアの世界には受けしか存在しない。)
結構(人によってはかなり)ダークなので、そこが地雷な人もいると思います。
読み手を選ぶ作品だと思う。

そしてその後の殺してやる思考も現実だったら完全に完全にアウト!
ストーカー殺人の犯人たちの思考回路と全く同じです。
私自身も現実のニュースなどで見て、ぞわわーっ、怖い、ないわー、ありえない!と思うんです。
なのに、なぜ、漫画なら読めてしまうのか自分でも理解できなかったのですが、
ストーカーはただ一方的な執着だけど、亮とアキオは違うことに気づきました。

執着度合いは亮のほうが上回っているにしても、
アキオだって最初はほだされて受け入れたとしても、今はちゃんと亮のことを好きなんです。
それなのに、こんなに命がけで執着してくる相手に好きだと言葉で伝えていないなんて、それはダメでしょう・・・亮が不安になるのも仕方ない・・・と思います。
だからといって殺傷沙汰はやばいんですけどね、肝心のアキオが良しとしてるなら、部外者は何にも言えない・・・。

正直「scarlet」だけならNGなんですが、 続編の「scarred」が良い!!
雨降って(血飛んで)地固まる的な感じです。
このお話がなければ前編はダメでした。
二人羽織的にひっついているCPが好きなので、それが堪能できて満足です。

共感はできないのに、こういう二人が好きな自分の思考回路も不思議・・・。


「ワンナイトスタンド」「ワンナイトスタンドmore」
これは読み手を選ばず、誰でも楽しめる作品だと思います。
モテモテで華がある容姿を持つ攻めと、地味な同僚という組み合わせ。

「俺の恋人」「ナオキ改造計画」
これ良かったです!
攻め(美形のモテモテ)は延々、恋人の愚痴を言ってるのですが、結局壮大なノロケでして、ご馳走様でした。
受けはちょっと暗くて、容姿もぱっとしない感じで描かれているし
(メガネ外すと美形、とかそういうオチもなく、本当にパッとしない)
作品中ではずーっと寝てるか ぼーっとしてます。
その周りを、攻めがあれこれしてて、何だかんだ言って大好き!な様子が微笑ましい。

「夢の料理大会」
三作品のCPが出て来て、お料理している様子が描かれています。
それぞれのCPの違いが描かれていて楽しい。

5

カバー裏を見ろ!

斑目ヒロのデビューコミックス。
雑誌で「ワンナイト スタンド」を読んだ時にとても気になっていた作家だったが、新人だったとは知らなかった。
見るからに耽美だが、内容は結構イマドキである。
また絵は一見緻密で非常にクドいのだが、所々に挟まれる意外なギャグ絵が印象的でもある。
ただあまりにも落差があり過ぎて、少々脱力してしまうかもしれない。
このノリは好き嫌いが分かれるところだと思う。
私は嫌いじゃないけども。

表題作は美大生同士のカップル。
読めば読むほど攻めの勝手具合に納得がいかなかった。
攻めの亮は人目を引く美形な顔だちを持つ男だが、情緒的に未成熟な男。
自分の気持ちにばかり正直で、暴走するだけ暴走して相手に愛想を尽かされる際まで来ると、急にしんなりしてしまう。
受けのアキオはそれに絆されて甘やかせる事を良しとしているので、それはそれでいいんだけども。
私としてはアキオの友人である山本と同じ気持ちなので、なかなか相容れないものはあるが・・・(山本の気持ちを知りたければカバー裏を!)

その他収録分である「ワンナイト スタンド」は表題作よりもお気に入り。
地味なサラリーマンであるゲイのハルミと、同じ会社の花形部署で活躍しまくっているノンケのトキのお話。
普段は自分をひた隠しにしながら生きているハルミだが、憧れの人であるトキをゲイバーで偶然見かけてしまう。
そこで一世一代の大勝負に出るのだが、その健気さには胸が痛くなる。
また翌朝のエレベーターでトキに声を掛けられてしまい、身を竦ませ否定してしまうハルミ。
しかしそれでもやはり彼が好きだという気持ちは日増しに大きくなってしまい、どんどん落ち込んでいくハルミの様子には、読者も感情移入してしまうことだろう。
晴れて両想いになった後も、なかなか素直なれないハルミもかなりの意地っ張りだが、その様子が愛おし過ぎて意地悪を仕掛けてしまうトキもなかなかの性格である。
まあお似合いということで、末永く幸せにイチャついてほしいなと( ´∀`)

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ