最終電車

saishudensha

最終電車
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神22
  • 萌×211
  • 萌4
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

146

レビュー数
2
得点
168
評価数
39
平均
4.4 / 5
神率
56.4%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~
発売日
価格
¥630(税抜)  
ISBN
9784796410953

あらすじ

社畜SEの夏目は、終電を逃した日、同じく終電を逃したリーマンの御木と出会う。成り行きで近くのビジネスホテルに一緒に行くことになるが、なぜか同じ部屋に泊まるハメに。普段PCばかり相手にしている夏目にとって初対面の人間と一緒の部屋に泊まるのは難易度MAXのミッションだが、人あたりよくニコニコする御木に押し切られる形で一晩を共にする。そして翌朝「また会いたい」と御木に告げられた夏目は―――?

表題作最終電車

御木豊、リーマン
夏目澄、社畜SE

その他の収録作品

  • 最終列車-after work-(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数2

正統派BL

萌の供給作品です。
可愛い。とにかく2人とも可愛いです。
表紙買いだったのですが、中の絵もとても綺麗で、予想を裏切ることはありませんでした。
正統派少女漫画要素にBLを足すとこうなるのですかね。
恋に落ちるきっかけが最終電車(終電)を逃した2人が……という少女漫画的ぶっ飛びからはじまり、その後はBLの男同士ということでの葛藤、からの、むふふ。
一冊で綺麗にまとめられた作品です。
エッチシーンは濃厚というよりはサラッとしていてBL初心者にはとても良い作品かと。
受けのSEさんがとても可愛い…。
もちろん攻めさんも言動などが可愛いんです。
最近濃厚BLばかり読んでいたので心が洗われました。
デビュー作ということで、今後もチェックしたい作家さんです。

3

めちゃくちゃキュンキュンする!(*≧∀≦*)

丸々一冊表題作です。
デビューコミックスとの事ですが、スッキリしたキレイなイラストに、キュンとさせてくれるシーンの数々。少女漫画を読んだ時のような純粋なトキメキを与えてくれる作品でした。まさに正統派と言えるのではないでしょうか。だいぶやさぐれている私ですが、なんだかキラキラした純粋な気持ちを思い出しました。


内容です。
日々仕事で心身をすり減らしている社畜SE・夏目。終電を逃したある夜、同じく終電を逃したサラリーマン・御木と知り合います。二人は成り行きで近くのビジネスホテルに一緒に行きますが、部屋の空きがなく同じ部屋に泊まる事に。更に一晩一緒に過ごし、御木の人柄に惹かれる夏目に、「また会いたい」と彼は告げ-・・・というものです。

こちらロードムービーでは無いのですが、何故かそれを思わせる作品です。主人公(夏目)がひょんな事から見知らぬ人間と出会い、一つ部屋で一晩過ごすという非日常的な体験をする。その人物と知り合い、色々な出来事に遭遇して、彼自身に変化が起こる・・・。ちょっとした非日常性がワクワク感を与えてくれます。

また、キャラクターも魅力的です。人懐っこいワンコ系の御木に、真面目でウブウブな夏目。この二人が中学生のように、初々しく真っ直ぐな恋愛をしていて非常にトキメかせてくれます。互いに意識しすぎて、相手の顔すら見る事が出来なかったり、真っ赤な顔で必死に気持ちを伝えたり・・・。

あと、個人的に萌えまくったのが、御木が夏目に煽られてドギマギしてるシーン。夏目が御木の前で安心しきって眠ったり、映画を見ては素直に涙を流したりと、割と無防備なんですね。そのたびに、御木が「ドキッ」としたり、必死に欲望をこらえたりしてるのが萌えまくります。
また、少女漫画のようと先に書いたのですが、まさにそれを思わせるキュンキュンくるシーンの数々。夏目の背後からの壁ドンだったり、そこからの背中越しのキス!てな感じの、キュンとさせてくれるシーンがホントお上手なんですよ!!
そして、ロマンチックなエッチシーンにも萌えました。受けの表情がとっても艶っぽいです(//∇//)

と、とてもトキメク事が出来たうえ、すごく爽やかな気分になれる素敵なラストです。表紙が良く内容を表してるので、見てピンときた方はぜひ読んでみて下さい。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ