最終電車

saishudensha

最終電車
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神49
  • 萌×245
  • 萌15
  • 中立6
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
14
得点
476
評価数
118
平均
4.1 / 5
神率
41.5%
著者
式夏緒 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~
発売日
価格
¥630(税抜)  
ISBN
9784796410953

あらすじ

社畜SEの夏目は、終電を逃した日、同じく終電を逃したリーマンの御木と出会う。成り行きで近くのビジネスホテルに一緒に行くことになるが、なぜか同じ部屋に泊まるハメに。普段PCばかり相手にしている夏目にとって初対面の人間と一緒の部屋に泊まるのは難易度MAXのミッションだが、人あたりよくニコニコする御木に押し切られる形で一晩を共にする。そして翌朝「また会いたい」と御木に告げられた夏目は―――?

表題作最終電車

御木豊、サラリーマン
夏目澄、社畜SE

その他の収録作品

  • 最終列車-after work-(描き下ろし)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数14

神過ぎる!!

絵も内容も全て私のどストライク作品です!!続編や新作、式先生のイラスト集があったら即買いしたい!!と言う願望を持つくらい絵も大好きです!!

5

甘酸っぱい!

ドラマCD発売のニュースでこちらの作品を知り、皆様のレビューと絵の美しさにひかれて購入してみました。
甘酸っぱいです!ほんとに、もう、リーマンなのに初々しい二人にニヤニヤさせていただきました。好き、キス、その続き…という展開に純なドキドキを思い出させてもらいました。
それにしても二人とも仕事忙し過ぎですよ…このままだと倒れるんじゃないかな、と心配です。
二人はそのうち同棲するのかなあ…などと妄想も弾みます。
とても良い作品に出会えて感謝です!

3

最終電車で始まる恋

表紙はネクタイ姿の二人です。駅で時間を気にする夏目さん。その夏目さんが気になる御木さん。

リーマン同士のお話しです。最終電車を逃した二人が出会い、なぜかホテルに泊まり、まさかの同部屋に。お互い意識し合うものの、連絡先だけ交換します。

夏目さんが大人可愛いくて、真面目だけど、繊細でもう守ってあげたくなるタイプです。対して御木さんは一見軽い感じ?に見えるけど、夏目さんに対しての想いを抑えて少しずつ近づこうとしてくれる優しい人です。映画館での御木さんが夏目さんの手を握りたいのを我慢する場面、切ないです。

お付き合い後の二人も敬語で会話しながら触れ合うのが、本当に新鮮で素敵です。この先喧嘩なんてする事あるのでしょうか。夏目さんの色々な表情をもっと見てみたいと思ってしまいました。

1

胸キュンキュン萌えまくり

めっちゃキュンキュンした
それに攻めがイケメンすぎてやばい
あんなシーンで顔クローズアップされるなんて。。最高でした
二人が徐々に恋に落ちていくので説得力あるって言うかハマる
大好きな作品です

0

めちゃくちゃキュンキュンする!(*≧∀≦*)

丸々一冊表題作です。
デビューコミックスとの事ですが、スッキリしたキレイなイラストに、キュンとさせてくれるシーンの数々。少女漫画を読んだ時のような純粋なトキメキを与えてくれる作品でした。まさに正統派と言えるのではないでしょうか。だいぶやさぐれている私ですが、なんだかキラキラした純粋な気持ちを思い出しました。


内容です。
日々仕事で心身をすり減らしている社畜SE・夏目。終電を逃したある夜、同じく終電を逃したサラリーマン・御木と知り合います。二人は成り行きで近くのビジネスホテルに一緒に行きますが、部屋の空きがなく同じ部屋に泊まる事に。更に一晩一緒に過ごし、御木の人柄に惹かれる夏目に、「また会いたい」と彼は告げ-・・・というものです。

こちらロードムービーでは無いのですが、何故かそれを思わせる作品です。主人公(夏目)がひょんな事から見知らぬ人間と出会い、一つ部屋で一晩過ごすという非日常的な体験をする。その人物と知り合い、色々な出来事に遭遇して、彼自身に変化が起こる・・・。ちょっとした非日常性がワクワク感を与えてくれます。

また、キャラクターも魅力的です。人懐っこいワンコ系の御木に、真面目でウブウブな夏目。この二人が中学生のように、初々しく真っ直ぐな恋愛をしていて非常にトキメかせてくれます。互いに意識しすぎて、相手の顔すら見る事が出来なかったり、真っ赤な顔で必死に気持ちを伝えたり・・・。

あと、個人的に萌えまくったのが、御木が夏目に煽られてドギマギしてるシーン。夏目が御木の前で安心しきって眠ったり、映画を見ては素直に涙を流したりと、割と無防備なんですね。そのたびに、御木が「ドキッ」としたり、必死に欲望をこらえたりしてるのが萌えまくります。
また、少女漫画のようと先に書いたのですが、まさにそれを思わせるキュンキュンくるシーンの数々。夏目の背後からの壁ドンだったり、そこからの背中越しのキス!てな感じの、キュンとさせてくれるシーンがホントお上手なんですよ!!
そして、ロマンチックなエッチシーンにも萌えました。受けの表情がとっても艶っぽいです(//∇//)

と、とてもトキメク事が出来たうえ、すごく爽やかな気分になれる素敵なラストです。表紙が良く内容を表してるので、見てピンときた方はぜひ読んでみて下さい。

7

就活生、涙が止まらない。

ようやく読めました……。長かった……。
表紙に惹かれて。
めちゃくちゃ綺麗な表紙ですよね!

私事ですが、今まさに就活をしておりまして……。
社畜というものにそれなりに恐怖心があったりしたのですが。
なんか救われたというか。
こんな終電近くまで働くなんて苦しい、辛いってイメージなのに、この二人はそれを幸せに変えていく。
強いなぁ、かっこいいなぁって思いました。

またストーリーの流れもすごく綺麗で、まとまっていて。
二人のペースがすごくちょうど合ってるんだなぁって感じました。
本当にお似合いの二人!!
冒頭の「今日も一緒のホテルで」のセリフを後半で夏目さんが言うところにグッときました。
魅せ方が上手だなぁ〜!

式先生はこれがデビュー作とのことで、、。
絵も綺麗で話の内容はデビュー作らしい王道だけど作者の「好き」の要素がぎゅっと詰まってるような……そんな印象を受けました。

御木さんも女の子が夏目さんにちょっといい雰囲気出すと、その日がっつき気味になちゃうところも可愛いなぁと思ったり……。
あと本当に笑顔が素敵。
それはお二人ともだけど……!
夜寝る前に読んで良かったです。
幸せな夢が見られそうって思えた作品でした!

6

また明日から頑張ろうって思える。

神率が高いのと試し読みで絵柄が綺麗だったので読ませていただきました。
皆様のレビュー通りホントにピュアできれいな作品です。

ページをめくる度にまぶしくて、透明で透き通ってしまいそう…。
これが、DKでなくて社会人ってとこが驚きなんですが、好きな人にとっては萌どころなのかもしれませんね。
何といいますか…某少女漫画を読み終えた後にどんだけ自分が汚れているか思い知らされる時のよう…(*_*;(あっ!そういえば受くんが夏目くんだ(・o・))

御木くんが夏目くんを壊れ物のように大切に抱くシーンは、清らか過ぎてうるうるものです。
ある意味、最近のBLにしては新鮮かもです。。
私くらいのおばさんになると、かわいいな~♥こんなピュアな頃が懐かしいわぁって読めちゃうんですけど、ある程度大人の方には少し物足りないかもしれません、むずがゆくなる感じ分かります。

若い子たちにはとってもお薦めないい作品だと思います(*^_^*)
恋愛は、仕事や勉強の妨げになるばかりではなくて、時に生きる力になるんだよって、優しく背中を押してくれるような…そんなお話です。

5

正統派BL

萌の供給作品です。
可愛い。とにかく2人とも可愛いです。
表紙買いだったのですが、中の絵もとても綺麗で、予想を裏切ることはありませんでした。
正統派少女漫画要素にBLを足すとこうなるのですかね。
恋に落ちるきっかけが最終電車(終電)を逃した2人が……という少女漫画的ぶっ飛びからはじまり、その後はBLの男同士ということでの葛藤、からの、むふふ。
一冊で綺麗にまとめられた作品です。
エッチシーンは濃厚というよりはサラッとしていてBL初心者にはとても良い作品かと。
受けのSEさんがとても可愛い…。
もちろん攻めさんも言動などが可愛いんです。
最近濃厚BLばかり読んでいたので心が洗われました。
デビュー作ということで、今後もチェックしたい作家さんです。

4

爽やかだけどちょっと物足りない

爽やかな表紙に魅かれて読んでみました。中身もとっても爽やかです。
最終電車に乗り損ねたリーマン(営業)とSEが同じホテルに泊まることになり、徐々にお互いを意識し、両思いになるまでの過程を丁寧に描いたお話です。
絵が非常にキレイで、物語も読み易く、読後感も爽やかです。
無理矢理な設定を入れずさっぱり仕上げた王道作品。さらっと読めてしまいます。
嫌な所はどこにも見つからないのですが、なんでしょう、この物足りなさ。
2人とも社畜レベルで仕事が忙しいはずなのに、疲れが全く感じられません(若いからかな?)。最終逃す頃まで仕事している以上、スーツよれてきて、表情死んでるのが普通かなと思っていたのですが、この2人はそんな時でも爽やかです。仕事を初めて何年目なのか分かりませんが、まるで学生さんのように心がピュアで、こんなリーマン存在するか?と思わずつっこみ入れたくなるのは、私の心が汚れているせいでしょうか…。
そしてちょっと気になったのが、SE夏目はコミュ障気味。営業御木は明るくて積極的な人物設定だった気がしたのですが、たまに、どっちがどっちだっけ?とわからなくなるぐらい二人とも普通の人です。むしろ似てるかな。キャラが立ってないんですよ。いや、このお話には個性的なキャラは不要なのかもしれませんが、この内容でこのキャラだと、読んだあと、雰囲気的になんか良かった。でも心に何も残らなかった、で終わってしまう。心に刺さってくるものがない。それは非常にもったいないな、と。
最近BLを読んでいると、絵もストーリーも少女マンガ過ぎる作品が多いとよく感じるのですが、この作品もまた然り。
私、かなり前に少女マンガに飽きていろんなジャンルのマンガを読んだ結果BLに辿り着いたのに、なぜまた少女マンガふうBLを読んでいるのか自分でも最近訳が分からなくなってきています(笑)。
決してつまらない作品ではありません。お話もよくまとまっているし、デビュー作でこれだけの画力、表現力は素晴らしいし、ピュアでほんわかした作品を読みたい方にはオススメの作品だと思います。
ただ、私にはちょっとキラキラ眩しすぎる作品だったので、萌寄りの萌×2評価とさせて頂きます。

3

清すぎるとこだけ✕

 表紙が超超気に入ったので買いました。
 電車という言葉を聞くと、どうしても「男」と繋げたくなりますが、電車(に乗り遅れたこと)がきっかけのお話です。
 ざっくり言うと、大変に清いお話でした。もはや尊いというか・・・わかる人にはわかると思います。ただ、なんというか、少し清すぎる気がします。蒸留水のような、透き通りすぎた水という表現が合います。
 ストーリー的には王道で、作画もよく、読みやすいです。タッチも一つ一つにしっかりと書いていて、良いと思いました。途中出てきた会社の先輩も、いかにも「人生の相談者」みたいな、優し気なオーラを出していて、気に入りました。
 問題は、まず、キャラの敷き分けがあまりできてないことです。出だしでは強調されていましたが、だんだん「普通の人間」になっていって、ちょっと塩気の足りない鶏がらスープみたいな感じがして、(-ω-;)ウーンとなりました。
 あと、落差が少ないことですね。途中、もちろん「落ちる」ところがあります。要するに、ちょっと悲劇的なところとか、悩んだりするところのことですが、あれの落差がないです。言うなれば、鳴るテンポの速すぎる鹿威しや、多すぎるホームランのようなもので、見ていて何も思えない、思えたとしても浅いものしか思えないんです。まあ逆に言うと、これができている作品というのはなかなかないんですが、落とすとこはとことん落としていいと思います。もう相手がドロドロに溶けるぐらいまで悩ませてもいいと思います。そうすればつながったときに「感動する」作品になることは間違いないでしょう。作画の良さとも相乗効果を生み出すと思います。
 一方、繋げ方はうまいです。攻めが受けを抱きしめるところなんて、脳内で野球解説者が「打ち上げた~~~~~~~」って叫んでる気がします。でも読み終わった後にそれが残らないのは、その打ち上げた打球にドラマがないからだと思いますね。
 いずれにせよ、作画の良さだけでも読む価値はありますし、ストーリーも、読みやすいものがいい人には最適でしょう。それにおそらく、これからもっともっと伸びていくタイプの作者さんだと思うので、ぜひ一度読んでみるといいと思います。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ