最終電車

saishudensha

最終電車
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神27
  • 萌×222
  • 萌7
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

103

レビュー数
8
得点
246
評価数
58
平均
4.3 / 5
神率
46.6%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~
発売日
価格
¥630(税抜)  
ISBN
9784796410953

あらすじ

社畜SEの夏目は、終電を逃した日、同じく終電を逃したリーマンの御木と出会う。成り行きで近くのビジネスホテルに一緒に行くことになるが、なぜか同じ部屋に泊まるハメに。普段PCばかり相手にしている夏目にとって初対面の人間と一緒の部屋に泊まるのは難易度MAXのミッションだが、人あたりよくニコニコする御木に押し切られる形で一晩を共にする。そして翌朝「また会いたい」と御木に告げられた夏目は―――?

表題作最終電車

御木豊、リーマン
夏目澄、社畜SE

その他の収録作品

  • 最終列車-after work-(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数8

また明日から頑張ろうって思える。

神率が高いのと試し読みで絵柄が綺麗だったので読ませていただきました。
皆様のレビュー通りホントにピュアできれいな作品です。

ページをめくる度にまぶしくて、透明で透き通ってしまいそう…。
これが、DKでなくて社会人ってとこが驚きなんですが、好きな人にとっては萌どころなのかもしれませんね。
何といいますか…某少女漫画を読み終えた後にどんだけ自分が汚れているか思い知らされる時のよう…(*_*;(あっ!そういえば受くんが夏目くんだ(・o・))

御木くんが夏目くんを壊れ物のように大切に抱くシーンは、清らか過ぎてうるうるものです。
ある意味、最近のBLにしては新鮮かもです。。
私くらいのおばさんになると、かわいいな~♥こんなピュアな頃が懐かしいわぁって読めちゃうんですけど、ある程度大人の方には少し物足りないかもしれません、むずがゆくなる感じ分かります。

若い子たちにはとってもお薦めないい作品だと思います(*^_^*)
恋愛は、仕事や勉強の妨げになるばかりではなくて、時に生きる力になるんだよって、優しく背中を押してくれるような…そんなお話です。

1

初々しい。

絵、ストーリーともに心温まる作品でした。
素直な二人、お互いを思いやる気持ち、そこから見えている日常の風景等、些細なことに対してまで
何もかもがキラキラして見えるので読んでいる私もとても幸せな気持になりました。

優しい気持ちになれるものの、私の好みとは少しずれているので萌です。

1

就活生、涙が止まらない。

ようやく読めました……。長かった……。
表紙に惹かれて。
めちゃくちゃ綺麗な表紙ですよね!

私事ですが、今まさに就活をしておりまして……。
社畜というものにそれなりに恐怖心があったりしたのですが。
なんか救われたというか。
こんな終電近くまで働くなんて苦しい、辛いってイメージなのに、この二人はそれを幸せに変えていく。
強いなぁ、かっこいいなぁって思いました。

またストーリーの流れもすごく綺麗で、まとまっていて。
二人のペースがすごくちょうど合ってるんだなぁって感じました。
本当にお似合いの二人!!
冒頭の「今日も一緒のホテルで」のセリフを後半で夏目さんが言うところにグッときました。
魅せ方が上手だなぁ〜!

式先生はこれがデビュー作とのことで、、。
絵も綺麗で話の内容はデビュー作らしい王道だけど作者の「好き」の要素がぎゅっと詰まってるような……そんな印象を受けました。

御木さんも女の子が夏目さんにちょっといい雰囲気出すと、その日がっつき気味になちゃうところも可愛いなぁと思ったり……。
あと本当に笑顔が素敵。
それはお二人ともだけど……!
夜寝る前に読んで良かったです。
幸せな夢が見られそうって思えた作品でした!

4

ピュアで甘酸っぱいけど、読んでてお尻がむずむずする

ようやく電子化されたので期待に胸膨らませて読みましたが、期待高すぎたかもしれない…。

リーマンものだけど二人してめっちゃピュアで、かわいい。
だけど何でだろう…読んでてお尻が終始むずむずする。

相手に会いたくなって衝動的に終電から降りた後、偶然駅でバッタリし「あなたに会いたかったからです。」「オレも…会いたかったです。」と言い合って、その後二人してぶわーっと赤面。

うわわわわぁ………!!!!と気恥ずかしくなってしまいました。
萌えじゃなくて、お尻むずむずMAXの気恥ずかしさに転んでしまったんです。

多分、私はこのシチュを30越えおじさんリーマン同士がやったら激萌えるんだと思う。
おじさんのくせして二人してピュアな事やりやがって、なんなのこいつらクソかわいいんだけど〜!!!みたいな。
予想もしなかった初々しさに悶えまくるはず。
だけど、終電まで仕事してても靴下臭いどころか石鹸の香りが残ったまま…みたいな清潔感が漂う初々しくてかわいいリーマン二人が、こんなぎこちないやりとりしちゃうと過剰すぎるというか、まるで正統派少女漫画を読んでるような気分に…。

ノンケ同士だけどするするとごく自然に惹かれ合う二人。
そして何かとやたら赤面しあう二人。

絵がとても綺麗だし、かわいいリーマンものを読みたいなという人には最適だと思いますが、私の好きなリーマンものとはちょっと違ったようです…。

3

神過ぎる!!

絵も内容も全て私のどストライク作品です!!続編や新作、式先生のイラスト集があったら即買いしたい!!と言う願望を持つくらい絵も大好きです!!

3

何から何まで良い萌えがある

は〜気恥ずかしい〜。でもいいですねえこの感じ!
攻めも受けも別にゲイ設定じゃないのに、なーんか特に葛藤もなく関係が深まっていくのですね。
この辺ははっきり言ってリアリティに欠けると思いますが、BL的にはアリですね。
当て馬なし、誤解なし、波乱なし、絵もきれい、ストーリー運びは丁寧、2人の近付き方は清潔感があって、告白シーンはきゅんとするし、Hまでの過程も急ぎすぎずもたつきすぎず。
いやな展開がどこにもない。初心者の方にもどなたにも、万人に大いにおすすめです。
2人がずっと敬語で話すのもいい感じです。
最後までのHの時2人が全裸なのもいいですね!
2人がしょっちゅう終電逃すまで仕事してるのだけはちょっと…忙しすぎね。体壊しちゃうよ!

4

正統派BL

萌の供給作品です。
可愛い。とにかく2人とも可愛いです。
表紙買いだったのですが、中の絵もとても綺麗で、予想を裏切ることはありませんでした。
正統派少女漫画要素にBLを足すとこうなるのですかね。
恋に落ちるきっかけが最終電車(終電)を逃した2人が……という少女漫画的ぶっ飛びからはじまり、その後はBLの男同士ということでの葛藤、からの、むふふ。
一冊で綺麗にまとめられた作品です。
エッチシーンは濃厚というよりはサラッとしていてBL初心者にはとても良い作品かと。
受けのSEさんがとても可愛い…。
もちろん攻めさんも言動などが可愛いんです。
最近濃厚BLばかり読んでいたので心が洗われました。
デビュー作ということで、今後もチェックしたい作家さんです。

4

めちゃくちゃキュンキュンする!(*≧∀≦*)

丸々一冊表題作です。
デビューコミックスとの事ですが、スッキリしたキレイなイラストに、キュンとさせてくれるシーンの数々。少女漫画を読んだ時のような純粋なトキメキを与えてくれる作品でした。まさに正統派と言えるのではないでしょうか。だいぶやさぐれている私ですが、なんだかキラキラした純粋な気持ちを思い出しました。


内容です。
日々仕事で心身をすり減らしている社畜SE・夏目。終電を逃したある夜、同じく終電を逃したサラリーマン・御木と知り合います。二人は成り行きで近くのビジネスホテルに一緒に行きますが、部屋の空きがなく同じ部屋に泊まる事に。更に一晩一緒に過ごし、御木の人柄に惹かれる夏目に、「また会いたい」と彼は告げ-・・・というものです。

こちらロードムービーでは無いのですが、何故かそれを思わせる作品です。主人公(夏目)がひょんな事から見知らぬ人間と出会い、一つ部屋で一晩過ごすという非日常的な体験をする。その人物と知り合い、色々な出来事に遭遇して、彼自身に変化が起こる・・・。ちょっとした非日常性がワクワク感を与えてくれます。

また、キャラクターも魅力的です。人懐っこいワンコ系の御木に、真面目でウブウブな夏目。この二人が中学生のように、初々しく真っ直ぐな恋愛をしていて非常にトキメかせてくれます。互いに意識しすぎて、相手の顔すら見る事が出来なかったり、真っ赤な顔で必死に気持ちを伝えたり・・・。

あと、個人的に萌えまくったのが、御木が夏目に煽られてドギマギしてるシーン。夏目が御木の前で安心しきって眠ったり、映画を見ては素直に涙を流したりと、割と無防備なんですね。そのたびに、御木が「ドキッ」としたり、必死に欲望をこらえたりしてるのが萌えまくります。
また、少女漫画のようと先に書いたのですが、まさにそれを思わせるキュンキュンくるシーンの数々。夏目の背後からの壁ドンだったり、そこからの背中越しのキス!てな感じの、キュンとさせてくれるシーンがホントお上手なんですよ!!
そして、ロマンチックなエッチシーンにも萌えました。受けの表情がとっても艶っぽいです(//∇//)

と、とてもトキメク事が出来たうえ、すごく爽やかな気分になれる素敵なラストです。表紙が良く内容を表してるので、見てピンときた方はぜひ読んでみて下さい。

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ