お騒がせ! ぼくの暴君

osawagase boku no boukun

お騒がせ! ぼくの暴君
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神18
  • 萌×220
  • 萌9
  • 中立0
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
13
得点
197
評価数
52
平均
3.9 / 5
神率
34.6%
著者
やまねむさし 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
シトロンコミックス
発売日
ISBN
9784799713563

あらすじ

ゲイ合コンで出会った涼とたっくんは趣味も性格も正反対でケンカの多い凸凹カップル。しかし性癖とカラダの相性は最高で。
ケンカしたりHしたり甘えたり甘えられたりの甘辛同棲生活。
シニカルエロのニュータイプ・やまねむさし初コミックス!
表題作シリーズと、爽やかイケメン×強面リーゼントの読み切りを収録。

表題作お騒がせ! ぼくの暴君

永田涼,デザイナーの会社員 
拓馬,32歳,ニートのフリーター

同時収録作品フラッシー・ブギ

転校生の同級生 尾形清人 
ツッパリリーゼントの同級生 西園寺千影

その他の収録作品

  • Red Hot Sweet
  • 日々、シアワセ。
  • SICKLY
  • フラッシー・ブギ後日談

レビュー投稿数13

なにこれ!

あいやー。今年のエロとろで読んでいたのですが、全貌を読んだらやっぱり好きでした(=゚ω゚)ノ
可愛い甘口攻め(29)×おっさんな辛口受け様(痔.32歳)
あるよーでないカップルのリアルぽい同棲二ヶ月の生活がよめちゃいます。
辛口受けが目つき悪いは小さいは腹がでてるわ・・・・。もうどこにでもいるおっさんやん!リストラされてフリーターだしドスケベだし(笑)
甘口攻めは女受けが良いアレがでかい、あとメルヘンな年下で可愛いしドスケベだし。
二人の馴れ初めが合コン(ゲイのみ)てのがいいね。リアルだよ!

笑えて萌えた!おっさんが裸にエプロンで威風堂々としてる姿に勃起する攻めがマイノリティすぎて可愛いです。(見てるだけでイキそうとかいうとか可愛すぎだろ!)
基本、お互いがお互いを大好きです、たまには喧嘩もする。
家出したら迎えにきてほしいし早く仲直りだってしたい!

甘党攻めが本当にすごいす。
ラブラブ痴話喧嘩を読んでる感じでした(笑)

フラッシーブギ
高校生のお話です。
可愛いチャラ男風攻め×イカつい風実は大したことない受け様
転校先で出会ったのは時代遅れのリーゼント同級生。
生き遅れ気味なリーゼントに恋い焦がれはじめリーゼントに迫ります。
リーゼント恐怖(笑)
エッチなしのお話ですが可愛い攻めと受けにほわわんとしました。
書き下ろしの二人も可愛い〜。

残念だったのはどちらのカプも1冊づつで出してほしかったこと・・・・。
新人さんでこれがデビュー本なのでしかたないと思いますが。

絶対来年のこのBLもやばい!2014に出ると私が思う作品です。

12

アラサーゲイカップルの甘辛同棲

酸いも甘いも、まだまだ全然噛み分けられてない、
大人なのに大人になりきれてない、
そんな大人の、あまあまでグダグダな日々。
粗暴で強面現在ニート、ひげ面でくわえタバコのちょっとダメ人間のたっくんだけど、涼からみれば、フリフリエプロンも超かわいい、クレープに包んで食べちゃいたいくらいのスイートハニーだし、
たっくんの方も、涼を脳内生クリームとののしりながらも、涼のデカマラと甘やかしに実はメロメロ。
最初からできあがちゃっている二人の甘辛同棲生活のお話なので、エチシーンは多いです。
でも、サクッと力の抜けた絵で描かれる二人の性生活は、これ見よがしなところはないのに、生っぽい熱感がいい。

後半は、強面リーゼントくんと爽やかイケメンくんの高校生物。
こちらも、高校生らしいイキがり感がかわいい。

どちらの作品も、キャラの設定年齢とお話の雰囲気がしっくりしていて自然なところにとても好感が持てた。

どの作品も、雑誌やアンソロの中だと、このサラッとしたタッチのせいで、すっと読み飛ばしちゃいそうだけど、こうやって1冊のコミックスになってみると、実はとっても力のある方なんだと思ったのでした。

2

アホ、シュール、エロ!の黄金バランス!

この先生の
アホ、シュール、少々のエロ
が毎作毎作私にはドンピシャ!
このエロ好きの私が!って知らんがな!ですがー。

まずは1ページ目からニヤニヤして
"STK32の受"という表現に爆笑!

ストーリーやイラスト、書き文字が羽生山へび子さんに似てるかなぁ。
そうそう!いけない共通点がある!
面白くて面白くてキチンと余さず読みたいの手書き文字が見づらい事!
あの大きさがジャストとはわかるけどどーもスマホ族にはね。画質優先で見るとハッキリわかるからそうするかしら。
「お、ディルド安くなってる」には吹きましたもん。これが読めないとは惜しい。
シュールギャグ?という分野には必須なのかな?

とにかく私は熱くかたりましたが、思ったより評価低いなとチェックしてみたら高低差が激しいみたいですね。確かにこの手のお笑い作品も評価わかれますもん。
でもエロを少なめにしてらストレートの男性にも面白いんじゃないのかなぁ。

そうそう、表題作、結構エロくないか?と思ったらキュートなハバネロ作者さまのあとがきにによるとリブレの編集者さんにもっとと求められてるようですね。
うん、私、表題作、同時収録作品ともにエロはあの位の量がお似合いだと思いますます。
涼くんのデ◯マラを活用してる所は確認したいもの!

2

日々、シアワセ

ゲイの合コンで出会って、偏食が意気投合して一緒に住むようになったゲイカプの、総括するとシアワセな日常。

方やフリーターで激辛好きの痔持ちの32歳拓っくん(たっくん)と
方や激甘党でたっくん大好き巨根の持ち主、デザイナーをしている涼くんと。
食の趣味が極右と極左なんだけど、全くそれを受け入れている。
それで相手を批難するんじゃなくて、それすらも会話のネタなのだ。
たっくんは、無精ヒゲを生やして着るものも無頓着でちょっぴりだらしない感じがして、フリーターなのにとっても不遜で傲慢で、でもそれって涼くんに愛されているからこその態度だと思う。
そんなだけど、涼くんに依存しているわけでもないし・・・でも~甘やかされているかなw
こんなたっくんが、スロットで当ててご機嫌になって、ほんとうは嫌いなのに涼くんの為にスイーツを作ろうと努力するところ、思わずキュンときました♪
結局タンタンメンになったけど(笑)
そして就活して会社員に復活する気持ちも、涼くんがいればこその再生かな?
その時期が家で栽培した唐辛子の実が成った時っていうのが、何だか象徴的でした。

涼くんについては、たっくん一筋でしょう。
あんな粗暴なおっさんのどこが、といってもこればっかりは相性としか語れないw
でも、そういうもんですよねカップルって、って妙に納得してしまう。
早く就職しろとか、もっとビシっとしろとか口うるさくせっつかない。
おっさんをエクレアに乗せて食べてもいいと思うほどに愛してるんだから無問題。
しかし!三十路でこの甘党はメタボやばいよw
加齢臭も出てきたことだし(爆)

痔持ちの受けって妙にリアルで、愛用のディルドとか、日頃きれいにしてるんだろうな~とか、変な想像が出来てヤバイっすw
この何でもないゆるさが癖になりそうで、好きだ♪

【フラッシー・ヴギ】
転校生・清人が気になるのは、後ろの席にいるリーゼントの西園寺。
好みのタイプで近づきたいと思っていたところ、同級生が取り持ってくれて話ができるように。
日頃突っ張っている西園寺が実は金持ちの家の坊ちゃん(末っ子長男)で、姉達に虐げられて(?)いて、女性が苦手っぽくて、それで精一杯吊っぱている真実を知り、自分もゲイだと打ち明ける。
好きとか嫌いとか以前に、西園寺くんが人を平等に見ている正義のツッパリなのがよかった。

この作家さんかなり注目の作家さんです。
今後も目が離せない!

11

STK32のスケベなオッサンww

“粗暴な物言い・低血圧・強面・32歳”のゲイ(受)が
暴君のたっくんなんですけれども、
20代半ばでリストラにあってフリーター、スロットが趣味…。
絶対リアルでは嫌だ!!!w
唯一辛いもの好きっていうのだけが共感出来る男でした、が!

デザイン系に勤めている穏やかでワンコで尽くし系の攻・涼と共に
なんだかとっても愛しく思えてきてしまうのです!!
しかし涼はかなりの甘党で
エクレアの次にホイップメロンパンとか余裕で食べられるヤツ…(おぅぇ)
甘いのは少しで良いと思うので、思わず胸焼けしました;

ゲイの合コンで知り合った二人は早々に同棲して二か月。
涼が連日残業で疲れている為
好物の何かスイーツでも作ってやろうと
健気な面もあるたっくん!!
(レシピをネットで検索して、「…呪文?」と固まるたっくん、いいわ!
すぐディルド安いってなるんだけどw)
涼は疲れて帰って来たと言うのに台所はわやくちゃの惨状;
そして以前職場の女子からもらったフリフリのエプロンが床に…。
シャワーを浴びて出てきたたっくん、
お菓子作りを断念して作ったのはグツグツいってるインスタント坦々麺w

ビールを飲み干すたっくんの喉元を見て疲れマラでムラつく涼と
辛いスープを思わず飲んで床をローリングする涼を見て笑うたっくん。
行為に及びますが、
「ぐだぐだやってねーで早く入れろって
おっさんは生き急いでんだよ」にぶほっと吹きましたw
挿入前にあのフリフリエプロンをたっくんに要求するマニアックすぎる涼は
「オレ…もう出そう」マジかーーーーーー!!ww
裸エプロンプラスはちみつ使ってあんまーーーいH…。
後ろからで背中を噛まれるとナカがきゅっとするんですって…。たっくんエロい!

事後は、背中に歯型、あちこちベタベタ、エプロンはビラビラw
決して美しくない姿!
でも「かわいくてかわいそうです」って言う涼は好きすぎてんだなぁ…。

こんな感じで(?)つまんない事でケンカをしても
プチ家出されて2日ぶりに摘まむたっくんのお腹の肉はいとおしいし、
「これを握らないと1日が終わらない」とたっくんは涼の反応したモノを触るしで
ラブい二人なのです♪

プレゼントされたボタンがたくさん付いたシャツが
面倒くさいと文句言ってたのに
ラブホで押し倒されると「シワくちゃんなるだろーがっ」と自ら脱いだり。
風邪をひいて熱がある涼がそれでもムラムラしてコトに及んで
暑いからと服を脱ごうとしたら「着てろバカ」と言ったり
愛を感じるんです!!!
口悪いけど!あれやこれや雑だけど!!
しかもちゃんと就活して社会復帰果たしたし!!
(普段Tシャツ・短パンな人のスーツ姿って破壊力ありすぎ!!!
たっくんのあご髭も良いんですよ♪)

唐辛子の育成キットを通販で買って二人で初めて育てる何気ない日常も素敵!!

書ききれないほど愛おしいことがたっぷりで
みっちり楽しませていただきました!!
しかも涼の同僚でノンケの根津(ねづっち)が個人的にタイプだったので
得した気分です!

たっくんの友人がバーのマスターで
その小さい息子がたっくんに懐いてて涼を嫌ってたり
笑いどころが沢山ですよ☆

『フラッシー・ブギ』は高校生・ヤンキー受がお好きな方にはおすすめです!
しかし私はあんまりそっちに萌えを感じないもので……。すみません。
でも、それぞれのギャップが楽しかったし
またもや脇役の七瀬という男がいい味を出していました♪

ものすっごくかっこいい!!とか、綺麗!!とかを求めなくて
面白さと愛おしさを重視する方に全力で読んでいただきたいです!!!
(絵とかお好みはあるでしょうけれど;)
初コミックスでこの素晴らしさ、
これからも非常に楽しみなやまねさんでした!!

9

良い感じの生活感と気持ちの通ったエロ

エロとろで気になっていた先生でコミックスの表紙もカラフルで楽しそうだったので購入。
エロとろに入っていたお話に至る前のエピソードが読めてすごく嬉しかったです。毎回エロシーンがあるのですが、ちゃんと意味があって、気持ちのこもったエロだったのでよかった\(//∇//)\
攻めが甘いもの好きのイケメン巨根くんw受けがガサツで辛いもの好きな年上w
もう設定だけでもすごく好きですが、二人の思い合ってるかんじがギャグテイストも入りつつ伝わってきました。
今後の作品も楽しみです‼

5

いとおしい日常

「ケツが痛ぇ」
という受のオッサンのセリフで始まる冒頭の2ページでふたりの関係性が伺える、
甘い物好きな年下攻と激辛好きなオッサン受のゲイカップルの、
日々のあれやこれやが描かれている作品です。


のっけから、さっき食べてたエクレアがお昼で今食べてるホイップメロンパンがおやつって逆でしょそれ…と、どうでもいいツッコミ入れてしまう自分ですが。

この年下攻がオッサンの事を好き過ぎてもう残念なくらいでね、
それがまたカワイイというね…
そんな自分もどうかしてると思いますけどね!(笑)
どうやら受を好き過ぎる攻って結構ツボのようです。

攻の妄想でエクレアに挟まってるオッサンはおなかムッチリのオッサンだし…ああっ美しくないー!そこ普通美少年ですから!(←偏見)

オマケにオッサンのくしゃみのおつり…。
チクショーとかコノヤロウとかは聞くけど
「だらっしぇ~い」って!ヒドイ、酷すぎる…。

でも相手の喜ぶ姿を思い浮かべて、菓子作りに励もうとするオッサンは可愛かった。(結局作ったのは地獄の担々麺だけどね。何がどうなりゃそーなるのか…)

帰宅した涼(あ、件の残念な年下甘党攻ね)が、
その台所の惨状とか、
床に放置された、自分が以前職場の子から貰ったエプロン(オッサンには内緒だった?)とか、
そこへ風呂上がりのオッサンが腰タオル一枚でフツーに登場とか…。
畳みかける衝撃に、動揺か欲情か知らんけどホントにキミ少し落ち着けw

悪態つきつつも、涼の要望に応え裸エプロン姿で仁王立ちするオッサン。そして彼のそんな姿を見ただけでイキそーになる涼…。
何だかんだでお似合いのカップルだわね。
「かわいくてかわいそうです」は名言!w


極甘党と激辛党。およそ相容れない食の好みのふたりだけど、互いを非難したり矯正しようとしたりせず、それなりに尊重し共存しているのがいいなぁ。(全然違う好みが面白いから付き合う事になったんだものね)


涼からプレゼントされたシャツをしわくちゃにしたくないというオッサンの隠れた本音も何やら愛おしい。(粗暴なようでいて結構繊細。)

オッサンがニートである事情も、そこから抜け出そうとする姿も、何だかわかるなぁと思う。
コイツならいつまでも食わしてくれるだろうけど、それじゃあイカンよなーという矜持も。
ただのだらしないオッサンではない所が垣間見えたし、何より彼を前向きにさせたのが涼の存在だという事が意味があると思いました。


オッサンオッサン言って申し訳ない。なんか拓馬ってカッコ良すぎて言いたくなくて…。(涼は「たっくん」て呼んでるけどね。ラブラブかw)
しかし「オッサンは生き急いでるんだよ」には参った…もーせっかちなんだからーw


同時収録作品のヤンキーぽい高校生ものもあったのですけど、今回こちらの作品のみのレビューにしました。

5

拓馬32歳マダ男、攻める受け。

マダ男度★5 騎乗位度★2 ディル度★1
たっくんの中身(えろ:それ以外=9:1) 

 デザイナーのりょうちゃん(29)×フリーターのたっくん(32)の、ゆるく見せかけて実はハードな日常の物語。
 たっくんのマダ男ぶりが完璧でした。マダ男の魅力は、熱いものが見え隠れするけれど決してそれを人前では燃やさず日々めんどくさそうに過ごすところ、やればできるという可能性を秘めた駄目人間であるところであると思うのですが、たっくん、そういうとこ完璧でした。
 無精ヒゲと寝ぐせが似合う、ガサツで目つきが悪い男、たっくん。ヒゲを剃ったら美人になるということもなく、フリルエプロンを堂々と着こなす可愛げの無さに、スーツが似合わない32歳男性ってどうだろうと思わせる甲斐性の無さ。
 そんな彼を「かわいい かわいい」と盲目的に愛する男が1人。可愛いの意味が分からなくなったので調べてみると「愛おしさ、趣深さがある事、かわいそうな事」等。便利な言葉だったんですね、かわいいって。
 この2人でしか育めない愛を育てている、かわいい物語でした。

◆フラッシー・ブギ
 爽やかイケメン転校生×硬派なヤンキー(リーゼント)。硬派な西園寺くんがうろたえる姿に萌える、爽やか学園ラブ。爽やかなまま終わるかと思ったら描き下ろし後日談のラスト2pで急展開! その気になっていた西園寺に萌えました。

2

ページを

開いて、一言目がケツが痛ぇ……目が点になるところでした。

規格外サイズ、七味ドバドバ、痔、食生活。
あー、おケツが痛い理由は痔なのねと思ったら……痔なのに、ぬぽぬぽと犯ちゃうんですね。

普通なら受け付けない。おっさん受けで痔でぽて腹なんて。
不覚にも萌えてしまったんで新しい世界を開けたかもしれません。

痔には辛いんじゃない?な玄関シーンに一番萌えました。突っ込みところも満載な作品です。

早めに病院行きましょう。治した方が色々と楽しめると思いますよ。

2

これはニヤけちゃうよ

超甘党の涼(攻)と超辛党のたっくん(受)、
見た目も性格も正反対なカップルのお話です。

何かどでかい事件があるわけでもなく、
ロマンチックな駆け引きがあるわけでもないけど、
日常の中のさりげないやり取りだとかそういう一つ一つが
読み手の心を掴んで離さないなぁと感じました。

たっくんにベタ惚れで恋は盲目、頭の中お花畑な涼と
粗暴で強面でスケベなオッサンなたっくんの
パッと見、合いそうもない2人がラブラブ同棲中
っていうのもなんかいいんだよなぁ…

おうちの中では周囲とか関係なく、そこは2人だけの世界で、
涼とたっくんの暮らしがあって、ありのままの日常を眺められる
喜びがありました。

だって、まず痔の話題なんてキラキラBLじゃ、なかなか出てこないし(笑)
肛門の安寧はBLにはつき纏う問題だけど、そんなリアルな悩みを
赤裸々に口にしてしまうデリカシーのない受けはたっくんくらいだと思う。

他にもたっくんのぽっこりお腹だったり、枕からほんのり
加齢臭が香ったり、裸エプロンが異様に似合ってなかったり、
容赦なく突き付けられるリアルさが逆に親近感がわきました。

そうだよ、イケメンでスタイル良くて腹筋バッキバキな三十路男性
なんて現実じゃそうそうお目にかかれないですもんね。

だけど、たっくんにはその全てを包み込むように愛してやまない涼がいます。
だらしなくても、ケンカしても、暴君であろうとも、
変わらない涼の無限の愛に胸がじんわりと温まります。

対するたっくんも一見すると、横暴な態度ですが、
涼のためにお菓子作りしてあげたり(失敗する)、
文句言いながら涼が選んだ服を汚さないように気遣ったり、
涼が風邪をひけばお世話するために早引けしたり、
わかりづらいけどちゃーんと愛があるんだなと
そのツンデレっぷりにニヤつきが止まりません。
結局、2人ともすごい両想いなんだなぁって。

たっくんが転職活動を始める場面は特に好きでした。
自分がダメになっても涼は自分のことを捨てないって
信じられるから失敗をおそれず踏み出せるんだなあ、と。

「いい仕事みつかるといーね」って涼のさりげない一言も
どんなたっくんでも受け止めるよって言っているようで
すごく愛を感じました。
注ぐも愛、受け容れるも愛なんですねえ。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う