ずっと、お前に抱かれたかった

初恋の行きつくところ

hatsukoi no ikitsuku tokoro

初恋の行きつくところ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×24
  • 萌6
  • 中立5
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
4
得点
54
評価数
24
平均
2.7 / 5
神率
12.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
KADOKAWA(メディアファクトリー)
シリーズ
フルール文庫ブルーライン(小説・メディアファクトリー)
発売日
価格
¥650(税抜)  ¥702(税込)
ISBN
9784040667317

あらすじ

高校時代の淡い想いを抱いた相手、隆史に電車の中で偶然再会した諒。昔と変わらない隆史の笑顔に、次第にあの頃の気持ちがよみがえってくるが――。素直になれない男たちの“初恋のやり直し”ストーリー!

著者:八条ことこ
フルール発!新人作家デビュー作!!

表題作初恋の行きつくところ

二階隆史,会社勤めから奮起して大学に通う,25才
伏見諒,初恋を忘れることが出来ないリーマン,25才

その他の収録作品

  • 初恋の延長線
  • 春の寄り道
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

受け…めんどいな!!!

乙女な受けは結構好きな方ですが、受けがあまりにも面倒な思考をするので
『こ…この受けめんどくせー!!!!』と胸の中で叫びました
でもこの面倒臭さ、リアルです
なにしろ25歳で童貞、高校時代の事故のようなキスしか経験がないので
経験のない童貞の思考なんだと思うとすごい納得
攻めの好意を卑屈に捉えたり
向こうの経験豊富さを過剰に気にしたり
(ちょっと攻めを貶めるような思考もありました)
ちょっとしたカップルの戯れを大袈裟に捉えたり
すごいリアルな感じです 
しかも受けはいかにもな引っ込み思案の根暗草食系ではなく
営業でそれなりに性欲もあって人付き合いも苦手じゃない方です
その彼が実は童貞で初恋を引き摺ってて、ってそりゃこじらせるよと

攻めとの関係の発展の仕方とか
二人の気持ちの探り合いとか
受けが後ろだけじゃイケなかったりとか
そういう所もフィクションぽくなかったです
濡れ場はフィクションを楽しんでるというより、
その辺りのカップルの情事を覗いてる感じでちょっとドキドキしました

フィクションぽいフィクションが好きなので萌え萌えには至りませんでしたが
ハマる人にはかなりハマる作品ではないかと
じれったい、もだもだ恋愛がお好きな人は是非

0

こういう話が読みたかった♪

小椋ムク先生につられて買った本、これで何冊目だろう…?
八条ことこ先生は初読みです…ってデビュー作でした。

高校時代の初恋での失敗をひきずって、童貞のままのリーマン伏見諒。
思ったら即行動タイプの爽やか熱血漢で、大学と仕事を掛け持ち中の二階隆史。
この二人の8年ぶりの電車内での再会から、物語は始まります。
グループ内で仲の良かった二人は、ある出来事で気まずい別れ方をして以来、久しぶりにバッタリ会うのですが。
不思議なほど自然な流れで恋人同士になります。

しかし、もと親しい友人と恋人になった時の距離感がわからない諒。
童貞で恋人がいた事もないため、そもそも「恋人同士」ってどんな感じになるのかが、なかなか掴めないという。
まどろっこしくって、面倒くさい思考回路で、と〜っても面白い展開です♪
久しぶりに会った友人から恋人になって、すんなり恋人モードになれるもんかなぁ?と思う事がしばしばあったので。
「友人から恋人へ」の過程が丁寧に書かれていて、すごく新鮮でした。

ただしエロはかなりあっさり目です。
やたら性的なシーンが出てくる割りには、心理描写がメインなので。
でも、それがまた新鮮で面白かったです!
いい年してから童貞を捨てる勇気って、すごく難しそう。
諒の中の葛藤は、なかなかリアルで可愛気がないところが可愛いというか。
恋人同士として、少しずつ、少しずつ近づく二人の関係が丁寧で。
ああそうだ、恋人同士ってはじめはぎこちなくて探り合いな感じだよなぁ。
なんて遠い昔を思い出したりして。

身体もね。
はじめからそんなに強烈に気持ちよくならないのがリアルというか。
回数を重ねていって、少しずつ反応が良くなって。
少しずつ感じるようになるのがすごく良かったです。

ガ~~~ッと萌える感じの作品ではないですが。
じわ~っと浸透してくる感じ。
不思議な魅力の作品でした。

3

初恋ってこんな感じ

初恋相手との再開もの。
童貞こじらせ系で、もだもだする感じがじれったいというかまどろっこしいというかいつまでも同じところぐるぐるまわってる話しでした。妄想激しくこじらせすぎだろ⁉︎ってとこも多々あり(笑)
デビュー作ということもあり、文章にテンポや勢いはなくひたすら心理描写が多いかんじでイマイチのりきれない感じもありましたが、それが初恋というテーマに合ってて雰囲気出てました。
甘酸っぱい、というかしょっぱいかんじ?
最後にもうちょっと甘い展開があるとメリハリがついてもっと良かったかなと思いました。
あと攻めもうちょっと頑張れ!

3

初恋がやっと動き出す

小椋ムクさんのイラストも雰囲気にぴったりの切なくてドキドキする初恋の苦しさも
甘さも、心が震えるほど好きな相手への気持ちが作品から溢れてくるように感じます。

初恋って実らないって言葉がこの作品を読んでいると、こんな風に相手に打ち明ける
ことも出来ずに淡く後悔と心を残しながらも終わってしまうのかもと思い馳せました。
好き過ぎて相手に話しかけられただけで舞い上がってしまう。
本当はもっと近くで話したい、話しかけたいけれど心臓がドキドキして体の温度が
急上昇して普通にしようと思っても出来ないジレンマ、初恋ってこんな感じだったかもと
余りにも遠い日の出来事だから思い出せないのですが、この作品を読むと何やら記憶の
奥底に眠っていたものを呼び起こされる気まで致しましたね。

この作品が商業紙デビュー作品だということでしたが、作品に登場するキャラの
心情が文字からあふれ出て来そうです。
表題になっている作品とは別に2編収録されていて、初めに二人が大人になって
再会して、高校生の時に一時停止してそのままになってしまった初恋時間が
一気に再生されるように、戸惑い揺れ動き、それでも溢れた思いを止めることが出来ず
好きだと告げて好きだと返された言葉を受け止めきれずに臆病な心がすれ違いを生む。

プロローグ的な出だしの「初恋の延長線」と表題が受け視点で描かれていて、
ラストに収録されている「春の寄り道」は攻め視点で甘く穏やかに描かれる恋人たち。
恋をすると臆病になってしまう心が共感できてしまうストーリーで素敵でした。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ