篠田新宿探偵事務所 case1.三歳差の恋の話【BLCD】

shinnoda shinjyuku tanteijimusho

篠田新宿探偵事務所 case1.三歳差の恋の話
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×23
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

277

レビュー数
1
得点
30
評価数
7
平均
4.3 / 5
神率
42.9%
媒体
BLCD
脚本
御雄幸路
原画・イラスト
市ヶ谷
オリジナル媒体
オリジナル
CD発売会社
Holicworks
収録時間
73 分
枚数
1 枚
ふろく
ブックレット
フリートーク
なし
発売日
JANコード
4571206763212

あらすじ

水内と佐々木は3歳差。新宿の東と西に分かれて勤務していたが、新宿中央署勤務となった水内の後を追うように佐々木も配属。刑事課の同僚、そして先輩と後輩として仕事についていた。お互い憎からず思っていたある日、水内が退職する。理由を聞かされず悶々とする佐々木だが、水内が警察近くの探偵事務所に再就職したと聞き足しげく通うようになった。

それから数年、2人の距離は未だ縮まってはおらず・・・。

表題作 篠田新宿探偵事務所 case1.三歳差の恋の話

佐々木大和 → 山中真尋

水内遥介 → 三浦祥朗

その他キャラ
館山湊斗[樋口智透]

評価・レビューする

レビュー投稿数1

何だか勿体ない。

三浦さん目的で購入しました(受けだし)。

まず、厳しめ評価になることをお許し下さい。

内容はあるような、ないような、です。探偵事務所なのでクールで格好いい感じ、を狙っているんだとは思います。台詞もそういう言い回しが多いです。あと音楽が妙にムーディーで何かヘンな感じです。
その流れでエッチシーン(その時は音楽ないですが)になるので、なんだか恥ずかしくなります。

ですが、三浦さんの一人語りは多いですし、イザって時は可愛いです。三浦さんの受け声を聴けるものは少ないので、そういう意味ではいいです。
ただ、エッチシーンですが、前振り長くてその後が急に早い…。

あと、大和役の山中さんは高低がちょうどいい声で素敵でした。

まとめると、せっかくこのお二人に出演してもらっているのに、何か勿体ない感じです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ