夏影に、さよなら

natsukage ni sayonara

夏影に、さよなら
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
ブックテーブル
レーベル
アメイロ
発売日
価格
ISBN

あらすじ

海沿いの田舎町。夏だけに開く海の家。たとえ時は過ぎ去っても、僕らの夏を忘れない――。

受験を控えた夏、ふと思い立ち、大家族が営む海の家でバイトを始めた少年・風雅。そこで出会ったのは大家族の末っ子で2才年下の純。いつも泣いたり笑ったりと感情豊かな純に、やっかいだと思いながらもつい世話を焼いてしまう。夏が終わればさよならなのに――風雅の心は純へと向かい……?

※【無料BLマガジン】アメイロに掲載されています

夏影に、さよなら(1) 31ページ
夏影に、さよなら(2) 32ページ
夏影に、さよなら(3) 32ページ
夏影に、さよなら(4) 32ページ
夏影に、さよなら(5) 36ページ

表題作夏影に、さよなら

明石 純(高校1年生、民宿・海の家の息子)
神谷 風雅(高校3年生、訳ありな子)

評価・レビューする

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ