だって、いい子だから

datte iiko dakara

だって、いい子だから
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
13
評価数
4
平均
3.5 / 5
神率
50%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
天海社
シリーズ
ROSE文庫(電子書籍・天海社)
発売日
価格
ISBN

あらすじ

「ほら、イケよ。いいんだろ。首絞められてイっちまえ」―大学生の宮原彰文は、何年にも渡って幼馴染である瀬川真人に暴力を伴った性的関係を強要している。親同士の事情もあってか、宮原の行為すべてを従順に受け入れ続ける瀬川。しかしここ半年程、瀬川は関係を解消すべく画策しているようで、宮原は落ち着きを失くしていった。理不尽に瀬川を痛めつけてきた癖に、彼を深く想い執着している自身を自覚していく。瀬川に優しくしたい、ずっと一緒に居たい。けれど同時に、殴って首を締め上げて押さえつけていたい衝動が走る…矛盾を解消出来ない宮原は次第に追い詰められていくのだった。一方瀬川は宮原の進路を案じる様子を見せながらも、同じ大学の女性と親密になり始めて…。

表題作だって、いい子だから

宮原彰文
瀬川正人

評価・レビューする

レビュー投稿数2

複雑にからまった執着×執着

​二人だけの隔絶された世界の中にズブズブとはまりこんでいく二人の青年たちのストーリーでした。
特殊な家庭環境、特殊なつながりから育まれていった歪んだ愛。だけどふたりにとっては、唯一の愛で……という感じ。

この手のお話は、リアリティとか現実に寄せて考えるといたたまれなくなりますが、フィクションと割り切れば、続きが気になってどんどん読みすすめてしまう力はありました。

初読みの作家さんでしたが、ゲームのシナリオなどを書いている方なのですね。
SM的な暴力描写がたくさん描かれるし、登場人物の精神状態は歪んでいるし…なので、そういったものが苦手な向きにはオススメできませんが、飽きさせない展開はうまいと思いました。首を絞める描写には、読んでて何度か渡辺淳一先生の「愛の流刑地」を彷彿させられたりして我ながら苦笑しちゃったりもしましたが…。

それはさておき、期待せずに読んだけど、なかなか楽しめる(というと語弊がありますが)一冊でした。

1

これはすごい…

普段ならストーリーを読んで、気になったらちるちるでレビューや作品傾向を見て購入をしていたけれど、表紙に惹かれたのと、何となくお試しを読んでみてそのまま購入しました。

シリアスよりはほのぼの、ギャグが好きでこういった話は読まないし、地雷も踏みまくってるのに迷いなく神評価を付けるくらいおもしろかった…
攻めが受けに依存しすぎて異常なまでに執着していて少し怖かったけど、受けに対する愛情はしっかりあったので普通に読めました。

むしろ深夜に一気読み。目が離せませんでした。ストーリーや攻めの感情、濡れ場は読みごたえ抜群!
そしてエロシーンが多い!それも不自然なく要所要所に入ってくるので大満足です!

あまりにも暴力的な攻めに最初は驚いたけど、受けに距離を置かれていると、焦ったりやつれたり…憎めない子供っぽさがあって◎

本当におすすめです!普段こういう話を読まない人にも読んでほしい!執着攻めが好きな人は絶対に読むべき!
私は偶然気まぐれで買ったけど、本当に買って良かった!
あえて1つ言うなら、表紙と挿し絵に多少ギャップがありました(^_^;)






ネタバレあり↓




まさかのラストに素で声が出たけど、今見返してみれば表紙の受けの表情に納得。
女キャラが出しゃばるのは苦手だけど、これは思わず同情してしまう…
ラストを踏まえた上でもう一回読みなしたくなる作品です!

4
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ