エンドレスワールド 新装版

endless world

エンドレスワールド 新装版
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神26
  • 萌×213
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
6
得点
198
評価数
46
平均
4.3 / 5
神率
56.5%
著者
蛇龍どくろ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックス ルチルコレクション
発売日
ISBN
9784344845923

あらすじ

「明日地球が滅んでも別に構わない」なんて思って、自由奔放に毎日はしゃいで喧嘩して過ごしていたイッキは、今はこぢんまりとした町の小さな洋食屋で働いている。そんなある日、偶然店にやってきた龍から「トシミツ」の名を聞き、懐かしく思うイッキ。龍はトシミツのいとこだという。そしてトシミツが死んだと告げる龍。トシミツは自由の象徴だった――同じ想いを抱くイッキと龍は……!? ふたりのその後も同時収録。

表題作エンドレスワールド 新装版

イッキ(池田イツキ),トシミツの元相棒
龍,トシミツのいとこ

同時収録作品エンドレスワールド 新装版

トシミツ
龍,トシミツのいとこ

その他の収録作品

  • Postscript2(描き下ろし)
  • エンドレスサークル ちっぽけがいっぱい前後編

レビュー投稿数6

何年経ってもトシミツはずっと側にいる

ほぁ〜凄かった。
心がすり減った感じがします。
疾走感があって読後感もいいのになんだろなぁ……
『エンドレスワールド』の新装版。
元作は、なぜか未読のままここまできてしまいました。

昔連んでいた悪友・トシミツが死んだことを、
トシミツの従兄弟・龍から聞かされたイッキはーー…

ドラッグと殺人の罪で服役していたトシミツと、
懐の広い料理人・峰山に拾われたイッキ。
仲間だったのに対極の立場になった二人の分かれ道ーー
それは、ドラッグをやるかやらないか。
酷い幻覚を見たことがあるイッキは、
それ以来決してドラッグには手を出しませんでした。
しかし、エスカレートして覚醒剤にまで手を出したトシミツ。
ここが二人の人生の分かれ目だったと思います。
人生を変えてしまうドラッグは恐ろしい。

かつて、龍はトシミツの玩具でした。
レイプされていたものの龍はトシミツに恋していて、
そこがとても切ない(´;Д;`)
龍に対するトシミツの感情が何だったかは分かりませんが、
そこに何らかの愛があったのは間違いないと思います。

イッキと龍が出会い、二人はトシミツを思いながら身体を繋げます。
きっと、イッキはトシミツに抱かれていた龍に、
龍はトシミツが信頼していたイッキに、
それぞれトシミツを重ねたんだと思います。

トシミツが最後にドラッグでみた幻覚ーー
それは怪物になった自分自身。
トシミツは最期まで自分を失いたくなかったのでしょうか?
だから、自殺することを選んだ?
それでも間際は死にたくなくて、
でもきっとドラッグはもうやめられないから……
やめればいいじゃん!て思うけど、
それって本当に難しいことなんだと思う。
再犯する芸能人なんかみても、本当にそう思います。


取り巻く人々とともにトシミツの一生を描いた本編。
そして、新装版では10年後のイッキと龍の姿が描かれています。

【エンドレスサークル】前・後編
峰山さんのところで働きつつ、同棲するイッキと龍は、
恋人同士でラブラブです^^
二人は黒い子猫を飼うことになりーー…というお話。

二人が幸せで愛し合っていても、
そこにはいつもトシミツがいるのだと思います。
黒猫・チャコがイタズラに打ったタブレットの暗号⁉︎
そこには⁉︎
黒のイメージだったトシミツは、カラスや黒猫に姿を変えてずっと2人のそばにいるのかも……
ちょっと怖いような嬉しいような、そんなお話でした。

猫に焼き餅を焼くイッキも、相変わらずブサカワな龍も、
とても愛おしいと思える温かい続編でした。
11年の時を経て続編を描いて下さった先生に感謝します。
ただ、続編なんていらないよ!という方もいらっしゃると思うし、その気持ちも理解できます。



5

天上昇華編

バッドエンド、衝撃の、という枕詞で必ず名の上がる作品、それが「エンドレスワールド」。
そんな不朽の問題作が何と新装版として降臨した…!

元々は2008年発表。私が初めて読んだのが確か2014年。当然衝撃を受けました。
冒頭は町食堂のおやっさん・峰山に心底懐いている気のいい男の子、としてのイツキ。
店に来て嫌がらせをするガキ不良たちをぶん殴り、どうやらイツキにも何やら過去がある…
そして店で殴ったガキの一人がイツキを訪ねてきて、物語が動き出す…

よくいる喧嘩っ早い不良。つるんでいるのはイッキとトシミツ。
喧嘩と乱交。そしてトシミツは薬物。
トシミツは覚醒剤と殺人で服役する。
店に来たガキ・龍は、トシミツのいとこだった。
峰山の元で更生したイッキ=イツキは、龍に塀の中のトシミツの様子を尋ねるが…

トシミツという不在を介して体をつなげるイツキと龍。それはトシミツを思い出し偲ぶ儀式のよう。

何しろこの物語で引き込まれるのは、トシミツの体験するバッドトリップ。
正に脳が浸食され闇や無や虚に引きずられる感覚なのだろうか。
正直彼が飛ぶに至る心象風景はよくわからない。
取り乱すわけでもなく、逆にその直前は身も心もクリーンのようにすら見える。
その上、怖くて死にたくないという気持ちが湧き上がっているのに。

ここまでは旧版。そして今また読み直してみれば終わり方はちっとも暗くないんですよね。それどころかイツキと龍の日常はこの頃から暖かく明るい。
さて、新装版としてのその後の2人が読めるのだが…
4年後。ここには幸せ感が漂っている。だって、「こねこ」だよ?
こねこっていうのは、ちっちゃくてあったかくてふわふわで生きてて、つまりこねこが安心して眠る場所はこの世の天国なんだよ?
そしてこれは多分、トシミツなんだ…
シドヴィシャスみたいだった生きてるトシミツ。カラスになって見に来たトシミツ。そして今は2人と暮らすためにこねことしてやってきたんだと思う。
あの「バッドエンドの衝撃作」が天上に昇華したようなそんな物語になった。私は良かったと思う。

5

龍は普通にめっちゃ可愛い

作者さんのsugar milkが大好きで以前色々調べていたら、ちるちるでも評価の高いこちらの旧版だけ電子化されていない!!がーん…
そんな事もあり読めていなかったこのタイトル、気になっていました。

イメージではsex drug酒池肉林系かなと思っていたので(実際そういうシーンも)、私はそういうのをあんまりBLに求めていないのでおっかなびっくりな所もありました。
が、プロローグで「あっこれ大丈夫そう!」と。
メインの1人イツキの働く洋食屋の主人峰山さん(もじゃもじゃマッチョおじさん。可愛い)のなんとステキなこと!イツキを拾ってくれた、包容力と男気のある最高の漢なんです。
イツキは過去アリだから回想シーンでめちゃくちゃしてるんです。でも要所で、今は峰山さんの所に居場所があるんだよって見せてくれる演出がされていてこれがいい癒しに。
現在パートはそこに龍という人物も加わって進んでいきます。

過去パートは…
トシミツですよ。
この人イツキのツレで龍の従兄です。
ヤク中です。
キメながらヤリまくってます。
当時中学生のいとこ龍を犯してます。
挙句人殺してムショ入りました。
はい、最悪ですね。

でもね、そこまでの嫌悪を感じなかったんだよなー。龍に関しては(最悪に変わりないけど)龍がトシミツを好きな事分かってたんだろうなっていうのもあるし。
作者さんの人物の描き方が上手いのもあるし、何というか清々しいまでの破滅型というのか。
ただ、個人的には嫌悪も感じなかったかわりに思い入れも無くて最期も感情が乱れる事はなかったんですよね。

でもそれでいいかな、と思います。
きっとトシミツと関わった人にしか分からない何かが彼にはあるのでしょう。
美味しいご飯を食べながら、クサイ飯を食っているだろうトシミツを思って泣くイツキ、散々おもちゃにされながらも憎みきれなかった龍。きっと2人はすごくトシミツが好きだった。
そんな2人が現在出会ってトシミツと関わった者しか分からないシンパシーみたいなもので結ばれて、というのはすごく納得です。

最後に、
エンドレスワールド新参者としては後日談に戸惑いました。
作者さんもあとがきに書いていたように、旧版の終わりのままで完成されていると思ったので。
普段は後日談大好きマンですけど、カラスからもう猫に転生したのか早いよトシミツっって。笑
いや2人のラブラブっぷりは楽しませてもらいましたけど。余韻…
旧版の読者さんはもう充分いろんな思いを寝かせて余韻も堪能しきったから後日談楽しめたのかも、とか思いました。

2

クスリ怖ぇえな

初めて読んだ作者さんの作品でした。
表紙の男の標準や視線が退廃的でゾクっとします。

始めはイッキと峰山さんのお話かと思ったんですが、違いました。
プロローグはショー・ロン・ポーの3人も本編と違っているので(ロンが長身に描かれてました)、新装版にするときに可能なら修正してくれたら良かったなぁと思います。

ヤクに侵されて死んでしまったトシミツに置いて行かれたイッキとロンのお話でした。
ヤクに蝕まれていく様子もリアルでとても怖い…クスリダメ、ゼッタイ。

そんなトシミツでもそれぞれ別の意味で好きだった2人の男が出会って、悲しみを分けあって、ずっと一緒に居る関係になって…やがて平常心で思い出として語れるようになれてホッとしました。

新装版に描かれた続編は個人的に好きです。
イッキが別人みたいに落ち着いた大人になっちゃってますが、10年あればこのくらい変わるよね人って。

ロンには伝わってなかったもしれないけど、トシミツは彼なりにロンを大事にしてたんですよね。
そんな事を大人になったイッキは感じ取っての、あの涙だったんでしょうね。

作者さんの他の作品も読んでみたくなりました!

0

メリバ?

あらかじめ作品タグでメリバだと聞いていたので覚悟して読んだのですが、本編までの読後感はとてもすっきりしたものだったので驚きました。
イツキと龍が出会えて、トシミツのことを共有できたことが人生では稀有で幸福なことだと思えたからかな。

とはいえ、作品はとても面白かったです。刑期中にトシミツが自死を選んだことは自分勝手で社会的に間違っていると思いますが、散々悪いことをしてきた彼らには今更ですね。そういったお話ではないので…。
続編を含めずとも、幸せで希望のあるお話だと思ったので、「ハッピーエンド」としても良かったんじゃないかなと思える話でした。

0

闇に飲み込まれながらも、結末は光の中に

 旧版を読んだのでそちらに投稿したかったのですが、投稿できなくなっていたので仕方なくこちらに投稿します(なので新装版で新たに収録された部分は読めていません)。ストーリーはとても興味深かったです。ドラッグで破滅の道を進み、本当にあの世へトリップしてしまった1人の男を巡る物語。弟なのに彼を愛してしまった龍、そして、腕っ節の強い者同士相棒のように彼とつるむ生活を楽しんでいたイッキ。そんな2人が彼の死後、ひょんなきっかけで出会い、彼を介して新たな関係を結んでいく。

 トシミツがドラッグに飲み込まれる描写が凄まじく、よくここまで想像力を働かせられるなぁと心底引き込まれたのと同時に、トシミツは少なくとも2人の人間に気にかけてもらえていたわけで、本人が気付きさえすればいつでも孤独から抜け出せたんだという事実がやるせなくて切なかったです。破滅の道に一歩踏み出せば、彼らの声は二度と届かない。残酷な現実。一方で、彼の死に心を乱されながらも、最終的にはちゃんと互いに気持ちが向いてくれたイッキと龍を見れて、爽やかな気持ちになりました。今を生きる2人には、明るい未来が待っていて欲しい。特に、兄に文句も言わず犯され続け、自分の気持ちに蓋をし続けた健気な龍には本当に報われて欲しいと思いました。死者の過去に寄り添いつつ、彼の死を清算して生者に焦点を当てる、という構成が良かったですね。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う