きんいろの祝祭 コミコミスタジオオリジナル特典書き下ろし小冊子

kiniro no shukusai

きんいろの祝祭 コミコミスタジオオリジナル特典書き下ろし小冊子
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
13
評価数
3
平均
4.3 / 5
神率
33.3%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
幻冬舎コミックス
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
きんいろの祝祭 (但コミコミスタジオ購入のみ)

あらすじ

文庫発刊記念・コミコミスタジオ購入限定特典かき下ろし小冊子
イルファがカヤのためにしたい事をジアを練習台にしようとするお話です。

表題作きんいろの祝祭 コミコミスタジオオリジナル特典書き下ろし小冊子

カヤ、ガロの国王でイルファの伴侶
イルファ、金色の瞳を持つきんいろでカヤの花嫁

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

天然な勘違い

本品は『きんいろの祝祭』の
コミコミスタジオ限定特典小冊子になります。

イルファがカヤのために
何かしたいと思いたつお話になります。

ガロのきんいろとして
カヤの花嫁となったイルファ。

カヤがそばにいられない時に
イルファの目となり不自由のない様に
側仕えとしてジアがつかえています。

じアはまじめで仕事熱心で
イルファを助ける目印となる誓いの布を
今も変わらず左腕に結んでいます。

イルファはカヤに喜んで欲しいと
ある事を練習していました。

自分で試してみても勝手が良く分からず
相手になってくれる人が必要だったので
一番近くにいて引受けてくれそうな
ジアに練習台を頼みます。

カヤの耳に入ったら叱られると言いつつも
ジアが断るならシャニに頼むという
イルファの頼みをジアは断り切れず
引受けてくれる事になります。

ジアはイルファの指示で
国王とイルファの寝室にて寝台に腰かけ
温水を満たした桶に足を入れました。

イルファも自分の手を湯に浸し
ジアの足指を温めてほぐす足浴を
施し始めますが

香油を使って湯から出ている
ふくらはぎをもみはじめられたら
耐えきれなくなったジアに謝罪しつつも
脱兎のごとく退出されてしまいます。

イルファは寺院で目にした書物に
足浴後に油で揉みほぐすと
全身の疲れを癒す事ができるとあり
試してみたのですが

記述通りなら心地よくなるはずが
ジアが耐えきれずに逃げ出したという事は
うまく出来なかったのだと反省します。

やはりうろ覚えの知識では
お役に立てないのだろうとか
イルファは落ち込んでしまいますが…

A5判カラー表紙(文庫カバー同イラスト)で、
1頁2段組み12頁の長めな番外編は
カヤと結ばれた後の甘々後日談になります。

ジアは逃げるように退出して戻ってこず
夕食の給仕はシャニが務めた為に
イルファはジアが心配になってしまいます。

そこでジアに謝りに行こうとするのですが
カヤが先んじてジアに話を聴いてきて
イルファに事情を説明するのですが
カヤの説明方法はちょっと意地悪♪

イルファがジルにした様に
イルファの足をもみもみするのですが
明らかに感じる様にするのですよ(笑)

ジアが逃げ出しのはイルファの施術で
変調をきたしたからなのは確かですが

イルファの考えた効果とは正反対で
気持ちよくなっちゃったせいなのは
イルファ以外にはピンときますよね。

ジアの気持ちを接せられない
イルファの無邪気さというか鈍さに
カヤは身が持たないと思っていると
イルファに自覚させるオチまで
楽しく読めました。

天然さんの無邪気さは
破壊力絶大のチャーム過ぎて
相手のダメージが絶大というは
鉄板ネタですが

本カプは
生真面目な攻様と天然攻様なので
下半身事情の絡みネタだったのが
美味しさを倍増させた感じです♡

本編が同人誌の商業誌化なので
いろいろ小ネタのSSがあるそうですが
それも読みたくなったぞ o(>_<)o゛

1
PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ