multiple triangles【BLCD】

multiple triangles
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
8
評価数
2
平均
4 / 5
神率
0%
媒体
CD
オリジナル媒体
オリジナル
CD発売会社
Pigeonne-Bleue<サークル>
収録時間
枚数
ふろく
フリートーク
発売日

あらすじ

詐欺師の二人には、秘密があった……。
舞台は現代アメリカ:ニューヨーク。幼馴染で親友のスパインとリブの職業は詐欺師。恋愛詐欺や金融詐欺で生計を立てていた。リブ(CV.田丸篤志)はスパインに片想いしているゲイ。幼少の頃、彼に想いを告げているのだが、スパイン(CV.佐藤拓也)は女好きで、リブの気持ちに応えられないでいた。しかしスパインはある秘密を抱えていて……。
ある日、2人は過去に所属していたギャング組織のボス:クレイム(CV.新垣樽助)に復讐のため目をつけられ、追われる身になる。はたして二人の運命は……! ?

表題作 multiple triangles

スパイン → 佐藤拓也

リブ → 田丸篤志

バック → 佐藤拓也

リブ → 田丸篤志

クレイム → 新垣樽助

リブ → 田丸篤志

リブの父 → 新垣樽助

スパイン → 佐藤拓也

評価・レビューする

レビュー投稿数1

意欲作だとは思う

オリジナルCDで2枚組、佐藤さんが三重人格。
挑戦したなあ。

佐藤田丸が詐欺コンビ、女好き佐藤←ゲイ田丸の片想い、
二人は新垣(元組織)に追われる、という設定。

説明台詞が多いかな。
言葉選びや世界観が90年代。

2番目の人格のバックは粗暴で、行為を持つのもバックと。
3番目の人格がオカマw演技力が高いだけにつらいw

警察車両で移動中に銃撃されていたが、防弾硝子なのでは…。

声を荒らげて田丸さんが言う
「俺は君が守るべき姫じゃない。俺たちはフェアだよな」
同質な男子同士、BLの良さがある。

ここから言い争いになるが…
田丸さんがこんなに怒鳴るのは初めて聴いた。
上手だなあ。

少年時代は、田丸さんはそのままできるけど、
佐藤さんも可愛いから、この人は本当に振り幅が大きい。
旦那様×ショタ佐藤が聴けて得をした気分。

スパインが自分の病気に気付いて、二人の想いが通じるシーンは、
無理のない流れだったと思う。

回想シーンの新垣×田丸、
「同じようにスパインもつらかったのかな」
この共有の仕方は萌える…!

現在に戻り、新垣×田丸は媚薬セッ。
口に銃を突っ込まれて擬似フェ○を強要。
この銃で異物挿入だったらよかったのに!
普通に挿入だけど、
小さい声で「痛い…」
可愛い!

二人で脱出して、最後に主人格とのラブい絡み。
緊張する攻めさんを「安心させてあげたい」と思う受けちゃん。

「泣かないで、俺はここだよ」
ちょっと意味が…?
ここは普通に甘いHでよかったのでは…。

最後、余韻がない。
少しBGMを付けてFOとか何かしないと、さすがにオチた感じがしない。

メイト盤フリト。
うるせえw
新垣さん「これからたっぷり楽しませてやるぞ~」
でも感想を言わずに質問にいくのね~。

総括。
海外ハードボイルド風味。それ以上に90年代中二。
CPは、佐藤×田丸、新垣×田丸、新垣(兼ね役)×ショタ佐藤。

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ