言っておくけど、俺の一果兄ちゃんは「狼さんと幸せおうちごはん」番外編

itteokukedo orenoitsukaniichan wa

言っておくけど、俺の一果兄ちゃんは「狼さんと幸せおうちごはん」番外編
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
幻冬舎コミックス
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
狼さんと幸せおうちごはん(但コミコミスタジオ購入のみ)

あらすじ

文庫発刊記念・コミコミスタジオ購入限定特典かき下ろし小冊子
一果の弟・二季視点で三成と共に一果の住むマンションを訪れるお話です。

表題作言っておくけど、俺の一果兄ちゃんは「狼さんと幸せおうちごはん」番外編

黒崎王貴、数々の経歴を持つモデルで俳優
白帆一果、三つ子の長男で王貴の恋人

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

俺様狼さんにも思うところはあるのです

本品は『狼さんと幸せおうちごはん』の
コミコミスタジオ限定特典小冊子になります。

本編後、
一果の弟・二季視点での後日談です。

白帆家の次男・二季にとって
長男である「一果兄ちゃん」は
特別な存在です。

おっとりのんびりな性格ながらも
いざという時には頼りになり

母亡きあと三つ子の長男・一果が
父と弟2人の食事を作り続けて
家族の絆を繋ぎ続けてきたと
二季は思っています。

そんなにいちゃんが
父さんとクロを亡くして
あの家に独りになった時

二季はいまこそ自分が
役に立てると思ったのですが

いきなり現れた黒崎に
ブチ壊されてしまった事は
今で怒りが収まりません。

だから
一果兄ちゃんが住むマンションに
三男・三成と訊ねていく事になっても
モヤモヤが払拭できずにいました。

それは過去の一果が
黒崎に差入をしていた時にも
感じたモノです。

当日二季は
一果に会える嬉しさと同じくらい
黒崎の存在が気にくいません。

それでも
久しぶりの一果の手料理に
幸せな時間を過ごしますが

一果を見る黒崎の眼差しに
治まっていたむかつきが
再燃してしまい…

A5判カラー表紙(文庫カバー同イラスト)で、
フォント小さい(文字数多い)2段組12頁なので
とってもボリューミーな小冊子です。

とうとう二季は黒崎に
一果を返してくれと訴えます。

二季達の事ばかり優先していた一果を
これからは二季が支えていこうと
思っていたのに

なんであんたが兄ちゃんを
あんなに綺麗にするんだよ
幸せそうにさせるんだよ

それに対して黒崎は
二季が大事な家族である事は
変わらないし

自分は一果に
子ブタの家に入れてもらって
家族にしてもらったのだと返します。

黒崎の言葉に二季は
彼が兄を誰より思っている事、
もう一果は黒崎のモノで
それを一果が選んだ事実を
受入れるしかなくなります。

兄をとられた感が
半端無いブラコン二季には
ちょっと切ない展開でしたが

帰り際に
二季が黒崎に意地悪されると
一果に泣きつく事で
ちょっとは反撃するっていう
オチにほっこりさせられました。

俺様狼君な黒崎と
世話焼き子ブタな一果なので
二季の心配だって当然だと思います。

大切なお兄ちゃんを
とられてしまった弟の心情が
とってもよく判る小話でした。

0
PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ