熱情ドローイング

netsujyou drawing

熱情ドローイング
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×24
  • 萌6
  • 中立4
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
43
評価数
15
平均
3.1 / 5
神率
6.7%
著者
佐倉ひつじ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
シア・コミックス
発売日
価格
¥679(税抜)  
ISBN
9784403665912

あらすじ

年下の大学生・大樹のデッサンモデルを引き受ける事になった祐介。
大樹の「お願い」はエスカレートし、次第に二人の間には熱を孕み……?

表題作熱情ドローイング

葉桐大輝・美大生
堂上祐介・文房具店店主

その他の収録作品

  • おまけマンガ(描き下ろし)
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数3

子どもvs大人はどっちが勝つのか

電子版で読みました。

文房具屋を営むイケメン・祐介は、美大生の大樹からデッサンのモデルを頼まれる。
デッサンをするときの大樹の真っ直ぐで真剣な視線や自分の体に触る手に、祐介はうっかり反応してしまい…。みたいな始まりです。

デッサンをしているときの大樹の表情って、スポーツ選手がオンとオフでは全くの別人に見えるような切り替えなんだろうな。ふだんが人懐こいわんこなだけにギャップがすごそう。
明らかにおばさんを「お姉さん」とナチュラルに呼べる人たらし気質だし、直情型で可愛いです。

祐介の方はジムで体つくったり、誘われればフットサルでもボルダリングでも行くよ!というフットワーク軽い系リア充イケメン。街の文房具屋にしておくのはもったいない人材。

最近男同士だけどノリで、みたいな心理を少し理解した作品を読んだのですが、こちらもそういうノリでした。どっちもノンケです。
ふつうの(と言ってしまうのは語弊があるかな)女性なら友達同士とか同性にムラムラする感覚って皆無なんじゃないかと思うのです。むしろ同性のそういう空気に当てられたら若干の気持ち悪さと居心地悪さしか感じない。嫌悪感と言うか。その辺が男性と女性の生理の大きな違いなんでしょうけど、「勃っちゃったんだからしょーがない」「まあ、面白そうじゃん」っていう、その場だけの好奇心で、「お前を!抱きたい!!」っていう感情抜きでも大丈夫なんだなあ、と。
BL読み始めの頃はどうしても「触れ合う、体をつなげる」=絶対に何かしらの感情があるもの!という考えが拭えなくて、セフレとかビッチ設定に苦しんだものですが、成長したもんだ、自分。
関係ない話が長くなりましたが(・_・;、本作も最初は本当に軽いノリであっけらかんとやっちゃいます。

入りは軽いんだけど、その後の大樹の突拍子なさがいい。
子どもらしい因果直結思考でどんどん突き進む。
対する祐介の反応はまさにおとな、と言うか、「抗うよりも、まあいっか」的大人。
「まあいっか」で同性で付き合えないとは思うけど、それは置いておいて。
この子どもの感情と大人の諦観や絆され、余裕のコントラストが絶妙でした。
大人である祐介の方がリードして大樹に「相手を思いやること」を教えていく過程も良い。
常に一歩引いた感がある祐介が、大樹の持つ熱で変わっていく経緯も自然でした。
読んでいる自分が完全に大人なので、大樹のような発展途上の葛藤も分かるし、祐介の引いた感じも若い熱に巻き込まれる高揚感も共感できる。
えちぃシーンもただただ組んず解れつじゃなくて、大きな意味を持っていたのも良かったです。

最初は「ちょっと読んでみるか」というくらいの気持ちだったのに、読み終わったあとは「先のふたりも見てみたい」と思えた、予想をはるかに超えた作品でした。

0

サラ〜っと。

一冊丸ごと表題作です。
以下、ざっくりとしたあらすじと感想を。

文房具店店主の祐介は、休憩中に自分を描いていた美大生の大輝と知り合う。
大輝はもっと祐介を描きたいとモデルを頼み、その大輝の人懐っこさも手伝い、祐介はモデルを引き受ける事になる…。

大輝×祐介の、年下攻めです。
大輝が無邪気というか図々しいというかグイグイくるタイプで、大人な祐介はそれに「仕方ないな」と流されるほだされ受けになります。
この大輝の性格が、ウザさと可愛さの紙一重な感じでした(^^;;

モデルになった祐介がつい大輝の視線で勃ってしまい、その流れでHしてしまい付き合う事になるんですが、2人ともゲイじゃないのに軽い…!
とはいえ年下らしい大輝と包容力のある祐介なんで、意外にもお似合いなCPとなってました。

2人とも黒髪なんですが、最初見分けがつき辛かったです。
読んでると大丈夫になるんだけど、もうちょっと区別して欲しかったかな。

年下攻めは好きジャンルではあるんですが、思ったほど萌えなかったです。
大した波乱もなく淡々と読み終えてしまったというか。
でも決して悪い読後感では無かったので、『萌』評価で…。

1

体が最高

言いたい事はただ一つ、受けの体が非常にエロい!それだけです!
ストーリーは、なんというか可もなく不可もなくという感じでした…付き合うにはそれなりの経緯があって欲しい派なので微妙だなあと思ってしまいました。
でもほっっんとうに受け様の体が素晴らしい!最近のBLってか弱そうな男の子とか細め、薄い体の男の子の受けが多いように見えますがやっぱり筋肉質な体こそ至高だなと思いました。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ