狐王と花咲ける恋妻 アニメイト限定ペーパー

kitsuneou to hanasakeru koiduma

狐王と花咲ける恋妻 アニメイト限定ペーパー
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

108

レビュー数
1
得点
6
評価数
2
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
GOODS
出版社
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
狐王と花咲ける恋妻

商品説明

文庫発売記念 アニメイト限定SSペーパー
本遍後、ブラン視点で過去を回想するお話しです。

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ブランから見た国王陛下

本品は『狐王と花咲ける恋妻』の
アニメイト限定特典ペーパーです。

本編後、スノウの側近ブランが
過去を回想する話になります。

死の花の問題が解決して以来
国は急激な復興を遂げ
スノウはいつも多忙でした。

良く晴れた日の午後、
珍しくスノウが休息を望み
ブランは何か栄養のあるものを
届けるべく退室します。

すると戻る道すがら
中庭にある小さなベンチで
銀狐のスノウが
英の膝枕でまどろむ様を
目にして驚いてしまいます。

スノウは誕生から
神々しく美しく利発で
誰もが次代の王として
熱望した王子殿下でしたが

国王の立場に慣れ始めた頃
死の花の事件が起こり
それからの数年は
まさに地獄の様な日々でした。

ブランは神託の花が咲いたと
叔母のオジロから告げられた時
何か陛下にとって
救いになるものが現れて欲しいと
切に願ったものでした。

神託の花が巡り合わせた青年は
拍子抜けするほど普通の方で
ひどくがっかりしましたが

英との出会いはスノウに
大きな変化をもたらし…

A4サイズ右半分に文庫カバーイラスト、
左半分にSSが収録されている本作は
ブラン視点でスノウを中心とした
過去から今までの回想となります。

ブランが中庭に足を踏み入れると
英は読書をしつつ膝で休むスノウの
銀の被毛を幸せそうに撫でていました。

スノウもそれが心地よいのか
口元をわずかに動かしていて
その無防備な主の姿こそ
国の憂いが晴れた証拠のように
ブランには思えます。

しばし中庭を立ち入り禁止にしようと
ブランが決意する終幕まで

本編の英視点では判りえない
スノウ側の本編裏事情が語られる
楽しいSSでした。

英にとってのスノウと
臣下のブランにとってのスノウが
違って見えて当たり前ですが

その違いが際立つっていて
とっても楽しく読めました♡

2人が仲睦まじくある限り
王国は安泰でしょう o(*^▽^*)o

※店舗特典(レビュー済)
書泉特典は2人が
チコの墓参りをするお話です。

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ