大正恋話 ~川辺の恋~

大正恋話 ~川辺の恋~
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
2
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
いとう由貴 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
御園えりい 
媒体
小説
出版社
リブレ
レーベル
電子発売日
価格
ISBN

あらすじ

「とても綺麗だ」美丈夫の伯爵・水城俊視さまから絵の才能を認められた少年・すい。貧しいすいに絵の勉強をさせてくださる伯爵様…画塾でひどいいじめを受けても、伯爵様への秘めた思いがあるから耐えられる。憧れを寄せるすい。純粋で綺麗なすいに、伯爵もいつしか心乱され…? 大正貴族ロマン、独占欲愛開幕!

レビュー投稿数1

いとう先生の短編

時代背景もあって攻受にはこれからもっとたくさんの障害が出てくるんだろうなというところですが、短編としてはキレイに終わっています。
攻は最初から受に惚れているのかと思いきやそうではなく、受が攻への恋心を自覚したことで描くことのできた絵を見て攻も自覚するという流れは、受が絵描きの卵という設定を生かせていて上手いと思いました。

受へ嫌がらせしまくる末松というキャラ。
この末松に対してある事件から攻が報復しようとするのですが、それに対する受の攻への態度がちょっと、合わなかったですね。
報復を止めさせようとするだけならわかりますが、あんなに攻を責めるようなことを言わなくても…元々は勝手に嫉妬して暴力まで振るった末松が悪いんだし。

個人的には受の才能に嫉妬して暴力まで振るった結果、攻に骨折させられた末松の方に魅力を感じました。
受とは違って恵まれた環境で育ちながらも最終的には絵描きとして食べていく道を自ら閉ざすようなことをしてしまった末松の、あそこから這い上がる彼を見てみたいですね。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う