極上の聖夜をふたりで「極上の恋を一匙」番外編

gokujo no seiya wo dfutari de

極上の聖夜をふたりで「極上の恋を一匙」番外編
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
2
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
幻冬舎コミックス
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
極上の恋を一匙(但コミコミスタジオ購入のみ)

あらすじ

文庫発刊記念・コミコミスタジオ購入限定特典かき下ろし小冊子
恋日になって半年後の2人の後日談なります。

表題作極上の聖夜をふたりで「極上の恋を一匙」番外編

成宮雅人、オーベルジュ・シエルのオーナーで資産家
伊吹周、箱根のオーベルジュ・シエルのシェフ

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

クリスマスのお楽しみは

本品は『極上の恋を一匙』の
コミコミスタジオ限定特典小冊子になります。

恋日になって半年後、
成宮視点での冬のお話になります。

11月のとある日、
成宮は美しい紅葉に目を細めながら
箱根に向かっていました。

成宮が周と恋人同士になってから
半年が過ぎ交際は順調ですが
成宮の仕事の都合で
まだ同棲には至っていません。

プライベートでは
たびたび訪れてはいるものの
仕事で来るのは久しぶりです。

公私混同はしないつもりでも
成宮が浮かれているのは否めません。

向かったシエルの中は
すっかりクリスマス一色で
来訪者の目を楽しませていました。

支配人の日下部によると
成宮に見せるため周が張り切ったそうで
成宮も嬉しくなってしまいます。

経営方針をガラリと変えてから
もうすぐ半年ということで棚卸と
これからの半年、一年後について
日下と打ち合わせが一段落すると
轟に休息をもらった周がやってきます。

成宮は周の作ったクリスマスリースや
周が初めて知ったという
アドベントカレンダーを説明されたりと
楽しい一時を過ごします。

職業柄とはいえ
周が恋人同士には大切なイベントを
特別な人と過ごせない事を
不満に思う気持ちが丸わかりで
成宮も恋人冥利に尽きますが

そんな周に成宮は
覚えたばかりの知識を使って
秘密の提案を持ち掛け…

A5判カラー表紙(文庫カバー同イラスト)で、
2段組16頁でフォントも小さいという
通常小冊子より更にボリュームアップされた
ラブラブ後日談になります。

成宮が持ち掛けたのは
離れていても寂しくないように
クリスマスプレゼントとして
アドベントカレンダーを贈り合う事でした。

成宮は周に
様々なスパイスが梱包されたモノを
周は成宮に
キャラメリエが拵えたキャラメルが
仕込まれたカレンダーを贈ります。

周の贈り物を楽しみに
クリスマス当日を迎えるべく
成宮はさらに忙しい日々を送ります。

そして迎えた当日、
成宮は仕事を終えた周が
特製ケーキを持参してくれていて
たちまち胸が熱くなります。

2人の愛の巣へと向かいますが
メンテナンスされていても
久しぶりの訪れた別荘の寒さは
いかんともしがたく

ケーキを食べる前に
温まるために入ったお風呂で
周を先に摘み食いする展開に♡

成宮が周のケーキを
美味しく頂く終幕まで終始、
甘々な雰囲気漂うお話でした。

周に激ラブな成宮ですが
成宮視点なので本人的には
押さえているのでしょうが

向けられる周には
直截過ぎて恥ずかしさMAX♪

テレテレだけど
恥ずかしいだけで嫌じゃない
って絡みはかなりMYツボなので
読者的には大満足です。

シエルでのイベントも
プレゼントでの盛り上げも
クリスマスムード満点で
季節感もあって良かったです。

1
PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ