嵐のあと「さよならガラスの恋心」番外編

arashi no ato

嵐のあと「さよならガラスの恋心」番外編
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

45

レビュー数
1
得点
9
評価数
2
平均
4.5 / 5
神率
50%
著者
 
イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
幻冬舎コミックス
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
さよならガラスの恋心(但コミコミスタジオ購入者限定配布)

あらすじ

文庫発刊記念・コミコミスタジオ購入限定特典かき下ろし小冊子
副島視点の後日談。仕事の多忙さから夏希と会えない日々が続いて…

表題作嵐のあと「さよならガラスの恋心」番外編

副島鷹行、玩具メーカーの企画チームリーダー
近藤夏希、定食屋のアルバイト

評価・レビューする

レビュー投稿数1

気持ちがほっこりする番外編です

コミコミスタジオさんで購入するといただける、おなじみ特典リーフレット。表紙+小説部分が7P、合計12Pのボリュームのある小冊子。サイズが大きいので、麻々原さんの描かれたイラストが大きく見れて眼福です。

ネタバレ含んでいます。ご注意を。





本編は夏樹視点でしたが、この小冊子は副島さん視点。
時系列は本編終了後。二人の想いが通じてから半年後、という時間軸です。

仕事が忙しく、連日徹夜続き。夏樹にも1週間も会えていない。
という状況の副島さん。

無口で控えめな性格の恋人は、言いたいことも言えずやきもきしているかもしれないと思いつつ、彼自身メールで軽く連絡を取り合う事を良しとしない性格であることも災いして完全になっちゃん不足。

そんな時、社外に買い出しに行ってくれていた君島が、「会社の入り口で近藤君を見かけた気がする」と教えてくれて…。

というお話。

副島さんに会いたくて会社にこっそり様子を見に来たなっちゃんが、めっちゃ可愛いです。
そして、なっちゃんと少し話をしたことで、かえって自分のなっちゃん不足に気付いて、仕事終わりになっちゃんに会いに行く副島さんも可愛いです。寡黙な彼が、なっちゃんを安心させるために言葉を尽くすシーンにも激萌え。

お互いに相手を思い遣り気遣う二人の恋人たちに、気持ちがほっこりしました。

最後、副島さんからなっちゃんに「一緒に住もう」と言われて…。

切ない恋をし続けてきたなっちゃんが、副島さんという存在を得て幸せになる。

めちゃめちゃ可愛らしく、優しく温かい、そんな番外編でした。

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ