会社のおじさん 今日もBL?

kaisya no ojisann kyou mo bl

会社のおじさん 今日もBL?
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
2
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
鈴木もなか 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ジーウォーク
レーベル
ムーグコミックス BFシリーズ
発売日
ISBN
9784862977496

あらすじ

谷中(やなか)は中間職のサラリーマン。 扱いづらい部下の教育に悩んでいたところ、何故か里見(さとみ)が色々とフォローしてくれる――。 「おや?谷中くん。それって“びーえる"では?」 娘(腐女子)の受け売りで“びーえる"ワードに詳しい千駄木(せんだぎ)が今日もハッスル(笑)。 思わずクスリと笑っちゃう、ありそうでなかった(?)会社のおじさまによる日常系ほんわりマンガ。 部署内が徐々に“腐"されてゆく…。

表題作会社のおじさん 今日もBL?

(仮)里見,サラリーマン
(仮)谷中,50代,中間職のサラリーマン

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • あとがき

レビュー投稿数1

おじさん3人と学ぶ「BLとは?」

 あくまでも登場人物たちは、普通のオフィスライフを送っているだけなのです。部下との接し方で少々お疲れ気味のおじさん上司「谷中」、そこに気配り上手の可愛い部下「里見」が優しく気を遣ってくれます。
 
 本人たちにそのつもりは無くとも、里見のちょっと行き過ぎなくらいの気遣いと懐き具合、彼にとっていい上司で居ようとする谷中のやりとりは、BL好きから見ればソレを期待出来る展開。
 
 そんな様子を見ていた「千駄木」、腐女子の娘を持つおじさんが放った「BL」と言う言葉により、谷中は里見を意識するように…。
 
 それからと言うものBLチャンス&ラブハプニングが度々二人に襲い掛かります。その都度千駄木から飛び出す場面に応じたBLに関する用語…攻め受けCPはもちろん、オフィス・ラブ、ツンデレ、薄い本、オメガバースなんかも。

 複数カプや解釈違いについてはジャンルのあるあるも含まれ、同人系に疎い私はちょっと勉強になりました。そして始まるカップリング討論、ちなみに私は「さとやな」派、リバでもいいですね。(笑)

 尖った雰囲気の巻き込まれキャラ「高杉」は当て馬に成り得なくも無いポジション。我関せずに見えて、自由な振る舞いが二人のBL的展開に拍車をかける3人目のおじさん「根津」も話を盛り上げてくれます。隠れ腐女子'sの反応は気まずそうなリアル寄りで共感。
 
 谷中の脳内に語り掛けてくる千駄木が元々ユーモラスなビジュアルに加え、OLや菩薩など様々な姿で現れるのも見所の一つ。この千駄木たち実は谷中自身が…「BL」と言う言葉を意識するようになった谷中は、彼らの影響でそのいろはを、身を持って体感していく事になるのです。

 現実にこんなおじさんが会社にいたら困るし、ユミや大久保さんのように耳を塞ぎたくなってしまうけれども、がっつりBL作品の合間にホッと一息つくにはアリな一冊。

 イケメン同士やイケおじでは無く普通のおじさん感が、親しみ易い雰囲気を作っていたと思います。ぎりぎりBLに入るか入らないか?のラインではありますが、ほのぼのオフィスコメディとしても楽しめました。

0

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う