愛されたがりなウサギですが。コミコミスタジオ特典書き下ろし小冊子

aisaretagari na usagi desuga

愛されたがりなウサギですが。コミコミスタジオ特典書き下ろし小冊子
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
8
評価数
2
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
幻冬舎コミックス
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
愛されたがりなウサギですが。(但コミコミスタジオ購入のみ)

あらすじ

文庫発刊記念・コミコミスタジオ購入限定特典かき下ろし小冊子
本編後、冬の部屋での鍋パーティのお話になります。

表題作愛されたがりなウサギですが。コミコミスタジオ特典書き下ろし小冊子

秋坂東彦、冬の部屋のあるビルのオーナーで獣医師
花井冬、秋坂の恋人になった大学生

評価・レビューする

レビュー投稿数1

愛読書はバレたら危険!?

本品は『愛されたがりなウサギですが。』の
コミコミスタジオ限定特典小冊子になります。

本編後、冬が計画した
鍋パーティが発端で起こる一騒動です。

秋坂と恋人になって
初めて迎える寒い季節。

クリスマスはまだ先ですが
炬燵と鍋が恋しい季節となり
冬は鍋パーティを計画します。

秋坂が同じビルに住むようになり
日頃から互いの部屋を行き来していても
東彦は年中忙しく
冬も卒論や進路の準備に追われて
なかなかゆっくり過ごせていません。

久しぶりに秋坂が土日と二連休で
冬は金曜日の鍋パーティを
前々から楽しみにしていました。

先に帰ったほうが
冬の部屋で鍋に準備をしておく

秋坂と事前にそんな約束をして
今日の為に部屋の掃除も
念入りにした冬でしたが

木曜日の夜に
なかなか寝付けなくてつい
秋坂を『美澄様』と呼ぶきっかけになった
少女漫画を読み返してしまいます。

その結果、
なんと寝落ちして寝坊してしまい
慌てて出かける支度をした為に

炬燵の上にドンと置いたまま
家を出てしまうという
決定的なミスをしてしまいます。

折しも先日、秋坂に
「ミスミ」と呼ばれていた事について
訊かれた際に名前が判らなかったからと
苦しい言い訳をしたところだったのです。

それきり「美澄様」について
話題にあがる事になかったのですが
漫画を読んだらバレるのは必定!!

大学からの帰路を全力で
ペダルをこいだ冬でしたが
自宅の玄関先には秋坂の靴があり…

A5判カラー表紙(文庫カバー同イラスト)で、
12頁と長めな番外編は
冬の「美澄様」呼びの秘密がばれる
お話になります。

アワアワしつつ
秋坂と顔を合わせた冬でしたが

炬燵の上にはガスコンロや食器が並び
鍋の準備は万端に整っていて
漫画を読む暇なんてなかったかもと
ホッと胸を撫でおろします。

しかし、そんな冬に秋坂は
にっこりと満面の笑みを向けます。

急なシフト変更で
昼から時間が空いてちょっと暇だったから、
炬燵の上の漫画を読んじゃった

冬はその瞬間、
ひーっと叫びたいほどの衝撃を受け
頭を抱えてしゃがみ込んでしまいますが

秋坂はそんな冬の反応を楽しむように
久しぶりの少女漫画だけど面白かったし
冬の「ミスミ」呼びの正体もわかった
と嬉しそうです。

冬は墓場まで持っていく秘密だったと
真っ赤になりますが

秋坂はミスミが
冬の初恋の人だったらとモヤモヤしていて
漫画のキャラで良かった
と打ち明けられてます。

お互いの思い込みも解けて
お鍋の前にお腹が空ききるまで
ベットで睦あうという幕引きまで

ワタワタして空回る冬のドタバタが
楽しいお話でした。

本筋には関係ないけど
「美澄様」呼びは気になる伏線というか
小ネタだったので読めて良かったです(笑)

本編での冬の美澄様呼びは
本家が有名過ぎて読んでない方でも
雰囲気だけで笑えたと思いますが

本家を知っていると
冬のマニアックすぎるツボが
更に楽しい設定でしたよね。

本作のネタバレ展開も
「おチビちゃん」呼び妄想も
しっかり笑わせて頂きました♪

なので今回は少しオマケで
「萌」2つと致します (^_-)-☆

2
PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ