エメラルド 冬の号 特別付録ドラマCD「年上彼氏に迫られてます。」【BLCD】

toshiuekareshi ni semararetemasu

エメラルド 冬の号 特別付録ドラマCD「年上彼氏に迫られてます。」
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
11
評価数
3
平均
3.7 / 5
神率
0%
著者
媒体
BLCD
作品演出・監督
阿部信行
脚本
香村純子
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
角川書店〈CD〉
収録時間
28 分
枚数
1 枚
ふろく
本品が「ヤングエース 2018年2月号増刊 エメラルド 冬の号」付録
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

「年下彼氏に迫られています。」2巻に収録されている「年上彼氏に迫られています。」をドラマCD化。

兄の彼氏に振られてしまった勇人。バイト仲間に誘われてヤケ酒するが、目覚めてみるとイケメンな男と一緒で?!

1.年上彼氏に迫られてます。
2.フリートーク

表題作 年上彼氏に迫られてます

本条 誠 → 新垣樽助

小木勇人 → 河西健吾

評価・レビューする

レビュー投稿数2

懐メロのような作品

原作未読。
キャスト買い。


以下ネタバレ含む…かも?



本編17分、FT10分、樽助さんと河西さんの共演と付録CDとしてはかなり豪華。

まず、樽助さんの声が少~し成田剣さんに似てると思いました。
某仕立て屋の時など、ダンディなお声になると剣さん風になるんだな…と。

河西さんは某オメガ下僕と某男子高校生しか聴いたことがないので
まだお声の感じを覚えられないのですが、今こっちの界隈で注目の若手さんですよねw

内容は嘘だろ?と思うくらいBL創世記時代の超展開で
この21世紀にありえない、むしろ一周回って目新しさすら感じました。
BGMの入れ方も妙に古臭く、よく言えば懐かしい感じの仕上がりなんですが
総合演出はあの阿部さんだし、敢えてのそう言うコンセプトなんでしょうかね。
原作のイラストもキレイな絵ですが少々古臭いタッチですしね。

FTで樽助さんが「気持ち悪かったですか?気持ち悪かったでしょ?」と
楽しそうに話していて、なんだか剣さんごめんなさいってなりましたw
原作者さんから気持ち悪くというディレクションがあったようですw
短い収録の中でもしっかり役作りされていてクオリティとしては高いと思います。

2

初聴きの河西健吾くんが可愛かった〜

原作既読。

エメラルド特別付録ドラマCD
『年上彼氏に迫られてます。』第1話を音声化したCDです。
(原作は「年下彼氏に迫られてます。2巻」収録)

収録時間は約28分強でボリュームあり!
・本編(17:32)・フリートーク(10:50)

個人的には収穫があって大満足でした。
最近BLで度々お名前を見かけるようになった河西健吾くん。
とても気になっててお試し聴きにと手を出したのですが、
すごく可愛かったーーーー!!!ヾ(*´∀`*)ノ
樽助さんが演じる胡散臭い年上攻めも良かったです♪


内容はエメラルドらしいラブコメ。

失恋で傷心中の勇人(受け)は酔っ払って道端で寝落ち寸前。
ふと気付けばなぜかお風呂の中。
知らない男が後ろから抱きかかえたままtnkを触っていて…。
慌てて逃げ出すもそこは豪華なホテルの一室。
どうやらかなり迷惑をかけた模様。
50万のスーツをダメにしてしまい、お詫びに体を差し出すことに!?
ーーという感じでストーリー展開していきます。

原作を読んでる時は絵の綺麗さもあって普通に楽しんでたけれど、
こうしてストーリーのみに向き合うと・・・(^^;;
まさに801の一言に尽きる内容なので、ただただ勇人@河西くんの可愛さを楽しみました。

受けはキャンキャン吠えるワンコ系。
CDではモノローグ分量も多くかなり喋り倒してました。
失恋した上に変な男にロックオンされ、気付けば処女喪失という不憫な子でかわいそ可愛い。
ヤダヤダ無理無理言ってるのに、いざとなると喘ぎがトロンと甘く可愛かったー!!!
勇人くんめっちゃかわいそうなのにそそられるわー。

攻めは金持ちオーラのあるイケメンスーツ。
受けを気に入っててどんどんストーカー化するアブナイ人。
ロックオンしてから強引にコトに運ぶ手腕が恐ろしい。

受けが好きだからって理由だけで
強迫紛いに処女奪って逃げないよう写真を撮って強請るという…。
これ犯罪やん…とふと素に返ってしまった…。
原作読んでる時は何も思わなかったんだけどなぁ…。
樽助さんの演技が上手いんだもん…胡散臭さがリアル…。
でも胡散臭い役もエエ声で満足( ´͈ ᐜ `͈ )


フリートークは和気あいあい。
笑い声が響き楽しい雰囲気が伝わりました。
お話の感想や演技のことから始まり、
お題トーク「冬のイベント、忘れられない思い出ややってみたいこと」といった内容です。
樽助さんの冬の沖縄ネタが雪国出身からすると新鮮で面白かったです(﹡´◡`﹡ )

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ