願いを叶える流れ星 -Liam-【BLCD】

negai wo kanaeru nagareboshi liam

願いを叶える流れ星 -Liam-
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

171

レビュー数
1
得点
10
評価数
3
平均
3.7 / 5
神率
33.3%
媒体
BLCD
脚本
佐藤マーコ(エレファンテ)
原画・イラスト
双葉はづき
オリジナル媒体
オリジナル
CD発売会社
marble records
収録時間
62 分
枚数
1 枚
ふろく
フリートーク
別ディスクであり
発売日
JANコード
4589489040142

あらすじ

母子家庭に育ち、母親への感謝の気持ちを強く持っている稲月翔は、スポーツ推薦での進学が決まりかけた矢先に、事故で足を負傷してしまう。
母を支えてくれる人が現れ、不安とも安堵ともつかない気持ちで、自分の存在意義を思い悩んでいた。
見上げた夜空に流れた一つの星に、切実な想いを強く願った瞬間、目の前にリアムが現れる。
リアムの仕事は、自分の持つ特殊な能力で、流れ星に願われた強い想いを叶えること。
しかし、翔はコンプレックスの塊のような願いを素直に口に出すことは出来ず―

表題作 願いを叶える流れ星 -Liam-

稲月翔 → 中島ヨシキ

リアム → 土岐隼一

評価・レビューする

レビュー投稿数1

演技も酷いが、脚本はもっと酷い

「どう考えても事故」と予測できない人はいない案件。

健気な高校生×Hな宇宙人。
「流れ星の精。といっても人間ですが」とのこと。
この宇宙人の固有能力が「Hな気持ちにさせるフェロモン」
夢魔や淫魔の親戚のようなもの。

「僕と契約してHしようよ!願いを叶えてあげる!」という話で、
内容は無い。
土岐さんの声に妙な品があるのが仇となり、トンチキ感が倍増。
ヨシキは高校生=ブリッコ気味。
若手同士なので、脚本以上の演技にはならないし、脚本がこれでは…。
テンション勝負のアホエロというほどの勢いもない。

絡みになると、二人とも人が変わったようになる。
「ベッドでの姿」なのか、ただのキャラブレか…。
ヨシキは強気に、土岐さんは女子みたいに高い声。
ここまで高いとBLとしての萌えは難しい。
絡みは、手、素股、本番の3回。

ヨシキの泣き演技は、キャラを考慮しても、酷い。
花降楼10の島崎信長並みに酷い。
しかし台詞も「エロくて」「一度だけでも入れさせてほしかった」と最低。
正気の沙汰ではない。

ステラ特典。
勘違いからの嫉妬H。でもそれほど責める前に誤解がとける。
泣いちゃう土岐さんが幼気(いたいけ)。
挿入してからが長く、お得感がある。

メイト特典。
わりと落ち着いた話。
土岐さんの「んっ」が高すぎて、ノイズかと思った。
行為もゆったりと。
「やさしい翔も意地悪な翔も好き。もっといっぱいして。もっといじめて」
と言っているので、絡みの役作りはあながち間違っていないと、ここでわかる。

総括。
途中まで聴いて、数日放置するレベル。
演技も酷いが、脚本はもっと酷い。
若手×稚拙なオリジナル脚本×店舗別特典の劣悪なCDの量産は、
キャストもファン(ジャンル)も疲弊させる。
このようなCDは遠からず淘汰されると思うが、既にうんざりしている。

個人的な要望としては、土岐さんは中低音で響く声だと思うので、
落ち着いた攻めをやってほしい。
というか、まともな作品に恵まれますように。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ