しあわせはここに「リトル・ホーリー・プレイス」番外編

shiawase wa koko ni

しあわせはここに「リトル・ホーリー・プレイス」番外編
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
2
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
幻冬舎コミックス
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
リトル・ホーリー・プレイス(但コミコミスタジオ購入のみ)

あらすじ

文庫発刊記念・コミコミスタジオ購入限定特典かき下ろし小冊子
本編後、綾斗がお泊りした日のお話です。

表題作しあわせはここに「リトル・ホーリー・プレイス」番外編

都倉修一郎、一人息子凛と2人暮らしの脳外科医
鴻上綾斗、都倉の恋人になった大学生

評価・レビューする

レビュー投稿数1

生真面目な恋人のちょっとした失敗

本品は『リトル・ホーリー・プレイス』の
コミコミスタジオ限定特典小冊子になります。

本編から1ケ月後、
綾人がお泊りした日のお話です。

綾人の恋人である都倉は
一人息子の凛と暮らしています。

扉に内鍵がかかり
大人2人が裸でも不自然でなく
一緒に入っていたと
言い訳できるお風呂場は

少々手狭ながらも
2人の愛の巣となっています。

2人は今夜も風呂場で
愛の営み中♡

男ふたりではいるには
小さい浴槽の中で立ったまま
身体を絡め合う状態に

綾斗は時折、
自分が小さな動物になって
もっと大きな動物にゆっくりと
食べられているような気持になります。

毎日寝るまえに凛と読んでいる
絵本の影響かもしれません。

そんな悪い動物が登場するお話は
多いのです(笑)

都倉の愛し方は執拗で
綾斗にどうして欲しいのかと
責め立ててきます。

どうしてほしいのか、
言ってくれないとわからない。綾斗。

言いなさい、綾斗。
お父さんに、言ってみなさい…

いままでの行為の最中に
そんな風に言われた事のなく

都倉もたわむれで
口にしたであろう言葉に
綾斗は背徳感を覚えながらも
都倉を締め付けてしまいます。

しかし、
綾斗は無粋と言われても
背徳的なプレイをされるのは
いたたまれず

風呂上がりに都倉にお父さん呼称は
止めて欲しいと言いますが…

A5判カラー表紙(文庫カバー同イラスト)、
12頁と長めな番外編は
お父さんな都倉が可愛いお話です。

風呂をあがると綾斗を着替えさせるまでが
都倉にとっては愛の行為のセットのようで

時折、凛を相手にする時と同じ調子で
「バンザイしなさい」等と
言われてしまう彩斗ですが

最中に都倉が自分のことを
「お父さん」と言うのは
凛にも悪いと思ってしまいます。

しかし、やんわりと
ああいうことはやめたほうがいい
といっても都倉には通じず

最中の「お父さん」呼びは
さすがに反則というと
都倉は何も言わないまま
じっと綾斗を見つめていましたが

すっと静かに背を向けて
でできたばかりの浴室に入って
内鍵をかけてしまいます。

あわてて都倉に呼び掛けた綾斗ですが
小さな声でしばらく一人にして欲しい
と返されます。

どうやら都倉は無意識で
言い間違えてしまった様です。

翌朝に朝の挨拶をする時には
すっかりいつもの落ち着いた都倉に
戻っていましたが

凛に話しかける時に
「お父さん」ではなく「僕」と
言い換えるとい様子に綾斗が
ひっそりと笑ってしまう顛末まで

しっぽりした絡みシーンと
ほのぼのなまったりシーンを楽しめて
得した気分になれたお話でした。

子持ち男性と一緒になると
愛の営みに制限が出るのは必須ですが
なかなかそんなシーンって描かれないし

恋人の前では一人の男なのに
自分で「お父さん」って言ってしまって
都倉が恥ずかしくなる様子に
綾斗がより幸せ感を感じている様子が
とっても幸せそうで良かったです。

凛の父親として頑張ってきた都倉も
綾斗との出会いで凛と2人の幸せとは
また違った幸せを実感できてそうで

ほっこりして
とても読後感のよいSSでした。

1
PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ