貴公子のお相手さがしは前途多難!

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作結婚してください!

神宮寺晴臣・御曹司・α
佐々木海里・結婚コンサルタント会社社員・Ω・23歳

あらすじ

結婚コンサルタント会社に勤める新人社員のΩ・佐々木 海里。
彼の悩みは顧客であるイケメンα・神宮寺 晴臣が本気で婚活をしてくれない事。
更に困った事にこの御曹子、事ある毎に口説いてくるんです!
果たして海里は晴臣を結婚させる事ができるのか…!?

スパダリ貴公子×秘密を抱えた庶民リーマンの
ラブロマンス・オメガバース

作品情報

作品名
結婚してください!
著者
鶴来いちろ 
媒体
漫画(コミック)
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
レーベル
POEBACKS THE OMEGAVERSE PROJECT COMICS
発売日
ISBN
9784865894806
4

(138)

(47)

萌々

(59)

(26)

中立

(5)

趣味じゃない

(1)

レビュー数
16
得点
554
評価数
138
平均
4 / 5
神率
34.1%

レビュー投稿数16

オメガバースで初神評価!

まずちびっこが可愛かったです!お母さんを気遣う健気さに癒されました...
受の攻を想う気持ちがとてもいじらしかった!もう少し、攻の心の動きが細やかなら尚良し!でしたが、文句なしの神評価です!

8

プロポーズに込めた思い

ウエディングのコンサル会社に勤めるΩの海里が、御曹司のα 晴臣の結婚相手を探すお話です。晴臣は海里しか眼中になく、海里に猛アタック。しかし海里は頑なに拒みます。なぜ拒むのか、それは身分不相応だからと言うけど…

遡る事5年前…既に2人は出会っていました。互いに一目惚れした晴臣と海里。身分差の恋と分かりつつ、発情期を利用した海里は晴臣を誘惑(懇願)、そして番う2人。晴臣はプロポーズしましたが、拒む海里により、この日自体が、まるで無かったかのようにされ、晴臣の記憶から消し去られて、現在に至っています。

5年前の記憶が無かった晴臣は、千里という自分の子供を海里が産んでいたことを知りません。そこには晴臣の従兄弟で海里が勤める会社の社長 秀次の支えがあったのですが、そうとは知らない晴臣は秀次と海里の中を誤解し、嫉妬に牙を剥きます。海里の想い他人が自分と知らぬ晴臣は、秀次だけでなく、"千里の父親"にも嫉妬(つまり自分自身)。乱暴に海里を抱いてしまいますが、そこで記憶が蘇り、千里は我が子で、海里の想い他人が自分である事に気がつきます。

全てが明かされ、
"発情期だから"と思われたくなくて、海里の誘惑に抵抗していた晴臣の本心や、海里が自分を忘れて欲しかった理由、5年前何があったのかを語り合い、2人は互いに惹かれあっていたことや、今もその気持ちは変わっていなかったことを知り、めでたく結ばれます。


海里を忘れていた晴臣。忘れて欲しいと願った海里。身分差を気にするΩと、本能に素直に生きるα。その対極にいるような性格と身分にもそそられました。

晴臣がまだ海里の子供の父親が自分だと知らない時に、"そいつ(父親)が今も好きなのか?"と海里に問うシーンがあり、その時の海里が特に好きです。海里は晴臣に、"今のがもっと好き"と答えます。
晴臣も5年前を忘れていたけど、なきものにしようとしていた海里には少しムカッとしました笑、でも、それでも海里の変わらぬ思いは伝わってきたし、晴臣を知れば知るほど、一目惚れしたあの日以上に愛おしいと思える今が、いかに海里にとってかけがえのないものなのかも感じられて、涙が出ました。

5年前に、発情期の海里に"αの自分(晴臣)から逃げろ"と話した晴臣の気持ちも、すごく良いなと思いました。発情期だから抱くわけではなく、海里だから、好きだから抱きたい・番になりたい、その誠意ある姿が、素敵だなと思いました。結局誘惑に負け、挙句記憶も忘れていましたが、でもそれでも、それが海里の望みだったならば、その5年前はそれでよかったのかも? いや、でも、それでも、記憶の中ではなく、"今"、しっかり向き合って、これからを歩もうとする2人だからこそ、私は2人を祝福できるんだって思います。お幸せに!!

タイトルの"結婚してください!!"、
この言葉に込められた思いが2人にとってどんなものなのか、読めばその重さが分かります。過去、現在、そして未来へと続く、2人にとっての"幸せ"を表してるんだなって、読み終えて今ジーンときてます。

オメガバースをしっかり感じつつ、それだけに囚われない話の進み方で、大満足の作品でした。かなりオススメです( ^ω^ )

8

本能より愛の最高オメガバース!

オメガバース設定を存分に幸せ方向で使用しているハッピー漫画大好きなのでこれはもう幸せで幸せで仕方ありませんでした…めちゃくちゃ好きでした…!
オメガバースって悪い意味で残酷な展開になってしまうことが多いから割と苦手としているところあったんですけど、この作品はもう設定を美味しく美味しく使って愛を描いているから…本能じゃなく愛を大切としている方も楽しく読めるのではないかなと思います!!


最初は帯を見て子持ちオメガ受けかあ…と少し躊躇してたところがあり、読み始めて攻受可愛いバランスだと喜んでいたら子供が出てきて悲しくなってしまったりしていましたが…そんなの杞憂にも程がありました…!オメガバースでも本能じゃなく愛を重視したい私としては最高の展開でした!

攻受のバランスももう絶妙に最高でした…。
作品名からして攻がガンガン押していくのだろうということは容易に想像がついたので、読み始めたらまさにその通りでもう大喜び。そして神に愛された完璧さを持ち合わせているのに、平凡な受を一途に追いかけ続ける攻が大好きなので更に文句なしの最高バランス…。ああいう完璧な攻が受のことで冷静さを失い感情を露わにする姿もう好きすぎるので、そんなとこも沢山味わうことができたから本当に感謝ですね…。
そして受も完璧攻にまんまと押されてしまうほだされ受だと思っていたから…驚くほどの健気一途優しさ溢れ受で愛おしくて仕方ありませんでした…。先に惚れたのが受だったのを知ったときの喜びも凄かったです…。自分も一緒にというのではなく相手の幸せを相手の歩むべき道を一番に考えてあげられる優しさに心打たれましたが、もっとはやくほだされて良かったのに…とも思わせるほど魅力的な受でした…恵まれた環境の攻が必死に追いかけるのに頷ける魅力がちゃんとありました!

でもなんと言っても2人が番になることを望んで読んでいたらなんだ最初の1ページから2人は番だったんじゃん!という最高の裏切り!最高でしたね……

キャラよし設定よしストーリーよし絵よしの文句なし神評価です!楽しい幸せなオメガバースはやはり最高ですね!沢山の方に読んでほしいです!

3

オメガバースの感動作です(๑♡ᴗ♡๑)

全く何も内容を知らない状態で読み始めました。
単に『黒髪攻め』と『金髪茶髪の受け』が大好きなもので。
それに勇気を出してレジに行くのに、たった一冊って、あまりに勿体ないくて、気になる感じのをどひゃっと纏めて購入する事にしてて。
今回もそんな感じでした。
つまりまるで期待してない・・・みたいな。
わーっごめんなさいっっ。

最初にいつもの『オメガバース設定』のページがあり、「アレ?これオメガバース??」てな感じで、読み進む内にコロッと忘れてて。
そう、それくらいに独特の『オメガバース臭』がまるで有りませんでした。
極々フツーの結婚相談所に務めてる『純真な受け』と、そこに無理やり来さされた『チョーセレブなイケメンな攻め』で、これが又面白い!
だってよくあるシチュエーションだけど、なにかね、なにかこう凄く来るものがあって、ワクワクしながら読んでたら、えぇーーーっ、この受けが子持ち???
オメガバースをすっかり忘れてたから、姉だか誰だかの子を預かってんの?
かぁーらぁーのぉーーー
「そやったんかぁーーーっ!!!」
たまらんっ、泣いちゃうっっ。゚( ゚இωஇ゚)゚。
何も知らない攻めに、子供の父親の事を「今も好きなの?」と聞かれ
受けの「今の方がもっと好き」の涙で答えるところ・・・
もう、こんなにピュアでえぇオメガバース、初めて読みました( ɵ̷̥̥᷄﹏ɵ̷̥̥᷅ )切なくて涙が・・・
これ、珠玉の一作ですね。
惜しむらくはこの『表紙』
もっと他の絵は無かったんかいっ!と。
このエレガントなピンクやホワイトのオールドローズは良いんですけどねー。

あ、それとね、この可愛い受けからは、微塵もエロっぽいのが無いのに、『Ωと‪αの‬ヒート状態』のホンの数ページがこれまたサイコー٩(๑>ω<๑)۶
これだけでご飯三杯いけます♡♡

この本を何気に買ったアタシにブラボー
こんな素晴らしい本を世に出してくださった出版社にブラボー
そして何より
この作品を生み出してくださった『鶴来いちろ』先生に、もう感謝ブラボー感謝です♡♡
。・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・。

2

何度読んでも感動する…

おうちにいてお気に入りの本を
引っ張りだしてまた読もう!
感動再び再読キャンペーン中(勝手にw)

大好きな大好きなオメガバース
鶴来先生は以後描かれていないのでしょうか…
この二人の行く末を読みたい!
それはもう切実に読みたい!

運命の番なのに離れなければならず
偶然再会してもやはり魂レベルで惹かれあう。

あああ…もうロマンティクでオメガバの醍醐味!
身分違い・住む世界が違う二人ですが
やはりそこはもう、運命には逆らえない訳ですよ。障害にすらならない。

海里のお子さん・千里くんもめちゃ可愛くて癒される。
3人が幸せに暮らす、続編を是非読みたいです…

2

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP