竜王様のお気に入り! 竜の至宝は微睡む

ryuousama no okiniiri ryu no shihou wa madoromu

竜王様のお気に入り! 竜の至宝は微睡む
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神19
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

29

レビュー数
4
得点
107
評価数
24
平均
4.5 / 5
神率
79.2%
著者
 
イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
リブレ
レーベル
単行本
発売日
価格
¥1,300(税抜)  ¥1,409(税込)
ISBN
9784799737811

あらすじ

◆WEBで大人気の異世界&ドラゴンBL!
竜王様は爬虫類。だから爬虫類顔の陸が絶世の美人に見える◆

「陸……!
私は、そなたがいなくなったら生きていけぬ!
そなたしか、いらぬのだ!」
爬虫類顔のブサイクで、ずっと自分に自信がなかった陸は、
陸の身も心もすべてが可愛いと言う竜王リューイに愛されて、
前向きに生きる勇気をもらい、彼への恋心を自覚する。
また、竜王様のお膝元の国リュティビーアで、
陸の容姿を気にせず接してくれる人達と生まれて初めて友情を育んで…。
人間の寿命や竜王種の性質から、いつか別れの日が来る二人。
それでも、リューイへの想いは止められない。
一方、陸と出会うまでは孤独の宿命に絶望しつつも諦めていたリューイだったが、
陸との暮らしの中で愛おしさがくるおしく募り、
絶対に陸を失いたくないという激情を抱く。
そんな時、二人とは別の世界で恐ろしい力を手に入れた陸の弟・海斗が、
陸を無理やり奪い去り…!
二人は種族の壁を越え、恋を成就させることが出来るのか!?
恋、生きる勇気、友情、成長、すべてがここに!
リューイと陸のその後を描く書き下ろし「オーロラの下で」も収録。

【登場人物】
保科陸(ほしなりく)/
爬虫類顔のブサイクな青年。
どこに行っても期待される弟に比べ、
トカゲ男呼ばわりのひどい扱いをされていたが、まっすぐな心の持ち主。
体は敏感で感じやすい。

竜王様(リューイ)/
八つの異世界を管理している神竜。
好みの魂を持つ人間を「お気に入り」として発情する習性がある。
人間姿は超絶美形だが、エッチの時以外はドラゴン姿が多い。

表題作竜王様のお気に入り! 竜の至宝は微睡む

竜王様(リューイ)、八つの異世界を管理する神竜
保科陸、不細工な青年・竜王様のお気に入り、18~

その他の収録作品

  • オーロラの下で(書き下ろし)
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

神竜と人との恋の行く末は

今回は8つの異世界を管理する長寿の神竜と
異世界から召喚されたブサイクな高校生のお話です。

受様が攻様の「お気に入り」から伴侶となるまでと
伴侶となった受様と新王が対面する後日談と
攻様視点での本編裏情を交えた後日談を収録。

受様は不細工な顔立ちで生まれたために
両親に疎まれて育ち、友人もいない境遇でした。

ある日、受様の優秀な弟が
攻様が管理する8つの世界の内のある世界に
「勇者」として召喚され、
受様はその巻添えで共にトリップします。

そしてトリップした先で
世界を管理する神竜である攻様の
無聊を慰める閨での伽役「お気に入り」として
攻様の城碧城にて暮らすことになります。

今までの「お気に入り」と違う受様に
竜神信仰のお膝元である世界の都市
リュティビーアの人達も心を砕き
受様も心を開いていきます。

しかし人である「お気に入り」と
世界の統括者で有り長寿の神竜では
そもそも命の長さが違いすぎます。

共にいる時間を精一杯
楽しく過ごそうとする受様と
受様を失いたくないと思い始める攻め様、

今までの「お気に入り」以上に
攻様に気に入られた受様を疎む
リュティビーアの王と
「お気に入り」候補だった姉姫、

現代日本に戻るために
召喚世界の「勇者」の役目を逸脱し
暴走する受様の弟、

それぞれの思惑が錯綜する中で
受様が弟に拉致られてしまいます!!

弟の目的とは何なのか!?
攻様は受様を取り戻すことができるのか!?
そして攻様と受様の恋の行方は!?

web小説のノベライズ出版で既刊
「竜王様のお気に入り! ブサイク泣き虫、溺愛に戸惑う」
の続編にして完結編になる1冊です。

前刊で受様は攻様に見初められて
攻様の「お気に入り」として溺愛されて
現代日本では縁遠かった幸せな日々を過ごします。

異世界トリップした原因や弟の動向、
攻様との寿命の違いなど続刊に続く伏線も
ファンタジー展開と目をつぶれば個人的には
『既刊1冊での読了』も有りかと思いました。

でもまぁ、せっかくの2巻セットですし、
やはり伏線は気になりますので
ここはきっちり読んでみましたよ(笑)

結果的には受様の登場による
関係者それぞれの思惑も詳らかにされ
既刊で張られた伏線が
納得できる結果で回収されていて
最後までワクワク楽しく読めました♡

攻様の力を凌駕するほどの
力の暴走を見せた受様の弟には
とても辛い結果ではありましたが

誰かにとっての「正義」が
誰かにとっては「悪」であるという事が
如実に表れた結果でもありました。

本編後の後日談は
受様を大切に思っている人々の思いが
優しく積み重なった日々のお話であり

攻様が最後の危惧を取り除き
2人が最後の日までともに幸せに
生きていくことを決意するお話でした。

攻様視点の番外編では
人々や受様やおつきのカエル達からも
超越した存在であるために
見え難かった攻様の内側を
知る事が出来て良かったです (^-^)

厚さと価格(笑)で手に取り難いかもしれませんが
厚い分だけ萌えられると思います♪

今回は本作同様、
異世界トリップする受様のお話で
櫛野ゆいさん『竜人と運命の対』はいかが?

4

エンターテインメントBL

全体的なレビューはほぼ上巻のほうに書いてしまったので、こちらはさらっと(^^♪
上巻のほっこりムードから一転、弟の出現で怒涛の急展開です。迫力満点に進んでいくので、あーこれは映像で見てみたい!と思いました。アニメで映えそう♪弟はちょっと・・・いやかなり愛情の方向性を間違えてしまったけれど、陸を思う本気の叫びは萌え!!
なんだかんだで竜王様はヒーローなんだけど・・・緊迫してるはずのシーンで突然のデレ!?がありまして。緊張の中ほっと和んで竜王様に萌えてちょっと笑えて、好きな場面です。竜王様をさらに好きになった!
全てが終わり、陸が眠りから覚めると四年も経っていたわけですが、その間ずっと待っていた竜王様の健気さと涙にこちらもうるうる状態に(>_<)最後は心の底から泣きながらおめでとーーーー!!!と言いたくなる二人でした。
メイン二人以外も、それぞれ理由があっての行動だと示してくれるので、悪役も憎みきれないキャラクターになっています。残酷に思える描写も少しあるにはあるのですが、後に引きずることなく読めます。
わくわくファンタジーに溺愛癒し、いろんな要素を楽しめるエンターテインメントBLだと思います★

4

感動の完結でした。゚(゚´ω`゚)゚。

「竜王様のお気に入り!ブサイク泣き虫、溺愛に戸惑う」の続刊になります。

実の所、前巻ではひたすら一途な陸に対して、リューイ(竜王様)が若干薄情に思える部分があるのです。竜王の特性である事は重々分かっていても。
それが今回、リューイ視点での、彼の健気さやとても心の痛むエピソードなんかがございまして。
やっぱこの二人は、互いに心から愛し合ってる!!
web小説特有の若干クドクドしい部分は感じられますが、すごく素敵で感動的な完結巻でした。



内容ですが、勇者として召喚された弟・海斗の巻き添えで、異世界トリップしてしまった爬虫類似のブサイクな高校生・陸。
そこで八つの異世界を管理する神竜・リューイの「お気に入り」として溺愛され、さらに自身の容姿を気にせず接してくれる人達とあたたかな人間関係を築きと言う所からの続きです。

リューイと過ごす今この時を「宝物」として、大切に過ごす陸。
そんな陸と過ごす日々を、どうしても手放したくないと強い執着を覚え、陸の居ない世界は耐えられないと激情を抱くリューイ。
そこに、陸と一緒に異世界トリップした弟・海斗が現れ、陸を無理矢理攫います。
共に元の世界に戻ろうとする海斗は暴走しー・・・といった所です。

今回、一番の注目は弟・海斗になります。
前作では一緒に異世界トリップしつつも、大した出番はありませんでした。
が、その少ない出番でも結構な印象を残してくれたんですね。
意地悪な態度を取り続けてはいるのですが、そこに透けて見える歪んだ愛着なんが萌えさせてくれまして。

それが今回、その執着ぶりをあからさまにします。
お兄ちゃんを取り戻す為だけに過酷な経験をし、手段も選ばす・・・。と言った感じで。
個人的に、兄弟ものが大好きなのです。義理、ガチ問わず。
この歪んだ執着具合がたまら~ん!!と。
また、歪んじゃいるけど、その一途さは疑いようがない・・・。
これは個人的な好みの話ですが、当て馬は永遠に主人公を想い続けて欲しかったりするのです。別の人を好きになっては欲しくない。
と言いつつ、スピンオフで当て馬が幸せになると、それはそれで萌えるんですけど。
彼の本懐は叶いませんでしたが、これからもお兄ちゃんに執着し続けて欲しいものです。

そして、海斗の暴走により半死半生になる陸。
ここで、竜王の寿命の謎も解けます。
「なるほど!!」と、大満足の大団円です。
また上手いのが、リューイの視点が入る事なのですよ。
陸の視点だけだと、全て丸く収まって良かった良かったてなもんですが、リューイの視点が入る事で、二人のこの幸せな着地点がかけがえのないものだと思わせてくれるのです。
そして、前巻では若干薄情に思えたリューイの株が大幅にアップする事となる。
彼のひたすら待ち続ける不安な日々を思うと、その一途さに涙を禁じ得なくて(´;ω;`)
ホント、幸せになって良かったよ!!

とてもとても感動しました。

8

さらっと読めた。

前巻から引き続きのレビュー失礼します。

前回は評価は萌萌でしたが今回は神!
前回から変わらず読みやすく陸くん幸せなら私も幸せ〜❤️位に癒されました。
私が気になった王族との関係も、弟の違和感もスッキリ。

多少強引感は否めませんが楽しく読ませていただきました。
ネタバレになるかもですが、エルミアが可哀想だったなぁ…

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ