この子 どこの子 かわいい子

konoko doko no ko kawaii ko

この子 どこの子 かわいい子
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×24
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
19
評価数
5
平均
3.8 / 5
神率
0%
著者
西原ケイタ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックス ルチルコレクション
発売日
価格
¥679(税抜)  
ISBN
9784344843967

あらすじ

郊外でカフェを経営する洸一は、不仲だった両親の影響で他人に深く踏み込まないように過ごしてきた。ある日、店の前で行き倒れていたきつねを拾って部屋にあげたところ、きつねは全裸の少年に変身、「俺は神様。お前の願いを叶える! 」と洸一に迫るのだった。願いなど持たない洸一は一瞬戸惑うが……。

表題作この子 どこの子 かわいい子

大城 洸一(カフェオーナー)
アカネ(狐)

その他の収録作品

  • おまけ4コマ(描き下ろし)
  • あとがき
  • 電子限定おまけ

レビュー投稿数2

不思議なことも、おとぎ話な現実も。簡単に受け入れちゃう柔らかな心。

割と好きなんです♡
私は勝手に「人魚姫系」と呼んでいるんですが、神さまに願って人と成る、ケモ耳の物語。

孤独な狐の子は、神さまの祠にいつもお供え物があるのを知って、
それを食べて、何とか生きていた。ある日、勝手に供え物を食べた罰だと言って、
人間の姿に変えられてしまう。供え物をした人間の役に立つ事をしなければ、戻さないと言われ…、
狐の子は、田舎でカフェを一人で営んでいた洸一の元へ現れる。

突然現れた化け狐、化けてるつもりなんだけど、油断するとケモ耳とフサフサの尻尾が 飛び出してしまう。もちろん洸一は、驚いて引くんだけど、懸命に説明する狐を割と早めに受け入れる。
洸一が、割と簡単に絆されてるんですよね。
まぁ、凄く狐の子が可愛いというのもあるんですけど。

物語が進むにつれて。洸一が何となく狐を受け入れられた理由が分かる気がして来ます。
洸一の家庭環境が悪く、親の不仲からネグレクトされ、施設で育った事。
洸一は狐が夕焼けの茜色が好きだと言うので、狐に「アカネ」という名を与えます。
初めて、自分だけの「名前」を貰い、喜ぶ狐。
最初は店のソファで寝ていた洸一でしたが、やはり身体が辛いので、アカネと一緒にベッドで寝ることにします。人の温もりに触れて、温かいと喜ぶアカネ。
洸一にとってもそれは久しぶりの温もり。
アカネは狐なので、店で何の役にも立ちませんが、それでも懸命に働こうと健気に頑張ります。
そんなアカネを可愛いと思って、二人で過ごす日常を楽しみ始めた矢先、施設に残して来た弟が訪れる。

弟に好きな人はいるのかと聞かれた洸一が、ずっと親の不仲を見てきたから、そんな気持ちには一生なれない、などと世捨人発言をするのですが、
それをコッソリ聞いていて、哀しく思ったアカネは、「俺が好きな気持ちを沢山伝えるから。いつか人を信じて受け入れられる様になったら、誰かを好きになることも出来るよ。」と、告げる。
この時、本当は洸一も気付いているんです。もうアカネを好きになっている!

弟は、俺は捨てられたのにアカネは兄の側に居ると嫉妬して怒ります。
怒りのままに家を飛び出した弟は、祠の神さまに願います。
「アイツを消してよ!」
もちろん、勢い任せで言っただけなので。弟は直ぐに後悔しますが、意識を失ったアカネの身体は、どんどん冷たくなって行く。

『もう恋を、温もりを知ってしまった。』と、アカネを想い、冷たくなった狐を愛おしそうに抱いている洸一の姿が切なくて。(この一コマの絵が、とても好きです。)
神さまに、「人の姿に戻したら、狐にはなれないけど、どちらにする?」と聞かれて。
人の姿に、と願う洸一。
「その子は望んで無いかもしれないのに? 人間は身勝手。」と、神さまに呆れられても。
『名前を呼んだら、返事をしてほしい。』
『抱きしめたら、抱きしめ返してほしい。』
それは、洸一のエゴかもしれないけれど、ささやかな望み。愛情。
ちょっと泣いちゃいました。
神さまも、少し切なそうな顔をするんですけど、この意味は後に分かります。

もちろん生き返ったアカネに、ちゃんと想いを伝えてラブラブめでたし!
アカネは、孤独な心の洸一に神さまが遣わした贈りものだったのかなぁ。なんて。
思えてくるんですよね。

おまけの4コマもほのぼのしくて♡
ご飯食べてる時に、アカネの頬にご飯が付いてるので、洸一が自分の頬を指して「ここ、ここ。」と言うと、勘違いしたアカネが身を乗り出して、頬にキスをする。
「こんな時にキスしてほしいとか、珍しいな‼︎」って、可愛すぎる‼︎
元キツネだけに、あざとくやってるワケでは無いので‼︎
その天然の可愛さをもっと見たかったー♡
心癒されるほのぼのストーリーでした♡

3

神様・・・自由だなぁ(好き)

近所の祠に気まぐれでお供え物をしだした洸一の元にある日突然狐の少年が現れて、洸一の願いを叶えないと元の姿に戻れないし帰れないと言い出すお話。

お腹空いていたから祠のお供え物食べてたら罰として祠の神様に人間の姿(素っ裸)にされて洸一の営む喫茶店の前に放り投げられる・・・・なんちゅー神様や(笑)
実際終盤に登場した神様はヤサグレてましたね!人間のせいで卑屈になってるって感じかな?
そこが可愛かったんだけど。

少年になった狐(あかね)も、洸一の弟も、神様もみんな可愛かったんだけど、
洸一自身がなんか冷めた感じで「これ、あかねと両想いになるのかな?」となかなか後半まで心配になりましたね。
祠前で神様と話す時に「あ、好きになって…たんだ」って感じでした。
親の影響で他人と深く関わらないようにしていたので自制だったんだ・・・とはなったけど。

描き下ろしのおまけ付き4コマは超可愛かったです!!
癒しの極み。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う