453さんのマイページ

レビューした作品

アドバンスドレビューアー

女性453さん

レビュー数6

ポイント数49

今年度127位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 特典
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

関係性のメタモルフォーゼ

斑目先生といえっば登場人物のギャップが
想像の斜め上をはるかに越えていくという印象で大好きな作家さんですが、
親友に運命の人扱いされ、関係が一気に変わる二人の物語も、関係性のギャップ、変形?という予想外の変化に、読者自身も戸惑い
最終的には癒されました。

攻めのキミがイケメンで、クールな見た目に反しておバカなのはお決まりでなのですが、
今作で一番のギャップ保持者は受けの尊です。
高校生の姿のイカツイこと。

悪魔シリーズの連載が再会されたそうなので、楽しみです。

恋のはなし コミック

斑目ヒロ 

ゴリゴリに切なかった

斑目先生の作品って、清々しいようでどこか心が痛い、切ない話が多かったように思うのですが、
今作はもう、ゴリゴリに切なかったです。

学生時代の淡い思い出を引きずる二人。
振った人の後悔と振られた人の呪縛が
大人になって再会した時にぶつかり合う。

実は両想いだったんだ、めでたしめでたしのはずが、
時間が経って大人になった分、全く噛み合わない。

お互いを傷つけ、後悔して離れて、
何度も同じことを繰り返す。

それでも純粋さだけをむしり取った時に
残ったのはお互いへの恋心だった。

心情で読み込ませる良作でした。

良い意味でグロテスク

任侠ものは苦手なのですが、評価が高かったので購入。
なるほど、グロテスクなほど絵が綺麗でした。

刺青とボディーライン、受けがそこそこがっしりしている点が、いわゆる王子さま系とはかけ離れていて、苦手な方もいるかもしれませんが、はらだ先生が好きな方には特に刺さりそうです。

ヤクザで現実離れしている天授を、医者の聖高が医療的な言葉のチョイスで引き留めているバランスが絶妙でした。

是非白抜きなしで拝見したいです。

エモすぎた

今作は、3年に渡ってカラー表紙を描かれたものを、
1冊にまとめたコミックスなのだそうです。
短編の最初のページはフルカラーで、それ以外にも一部カラーが入っているのですが、
この一部だけカラーという手法と、
コマの構成がフィルム的な効果となって、
レトロでおしゃれな映画を見ているようなエモさがありましたら。

ストーリーは穏やか進行のDKBLですが、
敢えて全部が描かれていないので、
想像しながら読む作品となっております。
BLを読んだことのない、おしゃんな友人にオススメしたいです。

メタラーの壮志さんがかわいすぎて

40才まで┅でマミタ先生を知り、
過去作を追ってたどり着きました

メタラーいい人説に全面的に賛成。
しかも今作の受、壮志さんはとても器用で
お料理もお菓子作りも編み物も上手なのに
口下手というギャップがすごい!

まっすぐ見つめながらコクコク頷く姿が
めちゃくちゃかわいいです。
ピュアなハートを守るためのメタラーなので
恋愛耐性はもちろんゼロですぐ気絶しますが、
拒否はしません。

とことん良い人の壮志さんが、幸せになるまでの道のりを、
あたたかい気持ちで見守る充実感。

今年一読み返している1冊です。

つぐつぐと千晃くんのケミストリー

原作未読
面白かったです。大分笑いました。

つぐつぐ演じる陰キャオタクが、素顔の可愛らしさを
衣装製作とメイク能力の高いイケメンに見いだされ、
レイヤーとしてバズるまでに成長します。

それと同時にお互いの存在が友達に収まりきらなくなって、
恋に向かって進むという、男子高校性の初々しいお語でした。

陰キャがイケメンに肯定され、自分の好きを形にいていく過程は爽快でもあるし、微笑ましいです。

イケメン攻め様の千晃君が、声だけでしっかりイケメンに見えていて、流石の演技力でした。

それと対になるようにつぐつぐは、卑屈すぎないギャグ系の陰キャで、テンポも良くて、メインキャラ二人の相性の良さを感じました。

関係はスタートしたばかりの二人のお話ですが、とても楽しかったです。

続編を楽しみにしています。

美形DK、方言もの

ベリ子先生の作品を読むのは久しぶりです。
ページをめくって思うことは、ため息が出るほどの美形キャラ。絵がキレイ。
それでも王子様キャラではなくて、温かくも可愛らしい方言使いで、
クスッとしてしまうところがあるのがいいですよね。

To be orとあったので、ハムレット風の復習劇か?と思いきや、そんな部分は微塵もなくて
少なくとも1巻はほのぼのしたまま終わります。
これからの2人が甘々になることを期待しつつ
続編を楽しみにしています。

慶司がイケメン過ぎて

39歳恋人無しの受け雀ちゃんが
29歳イケメン高身長、クールゲイの慶司にグイグイこられ、
リストのイベントを一つずつこなしていく度に
距離が近くなっていく話。

どこかで読んだような気もしなくはないけれど、
とにかく慶司がカッコヨ過ぎた。
元バレー部のクールゲイで、眼鏡男子。
某バレー漫画の○っきーみたいで
気づいてから更に萌えました。
受けの雀ちゃんのファンシーさも相まって
ほのぼのした1冊ではありますが、
最後のエロは描きこまれておりました。
続編を希望します!

エロエロじゃなかったけどイロイロ良かった!

ファーザーズミルクガーデンをチラ見して
バインバインのエロエロなイメージが先行していたのですが、ストーリーが良かった!

国一の武将アントンが足にケがおをい、
軍の足手まといになるくらいならと、
性欲を引き受ける職種(実は位は高い)に転身するのですが、
彼を武将から退かせたくない第四王子が彼を囲い、
アントンの体を気遣い大事に過ごします。

アントンは職務を全うできず苦悩しますが、王子の、アントンより強くなるまで抱かない宣言を受入れ、彼に稽古をつけます。
そんな二人は半年後。。。

王子と武将の話なので、言葉遣いがキレイです。罵るシーンはありません。それが良かった!

BLでは稀有な、攻めより受けのものの方が大きいパターンです。新鮮で良かった!

とはいえ攻めの王子もアントンに鍛えられて、バキバキになります。
クールビューティ王子のバキバキ変身が良かった!

今後も読み返す1冊になりそうです。


あじーの敬語攻め!

原作未読
千葉しょー演じる桐生君は、口が悪いイメメン俳優で、最初は全く良さが分かりませんでした。
物語が進むに連れて、幼い頃に自分を肯定してくれた大前に再び見つけてほしくて、俳優を続けていた事が判明して、
ビビリイケメンの可愛さもあって、魅力が増します。
特に人魚姫のモチーフに沿って、好きな人を助けたのが自分だと言い出せない回想シーンは、不憫でなりません。

対する理系スパダリの、あじー演じる大前は、どんな理由があっても、桐生を忘れていた事と、再会して思い出せなかった罪は大きく、少しモヤッとさせられました。

そんな内容を大きくカバーするcd最大の利点は、あじーの敬語攻めが聴ける事!
硬質な声質の敬語が持つ破壊力がすさまじい!
ほんのり変態なのもとっても良かったです。