みみりぼんさんのマイページ

レビューした作品

アドバンスドレビューアー

女性みみりぼんさん

レビュー数31

ポイント数253

今年度68位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

「鬼×ヒト」演技派キャストで聴かせる学園ラブコメ♪

原作未読ですが、問題なく楽しく拝聴させていただきました♪
(機会があれば原作も読んでみたいと思います~)

個人的に人外モノは感情移入が難しい為、「鬼×ヒト」だということで、不安も少々ありましたが、問題なかったです!
設定こそ異種間ですが、スパイス程度で学園ラブコメとして楽しめました。

この頃、江口さんの受演技を聴く機会が増えましたが、
今回も本当に素晴らしくて...お人好しでチョロくて可愛らしい日和くんを魅力的に演じておられます~。大変美味しいツンデレでございました...!ご馳走様です!!

攻役は古川慎さん。
クールキャラのはずが、日和に対してはいつものペースが崩れてしまって...
噛んだり吸ったり舐めたりと、とにかくセクシーなリップ音がリアルでドキドキでした。

息の合った演技で、テンポ良く楽しく・切なさと甘さも味わえる作品ですので、
この先のお話も聴けたらいいな...♪と期待しております。

江口さんの受演技に驚き

江口さんは攻演技しか聴いてこなかった不勉強な私ですが、
某ポケドラさんで購入できるようになっていたのと、ジャケットイラストに惹かれて...受・江口さんを初体験いたしました。

興味本位だったのに...薫くん...めっちゃ可愛くていじらしくて泣いちゃいました。
原さん役・新垣さんも本当に素敵で、いつもはちょっと自信なさげな人の好さそうなサラリーマンなのに、ひとたびそうなればセクシー大爆発!なるほど納得のキャスティングに唸りました...うぬぬ。

原作未読でしたが、続巻も発売になっているようなので、この後読んでみようと思います♪そちらも音声化したらまた聴きたいと思います!

ずっと感じていた違和感が解けた感覚

「だんはじ」シリーズの大ファンです。

私事で恐縮なのですが、
慧斗×春惟カップルは、正直、これまでどこかつっかかる違和感のようなものがあり、
キャストお二人の演技もお声も大好きですし、
兄弟モノも特に地雷という訳でもないですし、何なのだろうなあとずっと疑問でした。
でも、まあそれも含めてこのカップルの個性なんだろうな、
もしくは己の解釈が追いつかないだけなのかもしれんな、と思い(ファンなので基本は全肯定)、新作が出ればいそいそ聴いておりました。

しかし今作で、その長らくの疑問が解消されたような気持ちになったので、
ここにご報告させて頂きます。

春惟がずっと密かに抱えていた慧斗への懺悔だったり、
「お兄ちゃんでいなきゃ」「でも本当は甘えたい」の葛藤みたいなものが
春惟というキャラクターをちょっぴりちぐはぐにしていたのかもしれません。
対する慧斗も、「兄弟なんだから許されない」とか世間体を気にして素直になりきれないところがあったと思いますし。

それのせいで、どこか交わりきらない些細なすれ違いというか、
違和感があったのかもしれない、と腑に落ちた気がしました。
(一個人の解釈です。人の数だけ解釈がありますよね。)

今作では二人も少し大人になったので、
余裕が出てきたというか、雰囲気が優しく温かくなったなあと。
誰にも引け目を感じなくていい、幸せになっていい、と許せたのかな。
ようやく、心から繋がり合えたように思えましたので、
節目を見せてもらえたような気持ちで、聴き終えてもしばらく余韻に浸ってしまいました。
改めてこれまでのシリーズを振り返ってみます!

それにしてもジャケットイラスト最高ですよね。永遠に見つめていられる...オキシトシンがすごい...

しばらく使ってなかった部位がキュンとする感覚

ついにお付き合いすることになった井田と青木♡

屋上で一緒にお昼食べているシーンから始まるのですが、
めっちゃかわいい!
心配症で臆病な青木が愛おしくて、
マイペースな井田がカッコイイ。バランス最高のカップルですお幸せに!

それにしてもしみじみと、
ギャグ絵と、繊細な感情描写のふり幅が凄まじいのです。

コミカルなシーンは本当笑い転げてしまうのに、
キャラの感情、鼓動、頬の熱さまで全部が伝わってくるかのような...息を呑む表情の描写がとっても素晴らしいです!!
青木に感情移入し過ぎているのか、井田くんの表情にいちいちキュウっと胸が締め付けられて、この感覚...ちょっと久しぶりだぞ!?と
(BLでもトキメいてるんですけど、なんか部位がちょっぴり違うような気がする)
幼女のころに少女漫画で感じたキュンなのか、
それとも、はるか昔にBL心が芽生えた時の初々しいキュンなのか...

私の話で失礼いたしました。(全くだごめんなさい)

無自覚に、青木にイジワルをして反応を楽しんじゃう井田が最高に萌えます。
Sを感じますね...イイネ...!!(ごくり)

忘れていた大切な気持ちを思い出しました

なぜこんなにもBLが好きなのか──。
健やかなるときも、病めるときも。長らくBLと共に歩んできた私の人生。思えば遠くへきたもんだ。
そんなBL好きに、原点回帰させてくれるような...
すっかり忘れていたようなあの日のトキメキ...そんな大切な気持ちを思い出すような5巻でした。

指が触れるだけで心臓が大事故!!!!!!
いくら別マ掲載だからって、どのヒロインよりも青木が一番少女漫画なのでは!?!?
そんな天然記念物並にピュア過ぎる恋模様を、進路やバイトなどの青春白書をまじえながら描く最高傑作です。
もじもじともどかしいスローペースな恋。なのに全くイライラしないどころか、
1コマ1コマ味わうようにゆっくり読み進めたいと思わせるのは、もう本当...お見事です...(合掌)

話数が進み、青木たちも成長しているので、彼らをいつまで見守れるのだろうかと寂しさが伴います。長く続くことを祈るばかりです...ずっとずっと見ていたい。

もう「非BL」なんて言わせない!

は!?ドラマ化!?
喜びと不安に揺れ動くファン心。そんな最中、6巻発売です!待ってましたー!!!

5巻で晴れてお手手を繋いだ井田と青木。
そのピュアッピュアさに、いっそこのままでいてくれそれでいい...と
己の腐の原点を思い出した気持ちになり、しばらくはピュアBL作品を探しまくっていたほどです。

...が!!!
カバーイラストの雰囲気がいつもとちょっぴり違う...
さらにカバー裏のキャッチ

\「キスっていつするもんなんだ」/

...!?!?!??

ついに!!!!!!!なんとついに!!!!!!!
キッスを...ほっぺたに...(いやしかしほんとに頬だったのか?!ちょっと唇寄りの皮膚だったりしてないか??ビデオ判定を!!!)

次巻はお泊り旅行(!?コミックス派なので本誌情報ナシ)らしいですし、
え...これって、BのLが本格始動しちゃうんですかね...

どうなるのどうすればいいの...
進展は嬉しいけれど、初々しいふたりを永遠に見ていたい気持ちもあり...なんて強欲なのだろうか。

ちなみに、これまでも散々、こんなにも真剣にBLしてるのにな、とは思っておりましたが、
今巻のキッス解禁記念に「非BL」を外してしまってもいいのでは...いかがでしょうか。

そして皆様のレビューがとてもとても読みたいです。ぜひ!(切実)

原作履修して待機しておりました!

アニメでも素晴らしい演技で魅せて下さって、個人的にも今、大注目の小林さん。
なので、ドラマCD化でキャスト発表を拝見して、即、原作を購入して予習に勤しみました。

(作品タイトルは存じ上げておりましたが、「なんだか暴力的そうだしDom/Subユニバースとは...??」と内容も知らぬままに喰わず嫌いしていたことが、
原作もドラマCDも堪能させて頂いた今となっては、もう超絶お恥ずかしい限りです...!!!やっぱり支持されるには理由があるのですよね...人気作はひとまず読む、くらいで向き合おうと改めさせられました。)

原作でもグっときましたが、
声を吹き込まれることによって、さらに伝わってくるものが多すぎて...

Dom/Subユニバースならではの「コマンド」の表現がどうなるのかしらとワクワクしていましたが、演出、とっても良かったです!ゾクゾクしちゃいました◎

正己くん役・小林さんは、期待通りの美人声が本当にキャラとマッチしておりましたし、ツンもデレも健気さも嬌声も最高の極みでございました。はー寿命がのびましたありがたやありがたや(拝み)

悠生くん役・山下さんも、すっごくハマり役でしたし、
あまり存じ上げなかったのですが(無知ですみません)奥行のある演技力でお耳が離せませんでした!

欲を言えば、せっかくですのでキャストトークが聴きたかったです。
演じた方のお話って、本当に興味深いですしドラマCDの醍醐味かと思いますので...。

人生初めてのDom/Subユニバースがこちらの作品なのですが、
分かりやすい&愛情たっぷりの素敵な作品に出会えたおかげさまで、
他にもこのジャンルを開拓してみよう♪と楽しみが増えました♡♡

(CD管理に困る環境なので、ポケットドラマCDさまでの配信が同日で、大変ありがたかったです!)

二人とも可愛いし健気です。

オススメされて、攻のお顔がイイなと購入しました(チョロ)
ご都合展開といいますか、あっという間にながれこむストーリーはいっそ清々しくて私は好きです。
「SM」と聞いていたので、イタイタしいのが苦手なので大丈夫かしら...と心配していましたが、大丈夫でした!
描写もそこまでハードではないこともありますが、
二人の気持ちや関係性に、安心して読ませてもらえました。
普段、BLは受のお顔やキャラクター性を重視するのですが、
今回は終始、攻に見惚れてしまいました。
欲望を抱えながらも、受が好きだから我慢しちゃうとことか本当最高でした...。
続編も出ているのですね!読んでみたいと思います!!

尺は短いけれど大満足!

▼収録内容
声を聴かせて(9:07)
CAST TALK(5:45)
---------
CD付きコミックスを楽しんだ余韻でカっとなり、人生2回目のBL月刊誌購入となりました。

行為の際、カワイイ声を聴きたい諒太くんと、恥ずかしいから聴かせたくないアオくんのお話です。

付録とあって短い尺ではありますが、
BGMが無い分、吐息一つも漏らさず楽しめる、濃密な一枚となっております。
ゆったりと繰り広げられる二人の会話とエッチは、なんだか覗き見(聴き)しているような、イケナイドキドキ感がありました...!
この短さでこの満足度!!斉藤壮馬さんの揺るぎない演技力とプロフェッショナル、信頼できます。(拝み)

本誌には原作者の先生によるアフレコレポ漫画とキャストインタビューも掲載されているので、併せて楽しめました~^^

大満足の特典CD

こちらの特典目当てでコミックスとのセット購入。
1巻読了後に聴いたこともあってか、諒太くんのお声がちょっとギャップありました。もっと不愛想っぽい感じかと。
本編CDを未聴だからかもしれませんので、これは早々に本編も聴かねばですね...!
お声をお聴きしてから、コミックスを読み直すとまた新たな楽しみ方ができました♪

テーマは【乳首】(きゃっ)
八代拓さんの好きなトーンのお声とリップ音が心地良く、
斉藤壮馬くんの可愛い声がたっぷり楽しめる素晴らしいトラックとなっております。
キャストトークも入っていてお得~!
この手のおまけCDはなかなか手を出さないでいましたが、
ダリア8月号のおまけCDも気になり、先ほどポチしてしまったことを、ここに白状いたします...。