ミュウさんのマイページ

レビューした作品

女性ミュウさん

レビュー数0

ポイント数11

今年度397位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

犬恋シリーズ3巻

犬恋シリーズ3巻目ですが、萌えに安定感があります。
今井×あっくんのカップルだけでなく、今井弟と田中課長のシリーズも一緒に収録されています。
単独でも読めますが、続きものなので、今井とあっくんがどうなってこんな風になったのかって解ってから読み始めた方がより楽しめます!
3巻でも今井の妄想癖が相変わらず炸裂していて、あっくんのコスプレ?はカワイイしで、ニヤニヤしてしまいます♪

犬は恋して妄想する 兄のターン
取材旅行で、温泉旅館を潰さない為に今井の言う事を聞く娘役を、恒例のあっくんで。
いつもの今井で安心した上に、笑えるし、萌えちゃいました。
なんで、あんなにあっくんは、女装が似合うのかがわかりません!
美少女とか美少年とかそういう感じではなく、素朴なあっくんが嫌がりつづ女装しているのが、いいのかもしれない。

犬は夢みて恋をする
旅行先にまで女装のコスプレ服を持ってきて怒らせてしまって、あっくんから連絡が来なくて落ち込む今井。
自分の一人妄想で傷ついて暴走してしまう辺りは、もう自業自得というか病気かも(笑)
そんな妄想の暴走が目立つ今井をあっくんが絶妙にフォローする辺りに愛を感じて、非常に萌えました。
想いが片方だけが大きいのではなく、ちゃんとあっくんも今井を好きなのがわかるのがいいです。

犬はふたりで恋をする(前編)(後編)
高校生の頃から、両思いになった二人の思いの変化が見えて、いいエピソードでした。
今井を好きだから、今井の気持ちに合わせようと努力したり、好きだから自信を持っていられるようにしたいとか、あっくんが可愛かったです。
あっくん自らの妄想でさえ、セーラー服姿で拘束されているのには、末期を感じました♪
コスプレ好きな今井と、いつまでもいいカップルでいて欲しいものです。

犬も聖夜に恋をする
タイトル通りにクリスマスの話です。
今井があまりにも喜ぶので、あっくんならどんな姿をしていても、今井にはコスプレになるのではないかと思ってしまいました。
すぐがいいのは、服なの、あっちなのと悩みましたが、どっちでも美味しいです。
泣いちゃうあっくんがもの凄く可愛かったです!

犬は恋して妄想する 弟のターン
今井弟登場で、今井弟も兄と同じく妄想癖があることを確信出来た話です。
こうなると、遺伝子だと思います。

恋心は猫をも焦がす
ツンデレでダメっ子な今井弟の奮闘姿が可愛らしかったです。
いつも余裕ありげでクールな朝倉が珍しく焦る姿を見られて、ニヤニヤしました。
今井弟は普段ツンツンしているだけに、開けっぴろげな無防備な笑顔はかなり反則でした。

山田くんと田中課長
すっかり職場のアイドル?と化した田中課長!!!
皆で愛でるのがよくわかるくらい、いちいち反応が可愛すぎます!
ホチキスは、流石にない!と思いましたが、そんな頓着しない所が山田くんたる由縁だと思います。
田中課長は行動が面白いとは思っているが、まだ可愛いとか好きとか思っていなさそうな山田くんのクールさが、またたまらないです。

ドラマCD「犬も歩けば恋をする」収録レポ
BLカロリーが高いと言うCDも、レポを読んでいると聞きたくなってきました。

あとがき
あとがきのみ描き下ろしでしたが、いつもお菓子擬人化妄想話も入っています!
海老満月のその後に、新キャラの黒棒さま出現に湧きました♪
確かに、『黒棒』というネーミングはアレだと思いますし、大きそうですよね(笑)

特典ペーパー
「犬は夢見て恋をする・ペーパー」 通常の該当書店配布ペーパー
水玉パジャマ姿のあっくんに、いつも今井の妄想パワー炸裂な発想ですが、萌える発想です。
受けには、そうあって欲しい。そういう姿を、是非にも見たいです。
照れたり恥ずかしがるあっくんだからこそ、見てみたいし、貴重だと思います。

「犬は夢見て恋をする 続 ペーパー」 コミコミスタジオ特典ペーパー
コミコミスタジオの方は、通常の書店配布ペーパの続きの設定です。
視姦するようにあっくんを凝視して、前述の妄想を進化させる今井。
いつもの妄想での勝手にオプションに笑ってしまいましたが、同意したい位、そんなあっくんの姿がカワイイです!
嬉しがってそういうことをやらないと言うあっくんの真面目キャラがあるからこそ、そういう姿を想像するのが萌えるのだと思います。

衝撃の事実

受け攻めそれぞれの間での長い10年で、危険で切ない再会愛です。

DEA麻薬取締官・鷹崎航太 硬派鬼畜攻め×ラテン系バーオーナー兼ピアニスト・成瀬琉加(日系コロンビア人)ツンデレ誘い受け
かつて恋人同士だった二人は別れて、10年後に全く違った立場での再会。
琉加は染井の愛人として、航太は琉加への復讐を誓った男として。

初恋の航太にいつか殺してもらうのを支えに、愛する家族の為にマフィアの愛人として、泥さえかぶりながら必死に生き抜く。
受けの強さと、思いの深さがとにかくよかったです。
家族や立場の問題で、攻めに誤解されていても何も言えない。
その切なさがたまらなくて、なんとも言えませんでした。
受け側で見ているからなのか、もう少し琉加の事を信じて事情をちらつかせてみてもいいのではないかなと、攻めに感じてしまいました。
前半の緊迫感に比べて、誤解が解けてからのあっさり感に少し拍子抜け感がありました。

最後の最後で、染井に全部持っていかれた感があります!
琉加のことを本当は染井なりに思っていたのではないかなとか、色々と思いを巡らさずにはいられなかったです。
二人の平和な後日談も、染井の衝撃の真実の前では、薄く感じてしまいました。
同じく琉加に復讐を誓っていたはずの航太の神父の叔父が、真相を知ったからかもしれないのですが、琉加の事を案じていた場面が不思議でした。
重要じゃなかったので説得シーンは省いたのかもしれませんが、唐突感を少し感じました。
染井がキャラとして強く立ち過ぎて、逆にメインカプがかすんでしまった気がします。
骨太で読み応えがあって、力強さを感じました。

エロ:★4 濃厚、麻薬、拘束Hや強制フェラシーンも有
総合:★4 最期に主役を持っていかれてしまった感があって、残念。

2巻

「惚れたら最期」に続いて、2巻です。
1話完結形式なので、どこから読んでも一応大丈夫です。
二人のラブラブ度が更にアップしています。

麻薬取締官で上司・二階堂忠明(33)ムッツリ硬派攻め×麻薬取締官で部下・堂元新(26)ヤンチャ健気受け
麻薬の講習で新が中学生に講習して、いい兄貴振りを見せつけてくれます。
大人で落ち付いた二階堂でも嫉妬するんだなと、嫉妬シーンですら微笑ましい気分でした。
大人の恋人同士なのでで、お互いが好きなので嫌がらずに楽しくHをする雰囲気が本当によく出ています。
予告通りに、ラブラブなキッチンHもあります。

「惚れたら真剣」で、二階堂父が家にやって来る編が楽しかったです。
二階堂父が二階堂にそっくりで、年取ったオヤジの頑固振りがツボでした。
頭が固そうなのに二人の本当の仲を実はわかっている風なお父さんに、してやられました
シリーズ初期に比べて、どんどん二階堂のムッツリ度が増していく気がします。
2巻続けて読むと、馴染みのキャラが出てくる嬉しさはあるのですが、もう少し仕事面でも歯応えが欲しいなと物足りなさを少し感じてしまいました。

エロ:★3 キッチンH、声を殺してのH
総合:★3 シリーズ物ならではの楽しさがありました。

マトリの上司×部下

麻薬取締官の任務に就く二人の仕事をみながら恋愛もという感じで、二人の馴れ初め編です。
稲荷家房之介さんの絵で、硬派な上司の二階堂の裸ネクタイの絵が最期に拝めます♪
攻めの裸ネクタイだけでなく、受けの裸エプロンまであります!
こう書くと、とんでもコメディだと思ってしまうかもしれないですが、熱く真面目にマトリをしています。

麻薬取締官で上司・二階堂忠明(33)ムッツリ硬派攻め×麻薬取締官で部下・堂元新(26)ヤンチャ健気受け
二階堂に片想い中の新は、二階堂の苦境を察して囮捜査を申し出る。
肉じゃがが好きな二階堂の為に練習していると、料理は上手くいかないし、二階堂にも会えないしで、少しやつれ気味に。
ようやく会えた勢いで思いきって告白すると、二階堂も応えてくれて。

料理が苦手なのに、肉じゃが好きな上司の為に頑張る新の不器用な姿がよかったです。
ハードで重たい感じではないのですが、マトリの仕事を頑張る描写もしっかりあります。
ただ、恋人として結ばれた瞬間、2人で組になって動いているので仕事中にも恋愛を持ちこんで、二階堂を冷たいと思ったりな新の態度には少しがっかりしましたが、すぐに反省するところが、また新のいい所でもありました。
男とするのは初めてという二階堂が、愛する若い恋人の為にはりきってHを頑張る所が攻めながら可愛かったです。
アクシデントからなのでノリノリでやったものではないですが、まさかの攻めの裸ネクタイにはびっくりでした(笑)
シリーズ物になっていて「惚れたら危険」が2巻で、続きになっています。

エロ:★3 男とは初めて同士、受けの裸エプロン、攻めの裸ネクタイ
総合:★4 仕事と恋愛のバランスがよかったです。

謎の美青年

きちんとカップルは出来るし、BLではあるんですが、ちょっと変わった話です。
それなりにお金もキャリアもある3人の前に、美青年の翔が現れたことで変化が起ります。
そこで、翔総受けになると言った話では、全くないです。
メインで視点となるキャラの大城がクールで冷めているのもあって、独特のものとなっています。

形成外科医・大城研士 潔癖症鬼畜クール攻め×謎の美青年・翔(高3)マイペース受け
女たらしで肉体派の外車ディーラー・財前芳明
繊細な美貌と優しい心の持ち主の新人弁護士・白鳥秋深
潔癖で複雑な精神構造の形成外科医・大城研士
大学の頃からつきあいがある3人は職業も性格も違うが、暇があっては飲んだり、集まったりしている。
バーでいつものように話していると、美青年がふらっと近寄ってくる。
3人と知りあいらしいが、3人とも心当たりはない。
それぞれと1週間づつ付きあって、おれが選んだやつがチャンピオンで賭けをしないかと持ちかけられる。
その場のノリと勢いで承諾したが本気にはしていなかったのに、翔が本当に最初の相手の財前を訪ねてきて。

恋でもなく、愛でもない微妙なバランスで保たれていた3人のバランスを崩したのが翔です。
まったりと3人で仲良くしていた裏に、こんな背景があったんだと、新事実が明らかになる度に楽しいです。
翔の目的もよくわからないので、最期まで推理要素を楽しめます。
変わってしまう事を恐れる大人達と、マイペースな子供。
必要な変化であって、変化が結果的にプラスになり、読み終えてよかったなと思える話でした。
仕事も順調でお金もあって社会的に立派なんだけれど、実はこんなトラウマや想いがあったと登場人物に色がつくのを見た瞬間に、目が覚める思いでした。大人のBL童話的な感じで、面白かったです。

エロ:★3 痛めのH、男は初めて同士のH
総合:★4 BLの萌えという感情とは離れた所にある話で、アットホームなイメージです。

コマ全体が濃い

線が太めで絵柄も濃くて、柄がある背景のなかにある台詞コマの中にも柄があって、しつこさを感じます。
画面中が塗りこめられている感じで、全体的に濃過ぎて漫画が見にくかったです。
エロも表題作以外は、どちらかと言うと濃い目です。
もう少し空白や明るさ等を使って、目立たせる場面と分けて欲しいなと思いました。

キッス・モアキッス!
映画研究部員・陽紀 俺様攻め×映画研究部部長・理央 小動物天然受け
告白してつきあっているつもだったのに、つきあっていないと言われて。

強引過ぎて受けの方は混乱の内にOKしてしまった感じですが、2回目もあまり変わりない気がします(笑)

絶対聖域
双子の弟・悠人×リーマンで双子の兄・悠貴
禁断の兄弟愛で、双子同士です。
病弱な弟で精神的にも弱くてずっと悠貴が面倒を見ていたとあるのですが、そういう要素をあまり感じられなかったです。
まだ色々と薄いのに最後は結ばれてのENDで、納得がいく尺が足りなかったです。

チェリーズ・コンプレックス
生徒会副会長・久世芳 軟派系攻め×学校のアイドル・イズミ 強気受け
軟派なアイツが本気で好きだなんて、信用できなくてというお決まりの話でした。
好きなタイプの攻めなんですが、話が普通過ぎて物足りなかったです。

ストレイ・ベイビー
高志浩輔 いい人攻め×ノラ少年・ソラ(仮名)
野良猫を拾っていたら、そこにいた少年に俺も拾ってと言われてなし崩しに同居生活が始まる。
ソラがいる生活が楽しくなっていたある日、帰ってきたら家が荒されていて。

P数省略の為だとは思いますが、とんだ定石外しにびっくりでした。
家が荒らされていれば警察を呼ぶのは当然のことですが、あっさりライバルが逮捕されていなくなったのに笑ってしまいました。
お人よしな位、いい人な浩輔のキャラが良かったです。

嫉妬深く愛して
専務・恭祐 執着俺様攻め×一般社員・拓海 淫乱受け
他の男と浮気したことで、お仕置き物です。
バイブに両方の胸にローターで、拘束されてリングでいけないようにした上でバイブまで。
結構、ハード目ですが、キャラに感情移入出来ないままにそういう事になったので、あまりエロさを感じませんでした。

オオカミなんかこわくない
オオカミ・クロエ×鹿・コハク
ケモ耳で、獲物なのに食べなかったりという恒例の話です。

舞台裏のカーロ
演出家・蓮見誠一郎 鬼畜攻め×役者・柳瀬朗 真面目受け
いままで縁が途切れていたが、高校の演劇部で後輩だった蓮見が演出をすることになる。
初めての主役だったが、容赦なく蓮見から厳しい駄目出しをされて。

鬼畜な態度の裏に見え隠れする厳しい愛が、よかったです。
それだけに鬼畜Hにも説得力が増していたと思います。

キス・モアキッス番外編
腹黒副部長の出てくる番外編です。
一番この人がキャラが立っていた予感がします。

お決まりのパターンでも、この作者独自の新たな萌えを上手く見出す事が出来なかったです。
短編の集まりだからかもしれないのですが、この話を読んだだけで満足!という話が少なかったと思います。ストーリーに、もう少し作り込みが欲しかったです。

しっとりした時代物

明治時代の話で、時代物で再会物です。
歴史や時代の狭間で、引き裂かれてしまった恋人達の話です。
剛しいらさんのシリアス物の話が好きな方にオススメです。

脱藩者・三橋一磨(28)硬派攻め×美貌の海軍少尉・鷺沼錦(24)素直天然受け
長妻藩の藩校「青海塾」に13歳で入学してきた錦は、その美貌から注目の的だった。
よからぬ目的をもった男達に錦が襲われそうになった所を、陰から守っていた三橋に救われる。
憧れの兄のような思慕を抱いていた気持ちが、徐々に恋になって。
二人は愛を交わし合うようになるのだが、ある日、三橋が錦の兄の友衛を斬って脱藩して行方不明に。
仇打ちが禁止された時代になっても、三橋の姿を探していたのだが……。

恋の芽生える感じがなんとも自然でよかったです。
全くそういう知識がない鈍くて幼い錦が成長して、その思いと行為の行き着く先を知ってから錦からの告白から関係がはじまったのが個人的に好みでした。
あらすじだけだと『兄の仇打ち』と言う事で、そこには受けの憎悪や復讐があると思っていたのですが、違いました。
錦の兄は本妻の息子で、妾の息子だからと錦を下僕のようにこきつかう男で、そこに親愛はないです。
錦の気持ちは、なぜ自分を置いて三橋は行ってしまったのかと、切ない思いがあるだけでした。
読者側には、三橋が友衛を切った時の背景や気持ちがわかるだけに、思い合っているにも関わらずすれ違ってしまうのが、切なかったです。
腕は立っても人を殺したのは初めてで、それでも錦の身の無事だけを考える三橋の思いの深さには、心動かされずにはいられませんでした。

10年近くもなにかと錦の幸せを願い陰で尽くす三橋と、同じ時間ずっと三橋を思い続けていた錦。
言葉に出さずとも、深く思い合う二人の姿が美しかったです。
時代物と言っても読んでいて難しい感じはないので、しっとりした話に浸れると思います。

エロ:★3 青姦、普通
総合:★4 攻めの受けに寄せる思いの深さが凄く好きな話です。

オフィス機器擬人化物

業界物好きなので、表題作に期待していたのですが期待外れでした。
さらっとした癖のない絵で、ストーリーもHも印象に残るものがなく全体的に小粒な萌えでした。

ワガママだけどいとしい人
人気若手俳優・城戸裕馬×大学生・智樹
忙しい城戸と智樹はすれ違いが続く日々で、一日休みというので授業をサボったのに撮影があるからとキャンセル。
急に時間が空いたから一日休めよと、城戸に合わせるのが辛くなってきたら、浮気報道を見てしまって。

はっきり言って、別れればいいのにとしか思えない攻めの態度で、大学生の智樹の生活を大事にしていない感じが受け入れられなかったです。
なんで許せるのかわからない事であっさりと仲直りも成功して、またこういう事がある気がして、業界物の良さが全く味わえなかったです。

ヒミツの恋事~こいごと~
矢吹聡太 優等生クセモノ攻め×大和 強気受け
犬猿の仲だけど、実は恋人同士な二人です。

キミのうしろに先回り
恭二 クセモノ攻め×克己 ストーカー受け
朝、偶然にぶつかってしまってから、恭二に一目惚れしてストーカー気味に攻めの行動を見つめる受けですが、実は攻めの方がもっと危険だったという。
話も短いので、キャラも落ちも納得いかない出来でした。

トラブル・風紀委員長
風紀委員長・神条龍之介の存在こそが、風紀を乱す存在だったというBL要素なしのコメディです。

ワンコの王子様 原作:矢咲サナエ
隆 ヘタレワンコ攻め×ハジメ ヤンチャ受け
幼馴染同士の恋愛で原作つきなので、ストーリーが地に足がついていたと思います。
泣き虫で引っ込み思案で地味でメガネだった幼馴染の隆が、急に王子様みたいにかっこよくなって。

どんくさかった幼馴染が急にカッコ良くなってと定番物ですが、やはりこの展開はいつ読んでも萌えます。
実はハジメの為にイメチェンしていて、ゴールデンレトリバーが可愛くて一番好きってハジメが言ったから、金髪にしたっていう攻めがとにかく可愛かったです。

おふぃす・らぶ、おふぃす・らぶ2
OA危機の擬人化物で、夜になると人間の姿になる魔法がかかっている設定です。
写田(プリンター)ヘタレ攻め×窓野(ウインドウズVISTA)ツンデレ受け
箱田に迫られていてようやく告白出来た位のヘタレで、ヘタレっぷりにニヤニヤできます。

切谷(シュレッダー)軟派系攻め×箱田(Mac)天然でプライドが高い受け
USBハブどころか互換性がないのにと、素でつっこむ箱田に負けました。
え?そこはご都合主義でなんとかならないの?と、Hの不便に逆にびっくりでした。

今日の王子様 (わんこ) 原作・矢咲サナエ
ワンコの王子様の続きで、キス以上の事もしないといけないのかともやもやしてしまうハジメです。
天然で素で強い隆が無敵過ぎます。

12時からのシンデレラという4コマで、少しオフィスラブの続きがあります。
表題作は何も残るものがなかったのですが、幼馴染物とオフィス機器の擬人化物は楽しく読めました。

ワンコ攻めが可愛すぎる!

生徒×教師で、強姦から始まる身体からの関係なのですが、非常に新鮮さがあります!
受けの方は経験者なのでリードする感じではあるし、快楽で堕とすタイプの話ではないです。
一途なワンコ攻めが可愛くて可愛くて、たまりません。
ごとうしのぶさんなのでエロは薄めなのですが、いつものごとうしのぶさんに比べれば濃いです。

海野光(高校3年生)一途ヘタレワンコ攻め×教師・志摩邦明 クール健気誘い受け
先生が結婚するという噂を聞いてたまらなくなって、無理矢理に強姦してしまう。
好きだと告白するも、キミはおれのことを好きでもおれは好きじゃないと冷たくあしらわれる。
それでも想いを諦めきれず、先生の家の付近をうろうろしていると、恋人ごっこならつきあってやると言われて。
身体をいくらつないでも、先生の本当の気持ちがわからなくて。

恋人ごっこだって言っているのに、先生の恋人だ!と言う手放しの嬉しがりようで、話を聞けよ、ワンコと思いながら、その光らしさがたまらなく良いです。
先生に冷たくされるとすぐに落ち込むヘタレなんだけど、先生にちょっと振り向いてもらっただけでの現金な復活とか、可愛過ぎるにも程がある年下攻めです。
志摩から突然に呼び出されてたった数分会う為に自転車でやってきて、ちょっとでも会えるだけでも嬉しいとか、別れ際にキスじゃなくて、ただの抱擁で。
そこでキスじゃなくて、抱擁を選んじゃったりするピュアな所が、たまならくカワイイです!
もうちょっと光が根性をだしてくれれば、もっと好きだったかも。
これが年下で、ヘタレ攻めたる由縁かもしれませんが。
最後の先生からの一言で全てが変わるどんでん返しには、してやられました。
自分の全部で恋をする同士の二人は、これからも幸せが予感出来てニヤニヤしてしまいます。
ワンコ攻め好きと美人受けが好きな方には、是非!にもオススメしたいです。
ただ挿れるってだけしかわからなかった攻めが、受けによってテクを磨いていくのもまた別の萌えがありました。
コミック版もあるので、気になった方はそちらもオススメです。

エロ:★4 最初は無理矢理、誘い受け
総合:★4 ワンコ攻めの最後の頑張りがもう少しあったのならば、自分の中では神評価でした。

ヘタレオヤジがカワイイ

あらすじでは新任美人教師と教え子の父という立場の違いでのシリアスラブが演出されていますが、その実態は、生徒愛に燃えるちょっと熱血気味な新任教師と、男やもめの硬派でヘタレオヤジとのほのぼの恋愛でした。

橋場建設社長・橋場大典(34)硬派ヘタレ攻め×教師・清水朝人(23)素直包容受け
新任の清水は小学校苛められている生徒がいる事に気づいてしまう。
上履きを汚されて帰る大介を家まで送っていると、大介の父の大典に出会って若さから侮られた対応を取られる。
何度か会う内に、大典の男らしさに惹かれていく。
大介と一緒に裸のつきあいで風呂に入っていると、突然に激怒されて襲われてしまって。

受けはあまり美人ってイメージはなくて、童顔で若く見える子供っぽい感じで、生徒への愛はある一途な教師。
奥さんを亡くしてから男やもめで、子持ちで硬派で不器用なヘタレオヤジな攻め。
二人の実態がこんな感じなので、あらすじからのギャップがかなりありました。
自分の子供と一緒にお風呂に入っていただけで、変態とか男が好きなのかと誤解して無理矢理があるのですが、びっくりな展開でした。
それも不器用故で、子供に真摯な清水の事が気になっていたのに上手くアプローチが出来なくて、それがたまたま受けの裸を見てしまったので勢いからと考えると、中々にヘタレです。
恋人になってからも大介にばかり構い過ぎでは?と、子供にも嫉妬する始末で、ヘタレカワイイとはこの事かもしれません。
甘える事を知らない人なので包容力が大きい清水といると、大きい子供みたいです。
挿絵があらすじ通りなだけに、文章から挿絵が浮いていたような感じです。

エロ:★3 始めは無理矢理目、普通
総合:★3 あらすじが煽り過ぎで、実際の内容とのギャップを感じてしまいました。