いるいるさんのマイページ

レビューした作品

PREMIUM レビューアー ソムリエ合格

女性いるいるさん

レビュー数21

ポイント数1151

今年度6位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

偶像崇拝と恋

表紙とタイトルの吸引力がありますね!
書影が出た時からずーっと楽しみにしてました。

読んでる最中《偶像崇拝》という言葉が浮かびました。

信仰のような強い憧れが恋に変換され、
眩しさばかりを追って、陰を見落とす。

人を好きになるって単純なようで難しいですね。
恋している期間が長ければ長いほど「この恋しかない」と執着してしまう。
このままじゃダメだとどこかで感じながらも「今」を壊す勇気は無くて…。

《憧れ》と《恋》を拗らせながら変化していくお話で面白かったです。

ちなみに。
萌え的なオススメは個人的にワンコ攻めを推したい////
もぉぉぉぉ良かったんですよ!!!

表紙のクールな黒髪が攻めなんですが、
受けに褒められたいワンコな・ん・で・す!(∩´///`∩)
(表紙だけならそれっぽくないですよね??)
(個人的にギャップ萌えでゴロンゴロンしました////)


さてさて。

受け:葉二は陽キャのパリピ……を演じています。
本来の自分は特に長所がない普通の人間だと思っていて、
恋人の潤一の性格に強い憧れを抱いていました。

葉二から見た潤一は才能の塊で、
人を寄せ付けないところも魅力だと思っているんですね。
自分を確立して、自分を偽らず、前に進み続ける恋人。
葉二には持ってないモノばかりを持っている潤一と恋人でいられることは喜びでした。

……正確には「喜び」と思い込むようにしていました。

潤一から無下にされても、既読無視されても、本当に恋人なのか自信がなくても、
高校時代から憧れ続けた彼を想い続けることが葉二のアイデンティティになっていて。

しかし、ため息ばかりで幸せそうには見えません。
心のどこかで迷いはあるけど、手放す勇気もない。

そんな中で出会ったのが
攻め:朝日。寺の息子で家庭環境が複雑なダウナー系。
喧嘩っ早くて背中にガチの刺青いれているようなお人です。

けれど葉二の持つ優しさ・寄り添う心に出会って、変わっていくんですね。

葉二「いい子にしてたら、またなでなでしてあげる」
って言われたらいい子でいようとするんですよー!

葉二に頭撫でられたり、背中ポンポンされてですねー。
されるがままになっているのが可愛くて萌え禿げた////
敵認定した相手には容赦無く牙むけるくせに、葉二の前だと犬みたいで堪らんです。

で。あらすじにもあるように一夜を共にするんですが…。
葉二が朝日をリードして、ヨシヨシ、いいこいいこ、ってしながらセックスするのがッ!
もうねッ!激萌えたよね!こういう年上受け大好き…!!

葉二の男相手セックスの手慣れっぷりに
ショックを受けてる朝日にもキュンキュンしました(∩´///`∩)

でもその時の葉二は朝日を潤一と混同させてて、
一夜が終わった後、葉二は朝日への申し訳なさで激凹み。
葉二の長所で短所は感受性が豊かすぎて、相手の気持ちを考えすぎるところ。
良くも悪くも真っ直ぐで素直で広く寄り添う心は、その分傷つきやすいんですね。

朝日はそんな葉二を「優しい人」と言います。
けれど潤一は真逆な言葉で葉二に衝撃を与えました。

このお話で面白いなと思ったのは、
見ているモノが同じなのに感じ方・捉え方が違うところ。
長所と短所は表裏一体で歯車が合えば上手く回り、合わなきゃ回らない。

誰しもよくある話といえばそうなんですが、
第三者視点で客観的に見てるとなんともどかしいこと!
これに恋愛が絡むと重苦しい空気になることもあって;;

葉二が見ていた「潤一像」と、
潤一自身が感じている劣等感のギャップは驚きました。

葉二が見ていたのは「信仰」
潤一が求めたのは「自尊心」
2人の間に恋は存在しなかったのが重かったです。

そうやって紐解いていくと、
朝日への気持ちは「恋」だという対比が見えてきます。
朝日に対してだと葉二の行動が全く違うのが良き良き。

潤一は個人的に割とクソだと思ったので
対比する朝日のいじらしさにキュンキュンしました…!
葉二のことが好きでしょーがないってのが見えてめっちゃ萌えるんですよー(∩´///`∩)
(とにかく朝日が萌えツボの宝庫だった…♡)
(ので朝日に関しては甘々評価ですwワンコ攻めは正義)

評価は朝日のキャラクターに寄る部分が多いですが、トータル的に満足♪
潤一視点のお話だったら印象がガラリと変わりそうなところも面白かったです!
(ちょっと興味あるので読んでみたい…)

人生を歩むための靴

良い意味で淡々と進む、綺麗なお話でした。

個人的にBLBLして勢いがある作品を好む傾向があり
雰囲気を味わう作品は抑え目評価になってしまうけれど、

《羽を落とされた元天使と靴職人が出会う》

↑↑これこれ!これがですね、
人生を歩むストーリーと掛け合わせたロマンがあります。
羽の代わりに靴を、、映画のようで素敵です(﹡´◡`﹡ )

静かに育まれる愛が見られました。


さてさて。
真冬なのに裸足で公園のベンチに座る青年を靴職人が見つけるところから始まります。

不審に思い声をかけると「靴」を知らない。
名前は覚えてるが言えない、言いたくない。
帰る場所も家もない。
その上、自分は「天使だった」と言う始末。

靴職人・ターナーが困惑しながらも放置出来ず、
寝床を提供することにしました。

元天使にベンジャミンという名を与え、同居生活が始まりーーーと展開します。


行くアテも目的もないベンジャミン(通称:ベニー)。
人界は知らぬことばかりで、当面の目的は「旅をすること」となるんですね。

人として生きるための旅。知るための旅。
ターナーはその為に必要な靴を作ると申し出て
靴が出来上がるまで、旅に出る準備の間、という期間限定の同居なんです。

もちろんターナーは最初「天使」を信じていません。
けれど無垢で無知なベニーを見ていると信憑性が増すw
特に距離の近さや布団に潜り込むクセはターナーを困らせました。

それでも穏やかな同居生活は平和に過ぎていくんですが、
靴が出来上がる=別れ なので切なさが増すんですね。
そんでターナーにはベニーに言えない隠し事があって寂寥感が流れる…(;ω;)ウウウ

「靴」は人間として生きる象徴。
ターナーのこれまでの人生・ベニーのこれからの人生。
それらが靴に絡めて展開していくのがグッときます…!

禁忌に触れたベニーは飛ぶための羽を失い、
歩く為の靴をターナーが作るっていうのが素敵で!!
ベニーの欠けた部分をターナーが補うっていうね…///
上手く言葉に出来ないんですが、この関係性がめっちゃ良かったです。

で。
元天使だったベニーは感情が鈍い面もあったんですが、
ターナーと暮らす中で人間らしい感情を知っていくんですね。
嫉妬とか赤面とか!!こういうのキュンキュンします!!!

旅に出るところまで描かれていたのも良かったです。
ベニーは存在意義が不透明なところがあったけれど、
次第に人間として生きる生命力が芽生えていくのを感じる…!

個人的な嗜好だともうちょいラブ感が欲しいな~というのは否めないんですが
ロマンティックなお話でしっとりした気分に浸れました。

チューチューいっぱい♡ラブみもいっぱい♡♡

3巻になっても勢いは留まるところを知らず、
面白かったし、めっっっっちゃくちゃ甘かった…!!!
終始ニヤニヤニヤニヤニヤニヤしながら読みましたw

日和の言動はツッコミどころがありすぎてッ!( ´艸`)♪
めっちゃ好きなくせに好きじゃないフリ(が出来てるつもりだけど出来てないw)が最高ッ♡♡

3巻はあれですね。(*・∀・)ノ '`ィ
「食べてもおいしくありません」改め
「とってもおいしいので召し上がって下さい」状態w
表紙を見ても1~2巻に比べたら形勢逆転してますもんね~!

チューチューいっぱい♡♡ラブみもいっぱい♡♡
3巻も最高に面白かったーーーーーーーッ(∩´///`∩)


さてさて。
2巻の我慢大会とは打って変わり、
3巻は「食べて!食べて!!」の大合唱の回ですw

日和自身もわけがわからぬまま「食べられたい」という本能だけが暴走状態。

穂高を好きになったせいかな…?と考えが至るけれど、
我を失いすぎるほど「食われたい」が異常なんですね。
穂高は日和の様子がおかしいことに気付きつつも求められたら嬉しいので便乗しますw

「食いたい」と「食われたい」が一致したのでここぞとばかりに盛り上がりたいけれど
タイミングが悪く、穂高の家は1ヶ月ほど従兄が居候にきてて落ち着いて出来ない。
仕方なしに学校でチューチューして落ち着こうとするけど我慢は出来なくなるばかり。

そんな中、日和がオニに食われているのでは?と心配した兄が探りを入れてきてーーと展開します。


はい!3巻になってやっときました!!ヾ(*´∀`*)ノ
↓ ↓ ↓ ↓

日和:「すっ…、好きなのかなぁ?(自問自答)」

穂高に「好き」を要求するくせに
自分の気持ちは無自覚だった日和がようやく自覚した模様。
無自覚からの自覚の流れは最高に萌えますね…!!!
穂高を意識しまくってソワソワしているのが可愛いかったーッ(∩´///`∩)

んで、自覚したあとは告白をもったいぶるw
すぐに好きとか言ったらチョロい気がするから黙ることにしたらしい。

個人的には告白うんぬんよりも、
日和が自分を「ちょろくない人間」と思っているのがww
最初からずっとチョロいよ!あなた立派なチョロインよ!とツッコミが止まらないww

もうね、アホ可愛すぎて萌えて悶えるんですよ~(∩´///`∩)
(その後しっかりチョロインフラグ回収ww)
(それでこそ日和…!最高なアホッコ受けだよ…///)

そんなこんなで日和は、とある原因のせいで
「好き」と「食われたい」がごっちゃになってテンションハイになっているんですね。

「好き」と「食べて」をいっぱい言ってくれる日和。
穂高としては嬉しい言葉をいっぱい聞ける状態です。
だけど通常時の日和の言葉じゃないのも理解しているので
嬉しいけど複雑、でも嬉しい、を繰り返す穂高にキュンキュンした…!!!

両想いだけど付き合ってなくて、
捕食者と被食者だけど両想いで、
恋愛感情+オニとヒトの本能がごっちゃになってて、
そんでエッチした後もいっぱいイチャイチャしてて、
ーーーっていうのが同時に押し寄せてきて萌えが追いつきません(///Д///)ハァハァ

穂高vs日和兄の対決も3巻の見所です♪面白かった!

穂高の方が1枚上手かな…?
超ブラコンで過保護なお兄ちゃんなんですが、
自分ではシッカリ者と思っていそうだけど属性は日和と同じ匂いがプンプンします。
(そしてどことなく香るスピンオフの気配…)

そして薬師も活躍してて良きの良き♪
薬師が絡むと穂高が嫉妬でオニ圧が強くなるとこ好き。
巨ツノと巨ツノとオニ圧で牽制合戦してるとこも好き。

と、全ページで笑い、ツッコミ、ニヤニヤし、キュンキュンしながら読んだわけですが、
個人的には本編のラストのチューに全部持って行かれました(∩´///`∩)(激萌)
穂高がすごく嬉しそうでグッとくるんですよ////
身長差を埋める階段で目線が合うのも良きです…!

描き下ろしのヒグマネタは笑いましたw
クマと穂高の親和性w

3巻も勢いがあってイチャイチャが詰まっててすごく良かったです♡♡♡


(以下余談)※後日消します
アニメイト有償小冊子は漫画部分4Pで…、
えっと、有償小冊子にしては少なすぎる…ので…、
一応書き添えておきますね。。。(淋)

困惑の舞 ₍₍ ◝( ‾▿‾ )◟ ⁾⁾

今月号から恋インの全プレ小冊子企画スタート。

『華麗なる来栖家の系譜』と題して、
・第1弾:128期 郷土×藤野 (7月号で応募)
・第2弾:118期 聖前×桃月 (9月号で応募)
・第3弾: 98期 来栖×卒舘 (11月号で応募)
という、エイトラインシリーズの小冊子です♪

今月号は第1弾《応募〆切:2021.8.9 消印有効》
郷土×藤野の試し読み(というかサンプル?)は、
恋イン公式Twitterでアップされていたのでそちらを是非♪

うぉぉぉ98期楽しみ過ぎる!!ヾ(*´∀`*)ノ
今号の本編は坂遊×唐式の過去匂わせバンバンでめちゃくちゃ気になるんですよね。
あと鶏藍編でバンバン登場した佳清さん。佳清さんのバディ事情も見たい~~~!!!

応募台紙にはリクエストCPを書く欄があるんですけど、
【1組だけ】が強調されているので悩ましいところ。
(読みたいCPだと…?そんなもん全部だよッッ!(;ω;))

他、表紙イラストのQUOカードの全サもあります。
(1100円振り込み+応募券送付/2021.8.9 消印有効)



◆恋するインテリジェンス(丹下道)

春日×木菜編の4話目に突入しました。
起承転結の転に差し掛かったところですね。

私は木菜への態度に《春日絶対ゆるさねぇ勢》なんですが、
なんか……ね、今回のでグラついてる……困った………。
許したくない私 VS 絆された私 で脳内戦争起こしてる…。

うううう。スッキリしねぇ~~~~~~!!!(;ω;)
と、いうのが4話のザックリした感想です。


さてさて。
春日が薬を盛られそうな場面を木菜が阻止し、
そのキッカケで2人は初めてまともに会話を交わしました。

春日は自分の過去を話し、
木菜は予備校時代の話をする。

木菜との会話は春日の心を少し開かせるんですね。
過去回想で「奏生くんは一度心を開いたら懐いてくれる」という伏線があり、
少しずつ変化する春日はそういうことなんだろうなぁと。

「本質は純粋」っていうのが見えてくるんですよねぇ…。

木菜が春日を守るシーンがかっこよかったんですよ!
毅然と相手をのして、春日の落ち度も指摘してね~。
その時に春日にとって木菜は「信じても大丈夫な人間」を認識したんでしょうね。
素直に自分の身上話を始める所に根の純粋さを感じました。

あとですね。木菜も木菜で親の呪縛があるんですが、
その話を聞いた春日がバッサリと斬るところとかね。
ああ、また木菜が惚れちゃうじゃん!ってことをサラッとやってのけたりね。

前号までどんな理由があっても絶対ゆるさねぇ私がいたのに
今号は心乱されて困惑しかないんですよ……(;ω;)
攻めザマァこいこいしてたはずなのに絆されそうで困った。

まだ明確な手のひら返しは来ていないので、
現在の形になるキッカケはやっぱりラブホ任務ですかね!?
次号で任務が見られるといいなーー!!ヾ(*´∀`*)ノ

◆FANGS(34P/ビリー・バリバリー)

引き続きギクシャクしたままのイチイとエン。
今話は吸血鬼専門の鏡屋のおねーさん2人登場。超美。
(1人は1話目に出てきたおねーさんです)

このおねーさん方、孤児を育ててきて、
息子さん(イケおじ)が個人的に超ツボ!!!!

褐色肌にドレッドヘアにサングラスで筋肉バリーンなおじいちゃん?なんだけど、
吸血鬼からすれば子供には変わりないのでバブっぽいところが萌えた~~!!
(ヒッピーなイケオジがボクッ子でママ呼びがクソかわなのよ…////)

今号も相変わらずエンはバブしててこちらもすっごい可愛かったです(∩´///`∩)

ストーリーは吸血鬼の教えがまたひとつ増えました。
《決して血を汚してはならない》
《毒を盛られ血が汚された吸血鬼は腐って死ぬ》

エン自身の身をもって教えるおねーさんの厳しさと優しさが鳩尾にズンときますね…。
きっとおねーさんはその姿を目の当たりにしてきたんだろうなぁという重さを感じる。
おねーさんの言葉をフォローするイケオジがまた優しくてですねー(;ω;)ウウウ

エンが吸血鬼になるキッカケ、
1話目の事件も単純な話では済まない展開になってきました。
イチイの過去、毒の話、事件、布石が揃ってきてる感じがします。

不穏な空気が続くのでドキドキ(;ω;)なんですが!
次号はラブ回ってビリバリさんの予告コメントがッ!!
マジですか!?イエ━━٩(*´ᗜ`)ㅅ(ˊᗜˋ*)و━━イ
もうずっと情緒不安定バブちゃん状態が続くエンを癒やしてやっておくれ…////


(以下ザックリ感想のみ)

◆男しかいない国のアリス(香坂透)

朝起きたら
親友が恋人になってて犯されるし、
姉が兄になってるし、
TVも雑誌も男しかいない世界www

面白かった!今後の展開が楽しみですヾ(*´∀`*)ノ

◆神さまは陽だまりに眠る(篠崎マイ)

1話ごとの感想が難しいんですが、
神様が人間の子の性長を気遣って女をあてがうのにビックリした!!
人間の子が泣いて嫌がるのが切なキュンなんですよ~。
(相手役に指名された化け狐さんがイイヒトで良かった!)

"恋感情の有無"が人間とあやかしの違いなんですよね…。
異種恋愛がどう展開するのか楽しみです!

年下ワンコ攻めに萌え転がり、受けのジョブチェンジに悶えた〜!

(評価は限りなく神寄りです)

まぁぁ〜〜〜かわいい!
やぁぁ〜〜〜かわいい!!
あぁぁああぁかわいい!!!

何度でも言いますよ。かわいい。
年下ワンコ攻めのかわいさ全開過ぎる(∩´///`∩)

年下ワンコ攻めが好きなら2巻試し読み確認を……!
萌え心に「キュンです!」刺さったら購入GO₍₍ (ง ・ㅂ・)ว ⁾⁾
(個人的に反省中の下りがめっちゃ好き。わっくんGJ)

私は雑誌で追っていたんですが、
描き下ろしで副成のイメージがいい意味で変わりました。

というのも、本編では受け身過ぎる点が気になってて…。
(鈍感なところが副成の可愛さでもあるのはわかってる)
(わっくんに教えてもらわなきゃ気付けないのがこの作品の見所であり、面白さなのもわかってる。)
(けど!年上受けらしさも見たいじゃん!?!?(T ^ T))

それがですね!後日談では、
「鈍感なかわいいおじさん」かーらーのー
「めっちゃエロい包容力年上受け」完全開花…!
これには驚き&興奮が止まらなかったーーー!
人に愛されて輝くとはこういうことなのね+゚。*(*´∀`*)*。゚+


前置きが長くなりました。本編の感想です。

個人的に年下ワンコ攻め大好物なので、
柴崎のいじらしさにはキュンキュンが止まりませんでした。

好き好きオーラ全開なところだったり、
バレンタインのチョコを期待して尻尾振ってたり、
「待て」が抑えられず暴走しちゃったりね!!(大好物♡)

副成の言葉を誤解して受け取り、
「オレが年下だから?」
「どうしたらそういう対象としてみてもらえるんですか」
と静かに涙を零すシーンではめっちゃキュンキュンしました。
(年下のもどかしさが感じられるのって萌えますよね…!(∩´///`∩))

ずっと受け身だった副成もこれにはショックを隠せず、
わっくんの助言もあって自ら動き出すのも良きの良き!!
やっと男を見せた!副成さん!!!
(遅いよ〜〜もぉ!待ちくたびれたぜw)

子供の頃からずーーーーっと副成だけを見てきた柴崎。
そんな想いは全く知らず、気付かず、鈍感だった副成。

恋のスピードが違いすぎて噛み合わなかった2人でしたが、
わっくんという謎の存在に背中を押されながら
少しずつ少しずつ気持ちが重なっていくのにキュンキュンする作品でしたヾ(*´∀`*)ノ

そんで、わっくんのズバッとしたツッコミが楽しかった!
時には読者の代弁をしてくれてたりね〜。さすがBLの精。
(わっくんとお友達になりたいので私のとこにも来ておくれ)

描き下ろしは柴崎視点の後日談です。
副成がジムに通い出した理由が気になるお話。
上にも書いたように副成のエロさがさらに開花して最高です!

あと中田さん(※コミパ参照)が登場してて笑いましたww
雷蔵先生にも疑惑の目を向けられてたのに、柴崎にまでww

ちなみに、この描き下ろしだけで28Pもあります…!
+カバー下漫画やアイキャッチに小ネタなど盛り沢山でした♡

ケモナー的にも大満足(﹡´◡`﹡ )

気持ちが良い作品でしたヾ(*´∀`*)ノ

というのも、このお話は都から都へ渡り歩きながら何でも売買をする商人のキャラバン隊を舞台に展開するんですが、登場人物が皆、前向きに生きている…!

辛い過去を背負っていてもネガティブになってウジウジしているキャラはいません。楽しそうだな、キャラバン隊の一員は毎日大変な中でも充実しているだろうな、と思わせてくれます。

キャラバン隊の気持ちの良さはなんか既視感を感じるなぁ~と思ったらアレだ。某海賊団!(やっていることは商いだし、大陸だし、海賊とは全然違うんだけど、気風の良さと底抜けに明るいところが似てると思うヾ(*´∀`*)ノ)

辛いシーンがゼロとは言えませんが全体的に安心して読めるかと思います♪


さてさて。
レビューが沢山上がっているのであらすじは割愛してストーリーの感想をば。


受け:リュエル
「奴隷の少年=性的愛玩されてる・健気受け」のイメージがあって、私の中の固定観念を壊してくれる受けだったのがとても良かったです。どれだけ酷い目に遭おうが絶対に愛玩されることには屈しないし、絶対に生き延びてやる…!という気概があってカッコよかった!!

それでいて奴隷商に捕われていたのもあって世間を知らずで、年相応の子供のような反応を見せるとギャップがとっても可愛いんですよ~!

攻め:エイセイ
寡黙でクールな年上受け。ということは受けに優しくて、穏やかで………はい!これも違いました!www いや、全て違うってわけじゃないけれど、少なくとも大人っぽさはドンドン消えるwww

8歳年下のリュエル相手に同じレベルの言い合いをしながらしょっちゅう喧嘩しててですねー。もう少し言葉を変えたらリュエルも納得するだろうに意外と意地っ張りの頑固。そしてとにかく言葉が足りない。イメージと全く違いましたが面白かったです。

でもリュエルを気遣ったり、声を掛けたり、遠回しな優しさは見えるんですね。奴隷として扱われてきたリュエルがエイセイの気遣いで心がホッとしている様を見るとキュンキュンしました(∩´///`∩)

リュエルとエイセイ、それぞれに生きる目的があって、捜し物をしています。ひっそりと心に秘めた誓いを胸に生きる。現実を知る。受け容れる。その一連の流れが良い意味でアッサリと過ぎていく。気付いたらクライマックスを迎えていて穏やかな山場だったなぁと思いました。(繰り返しますが良い意味で、ですよ!)

萌えたのはケンカップル要素ですね!
しょっちゅう喧嘩になる割にいつも一緒だし、両想いになった翌朝ですら喧嘩になってるし、精神年齢が近いのか犬も食わない言い争いにニヨニヨしました。どちらの言い分もわかるから笑ってみてられます。そこに身長体格差が加わるので、奈良さんの挿絵が出てくるたびに「最高!」と思いました(∩´///`∩)

また普段は色気のないリュエルがエッチなスイッチはいるとめちゃくちゃエロくなるのもめっちゃ萌えます…!ケモナーなので、尻尾の動きなどが詳しく描写されるのがすごく良かった。尻尾大事。ケモナー的に大満足(∩´///`∩)

あとリュエルが落ち込むと耳がぺたんってなることもキュンキュンしました!耳大事。

脇で重要人物はガガリですね。
こういう人がトップに立ってたらたいていの人は安心して働けると思う。カカカッと豪快に笑い、商いの勘が良くて、自分だけ美味い汁を吸い尽くそうとしない。バランスが取れた人物で読んでいて気持ち良かったです。

ラストに奈良さんのキャララフが収録されていたのも嬉しい…!挿絵では見えない部分まであって、食い入るように見ました。(奈良さんのキャララフは担当してる全作品につけるべきだと思うの…)

こう繋がったか~!!(;ω;)

下巻は萌えとは違う意味でも圧倒されました。
上巻でまだまだ子供の頃と変わらないリオに微笑ましさを感じていたけれど、
感情が覆るというか…。

幼いリオが大人達の恋愛をどう見て、どう感じていたか。
その中で自分の立ち位置だけが宙ぶらりんで生きてきて。

なんかもう、やるせない気持ちになりますね。
『クロネコ彼氏のあふれ方』がこう繋がるとは…;;
下巻は過去も踏まえて涙・涙でした(;////;)


さてさて。

朝比奈の告白を「ふぅん」で返したリオ。
当然朝比奈はフラれたと思っていて、
今までのようななし崩しの関係は断固拒否!します。

一方のリオはなぜ朝比奈に避けられるのか理解出来ず、
電話攻撃を止めず、職場に押しかけて、
逃げる朝比奈を無理矢理捕まえて家に持ち帰りーーーと展開します。


物語が進むにつれ、反抗的なリオの殻がボロボロ剥がれてくんですね。
ユージンに向かって強く言い返すシーンは泣いているようにも見えて抉られる…(;ω;)ウウ

「誰も」
「僕をいちばんにはしてくれない」

個人的にはこの一言が雷が直撃したような衝撃でした。

ダディはもちろん、
真悟も賀神よりリオ優先にしてて愛されてたじゃん!
なんで?なんでそんな悲しいこと言うのさ!?
(ダディじゃないけど親目線で泣きそうになったわ…;;)

けど大人達の恋愛の狭間で思い知っちゃったんでしょうね。
「愛」の「好き」はたくさん。(友愛・親愛・親子愛など)
「恋」の「好き」はたった1つ。
決して向けられない感情がリオの中に少しの淋しさを生んでしまった。

そんで「あふれ方」で賀神がとった行動は、
賀神と真悟が幸せになった後で、リオのトラウマとなり。
回想シーンは幼いリオがあまりに切なくて泣けました;;

(ほんとマジで賀神の業が深すぎません!?!?)
(いや、あふれ方読んでる時は切なキュンだったけど!)
(泣かないでリオー!と言いながらもらい泣き止まらん)

どうにもリオ視点で物事をみてしまうんですが朝比奈視点でも切なかったです。
真悟の存在を知っているから、自分が身代わりだって思い込んでいるんですね。

だからリオから「いちばんにして」って言われても、
「付き合ってるから」と親の前で宣言してくれても、
朝比奈の辛さは増すばかりで健気受けスキーの萌えにクリティカルヒット(;///;)

ああああ、すごい良かったです!!。゚(゚´Д`゚)゚。
このお話で幼い頃の気持ちがようやく掬われて、
成長が止まってたリオの心もこれから成長していくといいなと思いました。

あの執着心は賀神圭市ソックリだけど、
心は純真で愛されて育った子だからスパダリになる可能性もきっとあるぞ。(願望)
素直になったリオは年下攻めの可愛さを全開で出してくるからめっちゃ萌えるし!

描き下ろしはクロネコぬい登場!
包容力年上受けと思わせた朝比奈のしたたかさ?が垣間見えて笑いましたw
(描き下ろし8P/カバー下なし)

〆の言葉は、面白かった!!!に尽きます。
最高のスピンオフでしたヾ(*´∀`*)ノ

賀神リオ、2度目の恋

クロネコシリーズファン待望のスピンオフ
コミックスになるまで首を長~くして待ってました!

クロネコ彼氏のあふれ方3巻に収録されている『クロネコと彼氏と王子』
私はあの日のリオの背中を忘れられずにいました。
このお話は当時の気持ちも踏まえたストーリー展開ですっごく良かったです…!!!

ちなみにダディや高見沢・賀神と真悟も登場します。
が!!1番登場率が高いのははすみんw愛されてるぅw
(賀神や真悟たちはほぼ年取ってないけど猫だからかな?)
(別の意味でもうらやましいぞ…)


さてさて、上巻。

大学生になったリオは絶賛反抗期といったところ。
家に帰らずはすみん家に入り浸り、真悟の連絡は無視。
その実、真悟への失恋の痛手を拗らせていて…。

そんな中、雑誌モデルの仕事で出会った編集者・朝比奈は黒髪で緑の目をしたイエネコ。
顔は似てないけれど特徴は真悟と同じなんですね。

朝比奈に興味が沸いたリオは仕事を受ける条件に…と身体を要求してーーーと展開します。


冒頭のリオはすっかり捻くれちゃってて、
育ちの良さオーラ全開の可愛さはどこへ…ッ(血涙)

朝比奈を襲う所なんて、賀神圭市の既視感しかない。
『クロネコ彼氏のアソビ方』思い出すわぁ…(遠い目)
王子様ルートじゃなく圭市ルート入っちゃったよ…。

とね。最初はそんな感じのスタートで。
見た目だけじゃ無く中身まで賀神圭市に似てて、
可愛かったリオがやさぐれちゃった…!と違う意味で泣いた。
(完全に近所のおばちゃん視点)

でもですねー。
はすみんに遠慮無く甘え倒してるとことか、
真悟の顔を見た瞬間に一気に子供になるとことか、
生意気の皮の下には今も幼いままのリオがいるんですよねぇ…。

身体は大きくなって性的経験も済み。
笑顔でやりすごす処世術も身につけた。
料理下手なダディに変わり、料理も上手くなった。
大人になっている部分はちゃんと成長しているんです。

でも心は「あの日」のまま成長出来なかった(;ω;)

リオの成長の鍵を握るのは朝比奈…!ですね。
初回ベッドインは賀神圭市を彷彿とさせる顔だったけれど、
「素のリオ」で朝比奈と接していく変化がグッときました(∩´///`∩)

あと上巻で最高に悶えたのを叫びたい。
(」°ロ°)」{ダディと言いかけて親父に言い直すの可愛すぎだろぉぉぉーーーーー!!

あとの感想は下巻にて。

ちなみに描き下ろし6Pは1話の前日譚。
カバー下はなかったです(ちょっと淋しい)

はぁぁぁぁぁぁ(///Д///)

もうね。圧倒的多幸感万歳!!!って感じです。
ラブラブすぎてゴロンゴロンが止まらなかった…////

静真くんは人当たり良いしいつもニコニコだけど、
湊の前だけ顔違うのズルくない…?(激萌)
よそゆき笑顔と、大好きな人に見せる笑顔とね。
湊を愛しすぎてる感が本ッッ~当に堪らなかった!!!

あと湊ね。ツンデレデレデレかわいい~!!!
とにかく可愛い。そんで健気。可愛い。健気。(無限ループ)
いや~~~~……、かわいかった(これ以外の語彙消滅)

私の中でスタンディングオベーションが止まらないです…!(゚∀゚ノノ゙パチパチパチパチ


さてさて。
お話は同棲に向けて動き出します。

"静真の言動は相手にとって重すぎる"と巽に釘を刺され、
湊に負担をかけないよう重い言葉を不自然に避けます。
途中まで言いかけては言葉を濁す静真に湊は不信感を持ちーーー。

一方で静真の職場は相変わらず。
1歩進んで2歩下がるような状態を繰り返しています。
そんなある日、湊との待ち合わせ時間に急患がきてーーー。

って書くと、もしかしてすれ違っちゃうの…?(;ω;)って感じですが、違います…!

やっぱりね。湊は不安いっぱいになるにはなる。けど。
1つ1つの障害を会話とエッチで乗り越えていくのがキュンキュン待ったなし(///Д///)

まず、同棲(予約)に向けて動き出す静真くん。
物件選びや同棲後を見据えた行動などとても楽しそう!
湊の心を擽るポイントを把握してて意外と策士なところもニヤニヤしました♡

"重い"に関しても誠実さの裏返しですからねー。
湊にはこのぐらいの重さがちょうどいいをシミジミ実感。
巽の助言は2人にはいらん世話だったけど、良いキッカケになったようでなにより…!

待ち合わせすっぽかされた湊の姿は辛かった…。
母親のトラウマがチラついて表情を歪ませるのが痛い;;
連絡の無い相手を何時間も待ち続けてて泣いちゃうよ;;

もちろん静真くんは平気でそんなことしたわけじゃない。
けど医者になるってそういうことなんですよね…。
一瞬だけ湊の顔が過ぎるけど、直ぐさま医者の顔になって改めて覚悟を感じました。

いや~~~これはシンドイ。
シンドイけれど!急患が終わって病院出た後が!!!

湊の健気さと可愛さと切なさに泣けちゃうわ(;///;)
何この子。静真くんの好きがカンストするのも当然だわ…。
こんなん更に好きになっちゃうでしょ…。切な可愛い……。

湊が無理してるのに気付いた静真くんにもキュンときた。
ほんの少しの違和感も見逃さないのよ。
そんで天然の笑顔で一気に湊の心を晴らすのが胸熱!!!

良かった…めっちゃ良かったで…(;///;)ウウッ

静真くんが働く病院の院長の本性?が見えてきましたね。
なかなかの曲者ですが、さすが人誑しの静真くん。
苦戦しつつも院長の懐に入れそうな雰囲気が…。
だけどそれが吉とでるか、凶とでるか…。怖い。

エッチなシーンは相変わらず激しめで萌えました////
特に描き下ろし!!!
仕事モードに入った湊がその気になるよう煽る静真くんの手がエロいんですよー♡

そして始まったのが、
+゚。*エッチを終わらせたい湊 VS やめたくない静真*。゚+

湊よりもガツガツしてる静真くんの雄みが最高でした♡♡

上にも書いたけど興奮が止まらないのでもう一度。
スタンディングオベーションが止まりません…!(゚∀゚ノノ゙パチパチパチパチ

なんとなく作家買いで追っていたけど…

一言でまとめると「安定のやつ」ですね。

1~2巻の雰囲気が大好きでこれをずっと見ていたい!と思う方は楽しめると思います。
アクのなさ(良くも悪くもYAOI状態)に物足りなさを感じてた方は…3巻も同じく、です。

個人的に3巻は購入をすごく悩みました。
(悪くないけど物足りないがずっと続いているので…;)
(何度も読みまくる!というより、忘れた頃ふと読み返して楽しんでいる感じかな)

んで結局買ったわけですが…。
読んだら「好き!」ってなるんですよねぇ(∩´///`;)

うん。ときたほのじさんの絵と作るキャラが好きだ。
それだけで追っていける気がしてきたぞ…!
(そんでストーリーはやっぱり物足りn…ゴニョゴニョ)
(↑これ1巻の時から何度も書いてて申し訳ないが本音)


さてさて。今回のお話はおおきく分けて
◆温泉旅行
◆翔吾のお酒デビュー
◆瑛が翔吾を手放そうとするお話
以下、それぞれの感想を。

◆翔吾の20歳の誕生祝いも兼ねて温泉へラブラブ旅行。

瑛の浴衣がけしからんほどエロいです(///Д///)
とにもかくにもけしからんほど!!!エ・ロ・い!!!
永遠に瑛の浴衣姿について語りたいほど堪らん…!!!

そんでエロシーンのですね、
瑛が浴衣はだけさせて攻めフェ○されながら耐える顔ッ!
個人的にこの瑛を見られただけでも買ってよかったと思いました♡(恥)(照)

温泉話の後日談の描き下ろしを読んで、
「たいていの人間には勝てる」と言ってる瑛が翔吾にはメロメロで弱いのが最高だな!と。
この一言がいっっちばん萌えた。瑛かわいい。好き。

◆晴れて20歳を越えたのでお酒デビュー☆彡

酔っ払う翔吾はワンコ感が増して可愛いですね。
んで甘えてくる翔吾の我が儘を全部ゆるしちゃう瑛!
ほんとチョロかわいい年上受けで私の心も満たされる///

ただただイチャイチャを見せつけられてますな( ´艸`)ヌフ

◆瑛が翔吾を手放そうとするお話

サッカーを避けていた翔吾に代理コーチの話が来ます。
瑛との生活で少しずつ心の穴が埋まっていた翔吾は快諾。

子供達と楽しそうにサッカーしている翔吾を見た瑛はこのままでいいのか不安になってーー。

瑛は自分の淋しさを我慢する傾向にあって切ないです。
んで不安を打ち消すようにエッチで積極的になるのが…。
萌えるような、悲しいような、私の心が迷子(。_。)グスン

翔吾はまだ20歳になったばかりで年下感が強いけど
こういうときに発揮される攻め力がカッコイイな!と。
しょんぼりしてる瑛をぎゅーってするのがキュンときました(∩´///`∩)

他、ショートストーリーで伊吹&薫も少しだけ登場。
ネコ側とバレた瑛が無言の照れ怒りしてるのがすっごくかわいかったです♡

評価は萌え×2寄りの萌え評価で…。
キャラ萌えは楽しめて、個人的には特に瑛の可愛さを堪能できました!
好きは好きなんですけどちょっと辛口で混じりの感想ですみません。