ちゅんちゅんさんのマイページ

レビューした作品

アドバンスドレビューアー

女性ちゅんちゅんさん

レビュー数41

ポイント数282

今年度99位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

前半と後半のギャップが激しすぎる


融通の効かない生真面目な山神さまのお世話係とパワハラで病んだ元営業

上司からのパワハラで病み、心配した両親より祖父母に家に静養することになった秋(受け)。
買い物に出かけた先で出会ったのは不思議な力を使う晄太という幼児とその幼児を山神さまと呼び自分は山神さまのお世話係の山守だという勇吹(攻め)。
晄太を普通の幼児として扱う秋に対して余所者余所者と言っては嫌味のオンパレードのような態度を続ける勇吹ですが、晄太が秋から離れないため仕方なく日参するようになります。


秋は今まで周りと荒波を立てず、流されるように生きてきました。友人関係も恋人も全て来るもの拒まずさるもの追わずで、人に対して執着もありません。
うまく人生生きてきたと思っていたのに、そんな生き方を嫌がる人が上司になったことでひどいパワハラを受け、病んでしまいます。
心配した両親が、母親の実家で今は無人の亡き祖父母の家で過ごしてみないかと提案します。そこでも布団から出ないような生活をしていましたが、母親が帰り、食べるものもなくなり仕方なく外に出るのですが、田舎ならではの視線が痛く逃げ帰ろうとすると、迷子らしい幼児を見つけます。交番に連れて行っても近くの人に聞いても何故かその子が見えないようで愕然としていると、勇吹に出会います。
晄太と名乗るこの幼児が秋と離れるのを嫌がって突風が吹くという超常現象を起こすのを見て、山神だと信じることにした秋は晄太を家に連れて帰り気が済むまで世話をすることにするのです。

雑誌掲載の表題作と書き下ろしの2篇です。

勇吹の余所者に対する嫌悪感がひどいです。
理由はわかるけど土地のものだけでは生活が成り立たないのもまた事実で、それなのに十把一絡げに余所者嫌いって態度を貫いているのが不快でした。
秋に対する態度も表題作の2/3過ぎくらいまで全く軟化せず、こんなに余所者扱いしてくる勇吹に好意を持つ秋にも全く共感できず、申し訳ないけど読むのをやめようかと思いました。その直後、話が動いたため最後まで読むことが出来ました。


書き下ろしは、これからも晄太と勇吹と共にいたいけど、何を生業にするかと悩む秋が目標を見つけるまで。

こちらはくっついてからの話なのでストレスなく読めました。なぜ秋が余所者なのに晄太を見ることができるのかの謎が解けたり、2人の出会いが予想通りでした。

勇吹と繋がっている晄太が勇吹の変化とともに成長するのが印象的でした。
晄太の成長しないことが自分が原因だったと気づき始めた勇吹はさぞかし悔しい思いをしたことでしょう。

秋の事情をこの辺りの人がみんな知っているのが、よく考えたら究極の田舎の形でちょっと怖いような気もしました。

私は溺愛ものが好きなので、勇吹が軟化し始めるのがもう少し早かったら、☆も多くしたと思うのですが、もう少しで読むのをやめようかと思うくらいのストレスを感じたので少なめで。

契約なのに実は2人は付き合ってますよね的な新婚生活が面白い


猫好き恋愛嫌悪 × 猫好きのゲイ

お互い子供が生まれたら結婚させようというお嬢様2人の約束の元に結ばれた婚約。
生まれた時からいるというその婚約者に初めて顔合わせしてびっくり。
料亭の息子・神楽坂律(受け)と大手家電量販店の御曹司・沓名理央(まさたか)(攻め)。
どちらも男性でした。
名前はどちらも女性でもある名前(母親はりおちゃんと呼んでいます)だったので気が付かなかったとか気にしてなかったとか適当に流す両方の母親。
同性だからと婚約破棄かと話は進みますが、律の方が融資の関係で婚約しておいてほしい、肉食女性からの猛烈アピールを回避したい理央双方の打算により期間限定で婚約を続行することになります。
両方の母親たちが嬉々として揃えた新居にも住むことになり、いきなりの同居生活も始まります。
猫好きながら家業のせいで猫の飼えない生活をしていた律にとって3匹もの猫のいる生活は大変楽しく、理央も一緒に生活しても苦しくなく、快適な新生活なのですが、猫によく似ていると理央は律を構い出し、好みでなかったはずなのに好きになってしまいそうで困る律。
傍目にはラブラブ新婚さんのようなのに付き合ってもいない2人の話。


基本は律視点で、1/4ほどが理央視点なので、理央の心境の変化もわかって非常に楽しいです。

律は元々ゲイなので自分が理央に惹かれていることに早々に気がついたけど、
理央は恋愛経験値ゼロなので、猫好きなのもあって、律が猫に似てるからと何とかと自分が律に構う理由づけしているのが笑えます。
かなーり時間をかけてやっと自分の気持ちに気づいた後の迷走ぶりにはヒヤヒヤしました。

時々様子を観にくるおじさま。律は理央の父親の秘書室長だと勝手に想像。
初めは警戒していた律も途中からはお悩み相談会みたいになっており、正体も予想通りで、最終的にこのおじさまがとても良い仕事をしてくれて、渾身の茶番劇はにやにやが止まりません。
また、理央の迷走ぶりを間近に見ることになった、銀行のチャラい融資担当者にも感謝ですね。
こういうまぬけを美味しくいただくのが性癖だと融資担当者は暴露していましたが、彼の私生活もちょっと気になります。左右どっちなんでしょうね。

諸悪の根源というか愛のキューピッドの2人に母親は、2人でいるときは女子高生かと勘違いしそうになるくらいキャピキャピしていて、それに付き合う2人はきっとこれからも巻き込まれるのでしょう。
楽しそうでなによりです。

ちみっこは天使


第三皇子で騎士から不憫な第五王子で修道士への一目惚れからの溺愛

隣国から修道士として聖地へと研修に来ているイリス(受け)は第二皇子の皇女の洗礼式にたちあった際、第二皇子の幼い皇子コンラードに懐かれます。
それを知った第二皇子夫妻に、元気で勉強の進まないコンラードの家庭教師に抜擢されます。と同時に、その際出会った第三皇子クリストフェル(攻め)がイリスを気遣ってくれるようになるのです。


イリスは実は隣国の第5王子で、正妃の唯一の王子でありながら、亡国の姫であった母を亡くしています。そに立場の弱さから王位継承争いの激化で、いつ命を狙われるかわからない状態だったため、早々に王位継承争いから抜け出し、今は修道士として修行中です。
現在聖地のある隣国に期限つきで赴任しています。
生国に帰った暁には正式に聖職者として俗世から離れることが決まっています。
幼い頃からのことなので、思うところはあれど、今の生活に不満はありません。
思いがけず皇族の皆と親しくさせてもらうことになり、聖地の皇族は皇位継承争いもなく皆仲が良くしていることを知り、自国との違いに驚いています。

クリストフェルは第三皇子として、皇位継承から少し離れたところにいるとはいえ、唯一の年頃皇子として肉食令嬢に狙われ辟易しています。
そんな時、洗礼式でイリスに出会い一目惚れし、時間をやりくりしては聖堂へ日参したり、コンラードの授業へ乱入したりとイリスへの接触を試みるのですが、幼少より俗世より離れた生活を送るイリスには気づいてもらえていません。

気にならない程度の強引さで少しづつイリスの隣を狙うクリストフェルを皆が早々に気づいて微笑ましげに見守っていたのが印象的でした。

聖地の教会の人たちもいい人ばかりで良かったです。そもそも神に仕える人たちなのですからこれが普通だと思うのですが。
ただ、生国の教会では、皇位継承争いに自らが巻き込まれないように、関わりを少なくするしかなかったのかもしれません。

お話はそれほど大きな事件があるわけではないですが、穏やかに2人がくっつくのが楽しかったです。
ただ、しつこくクリストフェルを狙う令嬢の起こす事件だけが不穏でした。
一度制裁をくらっておきながら更なる事件を起こす令嬢には驚きました。もしうまく行ったとしてもすぐにバレて罰を受けるであろうとなぜ気がつかないのか不思議なくらいでした。
身の程を知っていれば、苦労せずに生きていけただろうに。自分のしたことをちゃんと反省できれば良いのですが。


とにかく、今まで苦労したイリスにはクリストフェルに溺愛してもらうと良いと思います。
そして、イリスに懐くコンラード皇子が可愛くて可愛くて、天使でした。
イリスは単に目がつり目だから侯爵令嬢は意地悪だとコンラートが誤解していると勘違いしていましたが、絶対幼児特有の本能のようなものだと思います。
何かあったらクリストフェルを叱りにいくと宣言する天使が目を光らせている限り、イリスはきっと幸せですね。

沼に落ちる速さと言ったら真っ逆さま


売れない芸能人に一目惚れした整形外科医の頑張り


昔のトラウマで恋愛に臆病になったまま三十路を超えてしまった整形外科医の真白(受け)は町で絡まれたところを助けてくれた駆け出しに俳優・神永怜悧(攻め)にひとめぼれしてしまいます。
が、相手は芸能人、早々に両思いになることは諦めて、ファンとして陰ながら応援すれば良いのだと納得させて推し活動を始めます。速攻で怜悧が出演している作品を集め、ファンブログを立ち上げ、ほんの少しの出演シーンを長々と熱く語り、同じく怜悧のファンブログを立ち上げているファン一号のあーやちゃんと連絡を取り写真を融通してもらったり、一緒に追っかけしたり、自作のグッズ(缶バッチやポスター、クリアファイル等々はては自分でデザインしたぬいぐるみや人形)を作って推し部屋を彩るというように。今までの仕事一筋は何処へといった勢いです。
推し活に勤しんでいると、とうとう怜悧本人から連絡が入るのです。
友人の名前を借りて看護師のミライという名で交流を始めるのですが‥


今まで恋愛に興味が持てず、仕事一筋だった真白の豹変ぶりにはびっくりです。真白の心の声が凄い。一目惚れからの完全に沼に落ちるオタクへの道のりの短いこと。真っ逆さまとはこのことか。

感情をうまく顔に乗せることができない真白は、頭の中で色々考えすぎて誤解を与えてしまってなかなか苦労しています。
頭の中まで全て覗けるこちらとしては、言葉のチョイスが独特ですごく面白いです。
推し活動も凄まじく、一気にここまでハマるとはきっと唯一の親友の海来でも知らなかったんじゃないでしょうか。

そして、とうとう怜悧にブログが認識され連絡がくるのですが、「紫のバラの人」ととある漫画のキャラクターに喩えられてるのも、その漫画を知らない真白も面白い。


何やかやあって、2人が両想いになった時も、絡みの依頼が来たら先に経験させてという可愛いおねだりの怜悧も可愛いけど、怜悧にいつそんな依頼が来るかわからないからさっさと全部いただいてしまおうと誘う真白の積極的なのも楽しいです。

あーやちゃんとの追っかけも面白く、2人で楽しく追っかけしてたんだろうなとか、無名の時から推していた2人だけが味わえる、一気にスターダムにのし上がる推しを応援する楽しさも分かち合えてよかったねと微笑ましく思いました。

そしてお決まりのマネージャーによる妨害。
あまり押しに強くない真白に対して、心理戦に持ち込んで一気に畳みかけるように別れるように強要するマネージャーには殺意も湧きましたが、真白も怜悧も頑張りました。
認められた後の、マネージャーのセリフも
「国民的スター‥」のマネージャーと同じで笑った。昔指導を受けていたとあとがきにあり、やっぱりなと思ってしまいました。

とにかく真白の心の声にずっとニヤニヤしてしまう楽しいお話でした。
そしてハジメテ同士って、2人で少しずつ経験を積み上げていく過程が最高です。







紫のバラの人 には笑った。真白は、知らないのねあの有名な漫画を

いろんなグッズを勝手に作って愛でてるのも

すぐに我に帰って、絡みのオファーが来る前に全部いただいておおかないとっていうのも笑える

人形抱きしめてテレビ見ると

ともかく2人とも初めて同志ってのが最高

エッチの回数とかまで管理しようとするのは真中旬のらマネージャーと一緒だなーと思ったら、彼の指導を受けてたって笑った

2人のもだもだがとてもいい


元彼とまだ完全に切れてなかった状態で関係をもってしまったがために遠慮が消えない2人の話


浮気性の彼氏(荻野)と10年もの間何度も別れようとしながら別れられなかった会社員の蒼(受け)と以前から蒼が好きでたまたま蒼が弱っていた時に居合せ棚ぼたに近い(一応頑張った)形で付き合うようになった音楽配信などを生業にしている雪郷(攻め)

自分に自信がない雪郷は荻野の元に帰ってしまうのではないかと恐れ、蒼は自分がちゃんと荻野と別れる前に寝てしまったからだとお互い遠慮しあって付き合ってるのになかなか距離が縮まらない。
そんな時、半年海外にいたに元彼が帰国して、ヨリを戻そうと蒼に接触を試みる。

お互い大好きで、好きすぎて遠慮しあってて、でも雪郷は独占欲いっぱいで蒼が離れてしまうのを心配してるという関係がどストライクでした。
心が狭い雪郷の必死さがとても良い。
結局、雪郷が自信を持てば解決する話ではありましたが、その過程がとても良かったです。

ただ、荻野は何を考えていたんでしょうか。
蒼がいながら自分の世界が広がらないからと何度もつまみ食いをくりかえし、別れようとしても言いくるめ、でも弱音も吐かせてくれない、蒼に恋人ができても、よりを戻そうとするのは蒼だけだと言いよってくるとかほんとふざけてる。
蒼の痛みはどうでも良いのか。
蒼は離れていかない都合がいい相手だったのか、本当に離れていって欲しくなくて後悔してるのか、彼の心情をちょっと知りたかった。
最後の掌編で、自分も落ち着こうかななんて言ってたけど、蒼を傷つけていた10年くらいは後悔してへこんだ上で、相手が見つかってもなかなか捕まらなくて必死になれば良いと思います。

そして、雪郷のマネージャーの奥村がすごい。
雪郷が仕事しやすいように彼の意に沿うための行動力が。
蒼との同居のための不動産選びから、蒼が断らないような策を与えたり、恋敵への牽制までも引き受ける、超優秀な参謀。

そして要所要所で登場する蒼と荻野の共通の友人・嶋田。
どちらかと言うと蒼と雪郷の味方でいてくれるちゃっかりしてるけど気の良い友人がいい味出してました。
彼には早く春が来ると良いなと思います。

蒼にも雪郷にも当て馬がいるけど全く相手にされていないのが面白かった。
遠慮がきてなかなか心の距離が縮まらなかったけど、でも結局甘々なお話で、とても楽しかったです。

2巻で完結?

一巻からまとめてのからの感想です。
なろうではやりの設定で、召喚された聖女のおまけが実は聖女だったとか新たな職業を持って無双するとか、その他いろいろありますが、私は好きな設定です。
絵も好みですし、大きい犬がワフワフするのもギャグな顔するのも好きなのでたのしく読みました。
わたしには情報がなくてわからないのですが、本当に2巻で完結でしょうか。


御使いとして召喚された聖川に巻き込まれて一緒に召喚されてしまった光岐(受け)がなんやかんやあって、光岐の魔力回路を作ってくれ面倒を見てくれたヴォルク(攻め)とめでたくくっついた。ということしか進んでいません。
獣人もいる世界で黒狼になれるヴォルクとの話や魔力があるせいで薬に重きを置かれていないことへ一石を投じる光岐の発見とか面白くなってきたなというところで1巻は終わり、その続きはというところでしたが。
御使いその他が異世界からくる仕掛けと思われる魔法陣についてとか、御使いの巻き込まれている恋愛についてとか、まだ浄化し終わってないし、喧嘩売ってきた神官長のこととか2巻で広げた風呂敷がたたまれないままです。

王太子が政略ではなくちゃんと聖川を好きでいるようなのはよかったけど、後ろ盾のない聖川を周りの悪意から守れていない時点で何とも頼りない。
王妃になるなら覚悟が必要だし、お飾りでないならちゃんと教育しないといけないし、一夫一婦制の日本から来てるのに絶対そんな考慮されないでしょうし、この世界ならともかく成人の遅い日本の高校生聖川には重荷でしかないと思うとかわいそうです。

後、王位継承権第2位で公爵家次期当主なのに、男同士で結婚して良いの?男も子供産める設定なのかしら。誰にも心を開かなかったヴォルクが選んだんだからオッケーといことでしょうか。

全部解決するのにせめて後一冊は必要なのではないでしょうか。
それがちょっと残念です。

柊也に能力は



晴れて恋人になり一緒に住むようになった2人。
ふと目が覚めると先ほどまでみていた夢が隣に寝ていた隼斗視点の夢だったような気がするのです。
初めは聞いていた話を勝手に想像してみたのかと思ったけど、そんなことが何度も起こるので、怖くなってこの世界の獣人の世話を担っている清宮に相談します。
おそらく、柊也の能力と番としてのつながりの深さが隼斗の夢を覗き見してしまうのだろうと言われ、隼斗に知られると嫌われるにではと恐れます。
結局、隼斗には何があっても嫌いにならないから、自分に一番に相談して欲しいと言われてしまい、お互い好きだよと告白しあっていちゃいちゃするのでした。
現在、もしかしたら血縁者に会えるかもと柊也の母親の親族が探してもらっている最中です。作中見つかるかと思っていましたが結局見つからないでお話は終わるようです。
が、見つかっても見つからなくても最愛の番がいれば大丈夫のようでよかったです。
ただ、柊也の能力は何だったんでしょうね。ちょっと気になります。

その後に2人が描かれていて、一段とラブラブでした。
自分より清宮に先に相談されたのを拗ねるのが可愛かったです。
隼斗は頼りになってかっこいい上、可愛い素敵な番です。

胃袋をつかまれた人多数

父の跡を継いで定食屋を営む柊也(受け)は便利屋サービスで派遣されてきた斎槻隼斗(攻め)の血の匂いに反応して倒れてしまいます。
実は隼斗は異世界からきた獣人で柊也が運命の番であるため隼斗の血に反応して柊也が覚醒してしまったのです。
両親のどちらかが獣人だろうと言われますが、今は亡き両親に聞くこともできないこともあり、当面隼斗が能力のコントロールを指導することになります。
見目も良く人の良い柊也は人に好かれやすいため、ボディガードも兼ねて隼斗が住み込みで面倒見ることになります。
コントロールの練習で力が暴走すると隼斗の体液を取り込みことによって安定させるという方法をとるので、柊也は隼斗を意識するようになってきます。
隼斗に恋する幼馴染が異世界から突撃してきたり、柊也を口説こうとする人がいたりと賑やかになるのですが、2人はどうなるのでしょうか。


異世界ものかと思っていたけど、条件が整えば異世界へと行き来できるという世界線です。

隼斗は元の世界で友人や家族を傷つけてしまい、こちらに逃げてきています。
それをとても気にしているため特別な相手は作らないつもりでしたが、番が見つかってしまったこと戸惑ってしまいます。
力のコントロールには心身安定のが必要なため、柊也には番であるということを告げないことにしています。
柊也のことを知るたび惹かれていき、無防備な柊也の側にいて悶々としてしまうのです。


柊也は人間と獣人のハーフですが、能力が覚醒していなかったので伝えられていませんでした。
でも、覚醒する前から何か感じるものがあったのか初めて会った時からお腹を空かせた隼斗に賄いを食べさせたり面倒をみてしまいます。
誰かと深く付き合ったこともなく、治療とはいえ暴走するたび隼斗とキスすることに慣れてきていることに戸惑っています。
そして、番であると知らされていないため、隼斗があまりに親身に柊也の面倒を見ることに申し訳ないと思っています。

両視点で話が進むため2人の心情がよく分かります。
初めは隼斗からの矢印が大きかったですが、次第に同じようになっていく過程を楽しむ話だったと思います。

ただ、気になったのは、運命の番だとわかった時、隼斗が相手が男であることのまったく戸惑ってなかったことです。
男でも妊娠できるというようなこともなさそうなのに、登場人物は亡くなった母親以外全て男性で、それで良いのかしらとちょっと不思議に思いました。


異世界転移はある程度の能力と条件が必要で訳ありの人がくるみたいな話だったので、こちらにいる獣人は少ないのかと思っていたけど、結構頻繁に出入りしているので、悲壮な感じがなくなってちょっと軽い感じになったことに拍子抜けしました。

とはいえ、天涯孤独な柊也に家族ができてよかった。

みんなはっきり口にしないから


舞台は1800年代のフランスを思わせる架空に世界。同性婚も普通の世界。
時代の流れについていけず没落した子爵家嫡男シオン(受け)。
父親と共に足掻いてみたけれど、うまくいかず、騙されて借金を負わされ売られそうになっているところを身元不明の貴人に助けられ、ある任務を授けられます。
それは、評判の悪いヴィラン伯爵ことノア・ヴィラール伯爵(攻め)を監視することでした。
が、スパイのような真似はやったことがなく早々に見つかり、なぜかノアから永久就職を打診されるのです。ノアを監視するのにちょうど良いとばかりに承知するのですが、なぜか仕事を与えてもらえず、自ら志願して執事見習いとして働くことにします。


壮大な両片想いカップル(王×王兄)に巻き込まれる両片想いカップルの話でした。

シオンはとても男性に目をつけられやすいようで、何度も親切にされ親しくなった後愛人にされそうになっています。その度に逃げ出すのですが、相手から不名誉な噂話を広められてしまい、社交界では肩身が狭くなっています。

ノアには、最初から永久就職と言われているけど、永久就職とはずっと仕事をすることだと思っており、求婚だと気づいていません。
そして今までの経験上口頭だけの契約に信を置いてない。だから、本当に永久就職させてもらえるとも思っていません。
はっきり言わないノアも悪いのですが、周りも皆婚約者として接しているのに本人だけが気づいてない。

気づかれていないことに気づいたノアは親しくなるため手を尽くすのですが、ノアのデリカシーのなさも手伝って、空回りしてうまくいきません。
遠回しに行っても気がついてないと気付いたならちゃんと言葉にしろよと思いながら読んでいました。
そこにノアの従兄弟である国王陛下の話が絡んで、さらにややこしくなります。

この頃にはシオンもノアのことを好きだと気づいていますが、報われない恋だと諦めるつもりです。
ノアは外堀を埋めるように結婚準備をしてるけど、シオンは別の誰かと結婚すると思っていて、不憫です。
この辺りは王道の展開です。泊まる部屋が手違いで一部屋だけとか。
間違って飲んだ媚薬とか。
本当に最後の方になるまでなかなかくっつかなくてちょっとイライラしました。
そして、引っ張って引っ張って、結局薬かよーとちょっとゲンナリ。


そして、一番の元凶である国王陛下と宰相の義兄弟。
主役2人の話はちょっとイラッとしましたが、この2人の場合、宰相の奇行には笑えます。ただ、他人を巻き添えにしすぎることには反省してもらいたいものです。

全体的にはくっつくまでが長く、読むのが少し苦痛になりましたが、最後の宰相の奇行っぷりに全部持って行かれ、最後は面白かったと思える話だったと思います。

最近流行りの乙女ゲームへの転生

冴えない公務員だった律(受け)は気がついた時にはまさに絶体絶命、人知れず処刑される寸前でした。未だ自分の状況が見えない中、処刑人である男・グレン(攻め)に、自分は無実だ警察を呼べと騒ぎ、この騒動に処断を決定したこの国の王位継承権1位のハーラルトと聖女マリリンの前に連れて行かれます。
そこで、実は聖女マリリンが親友だった茂雄で、自分が乙女ゲームの悪役令息リアンであることを教えられます。
既にリアンは悪行のかぎりを尽くし断罪された後、助かる道はないと死を覚悟するのですが・・・

リアンになりかわった律はどうしようもない状態だったのですが、マリリンのできうる限りの口添えにより、グレンに預けられることになります。
初めは面倒ごとを引き受けることになったと少しぞんざいな扱いをされる律ですが、持ち前の謙虚さと誠実さでグレンの屋敷で自分の居場所を作っていくのです。

この話はマイナスからの出発になった律も頑張りましたが、律ががんばれる下地を作り続けてくれたマリリンがMVPだったと思います。
こんなにいい友人は居ない。

2人の話は良かったのですが、ハーラルトはこのままも王位を継ぐんだろうか。こんな自分勝手な王子が王になったら、ちゃんと手綱を握ってくれる人がいなければどんな悪政をするかわかりません。
今は父王がいて止めてくれるけど、謹慎を言いつけられた後再教育するなり別の継承者にするなりしないと、この国の未来は暗い。今後どうなるかくらいは語られても良かったのでは。


そして、市井にまで広がったリアンの悪評を払拭するのにはまだまだかかるとは思いますが、その辺りはスルーされていて、最初生卵をぶつけられるほどだったのがどうなったかも気になるところです。リアンがどれくらい嫌われているかを表したかったのかもしれないけど、ちょっと中途半端に感じました。

全体的にサラッと読めました。可もなく不可もなくと言った感じですが、律には幸せになってもらいたいです。