なつひ2さんのマイページ

レビューした作品

エキスパートレビューアー2018

女性なつひ2さん

レビュー数1

ポイント数43

今年度142位

通算--位

  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

DEEEEP!!!


原作既読です。
全体的なレビューは既に投稿して下さっている方にお任せしまして、私は欲望のままに
【まさき×はじめ編】(特に興津さん)
の感想を書いていきたいと思います!

前回より2人が親密になっているせいか、まさきくんからは攻めらしいオスみが漂い、はじめくんは可愛さがうんとアップしているように聞こえました。

そして何より興津さんの喘ぎが素晴らしいです!!
何ヵ所か、過去作品でも聴いた事のないような喘ぎを耳にした際、私は部屋で1人スタンディングオベーションしてしまったほどです(阿保)
台本を片手にではなく、コミックス片手に喘いでいらっしゃるのではないかと言うほど原作に忠実で、そのうえ全く違和感がないんです。

いくつかBLCDをお聴きになっている方なら、あ、今上向いてるな、下向いて話してるな、と感じられる場面がありますよね?
今回はよく動かれているな…と思うことが多かった気がします。
特にお気に入りなのが、まさきくんがぺろぺろのおねだりをして、はじめくんが慣れねーから下手だぞ、という台詞の後、マイクがまるでまさきくんの息子さんになってしまったかのようにお声がグッと近くに聞こえるんですよ!!
興津さん自身は卓越した技術をお持ちなのですが、はじめくんは耳元で可愛くちゅむちゅむしてくれていました♪

原作に忠実、と前記しましたが、より臨場感を出すための補足もしっかりなされておりました!
1回目のスクワット背面騎乗位からまさきくんが起き上がり背面座位に移行する際の、原作にはない2人の補足の吐息と喘ぎが入っていたり、そのあと2回戦突入を匂わせる2人の間に鳴り響くスマホのバイブ音のシーン。
原作ではすんなりスマホを手にするはじめくんですが、CDでは何か(注1)を抜く音と甘い吐息の後に電話に出るんですよ(注1)原作通りにいけば指なのでしょうが、なんとなくまさきくんとやっと結合解除した音にも聞こえます)
ただドエロいんじゃないんです、作りこまれた上質なドエロなんですよ!

そして忘れてはいけない、アタミ先生原案オリジナルエピソードミニドラマ!!
ここでも興津さんの喘ぎはとんでもなかった…!!!
興津さんの舌が口の中で絡まってないか心配になるような、日本語表記が難しい高次元の音を聴かせて頂きました!!
ラストのヨシオさんとまさきくんの会話がとっても面白くて、キャストさんが普通に楽しんじゃってる感じがとてもよかったです!

キャストトークは本編に組み込まれているのですが(ショーヒロ約4分 まさはじ約6分)フィフスさんで購入するとさらなるキャストトークCDをゲットすることができます(各CP約10分)
古川さん、興津さんのトークは若干繋がっているので2つ合わせて楽しむことをおすすめいたします☆

ぜひぜひ、原作片手に目でも耳でもDEEPなストーリーを味わっていただければと思います!!

もう3が聴きたい…!

原作は何度も読んでいます!

待ちに待った2!!
このまま3も音声化して欲しいですね~!!

忠実に音声化されているので軽く本編で感じたことを書いてゆきます。

コヨーテくんが落っことした子供の頃の写真を発見してしまっているので、何も知らない1の時よりヨシュさんの声音に闇というか、暗いヴェールが1枚追加されたような感じになっています。
一方コヨーテくんは澄み切ったまっすぐボイスで、なんだか少し安心しました。
初っ端から2回もセックスシーンがありますが、原作より長めに聴かせて頂いた感があります(笑)

シュナイダーさんの声が想像したより高めで意外でした(優しそうで好きです!)

語りが多いのですが、みなさん上質なお声でお話してくれるので飽いたりはしませんでした。
加えてバックで流れる環境音がなかなか凝ってて、小鳥の声とかアイドリング中の車内の音など、SE、BGMが気になる人間としては嬉しかったです。

ヨシュさんが手を引っ掛かれて、コヨーテくんを必死に追い掛けるシーンはうんと切なくなってしまいました…!
そこからの、獣化して決別した直後の屋根の上で涙を流すコヨーテくんが可哀想!(母性をガクガク揺すられる感じ)
想い合えているのに世界から離れ離れにされる二人…。
いいぞ、もっとやれ…そんで最後にスーパー幸せになれ…!!

ヨシュさんの前にキーファーさんが登場する時の靴音の重さよ!
このシーンについて興津さんがキャストトークで台本にとあることをメモっていらしたらしく(聴いてのお楽しみです)
それをふまえて聴くと、おぉ…確かにそう言う感じするぞ…!となりました。

後半登場するヘルマさん、とっっても良かったです。BLCDを聴いて女性の声に癒される日が来ようとは(笑)
ミミちゃんとヘルマさんは二人を導く愛の女神なんだろうなあ~…。


本編の内容だけだと次が欲しくなって堪らなくなってしまう方がいらっしゃると思うので、それを補うかのように、
コミックス3巻の限定版には
ドラマCD15分(エロい)+キャストトーク11分(興津さんのお口が珍しく軽い…!)
今作の限定版には
ドラマCD16分(すごくエロい)+キャストトーク10分(軽快な仲良しトーク)+12P小冊子(ずっと裸)
アニメイトさんでは連動購入特典として8P小冊子(ずっと裸)
(どの特典も何気に繋がってます)
が付いてきますので、無くならないうちに購入されることをおすすめいたします☆

正直申し上げますと、コヨーテくんの男らしい喘ぎにはもう少し可愛らしさが欲しい気もする…けど、3巻までお預けなのか?などと思っていたのです。
ですが今回の特典ドラマCDで私は初めて、あぁ!コヨーテちゃんかわいい!!と感じました!
ヨシュさんは息を止めて聴き入っちゃうほどエロ垂れ流しの美声だし、コヨーテくんはいつもより多めに、かわいく喘いじゃってた気がします❤


それから…ここからは流し見て頂きたいのですが、
他のレビューのお姉さまが仰っていたような、物足りなさや何をしているか分からなくなる感じはそこまでしませんでした。
私の考えですが、原作ありのドラマCDは、原作を片手に耳でも目でも楽しむもの、と思っています。

原作が売れなければ、こうして素晴らしいキャストさん方をお迎えして音声化されることもなかったでしょう。
巧みに描かれるキャラクターの熱い視線や場景、小さなふきだしのほんのひと台詞にどれだけの思いがこもっているのか、絵で音声で、お互いの世界を補填しつつ楽しめれば良いのではないでしょうか♪
セットで楽しむことで制作側もニッコリで、未来が明るくなりますね!(笑)
ぜひぜひ、原作がお好きな方はドラマCDを!
キャストさんが気になる方はコミックスも!
どちらも絶対に買って後悔しないと思いますよ~!!

ヨシュイケメン過ぎやろ…!

一難去ってまた一難…
このジレジレがたまりませんね…!

三巻では、ヨシュの大人びた対応や仕草が際立っていました。一方でコヨーテを一目見ただけで嬉しくなっちゃって、ちゃんと再会できた後にはベッドへ倒れ込んでしまったりと、ギャップ萌に溢れています!!

それから、BLで女子が出るのが好きじゃない勢なのですが、ミミちゃんだけは大好きです(笑)

コヨーテの周りは彼を愛してくれる人等ばかりですね!シュナイダーでさえ、優しい人だなと私は好感が持てました。

次回も楽しみにしています!!

興津さんに何回『チ❤ポ』って言わせる気だこらー!


3回です…
3回、興津さん(五代さん)は『チ❤ポ』と仰られました。

何が問題かって、原作では1回しか言ってないんですよ!
残り2回は追加ボイスなんです!!

ッカーーー!!!
これだけで買う意味あるってもんですよ旦那ァ!!

さておふざけはこの辺にして(私は至極本気ですが)
まずは全体的なレビューです。
今作はキャラクター1人1人がすごく生き生きしていて、声優さんがピッタリと役にはまっていたと思います。
BGMは欲しい所で登場して良いお仕事してくれますし、環境音も自然で邪魔になりませんでした。
五代さんが金蔵くんと初顔合わせするシーンのBGMがまるでSSR出しちゃったみたいな、想像してたよりゴージャスなもので笑ってしまいました(笑)

キャラ同士の掛け合いや会話が入るまでの間に違和感がなく、お話に集中できる完成度の高い作品だと私は思います!

次は詳細レビューです。
五代さんの声色は、硬すぎず軟すぎず。興津さんの受けはほぼ聴いていますがこれまた誰とも被らない!
通常時⇒チョイオラが入った攻め寄りボイス
ヌレヌレ時⇒万年発情期のメスボイス
といった、受け攻め融合ボイスと言った感じでしょうか(田村某先輩とは全然違います)

ピックアップしたいおすすめシーンはたっくさんあるのですが
トラック2(トイチじゃ済まない!)
『どうせ付き合ったり出来ねェんだ。だったら…せめてヤりたい!!』
このモノローグ、原作ではヤりたい!!が他よりひとまわり大きめに表記されているんです。
興津さんの演技はさんまわりぐらい強調されてて、やりたい気持ちがビンビン伝わってきました(笑)

1トラック1セックス形式でしたが、いや~、興津さん、ありがとうございました…!
興津さんに任せておけば、とか、安定のとか、そんな簡単に片づけてしまう事を私は許しませんよ!!(血眼)
毎回新たな一面を聴かせて下さる興津さんですが、今回は
『挿入されてる感』をすごく感じました。
大丈夫?興津さん本当に何か挿れてない???と心配になるほど臨場感のある喘ぎでした!
それから語尾に❤とか♪とか、聴いてるだけなのに見えるんですよ…。

バリネコ特有の、攻めを誘うような甘い声音と、通常時の男気ある声音とのギャップがたまんなかったです!!
皆に愛される人柄がにじみでていて、とっても元気が良くて可愛さ満点の五代さんでした。

金蔵くんは弱腰の中に誠実さと熱を兼ね備えた声色でした。
熊谷さんを語れるほど作品を拝聴していないのですが、毎回台詞回しがすごく自然だと感じます!
高い声も低い声も操れるお方なので聴いていて楽しいですし、焦った時とかに上手い具合に声を裏返すところが個人的に好きです。
五代さんと違って規制がかかっているので、セックスはえっち、チ❤ポは五代さんの五代さんになっていて、そこが可愛らしい部分ですね~!

淫乱猫ちゃんにひっちゃかめっちゃかにされるお利口な大型犬くんて感じの良い金蔵くんでした。

それからオーナーこと五代さんのお兄さんがこれまたイケボで(笑)
金蔵くんにはあんなにチャーム振りまいてるのに、お兄さんにお尻を鷲掴まれてヒッてさせられちゃう五代さん可愛い…。
お前と愛美を使い分けているのですが、原作のお前の部分が何ヵ所か愛美に変わっていて、弟への愛情の深さがより強まって聞こえました。

個人的に今回のお気に入りシーンは
トラック4(ラブロマンスボーナス払い)
お金が絡まない普通のセックスしよ、となった時の濡れ場への導入シーンです。
原作では1コマ目で五代さんが金蔵くんに顔を寄せて、2コマ目で金蔵くんも顔を寄せて、3コマ目で口付けが始まるのですが、二人の吐息の会話がすっごくエロかったです!
ぜひこれは原作と合わせて聴いて見て頂きたい!

まとめになりますが、興津さん熊谷さん、お二人の息ピッタリで、脇を固める役者さんたちもノリノリでした。
声優さんがお好きな方、原作がお好きな方にはぜひ!
バリネコビッチがお好きな方、ぜひぜひお聴きください!!
私はどれにも当てはまりますので、後生大事にしたい作品の1つになりました!

体をあたたかくしてお楽しみください


おだやかなBGMに、細やかなSE、そして4人の上質なお声…
たまにレモンの風味がして、ニヤニヤするほど甘くて
とても大満足な作品になっていました…♪


冒頭からBGMが
『今からあなたを癒しますよ~』
と言わんばかりに耳をほぐしにかかってきます(笑)

原作を読むといつも、真逆の恋愛をしてきた二人が押したり引いたりする所に胸がぎゅうっっとなって堪らなくなるのですが、音声で聞くと二人が可愛すぎて別の意味で何度も胸が締め付けられました(笑)
どちらが受けなのか、どちらでも受けでいいような攻めでいいような…と思ってしまうほどには、二人は平等な関係でした。
高めあえて、甘えあえる。なんて理想的なカップルなんだ…ッ!

この作品の特に好きな所は、お互いの視点がある所だと思います。
私は声優さん目当てで原作と合わせてCDを購入しているので、モノローグがなかったりする役だとちょっと残念に思ったりもしてしまうのですが、今回のカップルは色んな所で平等なので!
二人の心の声が楽しめてお得感がありました!
加えて、原作にはない台詞が沢山あって、削られることはあってもこんなに補填される事ってそんなにないと思うので、ありがたい気持ちでいっぱいです。

私はドえろい作品が大好きです!
しかしながら今作はプラトニックとは言いませんが非常に濡れ場的なものが少ない上に、めっちゃ焦らされます。
ですがですよ?私のような濡れ場大好きなお姉さま方、これはこれでアリですよ!!(笑)

えっちできるかなちゃれんじその1
の時の、蒔田君が別所君に覆いかぶされらる直前の『ひっ』が!
『ひっ』だけなのに!
うおーーーー!!
やべーーーーー!!!
ってなりました私は(笑)
焦らされ過ぎた反動で些細なふれあいにも耳が敏感になってしまうこの感じ!
出来れば一番初めは原作は置いて聞いて頂きたい。
分かってはいても突然来るイチャイチャにビクンビクンして欲しい!!

最後の方なんて、街中でハグするだけのシーンに
あんまイチャイチャすんなー!!
早く家帰れーッ!!!
と、興奮しすぎて憤りさえ覚えたほどです(笑)

ちなみに、唯一の濡れ場は原作より少し長いです。
そして私は根元まで挿入するまで息をつめて眉間にしわを寄せてしまうくらいには感情移入しちゃってました。
別所君、こんなにゆっくり挿れてくれてたんだね…!(はぁ、はぁ)


本編CDだけで1時間20分ほどありまして、CDの小冊子に描き下ろされているつるゆきこ先生の漫画もしっかり組み込まれている贅沢仕様!!
そして!!!
アニメイト限定盤にはサイドストーリー(19分)とフリートーク(12分)が収録されています!
今作で唯一の雄の(笑)藤司くんと元気な子犬の久長くんのお話は、お付き合いもまだなのですが、メインカップルとは違う凸凹具合が楽しめました!
お酒飲むとぐずぐずに泣いちゃう久長君ですが、将来は藤司君の身体でぐずg、失礼しました。

フリートークは短さを感じさせない面白さでした!
冒頭から幼稚園児になってしまったかのような自己紹介、興津さんのセクシーな『まろやか…』などなど吹き出す所満載なので初めはお家で聴くのをお勧めします(笑)

迷っていらっしゃる方はぜひぜひどうぞ!!
これは何度も楽しめる素晴らしい作品ですよー!!!

糖度2年分☆

いやー、裏切らない。
原作の起承転結からのラストの起!
が、とても丁寧に、テンポ良く、濃厚に作られておりました…。
どこから聴いても楽しい、無駄に感じるシーンなんてない!!

シバくんという子犬(下半身だけ手練れ)に出会ってから、仲間といても孤高の狼のようだった秋山くんが、このCDではシバくんと同じくらいかわいい子犬(色気パネェ)になっているように感じました。
ふたりでころころ転がって、まるで1つの塊になった所で別れ道にさしかかるわけですね〜。

残念ながらのばら先生が療養に入ってしまわれるようなので、この先はしばらくお預けです。
ま、慣れっこですね☆(笑)

興津さん寄りになってしまいますが、原作片手に感想いきます!

ACT.11
風邪ひきの秋山くんはのばら先生のレポの通り本当に苦しそうに咳込んでました!
個人的に『おーい、シバっころー』がかなりツボでした(試聴できます)
当のシバくんは相変わらず優しい口調で、早速おちんちんが鋭角モードに(笑)

ACT.12
秋山くんの、こん、ちわ…?の可愛さに涙を流すシバくんと私(完全に同期しています)

お父さんとの喧嘩後、飛び出してきたシバくんと言い争いして
『四六時中お前の理想を俺に押し付けんな‼︎』と秋山くんが怒鳴るシーン!
ファンの方は想像に容易いと思いますが、興津さんの威圧感みなぎるドスのきいたお声があるとして、上記の秋山くん、マジで高校生の秋山くんなんですよ(笑)
シバくんをは威嚇できてますが、アラサーの私と致しましては非常に可愛い拒絶ボイスに聴こえました。キャンキャン吠えてらぁ♪みたいな!
やっぱりすごいよ興津さん(泣いています)

ACT.13
シバくんとじおんくんの掛け合いは癒しですね…。そしてとっても不憫なともみちゃん(笑)秋山くんからあんなイケボでありがとなって言われたら、許さないでなんていられないでしょ…!?

ACT.14
子供時代の秋山くん役は女性の方でした。

目覚めたシバくんと再会した秋山くん!もちろん楽しみにしていた『ドあほッッ』もやっぱり未成年ぽさがあって可愛い…。そして嬉しさでグズっちゃう秋山くんが、最高でした!
泣くの堪えたりする時って、喉がぎゅーってなるじゃないですか。秋山くんが話し出す直前に、お鼻すすって、コクンて、飲み込む音がすごくリアルで…。いっぱい涙を溜めた秋山くんがしっかり再現されていました。
うっ…シバくん生きてて良かったね秋山くん…!

そして癒しのBGMがふと途切れ、鼻水と涙で溺れるシバくん!もうやばかった、松岡さんの顔面にスライムが全力で押し当てられてるかのような、今まで聞いた事ない音が聴けます(シバくんはいつも必死)

ACT.15
私はこのトラックが一番聴きたかった!!!
もー…なにこれ〜…

べっぢゃあばい(顔面スライム)
(めっちゃあまい)

気付いたら自分までハアハアして聴いていました…、じゅるちゅぱ音美味ェ〜!!

EXTRA ACT.1 2
は聴いてからのお楽しみとして

ACT.11.5カレーライスの男(え興津さん…?)
秋山くんに寝ぼけてえろとろなちゅっちゅされるシバくんがちょっと、いや烈しく羨ましくなりました!!(せめて混ぜてくれッ)
全トラックの中で一番気持ち良いトラックでした…興津さんファンの方には絶対聴いて欲しい!

公式特典のフリートークCD
夏に収録なさったらしく、暑さに頭がやられた松岡さんと興津さんにセクハラを受ける増田さん(ぜひ収録レポのお写真見ながらお聴きください)
前作と同じくらい楽しいフリトークでしたので、無くなる前にご購入をオススメ致しますぞ〜!

流れるBGMも雰囲気ばっちしでしたし、原作にしっかりと寄り添った素晴らしい作品になっておりました!買って良かったです!

のばら先生には、元気いっぱいになったら、また少しずつ可愛い二人のこの先を見せてほしいですね〜!

それでは長々と失礼致しました!

良いお肉ありますよ…!

完全に受けさんの体目当てで購入しました!

最高でした!!!

肉感がすさまじく、唇は紙面に触れたくなるほど魅力的に描かれていました。
特にキスシーンは淫らでエロティックなのに、上品で美しいんです!
唇だけで私は目の保養になりました(笑)

作画は神レベルです!!
性行為時の構図などはいろんな角度から描かれていて目が楽しいですし、コマ割りがとても丁寧で繊細な感じがしました。

作画は、神なのです!!!
ただどうしても、お話が平凡というか、先が読めてしまうというか…、そこが残念ポイントでした…!
作品が溢れかえっている今、どうしても仕方のない事ですが、受けさんはともかく攻め君がもう少し…何かあればなと(笑)
いやに簡単に同性愛に落ちてしまったので(平和な世界なので偏見などはそもそもないのかもしれませんが)
受けさんが魅力的過ぎて攻めくんの存在が薄くなってしまっているように感じました。この作品の作画とストーリーのように(上手い事言ったつもり)

ですがこのお話はまだ続いているようなので今後お話もうまみを増していくのだと思います!
期待を込めて萌え2とさせて頂きます!

興津さんの喘ぎ声おいしいよぉ!!!!

原作は何十回も熟読しています!
お話の内容については原作の方のレビューを読んで頂くとして、音声特化レビュー行きます!!


BLCDにはいくつか楽しみ方がありますが、個人的にこれは
原作は読んで、でも聴くときは目を閉じていた方が楽しめる
作りになっていたと思います。

古川さんが原作も読んだらもっと楽しめるよ
と仰られているように、いくらか削がれているシーンがありました。
なので原作を片手に聴いてしまうと消えてしまった、端折られてしまったシーンや台詞に気が行ってしまって集中できなくなると思います。

原作にはとても思い入れがありますが、うまい具合に編集されてあって不満は感じませんでした!
なんせ…エッチなシーンてんこ盛りなんですから!!!(一番の楽しみ)

本編CDで5回
特典CDで2回ありました、しっかりと…!
BGMは非常に控え目ですが場を盛り上げる上質な隠し味になっていました。

1回目☆(初エッチ)
ん?思ったよりあっさりだな…?

2回目☆☆(玩具バレおひさエッチ)
年下っぽくて可愛いなと思いきや
そういう時になると包容力溢れるしっとりボイスに切り替わる理久くんあざとエロ格好いい!
「さっさと挿れろ…クソ野郎ッ☆」相原さん、ここだけじゃなく度々語尾に星が見えるような可愛い声出します(よだれ)

3回目★★★★(おくちゅりどろどろエッチ)
「でるぅぅっっ♡♡」が、すごくエロかった~…ッ!!!
興津さんの喘ぎ声沢山聴いてきましたが、同じような台詞の中では新記録取ったんじゃないでしょうか、このCDの中で一番好きな声でした(笑)
赤ちゃんでも産まれちゃうんじゃないかな?ってぐらい激しかった
ハァ、ハァ…

4回目☆☆☆(セックスセラピスト理久)
オナホール使ってますが音声だけで察するのはちょっと難しいですかね?
挿入後の「あぁぁ…」っていう理久くんの吐息がとても気持ちよさそうでしたふふふ

5回目❤❤❤❤❤(らぶらぶエッチ)
感想書きたくない、ぜひ聴いてほしい(笑)
二人の気持ちも身体も溶け合って、最ッ高に興奮できるラストエッチでした!!!

相原さんの方が年上なのに、濡れ場になると完全に立場が逆転しちゃうのが楽しみどころだと思うのですが、特典CDの方では気持ちよくて腰が止まらない相原さんに理久くんが押され気味の可愛い声が聴けます(笑)
キャストコメントは出だしからぐっちゃぐちゃで最高に面白かったので、限定盤、すごくおススメしておきますね☆

原作の相原さんはどちらかと言うと初エッチから即オチ☆
と言う感じでしたが
(興津さんも明言なさっているように)CDでは段々とエロくなっていく相原さんが楽しめます!

初エッチは驚くほどあっさりしてて、え…、こんな感じなの…?と不安になったものですが、回数を重ねるうちに自分まで息を荒くしないと聴けないくらいヒートアップしていきます。

普段はしっぽふりふりが止まらない子犬のようなのに、発情しちゃうと黒豹化する理久くんと
枯れかかっていた園にお水と言う名の精力を注がれて前よりもっと麗しく咲き乱れるお花さんのような相原さんを
ぜひぜひ多くの方に楽しんで頂きたいなと思います!

せんせー!!!すきだー!!!!

表紙の『なんかエロそう』感と、先生のお顔が好みだったので購入しました。

最近見ないような、激しく濃厚な漫画でした…。
まりな先生の作画自体が、ありそうでない、独特の陰影の付け方ですし、カメラワークがこれまた絶妙なのです!!
上から下から背後から!それでなくともコマの中で荒々しく暴れ乱れる登場人物たちに落ち着く暇がなく、あっという間に読み終えてしまいました。

ただの中身のないエロ本だったとしてもこれだけ作画に勢いがあれば神評価にさせて頂くところですが、中身までしっかりあるんです!!
しかも、このままじゃ終わらせねーぜ的な感じを匂わせていて…、まりな先生と出版社さんに見事にハメられました…。
続編お待ちしております!

さて、当初の先生が気になって…の話題に移りますが、先生は一挙手一投足、私の理想の先生でした!!!
強烈な大人の魅力に抗えない男子高校生を翻弄し、平気で嘘つくわ圧力掛けるわ薬盛るわで…最高に好きですこの先生…!!

受け君は先生に依存したままでは本当にいけなかったのかな?と思うのです。
先生が居れば成績は落ちなかったろうし、他の誰に迷惑がかかっている風でもない。外の世界を知ることができなくても、先生と愛し合えればそれで良かったのではないのかと。
ただ先生はそれを良しとせず、近くに居た適任者(攻め君)へバトンタッチさせるわけです。
先生サイドで何らかの不都合があるから受け君を手放した、のでしょうね?
その先生サイドがほとんど語られておらず、最後や裏表紙でふわっと粉だけまかれているのです…。
受け君と先生の出会いとか、気持ちの変化とか、すっごく知りたいのにほとんど描かれていないのです。
続編、お待ちしておりますね!!!(笑)

個人的にお気に入りのコマを欲望のおもむくままご紹介しますと
受け君⇒時折見せるキリッとしたお顔は綺麗で可愛い。
攻め君いわくねっちゅー症になった時の「葛城先生…呼んで…」と涙目でお願いする受け君の唇吸いたい。
お薬キメられてとろんとなったお顔に、先生の『おおきいの』をぺちぺちされて咥えさせられる所ココチン勃起不可避。

攻め君⇒Tシャツをたくし上げてお腹に力入れて全力交尾中の、耐えなきゃいけないくらい気持ちよくてしょうがない顔した攻め君のオスみが滾る…!

先生⇒どこがとかそんな次元ではない。出てるコマすべて最高だから先生が気になる人は読んでくれ!!!(机バンバン)


続きそうなら次が出てから買うわの方もいらっしゃるようなのですが、続編は大抵の場合我々の応援次第ですから!(初動がだいじ!)この本だけでもちゃんと完結しています。なので続編恐怖症のそこのあなたも、恐れずに今!購入なさってください。

最後になりましたが私が申しあげたい事はただ一つでございます。
続へn…

興津さんのリップ音は最高だー!!

興津さんが出演なさるということで問答無用でアニメイト限定盤を購入しました。
レビューも興津さん寄りになってしまいますがご了承下さい。
加えて、めちゃくちゃネタばらしていくので、
楽しみにしていらっしゃる方はお気をつけください!


・ストーリー⇒ BLではよくある感じ。起承転結があり、ラブホがアクセントになっている
・エロ度⇒ 長めで最初から最後まで丁寧。興津さんがエロい
・全体の長さ⇒ ちょうどよい
・攻め君のイチモツの長さ⇒ でかいらしい
・中島さんの喘ぎ⇒ 艶はない、ノンケ上がりっぽくていい
・BGM⇒ 良い盛り上げ役になってる
・SE⇒ リアルでよかった!
(風呂場の換気扇みたいな音が微かにしてたり)(水音も肉のぶつかる音も良い具合の音量)
・興津さん➡ 御馳走様でした…

ストーリーだけで言えば、正直『萌×2』評価です。
めっちゃ仲良しな幼馴染二人
終電逃したからラブホ行ってみよう
風呂一緒に入ろう(泡風呂)
攻めからの突然の手コキと告白
酔っていたのであいまいに終わり
後日お互い避けがちになる
悩んだ末受け君が悟る
ラブホで告白し付き合う事決定
ラブラブセックス
限定盤でAVごっこ

こんな感じです!
ね?ありがちでしょう?

でもですね!!
神評価まで押し上げた良い所が沢山あるのです!!

一つ目はBGM。
最初あたりはちょっと出張りぎみかな?とも思いましたが、付き合うことになった後の仲良しセックスではとても良い働きをしてくれています!
二人がヒートアップしていく背後で美しい音楽が鳴って、あー、気持ちよさそうだな~と、私は癒されました!

二つ目は、ストーリーは王道だけれど、声の力で何度も聴けちゃうスルメ作品になっていると言う事!
声優さんの息ピッタリで自然でリアルです。何よりお二人とも抑揚の付け方や台詞回しに独特の味があるので聴く度に新たな好きポイント発見できちゃいます。

三つめはキャラクター。
私が分析した限りですが、

受け君は男気のあるノンケ(今作でバイになっちゃったのかな?)
突然の出来事にいつまでもうじうじ悩むこともなく、元気で正直者。
一発当たって砕けてから考えよう!みたいな清々しい子でした。
面白かったのが、キャパオーバーしそうになったらスマホの写真の整理を始めた所です。すごく今どきの子っぽい(笑)
興津さんのつやつや喘ぎで育ったので、中島さんのハスキー喘ぎはそこまで好みではなかったのですが、色んな音で表現なさっているので聴いていて楽しかったです。
甘えたように攻め君をしゅんちゃん、と呼ぶ時が何度かあるのですが、その辺は受けっぽくて非常に可愛らしいなと思いました。

攻め君は優しくて包容力がありそうな感じですが、いえいえ、まだ大学生ですから!
ラブホの雰囲気にのまれて衝動のまま酔ってる受け君に手コキしてさらっと告白するも、次の日は何もなかったかのような顔をする。
問い詰められると忘れて欲しいとか言うし、付き合ってくれないならもう友達じゃいられないとか脅迫まがいな事を言ってきます。
なんて奴だ。可愛いなこの攻め君!!
おそらく長い間気持ちを抑えてきたし、想いを伝える気もなかったのかもしれません。エロエンジンが掛かってしまえば積極的ですが、普段の発言から奥手と言うかひっそり執着系と言うか、私は彼に良い意味での仄暗さを感じました(笑)

まるで陰と陽な感じの二人が私は好きでした。

最後にお気に入りのシーンを一つだけ!
泡風呂に入って攻め君がおまたの間に受け君を収納後、手コキをしだして
首筋にちゅっ、からの『んあ、泡にがい…』が可愛い!
泡とか忘れられそうだけどちゃんと拾った所が高評価ですね!(笑)

最初と最後に二回あるラブホでのシーンは幼なじみの打ち解けあった会話から始まり、段々エロくなっていって、攻め君は大好きで仕方ないように受け君をぺろっぺろちゅっぱちゅぱしまくります。
興津さんのリップ音もフェラ演技もすごくエロかったです!!!

今後の二人の続きが聴きたいな~!!
と思う事間違いなし、ぜし、アニメイト限定盤をご購入下さい(笑)

約18分で1回セックスしてます。
しかもインタビューAVごっこ!
性感帯探しが始まって、おててをさすさすされるだけでヒクっとしちゃう受け君かわいい…。
そして、ああ…、近い、攻め君が受け君に囁いてるだけなのに、こっちまで囁かれている気分になるぞぉお!
受け君は本編CDと同じくらいぺろちゅぱされています!!!

キャストトークは14分越え。
笑いながら楽しそうにおしゃべりなさってましたよ♪

興津さん、中島さんがお好きな方は買うべきです!!
なんか癒されたいな~って方にもおすすめできますよ~!